管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出遅れ感はありますがw

今朝、家を出た時、今秋初の金木犀の香りが聞こえました。秋もたけなわです。

さて弊ブログの書籍化について、これまでに度々コメントなどでご要望を頂戴しております。私自身、長年書き続けていることもあり、書籍化を望まないわけではありませんどころか、叶うものなら是非にでもという気持ちはあります。

私がこのブログを書き始めた頃にも、今ほどではありませんが嫌韓書籍出版ブームのようなものがありました。昨今の嫌韓書籍は、割合著名な方やマスコミ業界にいらした方が書いていることが多いのですが、当時は無名のブロガーによるものが多かったように思います。

ですから当時は、もしかしたら私のような駆け出し素人ブロガーにも、書籍化のオファーが来るかもしれないと結構ワクテカしておりました。

私がブログを始めた頃、嫌韓・韓国ウォッチ系ブログは今ほど多くはありませんでした。数が少ない分、嫌韓・韓国ウォッチ系というだけで、内容の如何に関わらず良くも悪くもそれなりに目立てたのは確かです。加えてブログを始めてから一年間は、必死で毎日更新しておりました。更新頻度が高い方が、多くの人の目に付きやすいからです。

しかしながら残念なことに、その一年の間に書籍化のオファーが来ることは、全くありませんでした。それはつまり、出版のプロから見て弊ブログの内容は書籍化のレベルにないと判断されたのだろうと観念し、ブログ開設一年後からは不定期更新、要は気が向いた時だけ書き散らかそうと思っていたのですが、ありがたいことに読者の方から更新の催促をいただきまして、現在のところは三日おきの更新に落ち着いております。

それからは弊ブログの存在意義は、内容よりも継続させることだと思い、淡々と更新を続けていたわけですが、そこへ再び嫌韓書籍出版ブームの到来です。眠らせたはずの書籍化願望が疼かないと言えば嘘になります。

弊ブログの書籍化願望については、私自身の自己顕示欲も含まれていないわけではありません。文章を書く者なら誰でも多少は、自分の書いた文章が紙の上で活字になることを夢見るものです。

ただ、自己顕示欲だけが理由であれば、自費出版という選択肢もあります。自費出版にどれくらいの費用がかかるのか詳しくは存じませんが、仄聞するところによると数十万から数百万ほどかかるとか。それだけの費用をはたいてでも満足させたい自己顕示欲なのかと言われれば、そうでもありません。まあ仮にそうであっても、そんな金銭的余裕もないわけですがw

いずれにしても、出版に対する欲求が私の個人的な願望だけのことであれば、諦めはつきます、と言うか、割と本気で諦めています。

ただ、時々コメントで戴く書籍化のご要望にあるとおり、書籍化によるネットを見ない層に対する韓国についての理解の周知と促進については、今も諦め切れない部分があります。

いくらネットが普及したと言っても、また書籍の電子化がどんなに進んでも、やはり紙の書籍の存在感は根強いものがあります。それにモニターに映る文字よりも、紙の上に印刷された文字の方が、何故か説得力を感じるものです。

韓国や韓国人は、わかってしまえば案外単純です。それは丁度手品にも似ています。タネや仕掛けを知らない人が見れば、驚いたり騙されたりしますが、タネも仕掛けも知っている者が見れば、他愛ない茶番でしかありません。

しかし、手品であればタネ明かしをすれば一目瞭然ということが多いのですが、韓国の場合はタネや仕掛けが一言では説明出来ないのが問題です。

日本人の常識では理解出来ないことが、韓国では至って普通にあります。まずそれを理解しないことには、韓国理解の最初の第一歩は始まりません。

しかし「日本人の常識では考えられないことが、韓国では普通にあります」と言うだけで、たちまち「なるほど!」と理解出来るものではありません。大抵の人は「まさか」「それは特殊事例では?」「大袈裟に言ってるだけだろ」と思うでしょう。何しろ当の韓国人に韓国の常識を確認しても、「まさか」「一部を見て全体を判断しないでください」「大袈裟です」と言うのですから。

「日本人の常識では考えられないことが、韓国では普通にある」ということを理解してもらうためには、様々な実例をあげて見せ、更にそれが韓国では今も普遍的に頻繁に現在進行形で見られるものであることを示して見せる必要があります。

