管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

檀君神話解釈 あとがき

「檀君神話シリーズ」全4回、如何でしたでしょうか。

このシリーズは、実は半年くらい前にこのブログとはまったく無関係に書いたもので(そもそも、当時はブログを始めていませんでした)、日韓チャットの常連日本人に見せたことはありますが、基本的にはどこにも発表せずしまっておいたものを焼き直したものです。

実は数日前から風邪を引いてしまい、ゼロから文章を構築するには、頭痛が邪魔をしてどうにもならなかったという事情がありまして、昔の文章を引っ張り出すという姑息な方法を取りました。これが案外好評だったのには、正直なところ驚いております。

この仮説自体は、2年くらい前から持っていたのですが、これをまとめて文章にしたのが半年ほど前です。この時、日韓チャットの常連日本人たちに見てもらって意見を聞いてみました。その意見の中に「この論を裏付けるためには、中国の文献にこれと対応する資料があるかを確認しなきゃね」というアドバイスがありました。

なるほど、そういうものかと思って、中国の文献資料を探してみようと思い、実際幾つか当たってみたのですが、正直なところ箕子伝説以上にこの伝説に近い話を探せませんでした。

さらに調べるうちに、現在朝鮮で行われている檀君神話解釈もなんらの根拠資料も無く、中国の文献資料との照合も行われていないことがわかりました。と言うわけで「なあんだ、根拠無しでも、恣意的な解釈でも良いんじゃん♪」と私が思ったとしても、許していただけると思います。

つまり4日に渡って繰り広げた拙論は、現在朝鮮で行われている解釈論と同レベルの「無根拠恣意的解釈論」です。この点あしからずご了解ください。



banner_03

でも従来論より説得力ないですかね?
あると思った方も、あるかボケと思った方も
とりあえずクリックお願いします<(_"_)>

コメント

たしか年末に頭が煮えるほど発熱されていたと思うのですが、年明け早々に毎日の記事の更新!すごいと思っていましたら、なんと風邪は治っていなかったのですね。
たまにはお休みをして、体をいたわってあげてくださいね。

さて、さすがfetiaさん、資料もきちんと調べられているのですね。
それに比べて韓国の歴史学者は何をしているのやら…
もしかしたら檀君神話が事実でないことを検証してしまうと、学会追放どころか韓国社会から抹殺されてしまうのであえて手をつけないとか…

今日イザベラ・バードの「朝鮮紀行」が手に入りまして、数時間前から読み始めたところです。
序章に、“朝鮮半島原住民の伝説はあまりに神話的でここには記さないが、あとで触れる箕子が紀元前十二世紀に中国文明の要素をもたらしたとき、半島に先住民がいたことはたしかである。”っていう文章を見つけて、fetiaさんの解釈は結構あたっているかもと思ったのでした。
面白そうな本なので、頑張って読んでみたいと思います。

ではお体お大事に!

2006/01/09-17:50 | URL | marie #-[ Edit]

>marie様

年末の頭煮え煮えとは別に、風邪を拾ってしまったらしく、突然の咳と頭痛に悩ま
されておりました。しかしながら、おかげさまで咳は残っておりますが、身体は至って
元気です。お気遣いありがとうございました<(_"_)>

イザベラ・バードの朝鮮紀行、引用文は何度も見かけておりますが、まだ全部読んだ
ことはありません。って言うか多分、オーダーしないと入手出来ないような希ガス。

韓国の学者の中にも、まともなのはいないこともないらしいのですが、やはり韓国が
優れていた、韓国マンセーな研究でないと、韓国ではまったく評価されないというのは
哀しいかな事実でありまして。
私は史学よりむしろ言語学関連の方が興味あるのですが、韓国の金田一春彦と
呼ばれる李基文ソウル大学教授(あ、今気づいたけど、馬鹿発言連発の韓国外相と
同じ名前じゃん・・・、名字は違うけど)の「國語學概説」という本を読むと、ちゃんと
ハングルは漢字由来であることが書かれていたりするのですよね。

この教授、何年かに一度頭をもたげる「日本語の祖先は朝鮮語」説についてコメントを
求められる度に「またですか、放っておきなさい」と爆笑されるそうです(ちなみに
日本語ペラペラ)。

2006/01/10-04:15 | URL | fetia(管理人) #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。