管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人は「ありがとう」と言わない

昨年末に、日本の自衛隊が南スーダンでPKO任務にあたっている韓国軍に銃弾1万発を提供した件について、現地の韓国軍隊長は率直な感謝の意を伝えたということになっております。

しかしふと思ったのですが、日本人の「感謝の意」と、韓国人の「感謝の意」は、同じものでしょうか。

日本語の「ありがとう」に該当する韓国語として、「カムサハムニダ」という言葉があります。この「カムサハムニダ」という言葉は、漢字語の「感謝(朝鮮語音でカムサ)」と、「~する」という意味を持つ動詞「ハンダ」の丁寧表現「ハムニダ」によって成立しています。即ち、直訳すると「感謝します」という表現になります。

これは、どうやら日本語が由来のようです。日本統治時代に、日本語の「感謝します」という言葉をそのまま朝鮮語に翻訳したものだといいます。

では朝鮮固有語に「ありがとう」に該当する言葉はなかったのかと言えば、必ず「ある」という答えが返ってきます。朝鮮固有語で「ありがとう」は、「コマプスムニダ」という言葉だとされております。この言葉は「コマプタ」という動詞の丁寧表現で、口語ではコマウォヨなどと砕けた表現で使われることが多いようです。

というわけで、日本語の「ありがとう」に該当する言葉は、韓国語では「カムサハムニダ」と「コマプスムニダ」の2種類ということになっています。

言葉が分けられているということは、日本語に翻訳すればひとつであっても、韓国語では異なるニュアンスを持つということです。「カムサハムニダ」の方がやや堅苦しく形式的になり、「コマプスムニダ」の方は比較的柔らかな表現で、前者は公的な場で、後者は私的な場で用いられることが多いといいます。

「カムサハムニダ」の方は日本語が由来ということもあって、お決まりの「日帝残滓」論のやり玉に挙げられることもあるようですが、もはや人口に膾炙し過ぎてしまっていて、今更撲滅することは難しそうです。

というわけで、韓国語には2種類の「ありがとう」がある、と日本人は教えられます。しかし、この2種類の「ありがとう」と言われる言葉は、本当に日本語の「ありがとう」と同じ意味の言葉でしょうか。

日韓チャットでもしばしば陥りがちだった錯覚に、「韓国人が翻訳文のような口調で話している」というものがありました。下手をすると、「翻訳文のような日本語で話している」という錯覚に、無意識の内に陥ることさえ、きわめて頻繁にありました。

日本語自慢をしたがるバカを除けば、日韓チャットの韓国人は全て韓国語で話しているに決っています。それも韓国では、流暢で自然な口調で話しているはずです。私は彼らが書くハングルを読むには読めても、韓国語はそのままではほとんどわかりません。わかるのは、日本語に変換された翻訳文の方です。ですからぼんやりしていると、無意識の内に彼らが翻訳文のような日本語を話していると思ってしまうのです。

これと同じことが、「ありがとう」と「カムサハムニダ」あるいは「コマプスムニダ」にも言えるのではないでしょうか。

日本人が「韓国語で「ありがとう」は「カムサハムニダ(あるいはコマプスムニダ)」だと聞けば、無意識の内に「ありがとう」と「カムサハムニダ(あるいはコマプスムニダ)」という言葉は、どちらも全く同じ意味、同じニュアンスを持つと思ってしまいます。

この辺りで、私が何を言っているのかよくわからくなってきた人が多いのではないかと思いますw 韓国語で「ありがとう」は、「カムサハムニダ(あるいはコマプスムニダ)」ということは、事実です。だから日本語の「ありがとう」=「カムサハムニダ(あるいはコマプスムニダ)」で、何が間違っているのかと。

日本語の「ありがとう」と、韓国語の「カムサハムニダ(あるいはコマプスムニダ)」は、確かにどちらも誰かに何かを与えられたり、嬉しくなるようなことを言ってもらった時に使うとされています。

