管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人の愛国は反日

2011年のサッカー、アジアカップ日韓戦で行なわれた奇誠庸の猿真似パフォーマンス騒動に端を発する韓国人の旭日旗に対する憎悪は、今ではすっかり韓国人の心に根付いています。韓国では如何なるこじつけも、日本を罵り貶めることで全て正当化される典型と言って良いでしょう。

先日も、フランスに留学している韓国人が、フランスで見かけた旭日旗デザインのポスターを撤去させたと自慢していることが報じられました

記事によると当該韓国人留学生は「外国に出て愛国心が深まったことを大いに感じているこの頃…」ということですが、これにはいささか違和感を禁じ得ません。

外国に出ることで、愛国心が強まるのはよくあることです。反日日本人として名高い雁屋哲氏でさえ、オーストラリアに移住した際には、打ち消すことの出来ない自らの内なる愛国心に困惑したと記していたと記憶します。

特に日本や、現在の韓国のように、他国と直接国境を接さない国の人々にとっては、外国に出ない限り、母国とは空気と同様の存在であって、殊更に母国を意識する機会は多くありません。

しかし例えば、水に沈めば自分が肺呼吸する生き物であることを、否応もなく自覚せざるを得なくなるのと同様、日本人が外国に出れば、自分が日本人であることを一瞬たりとも忘れることは出来ない、と言えば少々大袈裟に過ぎますが、事あるごとに自覚せざるを得なくなるのは事実です。

ですから、前述の韓国人留学生が、「外国に出て愛国心が深まった」と言うことに否やはありません。ですがその発露の方法には、大きな疑問があります。

例えば外国で「愛国心が深まった」と自覚した日本人は、どんな行動を取るでしょうか。ある人は、自分が日本人の代表として見られることを意識し、日本人として恥ずかしくない行動を取ろうとするでしょう。ある人は、日本の文化について、外国人にいつ質問されても即答出来るように、一所懸命日本の文化について勉強するかもしれません。ある人は、何かにつけ日本の物が最高だと言っては、その国の人に嫌われるかもしれませんw

ですが、どんなに素っ頓狂で調子外れの愛国者であっても、他国を貶すことで自らの愛国心を示そうとする日本人は、いないのではないでしょうか。たとえその日本人愛国者が、どんなにキチガイじみた嫌韓であったとしても。

ところが韓国人が愛国心を示す方法は、自国を良いところを強調し、褒め称えることだけではありません。日本を蔑み、貶めることも、韓国人にとっては立派な愛国心の発露となるのです。むしろ、自国の良いところを強調し、褒め称えることよりも、日本を蔑み、貶めることの方がなお強い愛国心を示すことになるように見えます。

極端な言い方をすれば、日本がなければ、韓国人は愛国心を示すことが出来ないのです。

「日本がなければ」ということを考える時、在日もまた、不思議な生き物だと言わざるを得ません。

時に、在日は得意満面で言います。「ウリはもちろん日本人ではない。しかし韓国人でもない。ウリこそは、在日という新しい民族なのだ」と。

しかし「在日」とは、「日本に在する」という意味です。日本は日本人の国です。「日本に在する」という理由で、新しい民族を名乗られるのは、日本人にとって甚だ迷惑なことですがそれ以上に、「日本」という存在に全面的に依存しながら、日本人であることを否定する他民族というのは、矛盾ではないでしょうか。

しかも「日本」という存在に頼らねば自らのアイデンティティを確立出来ないのに、日本を貶め、毀損し、乗っ取ろうとする在日が少なからず存在します。彼らは日本に住む日本人に、ウリが気に入らないなら日本から出て行けと当然のように言い放つのです。

本国韓国人も在日韓国人も、そういう意味ではやはり同じ韓国人と言わざるを得ません。

数年ほど前のことです。毎日通る道沿いにあった空き地に、高さ三メートルほどの、さほど大きくもない木が、一本だけ立っていました。一番下の枝が、私の頭から更に一メートルほど上にありました。

ある年の春先から夏に掛けて、その木に無数の毛虫が付きました。毛虫は、その木の葉っぱという葉っぱを、枝の下を通ればわしわしと音が聞こえるほどの勢いで、文字通り蝕みました。日毎に、目に見えてその木の葉っぱは減っていきます。

一週間ほどだったでしょうか。十日はかからなかったと思います。とうとうその木はすっかり丸裸になってしまいました。一枚の葉っぱも残さず、全て毛虫が食い尽くしてしまったのです。