それを文章にすれば、大変な量になります。書く方も大変ですが、読む方も楽ではありません。第一、基礎知識が整っていないところに大量の情報を流し込んでも、消化不良を起こすのが関の山です。

ですから、私は韓国や韓国人を説明するには、いきなり大量の情報を一気に押しつけるのではなく、時間をかけて少しずつ理解を進めていくのが良いと考えております。

現在弊ブログには、1300を超える数の記事があります。これを今から全部読めと言われれば、書いた私でさえうんざりします。しかも、かなり気ままに書き散らかしているので、古いものから順に読めば理解が進むという仕掛けにもなっておりません。

ただ記事ごとの文章量は、読むにそれほど苦になるものではありません。また、同じようなことを言葉を変えて述べているものも結構あるので、テーマを揃えて読みやすい量にまとめれば、そこそこわかりやすい韓国理解の手引きになり得るのではないかと自負しております。

韓国について何も知らない人が読んでも良いですし、韓国をある程度知っている人が、更に理解を深める足掛かりに使っていただくことも出来るでしょうし、韓国を知らない人に韓国を説明するための参考資料としても使えるかもしれません。

というわけで、弊ブログの書籍化についてご検討いただける出版業界の方がいらっしゃいましたら、是非前向きに検討していただければと願う次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

シンシアリー氏、ご隠居さんに続いて、feita様の本も読んでみたいです。

韓国人の精神世界(が、あるかどうかは別としてw)を考察する本とかいいですね。

2014/09/26-23:13 | URL | BlueBlue #vF6NeGQU[ Edit]

料理系ブログで「出版詐欺に気を付けて!」という書き込みを見た事がありますので、どうか慎重に情報を精査して下さい
良い報告を待ってます!

2014/09/26-23:15 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

こちらのブログは嫌韓カテゴリでも異色だとは思います。
韓国人の精神世界へ切り込んでいますよね。そこが面白い。
しかし、そこに需要が有るかと言えば、嫌韓大衆運動の本流とは違う流れであり、
そこが気になるところです。
しかし、「韓国って実はこうなんだよ」から「なんで、こうなの?」「どういう考え方?」
となるのは自然な流れであり、小さくは無い嫌韓ニッチ層に受けそうな気がします。
己を知る事はなかなか難しいです。おせっかいにも韓国人以上に韓国人の精神世界に切り込んでいくと、何か壮大な東アジア的儒教的民俗学的本質が見えてくれば良いのですが、今の所単なるわがままの馬鹿ですから、落ちが付けられませんね。
近親相姦の遺伝子異常とかは証明できないですし。
まぁ研究と分析は続くわけです。

2014/09/27-00:04 | URL | 名無し二号 #qbIq4rIg[ Edit]

そのお言葉、待っておりました。
私はてっきり出版に興味がおありでないのだとばかり。
出遅れ感ですか?いえいえ、むしろ真打ち登場です。

2014/09/27-07:16 | URL | monochrome #LLQkNaJY[ Edit]

応援してますよ

韓国を理解するうえで必読のブログだと思っています。早く書籍として出版されるといいですね。陰ながら応援しております。これからもブログ、続けてくださいね。

2014/09/27-08:10 | URL | souji #pMhmlatg[ Edit]

出遅れ?まだまだいけます!

自費出版は、お金がかかり過ぎる。かと言って、出版社に企画を持って回るのも手間が掛る。また、DMを打つのも一つの手ですが、それも手間と郵送代が掛る。

一番いいのは、出版社の方が、自分の意志でこのブログを見に来てくれて、面白い!と思われる人(会社)から連絡が入る、と言うのが良さそうですね。

私の会社(メーカーですが)では、メールのDMの代行会社に依頼していました。
毎月3,000社にメールDMを送ってくれて、反応(記載されているアドレスを見に来る)があれば、その内の80社/月に対して、電話を掛けてくれて、PRしてくれる。
これで、確か35,000円/月位だったかな。(最初は、3か月だったか?6か月かの契約)
出版社が何社あるか知りませんが、同じ会社に毎月送れば、誰かが見て反応があるかも。
一度検討してみられても良いですね。
興味がありましたら、本記事の所で、その旨を書いて下さい。
そのメールDM代行会社の連絡先を書きます。

いずれにしても、是非書籍化をして頂きたい、ですね。
最低私が買いますので、1冊は売れます(笑)

