管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国と同じ愚を犯すな

今月初旬頃に、韓国の東亜日報に「この頃の日本、その不都合な真実」と題するコラムが掲載されました(日本語訳はこちらをご参照ください)。

室谷克美氏の「悪韓論」では、「東亜日報は、落ち着いた記事が多い。社内外の論客が執筆する「オピニオン」欄には、時として鋭い視線が光る。しかし、その社説は無事安逸型、つまり綺麗事が目立つ」と評されています。

今回引き合いに出したコラムが、その評のどれに該当するのかは何とも言えませんが、韓国人の習性を無意識のうちに暴露しているコラムであるとは言えるでしょう。

韓国は常に、自分が思ったところに的があると信じて矢を放ちます。韓国が思ったところと的があるところが一致すれば、矢が当たることもあるでしょう。しかしそうでない場合、矢が当たらないのは当たり前です。

矢が当たらない場合、「自分の狙いが悪いのではないか」とか、「矢や弓の調整が間違ってはいないか」と考えるのが普通ではないかと思いますが、韓国人は違います。韓国人は、矢が当たらない理由を的に求めるのです。

つまり韓国人は自分が狙ったところ、もっと極端に言えば自分が放った矢が到達するところに、的の中心があるべきだと考えています。自分が狙って的を射抜くのではなく、的が矢に中心を射抜かれるところにあるべきだと考えているのです。

だから矢が的に当たらなくても、狂ったように「自分が的があると思うところ」に向かって矢を射続けます。これは、韓国のやることなすことほとんどのことに当てはまることだと言えるでしょう。

日本には、的がどこにあるかを見定めようとする姿勢がありますが、韓国側にそういう姿勢は全くありません。そういう相手と何かを共同で行なっても、得られるものがほとんどないことは、2002年のワールドカップで証明されています。

にも関わらず、日本側は相変わらず韓国が擦り寄ってくるのを振り払えません。2020年の東京オリンピック開催決定を受けて、JOCの竹田会長が韓国との協力に合意したという報道がありました。

それが日本の韓国に対する経済的物理的援助を意味するわけではないといくら日本側が言ったとしても、韓国が考える「的」はそこです。彼らは必ずそこへ向けて矢を放ち、当たらなければそこに的がないのが悪いと盛大に火病るでしょう。

2001年に今上陛下が「韓国とのゆかりを感じています」と仰ったことを韓国がどのように解釈したかを知っていれば、彼らにリップサービスや社交辞令が通じないことは理解出来ると思うのですが、かと言って国際親善を担う立場の方々に、韓国が擦り寄ってきても構わず振り払えと言うのも酷な話ではあります。

まことに韓国は接触があるだけで、日本の国益を損なう国と言えるでしょう。

韓国が正しい位置にある的、即ち「不都合な真実」を見ようとしないのは韓国の勝手です。それで韓国が損をしようと、国を滅ぼすことになろうと、韓国が望んだわけではなくとも、自ら選んだ結果です。それに日本が付き合わねばならない理由など、全くありません。

日本が韓国と友好的であろうとするのは、それが日本の国益に利すると考えられていたからです。たとえ韓国における反日気運が濃厚であろうとも、いざという時には韓国が日本とのパートナーシップを第一とまでは行かずとも、念頭に置いて行動するのであれば、まだ韓国と手を結ぶ理由はあるかもしれません。

しかし現実を見てみればどうでしょうか。韓国は常に日本の国益を損なうことを重視していることは、あらゆる点で明白です。日本が最大限に譲歩するとして、韓国が韓国の国益を常に第一に考えて行動するならば、それに合わせて日本が韓国と手を携えることに意味を見出すことは出来るかもしれませんが、昨今はそれさえ危ういのです。何しろ昨今の韓国は、結果的将来的に韓国の国益を損なうことになろうとも、日本の国益を害することを最優先する傾向がチラホラするのです。

前回記事でもご紹介したとおり、韓国の反日は、親日と目する人を殺すことさえ是とするほどに、病膏肓です。それは治す気があれば治せる病なのかと問われれば否定的な答えしか思いつきませんが、そもそも韓国自身に反日という病を治す気がありません。治す気があっても治るかどうか怪しいのに、治す気がないのですから、韓国の病は重症化することはあっても治癒することはないでしょう。

韓国と結ぶことが日本の国益になるという意見は、「韓国がまともな国である」という前提が必要不可欠です。「まともな国」という表現が曖昧で分かりづらければ、「理を解する国」と言い換えても良いでしょう。韓国は理を解さず、気で動く国なのです。

間違った前提に基づいた計画が、望む結果につながることはありません。それはまさしく、韓国がしている「正しい位置にある的」ではなく「自分が望む位置にある的」に向かってひたすら矢を射る愚と同じです。千年射続けても、億万本の矢を費やしても、矢が的の中心を射抜くことはないでしょう。

その韓国の愚に付き合って、日本が同じ愚を犯すことに何の意味があるのでしょうか。それにもし意味があるとすれば、韓国の望み、すなわち日本の国益を損なうという彼らの切望を叶えること以外に、私には思いつきません。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

病人は自分のことを病人だとは夢にも思わない。

>韓国の反日は、親日と目する人を殺すことさえ是とするほどに、病膏肓です。それは治す気があれば治せる病なのかと問われれば否定的な答えしか思いつきませんが、そもそも韓国自身に反日という病を治す気がありません。治す気があっても治るかどうか怪しいのに、治す気がないのですから、韓国の病は重症化することはあっても治癒することはないでしょう。

本日、初めておやっ?と思ったが、自分で病気とは夢にも思えない人に、病気を治せ!と言っても全く無意味ではないだろうか?

