管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖國問題という試薬

昨日、安倍総理が靖國参拝をしたということで、中国と韓国とそのお友達である日本の反日マスコミがキーキー言うのはお約束というものでしょう。そこへアメリカや台湾、EUからも批判が出たということで、日本国内の親中親韓連中は大喜びしているようです。

私は個人的には、靖國参拝問題について日本国内で日本人同士が賛否を戦わせるのは全く問題がないと思っています。しかし、中国や韓国、及びその他の国からのイチャモンにまで、真面目に対処する必要は、全くないとも思っています。

理由は単純です。靖國参拝問題は完全に日本の国内問題だからです。よって、靖國参拝是非論が日本人同士によるものであったとしても、反対論者の主旨が「中韓への配慮」であれば、討議に値しないと思っています。

今回の安倍総理の靖國参拝についても、批判の多くは中韓の反発や批判を主眼に置いています。では日本の総理大臣が靖國参拝しなければ、日本と中韓の関係は良好を保てるのかと言えば、それは全く保証されません。と言うか、靖國参拝をしなかった間の日本と中韓の関係は、決して良好とは言えませんでした。特にここのところの日本と中韓との関係悪化は、清々しいほどでした。

つまり、日本の総理大臣が靖國参拝をしてもしなくても、中韓は日本を批判するのです。むしろ、日本が中韓の批判に全力的に配慮するという姿勢を示せば、彼らはそれを上回る配慮を求めて、日本に対するイチャモンを増やすだけでしょう。

そもそも要人による靖國参拝の是非は日本の国内問題なのですから、中韓のイチャモンなど徹頭徹尾無視しても良いはずです。なのにそれに配慮し、その結果として更に中韓との外交関係を複雑化させることになっているというのが、現状でしょう。

真っ当に考えればバカバカしいにも程があります。しかも日本の反日マスコミは、そのバカバカしい話で紙面を埋めているのですから、購読料を払って読んでいる者はたまったもんじゃありません。

靖國参拝を報告した安倍総理のフェイスブックには「いいね!」が今朝の時点で5万を超えたといいます。日本国民の多くが、安倍総理の靖國参拝に理解と共感を示している証拠と考えて良いでしょう。

即ち、日本国民の理解と共感に対し、中韓の言いがかりと反発というのが、靖國問題の外見的構図といえるでしょう。これまでは、後者を必要以上に重視し配慮した対応であったわけですが、今回の安倍総理は、日本国民の理解と共感を重視したのです。日本人ならば、前者と後者のどちらを重視するのがより望ましいのか、考えるまでもありません。

それでも尚、中韓の批判がどうの配慮がこうのと言いたいのであれば、まずは日本がこれまでに行なった中韓への配慮に見合うだけの配慮を、中韓が日本に行なってからの話でしょう。

一方的且つ永遠に、日本だけが中韓その他の国からの批判を傾聴し、あるいは配慮し、その見返りは一切求めてはいけないなどという片務的で消極的な対応を続けることが日本の国益になると思っている日本人がいるとすれば、その人は意識的か無意識的かはわかりませんが、精神的に中韓の忠実な下僕あるいは奴隷であり、そんな人の主張に国ぐるみで従えば、日本が国ぐるみで中韓の忠実な下僕あるいは奴隷にさせられてしまいます。

そうなることこそが日本の国益なのだと真顔で堂々と言い放つぐらいならいっそ潔いというものですが、仮に本当にそう言われたとしても、その主張に同調する気には全くなれません。

日本人が日本の祖先を祀った神社に参拝することに、外国人が口出しする権利はありません。まさにNot your businessなのです。

今回の安倍総理の靖國参拝は、日本と中韓との友好関係回復を妨げたと主張する連中も少なくないようですが、そういう日本国内からの脅迫的批判こそが、中韓に対日批判の燃料を提供しているのです。

歴史的背景や中韓の民族性などについての知識が全くなく、それゆえに反日マスコミの煽りに乗せられてしまったという人も多分たくさんいるだろうとは思うのですが、確信犯的にそういうことをする連中は、血統や国籍はともかく精神的には日本人ではなくて、支那・朝鮮人に近いかそのものだと考えて良いと私は断言します。

靖國問題はある意味、そういう連中をあぶり出す試薬的問題と言うことが出来るかもしれません。


人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

思い出したように行くから色々と言われるんで、毎日参拝してから閣議に臨んでは如何でしょうか?そのうち何も言わなくなりますよ。

2013/12/28-07:25 | URL | ホンロン #HfMzn2gY[ Edit]

よく、「国民感情を傷つけた」と言われますが、日本国民の身体感情を傷つけてる連中には言われたくないし、少なくとも日本の政治家は守るべきなんじゃないですかね?とこの騒動で再認識しています…
結局、外国がどうこうより、国内マスコミや政党によりムカついております