毎日通る道の脇にある木でしたから、私は毎日その様子を見ていました。あんなに葉っぱを食われてしまったら、あの木は枯れてしまうだろうと思いました。

ところで、その木の葉っぱを全て食い尽くした毛虫はどうなったかと言えば、その木の周りには他の木が1本もなかったので、別の木に移ることは出来ませんでした。その結果、葉っぱという食糧と隠れ家を失った毛虫たちは、あるいは鳥に見つかり、あるいは飢えて、たちまち姿を消したのです。葉っぱが少しでもある間は、毛虫が減る様子は全然なかったのに、葉っぱがなくなった途端、わずか三日ほどで毛虫は全て消滅しました。

なんとあっけないと、私はその木の下を通りながら思いました。葉っぱを食い尽くされた木は遠からず枯れるだろうし、大切な食糧と隠れ家を失った毛虫は、自業自得で全滅しました。諸行無常とはこのことかと、ささやかな感傷を覚えました。

しかし私の感傷は数日後にひっくり返されました。なんと丸裸だった枝先から、続々と新しい葉っぱが芽吹き始めたのです。驚いたことにその木は、毛虫が全滅してからほんの一週間ほどで、再び枝々に豊かに葉っぱを茂らせたのです。

動けぬ木にも、それなりの戦い方があるのだなと思いました。事実はどうか知りません。ですが、毎日見るともなく見ていた私の目に、その木は毛虫に今ある葉っぱを食い尽くすだけ食い尽くさせる代わりに、新しい葉っぱを出すのを止め、彼らが自滅するまで耐え、彼らがいなくなったのを見計らってから、再び葉っぱを枝いっぱいに茂らせたように見えたのです。

今、その木のことが盛んに思い出されます。動けぬ木にも自らを蝕むものとの戦い方があるように、私たち日本人にも、日本を蝕む存在に対し日本人なりの戦い方があるのではないでしょうか。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

以下 ボケ禁止

なるほど 一度日本を彼らに明け渡せば

と誰かがボケる前にボケてやる。

2013/06/21-20:13 | URL | 多聞櫓としとくが聞きやしねえ #7d0klI8U[ Edit]

わかりますわかりますw
韓国からの資金を断ち、在日による違法経営で稼いでいる収入を断つんですね
あとは政府による保証や保護を断てば、政治への発言力を失い、永住許可取消への近道になりますね

2013/06/21-20:25 | URL | 名無し #-[ Edit]

よいこのえほん「おおきなき と けむし」

…ってタイトルで本にでもなりそうなエエ話や……

2013/06/21-22:15 | URL | なな #-[ Edit]

できることを着実にやっていこうと、元気がでました。
ブログ主さま、ありがとうございます。

毛虫扱いに頬が緩んでしまいましたw

2013/06/21-23:00 | URL | ポンズ #-[ Edit]

初めてコメントいたします。

在日という新しい民族…今韓国でトラブっているチョン・テセも言っていた言葉ですね。
彼がブンデスリーガのケルンに所属していた時、ケルン公式HP上で、彼のプロフィールの国籍の部分が、北朝鮮/日本になっていました。
呆れて、乾いた冷たい笑いすら出ませんでしたよ。

2013/06/22-01:54 | URL | ale #-[ Edit]

木の戦略

>今、その木のことが盛んに思い出されます。動けぬ木にも自らを蝕む
>ものとの戦い方があるように、私たち日本人にも、日本を蝕む存在に
>対し日本人なりの戦い方があるのではないでしょうか。

これが今エントリーの「お題」ですな'`,、('∀`) '`,、
何時もは如何に韓人が悪どく卑怯で外道である人種かに終始しがち
ですが、じゃあ日本人はどう言う戦略をとるべきかと言う事が
ぼやけていました。

一つは連中の反日に屈せず連中の不当不正を咎め、糾弾する事。
もう一つは外国の信用獲得に引き続き努め説得力を増す事。
更にもう一つは時に最終手段である暴力をも辞さない態度をとる事。

以上です。

2013/06/22-08:20 | URL | abusan #/5lgbLzc[ Edit]

寓話としては面白いし、よく出来ていると思いますが、
私なら放っておかないで毛虫を駆除します。

2013/06/22-11:01 | URL | 通りすがり #-[ Edit]

静かな戦い

 木に体力があるときであれば、それも可能でしょう。
また次の年、更にその次の年には同じことが繰り返されるに従って木も弱っていき、やがて枯れてしまうかも知れません。

 木を守るのであれば、病害虫等の知識を一人一人が持ち、誰に言われなくても手入れを行い、害があればそれを除き、害がなければ予防を行うしかないと思います。

 木がなくなってしまえば、毛虫は別の木に移るか絶滅するでしょう。
その時、木は寿命を全うできたかと言えば、そうではないような気がします。

2013/06/22-13:09 | URL | ミオド #guRgTqeo[ Edit]

良い話をありがとうございます。

でも、我々は、食べると毒になる葉を茂らせましょう。

2013/06/22-13:18 | URL | 野人 #-[ Edit]

