管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我らに【事実】を

ゴールデンウィークに入りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。そう言えば昨今の情勢に反応して、中韓への日本人旅行者は激減しているとの由。

もっとも旅行業界にとって、歴史的文化的観光資源が比較的豊富な中国はまだしも、それらに乏しい韓国は最初からミソッカスです。

韓国に関してはここ数年、韓流捏風によって日本人観光客が増えていたのでしょうが、韓国の実態が徐々に知れ渡り、更に金正日の死によって金正恩に政権が移ったことで朝鮮戦争再開のリスクが一層高まってきたとなれば、いくら韓流捏風に浮かれた脳天気な日本人でも韓国旅行に二の足を踏むのは当たり前です。中国にしても、あの反日暴動の映像を見て中国に行きたいと思う日本人は少数派でしょう。

旅行中のアクシデントは、軽微なものなら思い出話のネタになるかもしれませんが、戦争や暴動は洒落になりませんし、そういう大規模な非常事態にまでは至らずとも、身体や財産に深刻な危害が及ぶようなものも困ります。

お手軽旅行を俗に安・近・短などと言いますが、この場合の【安】は「安価」ではなく「安全」または「安楽」とお考えになって、慎重に旅行先を選ばれることを心からお勧めします。

さて、昨今の有田芳生参議院議員や徳永エリ参議院議員に関する騒動を見てもわかるように、日本を毀損しようとする韓国人は、それに同調する日本人を利用しようとすることがよくあります。

この作戦は別に韓国の専売特許ではなく、特亞三国いずれの国でもやっています。中国では鳩山元首相を利用しましたし、北朝鮮もかつては盛んに日本の有識者に北朝鮮の主張を代弁させておりました。

著名人や有識者ばかりではなく、ごく最近では在韓日本人牧師に韓国人の歴史観に基づく抗議を行なわせたり、統一協会の合同結婚式で韓国に嫁いだ日本人女性たちに謝罪させるなど、無名の市民もよく使われております。

またこの逆に、現在の日本を毀損したい日本国内の勢力が、特亞三国を利用することもしばしばあります。南京事件や慰安婦問題、教科書問題などが代表例でしょうか。

いずれにしても、日本国内の日本を毀損したい勢力と特亞三国は連携しているということがよくわかります。

以前であれば、この手法は大変に効果がありました。しかしネットが普及し、誰もが容易に様々な視点からの見解を比較出来るようになり、また民主党政権の3年3ヶ月によって、国民が政治や国際情勢に関心を持つことの重要さを痛感させられた今日の日本では、なかなかこの手法も通用しなくなりました。

もちろん、いまだに特亞三国の手法に引っかかる日本人は多いでしょう。あれほど注意喚起しているのに、振り込め詐欺に引っかかる人がいなくならないのと似ています。

弊ブログとしても、これまでに何度か、意識的無意識的な対日工作員について述べたことがありますが、正直なところ、糠に釘を打つ方がまだ手応えがあるんじゃないかと思うぐらいでした。

それでも、振り込め詐欺に引っかかったふりをして犯人逮捕につなげる人が増えたように、また有田芳生参議院議員や徳永エリ参議院議員に同調する人よりは、その主張や行動の異常さ不審さに疑問を抱く人が増えたように、民主党の胡散臭さが有権者に周知徹底されたように、根気良く続けていけば、注意喚起は必ずしも無駄ではないようです。

更に先日、朝鮮日報で「日本に【ファクト(事実)】を突きつけてやる」と豪語する韓国人のことが記事になっていましたが、望むところです。

【事実】に対する感情は人それぞれです。それぞれの感情によって、【事実】に対する解釈も変わってくるかもしれません。しかし、【事実】は常にひとつです。これからはその【事実】の周知徹底が重要になります。

「注意喚起」によって多角的に物事を見ることを知った人たちが、更に【事実は何か】という意識を持って物事を見るようにすれば、自分ではない誰かの「感情」や「解釈」に左右されることのない、自分自身の目に映る【事実】を認識することが出来るようになるでしょう。

一言唱えれば、何もかもが劇的に変わる魔法の呪文は存在しないかもしれませんが、多くの人が【事実】を知り、あるいは【事実】を見つめることで、人も社会も変わっていくことが出来るのではないかと思う今日この頃です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

まずは外堀から

とにかくネット上に半島に関する事実を、硬軟・長短さまざまな種類の記事・動画等で転がしておくことですね。
あまりこんな問題に関心のない層でも、スマホをもてあそんでる世代なら、いずれぶち当たります。

問題はネットができない中・高齢層です。60年代ましてや50年代生まれの平均的ネット力は話しになりません。が、その世代も最近はスマホなんかの普及で、ネットできないのはちょっとマズいかな?くらいは考えているようです。

そんな世代に、上記の記事・動画等を「えっ、ネットじゃけっこう有名な話だよ?」などと言いながら見せると、コンプレックスが刺激されて効果があるかと思います。

知識の浸透と現実のデモなんかの運動がうまくコラボすれば、大きなムーブメントとなり、本丸を攻められるのではないでしょうか。

2013/04/29-19:32 | URL | 街の常識人 #B6zq2Yg6[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。