2014/09/27-09:29 | URL | ヨーク(コメント2回目) #0GVJjU5k[ Edit]

 嫌韓関係で売ってる本は基本、読んでストレス発散系か個別事件を吸い上げて見下す系の本ですし…

コミケで同人誌として販売して(いちおう)一般人の反応を直に見られるのもどうかなぁ?
と思いますよ。研究系、マイナー系はいろんな意味で奥の深い人が来る世界ですから意外な意見が聞ける可能性もありますし。

2014/09/27-10:14 | URL | モホゥ使い #-[ Edit]

日韓自虐比較

こんにちは。
是非書籍化を実現して欲しいですね。

少しご意見を伺いたい所が有ります。韓国人の自虐とはどんなものか、日本人の自虐と比較して、似たところがあるのか、否か…という点です。

我が国における「自虐史観」についてはこのブログを訪れる人達も良く目にする話ですよね。
韓国や中国の反日とセットになって日本の足を引っ張る、事実に基づかないレッテルが多いという認識を私自身は持っています。
国内からは革新系とか左翼だとか、あるいは韓国からは良心的日本人等と呼ばれる人達が主に唱えて、定着化を図っており、残念ながら成果を上げていると思います。つまり、程度の差は有れど日本人は一般に自虐を受け入れやすい所があるやに見えます。


これに比べて、韓国人は日本人より自慢したがりで、自分たちを肯定する「ホルホル」が強いイメージが有ります。
ただその一方、「どーしちゃったのコイツら」と突っ込みたくなるような自虐にのたうち回っているように見えることも有ります。
セウォル号の事故についてだとか、現在進行中の仁川アジア大会の運営について、へこみ方が半端ない感じです。
確かにへこんでもしょうがないような体たらくの事象では有りますけど。
ただイメージとして、普段ホルホルしている連中がその口で「もうだめ」と一斉に突っ伏してしまう感じがします。ぶれまくりのイメージですね。
また、生まれ変わったらまた自国(韓国)に生まれたいと考える人の割合が、日本人等に比べて極端に低いアンケート結果があったり、国家の正統性について、北朝鮮に劣っていると思う韓国人が多いという話を読んだ事もあります。
落ち込んで苦しむ韓国人に対して、日本人はどう構えれば良いかという点も含め、韓国人の自虐をどう整理して理解すべきか。
また韓国人に付け入る隙をしばしば作り出す、我々日本人の自虐をどう考え、どう克服するべきか…
ご意見を頂ければ幸いです。

2014/09/27-12:10 | URL | もらもら #Fldqm66o[ Edit]

お気持わかります。人間ですから自己顕示欲やプライドもあるでしょうし、出版されれば嬉しいですよね。

私はこちらのブログが非常に鋭く(鋭すぎ?w)学ぶことの多い内容だと思っておりましたので、書籍化の話がないことに驚いたのですが、出版するとすればそれなりの批判も受ける訳で、管理人さんの冷徹なコメントが半島の人達や反日日本人の神経を逆なでするであろう事は想像に難くありません。

嫌韓本が普通に売れるようになった時代ですから、それでも出版化されればさらに日本人の半島理解が進むのではないかなあ…と思っています。

ところで在日韓国人と在日北朝鮮人の言動には共通のパターンがあるのでしょうか?それともかなり違う面があるのでしょうか?またお時間があれば過去のエントリーなどご指摘頂ければ幸いです。あくまでお時間があるときに…ですのでお気になさらないでくださいね。ちょっと興味が湧いたものですから(北出身の人は絶対在日コリアンとは言わないと聞いた事など色々違いがあるのかな?と)。

応援クリック。よい展開がある事をお祈りします。

2014/09/27-12:31 | URL | おれんじ #-[ Edit]

月見櫓さんが珍しく自己主張しているw
日和見ぶった穏健派やキツイ言い方の多い殺韓派(自分はこっち)よりは、月見櫓さんの淡々と語る感じの客観的文章のほうが一般人に対して共感させやすく、支持はされやすいのではないかと思います
書籍化は楽韓webさんのコメントにもやったらどうか、と入れましたがあまりいい感触ではなかったので、月見櫓さんが前向きな姿勢を取っていらっしゃることは大変ありがたいことだと思います