2013/12/28-09:37 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

外国人から意見される問題じゃないです。もっと言えば国内問題ですらないと思いますね、本質的に。日本人の心、個人の内面の話ですよ。ただ勝手に支那人と朝鮮人が「政治」に持ち込んで、というより日本のマスコミ、反日政治家が率先して政治問題化してしまった。まんまと罠にはまった格好だが、逆に今となってはこちらのカードに使えそうだ。参拝する事で韓国を突き放したい時に良く機能する。支那には即刻効力を失いそうだが、朝鮮人には長期間効くだろうと思う。何せ言動に合理性を微塵も感じさせない稀有な民族なので。首相参拝の度にお約束の祭りになって「韓日関係の改善に障害が。。。」って具合。悪くないと思いますね。

2013/12/28-17:43 | URL | その通り #-[ Edit]

今回の靖国参拝、相当絶妙なタイミングで行われたのではないでしょうか。
韓国のIMFストレステストの(相当ヤバいと思われる)結果が、近々発表されるこの時期、
何もなければ恥知らずにも日本に援助を求めてきかねない事態だったところにこの参拝。
ここで参拝された事で、韓国としては援助を申し出る事が限りなく不可能になったのではないでしょうか?
求めなければ破綻で爆発、求めれば世論が爆発、どう足掻いても絶望と言った所ですかね。
政治のカードと化してる現状は好まないですが、成る結果としては満足に年を越せる出来事だったかと。

2013/12/28-19:11 | URL | Passione #b1bBKLOc[ Edit]

他ブログにも書かせて頂きましたが、東大教授の藤原帰一(NHKに良く出る人)が修正主義者だの、あれは侵略だっただの、行きたくもない若者を戦争に行かせた責任者が祀られている神社に参拝などしてはいけないだの日韓関係が心配だだの「は????」連続の発言ばかりで本当に驚きました。この方はアメリカの歴史が専門とのことですが、アメリカにいた共産主義者の事も知らないんでしょうか。

NHKが何でこの人をやたらと呼ぶのかよーくわかりました。いやホント反日だわNHK…。

安倍総理の参拝、断固支持です。

2013/12/28-23:18 | URL | おれんじ #-[ Edit]

アメリカ大使館のFBがプチ炎上中です
面白がってではなく、しっかりとした論調で抗議している人がたくさんで、
実名の多いFBですから何とも頼もしい気持ちになります。

アメリカの中途半端さが中韓よりも煩わしい。
面倒を起こしたくないから日本は黙っててくれ
としか考えられない。

2013/12/30-18:09 | URL | P.T. #W1cL0Dl.[ Edit]

 アメリカは靖国に参拝する事を問題視していません。
日中関係が武力衝突寸前の状態で敢えて中国を煽る行動をとった事を残念ですと言っただけです。
 個人的な見解ですが
もしもの時に米軍が動く必要がなければ、コメントしなかったと思います。

 もともと、靖国問題そのものが「日本人(朝日新聞社)による提起であり、外交筋の問題では無い」ってのが、諸外国の基本姿勢(中国を含めて)です。
 中国は江沢民までは「遊んで」居たけど、江沢民の反日政策であちらの頭の悪い極右が遊びを理解できずに暴走してるだけ。

韓国・・・・この件で何も影響を与えて無いですね。

2013/12/30-19:26 | URL | 名無しの日本人 #-[ Edit]

>2013/12/30-19:26 | URL | 名無しの日本人 さん

自分のはやとちりでした
実は受験前ということでこの二週間ほど
携帯、PCを放置してテレ5ビだけで情報を得ていました…
そこで首相の参拝があり、
連日の日本叩き&年末だしいっか♩
というわけでとちってしまいました
反省。

僕が言うのはアレですが、
皆々様方、情報を吟味して不必要に踊らされることのないように
お気をつけください

2013/12/31-03:28 | URL | P.T. #9a0Q92Lg[ Edit]

「靖国問題」などありません!

そもそも「靖国問題」など、国内問題ですらないと思います。
動かぬ証拠写真満載の「ひと目でわかる〜シリーズ四冊」を見れば明らかなように、日本は戦争犯罪など犯しておらず、先の大戦における「戦犯」と呼ばれるもの自体が「東京裁判」という国際法完全無視の捏っち上げの「茶番劇」が生み出した冤罪であることは今や国際常識でもあります。(戦勝国と特亜三国、日本国内の朝鮮バカサヨだけは未だにこの国際常識を認めようとしませんが。)
その証拠にマッカーサーは朝鮮戦争勃発後に日本の主張の正しさに気づいて猛省し、昭和26年5月1日の米国上院軍事外交委員会で「日本の戦争は自衛のためだった」と公式の場で証言しています。
従ってこの時点で東京裁判の判決は国内的にも国際的にもなかったことになっています。
そして東条内閣時の外務大臣であり、東京裁判で“A級戦犯”とされて有罪だった重光葵が、戦後は国民総意のもとに釈放され、鳩山一郎内閣の副総理・外相となり、昭和31年、日本の国連加盟を承認した第11回国連総会に日本を代表して出席し、「日本は東西の架け橋になる」と演説して拍手を受け、帰国後まもなくして逝去すると、国連では黙祷して弔意を示しました。
これらの例でも分かるように、そもそも日本に戦犯問題などなく、「靖国問題」などあろうはずもないのです。



2014/01/02-07:56 | URL | 歴史の真実 #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。