しかしその意味するところは、どうでしょうか。日本語で言う「ありがとう」で伝えたいこと、受け取ることと、韓国語で言う「カムサハムニダ(あるいはコマプスムニダ)」で伝えたいこと、受け取ることは、同じでしょうか。仮に、その言葉を発する者の意識が同じだとしても、それを受け取る者の認識はどうでしょうか。

日本人の感覚では、「ありがとう」と言われることは一般的には嬉しいことです。自分のしたことが、一定以上の評価を得た証左だからです。ですので、日本では「ありがとう」という言葉は、積極的に発せられるべきとされています。

例えば客と従業員という間柄なら、従業員が客に向かって「ありがとうございました」というのは当たり前です。しかし客の方から従業員に対して「ありがとう」と言うことも、日本では全く珍しくありません。ローカルの路線バスなどでは、客がバスを降りる時、バスの運転手に「ありがとう」と言って降りていくところを見た人は珍しくないでしょう。

もちろん、それは客と従業員という関係だけではありません。親や兄弟、夫婦や恋人という極めて親しい関係の相手であっても、「ありがとう」という言葉は出し惜しみしない方が良いというのは、日本では常識に近い意識です。

翻って韓国ではどうでしょうか。韓国では「カムサハムニダ(あるいはコマプスムニダ)」と言われることは、必ずしも嬉しいことではないようです。それは韓国語の「カムサハムニダ(あるいはコマプスムニダ)」が、上位の者から対等以下の者に与える恩寵のようなニュアンスがあるからのようです。

だから韓国人は、あまり「カムサハムニダ(あるいはコマプスムニダ)」と言わないといいます。うっかり「カムサハムニダ(あるいはコマプスムニダ)」と言えば、時と場合と相手によっては、大変な失礼になることもあるからです。

日本では、「ありがとう」という言葉は人間関係の潤滑剤です。言うか言わないか迷ったら、とりあえず言っとく方が人間関係は確実にスムーズになります。しかし韓国では逆なのです。

そう言えば、日本人と結婚した韓国人が、配偶者に対して抱く不満のひとつに、この「ありがとう」があるということをどこかで読んだ記憶があります。何かにつけ「ありがとう」と言う日本人配偶者に対して、韓国人配偶者は「よそよそしい」「遠ざけられているような気がする」という不満を抱くのだそうです。当然、日本人配偶者は韓国人配偶者とは真逆の不満を抱くでしょう。

日本と韓国は何かにつけ似ていると言われますが、その実は真逆という例がしばしばあります。日本語の「ありがとう」に当たる韓国語が、日本語の「ありがとう」と同じ意味を伝えるわけではないということは、日本人が持ったり示したりする感謝の意と同じものを、韓国人は持たないということを、私たち日本人は知っておく必要があるかもしれません。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

遅くなりましたが

明けましておめでとうございます。

いつもいつも興味深い考察ありがとうございます。

このように細かく見てみると、日本で「有り難い」という気持ちにあたる言葉が韓国にはあるのかどうか、それよりも、だいたいそういう考えがあるのかどうかという疑問にさえ行き着きますね。

日本で言う「有り難い」という気持ちは万物に感謝するという価値観に通じるわけですから、もしかしたら無いかもしれませんね。

2014/01/12-09:16 | URL | Miki #bWeNS1W.[ Edit]

サンキュー

私の地元じゃ「大きに」も使われますが、友達とか年下に対しては
「サンキュー」も使われますが、韓国では「サンキュー」も使用されて
いないと思って間違いないのでしょうか?