2014/09/27-14:16 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

月見櫓さんのブログの書籍化希望。
最近来たから、最初から読み返すのはキツい。
冷静な文章と実体験の経験値のアツさがかっこいいです。

2014/09/27-14:43 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

出版社が探すのは

良書か否かより、先ず「売れる・ウケる」文章と思うんです。
管理人様は聡明な御仁ですが、ジャーナリストや有識者と云った、
社会的地位・立場にはありませんから。つまり「肩書き」。

一般的なブロガーの場合、面白おかしい嫌韓本が出版され易くなる。
管理人様の文章は、学術・研究面での価値が高いものと思います。

それを、売り手からすれば、
どう「娯楽に落とし込むか」と云う話になるんでしょうが……。
文芸的な要素を加味する「高尚な娯楽性」もアリかと思いますが。

シンシアリーさんの場合、「話題性」がありましたよね。
内容が素晴らしいだけでなく、韓国の方が自ら記したんですから。

「学術・研究的な価値」になりますと、
一般に向けた売上見込みが弱くなるのは確かと思います。
「商売」ですから。

でも、それこそが、感情的な嫌韓気運に、論理的な客観性を
投じる意義であり、日本人の民度を高める可能性になると思います。

アクセス数のアピールとして、カウンターを設置されては?
売上も「数」ですから。 数字の力は、ビジネスで大きいです。

2014/09/27-15:19 | URL | ふわふわ #h.RW8IYQ[ Edit]

書籍化を渇望している一人ではありますが、分量が半端ないですもんねえ。
紙製のA4ファイルにして3・4冊分は軽くいきます。内容の重複を外したとしても
購買者が手が出やすい価格帯に設定するには大変な抜粋作業が必要になりますもんね。
でも、内容面は軽くなく重くなく、彼の国に興味をもってもっとよく知ろうという人には
とてもあっている本になると思います。

2014/09/27-21:12 | URL | カラヤ3 #-[ Edit]

追伸

我が家でも今朝ほどから金木犀が香り始めました。モズの鳴き声も聞こえるし
秋がいちだんとすすんでいきます。

2014/09/27-21:16 | URL | カラヤ3 #-[ Edit]

やはり持ち込みをなさってはどうでしょうか。
動かなければ始まらないかと。

2014/09/28-10:37 | URL | 児斗玉文章 #-[ Edit]

書籍化、是非していただきたいです。

携帯から拝読しているので日々の更新分はともかく、バックナンバーが非常に読み辛く、リンク先も見ることができないことも多いので、紙面に分かりやすく注釈や当時の事件記事をつけていただけたらいいなあ。

と、考えたのですが、この注釈部分が書き下ろしになりますよね。そうなると相当な量の作業になりそうです。

これも書籍化にはネックになるのでしょうか?

2014/09/28-10:50 | URL | 隈の人 #-[ Edit]

日々の継続(実績)があるからこそ!

書籍化大歓迎です!応援しております!

管理人さんがおっしゃっているようにネットが普及したとはいえ
ネットには疎いまだまだ認知されていない層に知ってもらうきっかけになるでしょうし
日々アクセスしてる者としてもまた違った応援できる手段が増えてありがたいです。

またそこらへんのサイトよりもウォッチされてきたからこそ
嫌韓「ブーム」にしてはいけない気持ちもおありでしょうし、時流に左右されず
腰を据えて納得のいく内容を形作っていただければと思います。

2014/09/28-12:11 | URL | 名無櫓 #YxweyIAo[ Edit]

微力ながら

本当にささやか何ですが、嫌韓系の本を購入したとき、ハガキアンケートに、月見櫓さんの書籍化希望の旨を書いて出してます。
個人的には、管理人さんの独特な文体が好きです。毒舌と鋭い切り口を、真綿で丁寧にくるんでじわじわ絞めてる感じがします(笑)
是非書籍化して欲しいなぁ。

2014/09/28-21:50 | URL | コタカ #-[ Edit]

私も書籍化を熱望している1人です。
書籍でなくても、新聞や雑誌への寄稿という形でも大歓迎です。

韓国批判批評本(嫌韓本とは敢えて言いません)は沢山出ておりますが、
どうしても反日の歴史的背景分析が主となり、現在の韓国人の思考・嗜好・志向の全般について分析し考察する本は少ないかと思います。呉善花女史の本でそのあたりが論じられていますが、他の人の手による同テーマの本がもっとあっていいのではないかと思います。