精神病患者に、諄々と諭したって、こちらが消耗するだけで莫大な時間の浪費にしかならないと思う。 暴れて他人に迷惑をかける患者には、薬物治療か、縛り付けておくしかないのでは?

今回は、

>つまり韓国人は自分が狙ったところ、もっと極端に言えば自分が放った矢が到達するところに、的の中心があるべきだと考えています。自分が狙って的を射抜くのではなく、的が矢に中心を射抜かれるところにあるべきだと考えているのです。

>だから矢が的に当たらなくても、狂ったように「自分が的があると思うところ」に向かって矢を射続けます。これは、韓国のやることなすことほとんどのことに当てはまることだと言えるでしょう。


に感心しました。

実に見事な表現ですな。

気分を害されたとしたら、謝します。 今後も応援してます。

2013/09/17-00:42 | URL | Kanji #FXbBe/Mw[ Edit]

何で日本=矢場なんだ?

チョンの書くコラムが大好きです。

蚯蚓φ ★さんの訳引用以下
>いつも利用している矢場に行ったが標的の位置が変わっていて、それも以前より当てるのが難しい奥まったところに移されていたら…。

日本が矢場です。初めから攻撃の対象としているわけです。謂わば仮想敵国なんですよね。その仮想敵国に対しての攻撃は正義なんです。日本人はこの前提をもっと知るべきです。朝鮮コラム読むと、こういうことがさらっと書かれていますが、朝鮮人のこの(前提としてあるこの感覚を)皆さん読み飛ばさないでくださいね。新聞記者が書いている文章でこれだということを良く認識してほしいです。

私は、日本人の感覚についてこの記者の言っていることはおおむね正しいと思います。その上で戦略(ゆすり・たかりの的)を変更しろと朝鮮人全体にこの記者は言っているわけです。そういう意味では極悪なコラムです。朝鮮人らしさが良く出ているので、ペチアさんが採り上げたがる気持ちがわかります。

この記者の結論部分「惜しくもないから日本とは塀を作って生きようというならその選択は別だ。しかし、誰もそのような決定はするのは難しい。」ですが、「惜しくも無いから」の部分。惜しくも無い?友好関係に惜しいとかあるのか?ということ。要するに、この「惜しい」という表現。「(タカリの対象。技術のパクリ先として)」を前に補わないと日本人には理解できない表現です。ここ注意です。

また、「しかし、誰もそのような決定はするのは難しい。」ですが、「誰も」といっていますが、「朝鮮人なら誰も」ということで、さらに、そのような決定は、日本人からすると難しくは無いですよね。大歓迎しますし、やるかやらないか、それぞれが行動するだけということです。

この記者が危機感を喚起しているように、朝鮮人は今までのやり方でのゆすり・たかりが通用しなくなってくるだろうことに気がつき始めています。今後ゆすり・たかりの方法を変更しようとして来るでしょう。しかしながら、朝鮮人にとって一番の問題は、関係を絶たれることです。「しかし、誰もそのような決定はするのは難しい。」と書かれていますので、朝鮮人側から見ての一番困る結論だということです。また、現状、どのように方法を変えたらよいか、探すのが難しいと袋小路に入っているというところです。
ま、これは当然で、今までは日本が遊んであげていた状態で、ちょんに逃げ道を作ってあげていただけですから。

2013/09/17-06:21 | URL | chihiro #X.Av9vec[ Edit]

鬱陵島沖に核廃棄物投棄の韓国

東日本の海産物輸入差し止めまでして、東京五輪招致に対する韓国の嫌がらせ。

1968~72年にかけて45トンもの核廃棄物を、日本海鬱陵島沖南12カイリに投棄した韓国。
現在、慶尚道の貝類からプルトニウムが検出されているのもその影響かも。

平昌冬季五輪開催に際し、日本からの海産物輸入制限かける手前、韓国は国家プロジェクトで回収を計る責任がある。

安倍壷三隠れ親韓政権は、これを指摘し韓国の海産物輸入制限に対抗することをなぜかしない。

2013/09/17-12:29 | URL | ω=з…~・ ((i)) #ZpiZsxmM[ Edit]

ω=з…~ 朝鮮人的トンスル理屈の見本 (嗤)

二度の過去コメで朝鮮人の悪逆非道を論(アゲツラ)い、そして結論が「悪逆朝鮮を成敗せぬ安倍壷三は親韓・・」かい。(嗤)

「的は自分が狙った所にあるべきニダ」ならいざ知らず、日本での説得力は論旨の一貫性と誠意。
相手にして欲しいなら過去コメに対する質問に答えること。 私めの質問も追加しておきます。

1.日帝将官とは何を指す? (スキップさんの質問)
2.将官って、洪シヨクと混同か?
3.壷三って誰だ? (デコスケ得意の表記アルネ)
4.>パククネの叔父が親日派という理由で虐殺・・?
5.>パクチョンヒが李承晩のゲシュタポに拷問をうけた・・?
6.>李承晩による親日一派の大静粛・・?