「サンキュー」と「ありがとう」も微妙なニュアンスの違いがあるのかも
しれませんね。

2014/01/12-12:23 | URL | ひつじ #YCRIo7YU[ Edit]

ケンチャナヨが良い例ですな

韓「日本人は反省していない!謝罪と賠償をry」
日「ケンチャナヨ」

これも正しい使い方ですね
「細かいことをガタガタ言うな。気にするな、大丈夫、大丈夫」
というニュアンスになるはずです

2014/01/12-12:46 | URL | honh #-[ Edit]

感覚・文化・精神性の相違

YouTubeに「日本人 韓国人 中国人の見分け方【武田鉄矢】 」という
動画があります。

内容は、「ベトナムでは、日本人・韓国人・中国人を間違えずに
見分ける。ベトナム人から聞いたその理由の一つが、
“日本人には不思議なクセがある。物を買って受け取る時、ありがとうと言う。
韓国・中国人は言わない。物を買ってお金を払ってお礼まで言うのは
日本人だけだ。」
もう一つが「食事のあと箸を合わせて何やら呪文を言う」というものでした。

買った側もお礼を言うのは、日本では珍しいことではありません。
これは、「対等・平等感覚」なのではないかと、以前から個人的には
思っていました。

商品やサービスを提供する側も、それを必要として購入する側も、
お金を介してそれらを交換するという同列な立場なわけで、本来対等だと思います。

また、「お互い様」とか「譲り合い」、「お礼や詫びの言葉を言い合う」
という精神も、余計なトラブルでの消耗を避ける知恵でもある気がします。
(ぶつかった同士がどちらも“すみません”と言い合って終わる感覚)

韓国は、儒教により個人間においても国家間においても、常に「上・下」を
付ける国であることは知っていましたが、「ありがとう」という謝意の表現に
おいてさえ「上・下」が存在するという見解は、初めて知りました。

互いに尊重する気持ちを持ち、相手に気軽に謝意を口にでき、
また「いただきます・ごちそうさま」とさらに広い意味での感謝を
口にする日本の文化を見ただけで、中・韓とはまるで違う精神性
なのだと改めて思いました。

日本人で本当に良かったと、つくづく感じる次第です。

2014/01/12-13:28 | URL | ruby #-[ Edit]

「感謝します」と訳すより「大儀である」と訳した方が適切っぽいのかな?

ニュアンスの違いは朝鮮語に限らず、英語でも他の言語でもありますけど
日本語が改造された単語だから更に厄介ですね。

2014/01/12-15:09 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

よそよそしさ

韓国人は仲良くなったルームメートの歯ブラシでも平気で使って、抗議するとよそよそしいと感じるということをどこかで読みました。
また、ちょっとそれますが、アイゴ、アイゴと泣かれますが、「私は悲しい、私は哀しい!」という意味だそうで、違ってますね。

2014/01/12-15:14 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

管理人さん今年も愛読させていただきます。

寒ドラの中では2・3年前あたりから、頻繁に「ありがとう」というセリフが溢れるようになりました。
その前までは確かに韓国人はありがとうとは言ってませんでした。
笑顔もです。
人に笑顔を見せる行為=媚ととらえるからかなと自分的には思っていました。
寒ドラは韓国人のあるべき姿を国内外に知らしめるプロパガンダの役割も担っているのかもしれません。
国際会議などを誘致して広く海外に韓国を良く見てもらうためにも、無愛想で意地悪な印象はナントカしなければならなかったのでしょう。
かくしてドラマの中でありがとう(始めはコマスミダ系、後にはカムサハムニダも登場しました)と雑誌の表紙写真のような完璧な作り笑いが五月蝿いほどに溢れかえりました。さすがに最近は少しおさまりました(笑)ホントにまるでアホみたいでした。
韓国のマスコミも「外国人は会えばこんにちはと笑顔を見せて挨拶するようだ。」と盛んにあおっていました。
付け焼刃のありがとうと笑顔で韓国人は何を思うのでしょうね。 
 

2014/01/12-16:26 | URL | 名無し草 #xkIAUBRg[ Edit]

感謝の意を軽く伝える言葉が存在しないとか、ちょっと想像しがたいです
言語が違うとびっくりするような事があるものですね

ごめんなさいを言わない民族は結構あちこちにいますが、ありがとうを言わない民族かぁ
思った以上に異質な人達なんですね

2014/01/12-16:34 | URL | 真澄 #-[ Edit]

って事は……

月見殿、
バスの運転手さん等に
おいら(日本人)達が言う
[有り難うございます。]
に相当する言葉は無いって事テスか?