管理人様の場合日韓チャットの御体験という強みがございます。
それを踏まえた韓国(人)批評本は読み応えがあると思います。

2014/09/28-22:29 | URL | 花見櫓 #-[ Edit]

出版社が出して黒字になる可能性はどの程度と思われるのかな?
商売なので、内容よりも売れるか売れないかが大事ですぞ
・・・どういうタイトルにしてどうキャッチコピーを付ければ一般消費者が読んで見ようと思うのでしょう。

 出版という方法を採るなら、プレゼンは必須でしょうからね
・・・ワタシャの目からは、全体のピントがぼやけてしまうように見えますね。
全くの無知な人への売り込みという点でね。

2014/09/29-00:04 | URL | モホゥ使い #-[ Edit]

朝鮮人の努力とは

私なりに感じた彼等の生態と云うんでしょうか。

例えば日本人的な思考なら作る為生み出す為に誰よりも努力するだが、彼等の思考は努力して他人が作った物を盗む事に誰よりも努力する、と云う感じでしょうか。

朝鮮の諺を思い出して欲しい。

FIFA副会長だった韓国人の発言を『買収を誇る様な・・』思い返して欲しい。
同じ努力でも向かっているベクトルが日本人では考え付かない。

端的に表現すれば其れが朝鮮人の全てを表す。

2014/09/29-00:08 | URL | 名無しさん@それなりです #BZldyDsY[ Edit]

応援しています

是非、出版されることを願うものであります。

2014/09/29-00:30 | URL | baku #-[ Edit]

管理人様のコンテンツが書籍化の「コンテンツ」、「材料」としては十分であるかと思います。後は、体系化とその切り口の問題でしょうか。

優秀な編集者と組まれれば(どういう観点で優秀かは別の問題ですが)、キャラ(語りのスタイルと思想的なポジションも良いと思いますし)市場価値ありとみますが。

ちょっと生意気言いましたが、ものすごくブレークして大先生になってしまうかも!と思ってます。

2014/09/29-15:36 | URL | FF #-[ Edit]

いつか『月見櫓』さんの書籍化……私も待ち遠しいです。
出版社は、青林堂かハート出版社がいいなあ。青林堂のほうが『ガロ』などマンガも手がけていたから、本のデザインは素敵かな……などなど、夢みています。

私、以前のブログのTop画像の "月夜に虎"が好きでした。虎は、しなやかな肢体で目が鋭くて美しかった……あれは、韓国という醜悪さのマゼマゼから、冷静さを保ちつつ、名文を繰り出すfeitaさんだと思いました。
書籍化!その日を待っています。

2014/09/29-17:11 | URL | 麦 #0ONbTp9s[ Edit]

書籍化、素晴らしいと思います。
9月11日の「信じる日本人、信じない韓国人」のような、かの国の訳のわからない内面を日本人と比較した短めのエントリーが、(2ページくらいでさらっと読めるような)受け入れられるのではと思います。
毎回素晴らしいと思いますが、これから最初から読むとなると長いので、管理人様が、これを読めば、韓国人の精神世界が分る!と思うようなお薦めを作っていただけたら。
それがそのまま本にできたりするかも。

2014/09/29-19:04 | URL | sana #-[ Edit]

書籍化した際のタイトルは月見櫓が最適ですかね。
一見、嫌韓本に見えなさそうなのが良いかと。

2014/09/29-21:59 | URL | 名無櫓 #/drR6sws[ Edit]

書籍化されたら真っ先韓国人である父親に送りつけることを約束します。このブログに出会って私が19年降り積もらせてきた恨みは妥当というか、普通に日本で育った人間なら当たり前に感じるものなのだと知って救われた気持ちになりました。私は国籍が日本でも朝鮮人のようなことをする人は朝鮮人として扱うという(ちょっと違うかもw)という筆者の言葉に感激しました。この人なら私がハーフだからと言って韓国人だと判断しない。ネットでの発言は無責任になりがちでハーフと言うと荒れることも多々ある中で筆者のような考え方を持つ人に巡り会えたことを幸運に思います。ありがとう。全記事読破してやるぞ!

2014/11/11-23:42 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

トラックバック

トラックバックURL
http://fetia.blog34.fc2.com/tb.php/1366-0d3a6f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

飽きてきた

元来私は飽きっぽい性格 文句言いのたわごと【2014/09/26 23:00】

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。