おっと、思い出しました

今から40年くらい前の話しになります。しばらくニューヨークのロング・アイランドの真ん中くらいのところに住んでいたことがありました。私の家の周りはoak tree(柏の仲間)の林で囲まれていました。秋に紅葉し、冬には全ての葉を落としますが、春になってそれらの木々は一斉に芽吹きます。まさに新緑の季節です。そのうちに空から何かかすかな音が聞こえるような気がします。何だろうと思っている数日のうちに、みるみる葉が”蝕まれ”てきました。よく見ると多くの木で毛むくじゃらの、まさに毛虫が涌き出して、いくつかの木々の葉っぱを食べていたのです。そして毛虫も大きくなるにつれて、葉っぱを蝕む音も大きくなり、さらにそれらが黒胡麻4つ分くっ付けたような糞を落し、それらが葉にあたる音も出るのです。そしてそのうちに毛虫に取り付かれた木には全く葉が無くなってしまうのです。しかしその後しばらくすると、まさにブログ主が言っておられるように、それらの木々から新しい芽が出てきて葉を茂らせるのです。

この毛虫はgypsy mossと呼ばれているものです。なぜそう言われるか見ていてなるほどと思ったのですが、これらは木の葉を食尽した後に例の蠕動運動で木から降り、地上を這い回るのです。そしてoak treeとは別の葉っぱの茂る木に登り鈴なりになり、集団で周りを糸のネットの大きな繭を作り、中で蛹になり、やがて蛾になって飛んで行きます。そして、oak treeの幹に卵を植え付けるのです。そして、翌年の春には、全てのoak treeの葉っぱが食われてしまい、そして・・・・。

その後どうなるか。襲われたoak treeも枯れてくる木がでますが、耐えて生き残ります。一方gypsy mossは、自然のままでは、爆発的な増殖状態は続かず、しばらく間隔を置いて繰り返されるようです。ただ上記のような状態では、住宅街の住民の苦情が相次ぎますから、役所で殺虫剤を撒くと云う対処をすることになります。しかし絶滅させることは難しく、何年か後にまた湧き出てきます。

このgyosy mossに関しては、もう一つの有名な話しがあります。絶滅から逃れると云う、恐ろしい話しです。これの成虫、即ち蛾、は、少し白っぽい感じであります。しかし、ある工場の多いところでの酷い環境汚染の所為で、木々を含めて町全体が煤けたようになってくると、蛾は目立つため、鳥の餌食になり易く随分数が減ったそうです。しかし絶滅はしません。なぜかと云うと、突然変異により、黒っぽい蛾が生じ目立たなくなる故、鳥に食われずに生き残った、ということです。

何かと暗い話しをしてしまいましてごめんなさい。しかし先ず事実を理解しておくことは重要と思い、書き留めておきました。ヒトモドキに対しても、油断してはいけないということを、自覚すべきと思ったからです。しかし、絶望する必要は無いように思います。方法は、”蝕み”が目立って来る毎に、苦情を相次ぎ発信すること、そしてやがて社会に殺虫剤を撒くよう要請することであろうかと思います。

2013/06/22-17:05 | URL | 名無櫓 #Q.APK/2g[ Edit]

名無櫓 さま (Re. Gypsy Moss)

投稿されたものを興味深く拝読いたしました。 Gypsy- Mossとは言い得て妙なネーミングですね。 

ファーブル先生がご存命なら「Gypsy Mossは亜種に分化し易く、今ではほとんどがKeysen Mossである」と分類されるかもしれませんなぁ~

毛虫の増殖数が住民の許容限度を超えれば駆除運動が盛んになるとのことですね。 
USニュージャージーあたりで大規模な「焚チョン坑娼」が起きることを祈ります。

2013/06/22-23:26 | URL | 反韓初心者 #-[ Edit]

除鮮除鮮!

2013/06/23-00:51 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

日本の葉っぱを食ってる毛虫は日本という木の枝、幹、根まで食う気マンマンなんじゃないかなー
そうなるとやっぱ早いとこ殺虫剤撒いて駆除するしかないっしょ

2013/06/23-06:02 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

韓国人の愛国って、ウリたちの立場を上げるため、ウリの嘘を日本人へ被せるための「嫌がらせ」でしかないんですよね。

愛国というより陰謀ですね。

2013/06/23-11:02 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

今回のお話を読んでふと思いましたが、

『食い潰す』とは本来異なるのかもしれませんが、しばらく前から
半島企業が行っている薄利多売での利益追求に似ているものを感じました。

液晶TV産業は本来ならもう少し息が続く分野だったかもしれませんが、
サムスンが薄利多売、かつ短期的に大量にばら撒いたために業界全体の
先まであったであろう利益まで無くなってしまったように見えます。
(結果、一般にはまだ時期尚早であろう4K等への変化を迫られています)
ヒュンダイによるアメリカ市場での車の売り方もほぼ薄利多売です。
「車一台買えばもう一台オマケ」なんて長期的な戦略には思えません。
他社より刹那的にでもシェアを取り、その間に市場全体から取れるだけ
利益を取って、結果市場が衰退・焦土化しても知った事じゃない…。

