管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国著名三女性比較

日本で著名な韓国人女性について比較考察をしてほしいというリクエストがありましたが、こないだコメント欄で暴れてた御仁のせいでリクエストコメントを掘り出すのが大変でした。つくづく、迷惑な御仁であったと思います。

さておきリクエストコメントでは呉善花氏と金慶珠氏の比較ということでしたが、個人的に呉善花氏と好対照だなと思っていたのは、田麗玉氏だったりします。

比較対象は少ないより多い方が良いだろうということで、呉善花氏、田麗玉氏、金慶珠氏の三氏について、私の個人的な所感を述べようと思います。

この三女性についての私の個人的な比較考察が、一般的な韓国考察に何か寄与するのかと言われたら、リクエストコメントにもありましたが、私もよくわかりません(無責任ですいません)。ただ、この三女性は現在の韓国を知ろうと思う際には必ず目にする人物だと思いますので、その際に「そう言えばこの人、ブログ月見櫓でこんなこと言われてたな」という基礎知識があれば、判断のよすがにすることも出来るかもしれません(先入観を与えるとも言いますがw)。

さて、まずトップバッターは、やはり呉善花氏でしょう。

Wikipediaによると呉善花氏は1956年済州島生まれとなっているので、今回比較する三女性の中では最も年長になります。20代の頃に日本に留学生として訪れ、ルポエッセイ「スカートの風」を著し、一躍知日韓国人として注目されるようになりました。

韓国における呉善花氏の評価は、「日本で韓国の悪口を言い触らして、日本人に媚を売っている売国奴」となっているようですが、氏が言っていることは、実は韓国でも結構普通に言われていることであったりします。呉善花氏が韓国で嫌われていることを理由に、何か特別な思想や思考力を持っているかのようなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、氏の著述や言動を見る限り、びっくりするほど特殊な思想や思考力を持っているわけではないどころか、極めて常識的な思考の持ち主と言えます。

呉善花氏と他の二氏との最も大きな違いは、視野の広さだと私は考えます。呉善花氏が目を向ける対象と、他の二氏が認識出来る対象の範囲が、まるで違うのです。

そもそも処女作の「スカートの風」からしてそうだと言えます。「スカートの風」は、日本で働く韓国人ホステスに注目したルポエッセイですが、「日本で働く韓国人ホステス」などというものは、今も昔も韓国では絶対に無視すべき存在です。韓国人にとっての「無視すべき存在」とは、言い換えれば「注目してはならない存在」「存在を認めてはいけない存在」、即ち「韓国の秘密」なのです。

そこに注目し、しかも「存在してはならない存在」の話を聞き、それを分析あるいは考察するなどということは、一般的な韓国人には至難の業です。「バカの壁」ならぬ「韓国人の壁」とでも言いましょうか。呉善花氏と他の二氏の大きな違いは、この「韓国人の壁」を乗り越え得たか否かでしょう。

ネクストバッターは、田麗玉氏です。この人物は、今回比較する三女性の中で最も韓国人らしい人物だと私は考えています。Wikipediaによれば1959年生まれと言いますから、呉善花氏とはほぼ同年代です。ただし、呉善花氏が韓国でも僻地扱いの済州島出身であるのに対し、田麗玉氏はソウル出身で、しかも女子大としては韓国随一の梨花女子大を卒業した後、韓国放送公社(KBS)に入社、日本に訪れたのはKBSの東京特派員としてと言いますから、呉善花氏と比べれば段違いのエリートと言えるでしょう。

田麗玉氏が日本に滞在したのは、1991年1月からのわずか2年半ほどですが、日本滞在経験を元にした「イルボヌンオプタ(日本はない)」という本を韓国で出版しベストセラーとなりました。この「イルボヌンオプタ」を邦訳したものが「悲しい日本人」です。

私が呉善花氏と田麗玉氏を好対照だと思うのは、この二氏が著した本の印象からです。両者とも、日本という異国でのカルチャーショックが執筆動機になっているわけですが、その視線が正反対と言っても良いほど違います。呉善花氏は、日本と日本にいる同胞女性と自分自身を見つめていましたが、田麗玉氏の視界にあったのは、どこまで行っても韓国と自分自身だけでした。

日韓チャットに入り浸っていた頃、私は韓国人に対して「ウリナラマンセコンタクトレンズ」という言葉をよく使っていました。何を見ても「ウリナラマンセ(朝鮮語で「我が国万歳」という意味)」に見える彼らを揶揄した言葉です。田麗玉氏の「悲しい日本人」は、まさにこの「ウリナラマンセコンタクトレンズ」を装着した韓国人による所感でした。