上記、4~6の一次ソース、もしくは客観性を周知されたソースを提示されたし。

2013/09/17-14:24 | URL | よしき(反韓初心者) #N2y2xK1c[ Edit]

「狙った所に的があるべき」というのはなるほどと思いました。
この例は韓国の実態を知らない人にも通じると思うので
どこかで使わせてもらいますね。

2013/09/17-18:07 | URL | tmtm #94L/QBIE[ Edit]

 東亜日報は日本が絡まなければ日本の新聞社より2段も3段も簡潔で冷静な文を書きますけどね・・・記者としては日本より確実に上手だと思います(ウェブの日本語版の事ですけど)

 日本に対しての病的な対応と(どの国相手でも関係なく)態度が大きい割にヤバくなるとケツ撒いて逃げる事を普通の事だとしている点を除くと結構まともな記事書きますよ~

ま、日本が関わっては駄目って処がより浮き彫りになるんですがね♪

2013/09/17-21:27 | URL | モホゥ使い #-[ Edit]

09/1712:29様

韓国の海産物は輸入制限しなくても日本産と韓国産があったら韓国産は買わないし、韓国産しかなかったら無理に買わないので問題ありません。
韓国のものは空気から一切日本に必要なものは無く、むしろ在ることは害にしかなりません。さようなら。

2013/09/17-22:34 | URL | 完璧主義 #-[ Edit]

” ω=з…~・ ((i))”って何ですか?

"ω=з…~・ ((i))"
って何ですか?
まぁ何となく想像つくんですが・・・

ω=з

…~・

((i))
に分かれますか?
・・・・とか聞いても、どうせ答えないんだろうなぁ。

何となく、集団ストーカー被害者の人かな?なんて思ったりしました。

2013/09/17-22:49 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

韓国の場合、射た矢が当たらないどころか、何かに跳ね返るか、または風で押し返され、自分にグサッと刺さる事もよくありますね。
というより、そういう事ばかりのような気が。

満身創痍になり瀕死になっても的のせいにし続けるのでしょうから、本当にどうしようもありません。刺さった矢に毒が塗ってあれば、もう効いてもよさそうな・・?

2013/09/17-23:32 | URL | 花見櫓 #-[ Edit]

あまりにも・・・・ な正論に納得でした。

そうか、「的をねらう」ために努力するのではなく、「外れた矢の先に的がないことをおかしい!と主張する」ために努力するのですね。

的外れでベクトルの違う無駄な努力を重ね続ける韓国に????????と感じ続け、「その無駄なパワーを建設的に使ったら良いのに」と何度思った事か。

努力の方向が絶対的に違うのだから韓国VS常識的な国(日本を含む)という構図はいつも相容れないのでしょう。

2013/09/18-10:09 | URL | tannpopo #-[ Edit]

的確ですねwww

2013/09/20-02:44 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

よくぞ言ってくれました。
恥とは日本の危機に行動しない腑抜けどもの事です。
日本人が韓国の事を嫌いになり、ネットで憂さ晴らしをする程度の意識の変化で喜ぶ間抜けが少なくないですが、そんなものは鎖に継がれ吠えるだけの犬と変わりなく、既に侵入して日本を食い荒らしてる奴らに何の実害も加えません。
一見安寧としていて平和が続く日本の中で、男は本能ともいえる国を守る機会が無く本分を失い女と性差が曖昧になっていました。
しかし国家の存亡と国民の自衛のため、今こそ神の国に生まれた男児の誇り取り戻し戦う時です。
女もまた泰平の世で子供を産み育てる時間と環境を十分持ちながら、男同様本分を全うせず
少子化に至りました。
女はデモなどイメージを作る目立つ行為などに配置、男は

2013/09/26-06:50 | URL | 名無しさん #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

トラックバック

トラックバックURL
http://fetia.blog34.fc2.com/tb.php/1240-3aa9888a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【東亜日報】この頃の日本、その不都合な真実~日本社会の底辺に変化が起きている[09/02]

( ´H`)y-~~. 貼っておいてなんですが、あらかじめお伝えします。引用元は読むと時間を損した気分になるコラムです。1 蚯蚓φ ★ 2013/09/03(火) 00:23:25.71 ID:???いつも利用している矢場に ... ちょっと一言【2013/09/17 23:11】

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。