住み分けをするわけもなく、当然分け合いもしない。独占とも違う。
シナ企業の拝金思考とも違う。自分には『食い潰す』としか表現できません。

2013/06/23-13:51 | URL | 真ん中より一歩右 #6urEx/7U[ Edit]

兵糧攻めにするなら、日韓断交ですね。半島にでていっている日本企業は早く撤退しないといけませんね。

日本と韓国の国力の差を考えれば、本来他に方法のない木のような肉を切らせて骨を断つような戦略を用いる必要はなく、一方的に叩き潰せるはずなのですが、それができないのは、国内問題です。

2013/06/23-14:51 | URL | nukotter #FgY82WkI[ Edit]

旭日旗

内容とずれていて申し訳ないのですが、
日米韓あるいは日韓の軍事合同演習で、旭日旗の自衛艦と韓国の軍艦が仲良く並走している写真とか無いでしょうか?有るとして、それを見て戦犯旗とか言っている連中は何とコメントするのか、知りたいところです。

2013/06/23-17:32 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

旭日旗

....しらんがなw

いや実際どうなんでしょうねえ
ここで聞くより2chの軍事板でも行けばいいのでは?
誰も答えられないと思うよ、ここではw

ま、わかったら報告お願いしますわ(`・ω・´)ゞ

2013/06/23-21:31 | URL | 多聞櫓としとくが聞きやしねえ #7d0klI8U[ Edit]

真ん中より一歩右さん
 薄利多売という方法じゃないですよ。
ソフトバンクとかも良くやる手ですが、ギャンプル一点張りでシェアトップを兎に角奪って市場を半壊させておくんです。
 次の一手を打つ時もギャンブル一点張り・・・ギャンブルの大当たりが続く訳も無いので失敗するんですが、市場を半壊させておく事で公的機関から救済を貰う訳ですわ。(可成り多数の人員をかけないと出来ないからトップシェアが必要という見方もできます)

 当たれば大儲け、外れても救済される様に博打を打つ経営。もちろん救済を受けられるようになる前に消えていく会社の方が圧倒的に多いのですが・・・そこは彼のミンジョクらしく失敗は考慮しないんですよ。(救済をしてもらうのに規模以外の部分あったりするけど・・・アレの得意分野を考えれば直ぐ判ると思うので割愛)

 彼の国の企業と提携するってのは博徒の連帯保証人になるようなモノなんですよ。

2013/06/23-22:21 | URL | モホゥ使い #-[ Edit]

見識が浅くて申し訳ないです。

>>モホゥ使い氏
説明されて「あ~、成程」と思いました。計画倒産より酷い(笑)
(半計画倒産しといて、さらに税金から助けを貰うわけですから)
しかし、その理屈でいくとサムスンは救済貰えるか怪しいですね。
もう国側の方が寄り掛かる状態になっているようなので、もし
こけたら国も一緒にこけるしか…。あっ、そのための”おかわり”か!

>救済を受けられるようになる前に消えていく会社の方が…
性質が違いますが、しばらく前から銀行すらそんな状態のようですね。
未だに徳政令が出る状態の国民、税金で助けて貰う事前提の企業、
他人に平気で”おかわり”を要求する国家…。ホントある意味奇跡だ。
儒教や朱子学を一体どうこじらせれば、こんな体面でいられるのやら。

2013/06/24-03:11 | URL | 真ん中より一歩右 #6urEx/7U[ Edit]

大変勉強になります

こんばんは。

ツイッターで交流のある方から御ブログを紹介され、遅まきながら、本日初めて立ち寄らせていただいたのですが、極めて冷静、かつ的確な韓国分析に感嘆致しました。

私も拙きものながら、ブログで記事を書いておりますので、今後引用させていただくことが多くなろうかと存じます。どうかご了解いただければ幸いです。

個人的には、いわゆる「ブログランキング」というもので上位にあるものは、必ずしもその内容が優れていることを意味しないと感じてきましたが、御ブログは素晴らしいです。私ごときが言うのは失礼かと存じますが、立ち位置、文体、誤字脱字のなさなど、日本人が書く日本文として最高レベルにあると感じ入っております。

毎日拝読、応援させていただきますので、引き続き素晴らしい記事をご提供いただけることを期待しております。

Mich

2013/07/13-21:45 | URL | Mich #mcC672dI[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。