日本に居ながら日本を見ず、日本人と話しながら日本人を見ていないのです。氏の目に映るものは全て、韓国の価値観に照らして是か否かで量られているため、その結果がウリナラマンセになるのは当然というものです。そういう意味で「悲しい日本人」という本は、「ウリナラマンセコンタクトレンズ」を装着した韓国人が、日本を見てどのような思考を巡らせるかを知るには適した本であったかもしれませんが、韓国人から見た日本人を知りたいと思う人には、何のご利益もない本でした。

この「イルボヌンオプタ」と同じ頃に、「醜い韓国人」という本が出ました。これは内容もさりながら、その執筆者が日本人ではないかと疑われたことで物議を醸した本ですが、それを踏まえて『醜い韓国人』vs『悲しい日本人』という対談本が出されました。この対談本の中で田麗玉氏は、「イルボヌンオプタ」に書かれたことを「全て私が体験したことである」と言い切っていましたが、後になって「イルボヌンオプタ」には盗作した内容が含まれていたことが暴露され、本当にどこを切っても韓国人らしい人物であるなあと感心したものです。

田麗玉氏は2004年に国会議員に転身し、ハンナラ党のスポークスマンとしてちょくちょく韓国メディアで見掛けましたが、2012年の総選挙で落選し、今は何をしているのかよくわかりません。

最後に金慶珠氏です。この人は、三女性の中では最年少の1967年生まれで、田麗玉氏と同様ソウル市出身梨花女子大卒です。多少の朝鮮語訛りはありますが、三女性の中では最も流暢な日本語を話します。ある意味、田麗玉氏の次世代バージョンと考えると近いかもしれません。

金慶珠氏が前出の二氏と大きく異なるのは、積極的且つ精力的に日本のメディアに出演している点でしょう。何しろ東海大学教養学部国際学科准教授という身分でありながら、何故か芸能事務所ホリプロに所属しているぐらいです。

氏の主張は、個人的には正直聞くに堪えません。その理由は、韓国側に立った主張をするからではありません。韓国にとって都合が悪い意見には、あからさまに思考停止してしまうからです。そういう時に突っ込まれると、話を逸らすかすっとぼけます。無難な話の時はパキパキとした物言いをするのに、都合が悪くなるとフニャフニャグダグダはぐらかそうとする態度は、日韓チャットの韓国人と何ら変わるところがありません。

それが私の参加する日韓チャット(あるいは月見チャットw)であれば、どこまでも問い詰めて問い詰めて問い詰め倒して答えさせるのですが、日本の反日メディアが、自分たちの主張を代弁してくれている韓国人に番組内でそんなことをするわけもなく、そのため氏が出る番組を見ると、不完全燃焼で中毒を起こしそうになります。

金慶珠氏は田麗玉氏の次世代バージョンのようなものですが、田麗玉氏と比べるとやや小物感が漂います。日本のメディアに露出し過ぎな点も、韓国では嫉妬と侮蔑を同時に買うおそれが強いでしょう。ただし対日工作員としては、前者二氏よりも優れているかもしれません。

個人的には、この三女性の中で呉善花氏だけが飛び抜けて聡明であるとか知的であるとは、実は思っていません。知的レベルというだけならば、皆それなりに優れているでしょう。

ただ、前述したとおりこの三女性の中で、呉善花氏だけが視野と言うか、視界が広いのではないかと私は思っております。

確か日韓翻訳掲示板NAVERだったと思いますが、「呉善花氏がソウル大学の教授になるようなことがあれば、韓国は日本の脅威になるかもしれない」と言われていました。即ち教養ある韓国人が現在のような狭窄した視野で日本及び世界を見るのではなく、呉善花氏と同じぐらいの視野で日本及び世界を見るようになれば、韓国は良い意味で大きく変化するのではないかと言われていたのです。

しかし実際には、韓国は呉善花氏をソウル大学の教壇に立たせるどころか、陰湿に迫害しただけでした。彼女がソウル大学の教壇に立つことは、今後もおそらく決して実現しないでしょう。対する田麗玉氏が(現在はともかくとして)、国民の支持を得て国会議員にまで登り詰めたのを見れば、両氏に対する韓国人の認識が透けて見えるというものです。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

リクエストに応えていただきありがとうございました。

金氏の口籠もりは韓国人共通で普通の対応ですか。韓国人のエリートは、日韓の不都合な真実をよく理解していいるが、同調圧力からそれについてしゃべることがタブー視されているということとは違うようです。

以下はおまけです。

●千歳「チョンセー」

漢字圏で皇帝にのみ万歳を使用し、諸公には千歳しか認められていませんでした。韓国のマンセーには違和感があります。

http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=sincerelee&articleId=11712534750&guid=ON

--

2014/10/23-23:46 | URL | ななし #-[ Edit]

げっ!金さんと田さんは梨花女子大卒なんですか!レベル低っ!