2014/01/12-16:43 | URL | カプリコ #-[ Edit]

日帝残滓が上位表現って朝鮮人的に問題ないのか?

2014/01/12-20:06 | URL | ま #-[ Edit]

部下が上司に「ご苦労様」というと失礼扱いされたりしますが、そんな感じですかね

2014/01/12-21:02 | URL | 鳶猫 #xmrXLO5Y[ Edit]

奥さんが夫にお茶またはコーヒーを出した時に、夫が「ありがとう」と言うと離婚の原因になるというのをどこかで読んだ記憶がありますね。前にこちらでご紹介されていた歴史通だったような。あるいは呉善花女史の本でした。

友人の家の冷蔵庫を勝手に開けて飲み物を飲んだり、筆記用具を無言で・無断で借りたり、という話も読みました。親しき仲にも礼儀ありという観念が無いんでしょうかね。

2014/01/12-21:44 | URL | 花見櫓 #-[ Edit]

つまり厳密な意味で日本語の「ありがとう」に相当する言葉はないということですね。
彼らにとっては、上から目線のお情けみたいな感じで「カムサハムニダ」と言うわけですね。
それでは、上下関係に関わりなく「ありがたい」という個人個人の素直な気持ちをどうやって言い表すのか?
それとも上下関係がないと、個人が個人に対して「ありがたい」という気持ちは生まれないのか?

「ありがたい」という気持ちがない民族が存在するのは、戦慄すべきことです。
言語というものは、その民族の深層意識までさらけ出してしまうものなのですね。

2014/01/13-00:43 | URL | 断韓 #mQop/nM.[ Edit]

>名寒ドラの中では2・3年前あたりから、頻繁に「ありがとう」というセリフが溢れるようになりました。
その前までは確かに韓国人はありがとうとは言ってませんでした。
笑顔もです。


名無し草様、そう言われてみればそうですね。
「ありがとう」の台詞、確かに増えましたね。
同時に、明らかな意地悪キャラ、信じられないほどの嫌がらせをする役も、
減っていますね。
日本に売りつける時に、日本人に受け容れやすくするための設定なのかも。

数年前に「ありがとうございます」という韓国ドラマがありました。
シングルマザーと、輸血でエイズになった小学生の娘と、認知症の祖父
これでもかというほどの不運不幸のオンパレードでした。
で、この三人が、「コマスプムニダ」としょっちゅう言っていました。

ブログ主様の今回の記事で、わかりました。
コマスプムニダといわれた方の表情が、困惑顔だったことが多かった訳が。
コマスプムニダと言ってる方をバカにしたような態度だった訳が。
(家族の状況を見下しているからでもありますが)

ありがたいという気持ちはもちあわせていなくて、
やっぱり常に、自分にとって損か特か、
それだけしか考えられないのでしょうね、きっと。

2014/01/13-02:27 | URL | ひよこ #-[ Edit]

大変興味深い考察、拝読しました。
あちらのドラマから伝わる違和感の本質かもしれない、精神文化のあり方の違いだと理解します。

2014/01/13-10:39 | URL | 錬 #-[ Edit]

ありがとう 面白い。
細かい真偽は知らないが。

愛情表現では逆ではないかな。

2014/01/13-18:14 | URL | 名無しの日本人 #-[ Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/12/14-10:07 | | #[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

トラックバック

トラックバックURL
http://fetia.blog34.fc2.com/tb.php/1280-3b9065bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

気持ち悪い

戦地では信頼醸成が大切。軍人はわかっているが、政府はわかっていない。 この一言が、「あいつらは味方の振りをして後ろから弾を打つ連中だ」と思わせるに十分。 文句言いのたわごと【2014/01/13 22:48】

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。