管理人さんは呉さんも二人と知的レベルは同じではないかとおっしゃっていますが、私は全然違うと思います。著作の中身が違い過ぎるからです。呉さん以外の本は「何という紙の無駄か」と怒鳴りたくなるようなスカスカさで、視野もさることながら知識もなさすぎです。

それでも金さんのファンが日本にもいるというのもまぎれもない事実ですし(一体誰なんでしょう)、彼女を准教授に据えてマスコミにも出させる日本も異常だと思います。

いつも有難うございます。応援クリック。

2014/10/24-00:12 | URL | おれんじ #-[ Edit]

田麗玉、韓国という国に疑問持ち始めて(嫌韓になって)ネットでアホのように検索し始めて一か月くらいたった時にこの「日本はない」に行き当たりました。
いろいろなブログで紹介されているのを断片的に読んだだけで、一冊読んだ訳ではないのですが性格の激しさと曲がり具合、嘘つきであることと日本への嫉妬と憎悪を感じました。
そして最も朝鮮人らしいと思ったのが

{私は、アメリカがなぜこんな「原爆記念室」のような決定的証拠を残したかと、それが残念でならなかったのだ}という下り。

証拠を残したことを責めている。犯罪者の思考。証拠に対する意識が「吉田証言」「慰安婦」における韓国の姿勢と一緒。
本当にあったか無かったかはどうでもいい。不利なら隠せばいいし、利用できるなら最大限に利用すればいい。

呉善花さんは彼女が「日本はない」で日本に対する憎悪をむき出しにしているのを見て、日本と韓国では友達との距離感が違うから、それで自分はひどいショックを受け日本が嫌いになりかけたことがある。田麗玉もそういうことがあったんじゃないか?なんて書いてましたが
田麗玉は来日してまもなく親友ができるんですよね。それも田麗玉が殺人を犯しても彼女のことが好きだと言ってはばからないほどの親友が。その親友はNHKの人です。

2014/10/24-08:01 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

嫌韓である私などは金氏についてボロクソにくさしてしまいそうなのですが、代表的な人物をもう一人挙げ、客観的かつ、完璧な考察で感服しました
言葉を濁すのは、実際に自分たちに非があり、それを忌避する知性がありながら、ウリに流されてしまうからなんでしょうかね
業の深い人たちです

2014/10/24-10:30 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

金慶珠氏は頻繁にTVに出ていますが、基督教大学教授の西岡力氏と競演したときは西岡氏の圧倒的な知識量、情報量に押されて最後は何も言えなくなってしまいましたね。
朝鮮人が喋っているのを聞いていると、特徴は論点をずらすことと、事実の中にこそっと嘘を混ぜることで話を自分の有利な方向へ導こうとすることですが、けっこう巧みなので日本人の話を聞いてる調子で聞いてると騙されてしまいますね。
西岡氏並にとは行きませんが、やはりただしい知識が不可欠と感じられます。

証拠映像

韓国政府の慰安婦の論拠、吉田証言を覆した朝日新聞
https://www.youtube.com/watch?v=PezqUwaOQ88

金慶珠フルボッコ、委員会は甘くない~西岡力の男斬り
https://www.youtube.com/watch?v=v4fEekn3FoQ

2014/10/24-11:23 | URL | ポール #qnIKNO42[ Edit]

 視野の広さも聡明さの一要素だとすれば、呉善花氏は他の二人を遥かに凌いでいるのではないでしょうか。もともと15世紀までは耽羅国と言われ、朝鮮とは別王国であった済州島の出身であり、大学卒業後は軍務経験もあった人ですから、お嬢様学校を卒業しただけの他二人とは出発点から異なっています。

 初期の「スカートの風」以来の読者ですが、その後の成長も素晴らしく、金玉均を取り上げた「韓国併合への道」(文春新書)では、読み応えのある歴史評論を仕上げていますし、ルーツは南方系である海女文化の残る済州島の出身らしく、古代における日本と済州島の女系文化の比較に関する評論等は、文化人類学的に見ても充実した内容になっていると思います。立派に日本で学者としてやっていけるレベルです(実際に、拓殖大学国際学部教授ですがw)。

 少なくとも、准教授の肩書きを持つだけの電波芸者と比較しては気の毒ですw

2014/10/25-03:20 | URL | 名無し読者 #-[ Edit]

神話が無い国だから、反日と慰安婦を神話にしたいってのを理解できてるか否かの違いがあるのかもしれません
年代的な物を考えても

2014/10/25-10:23 | URL | emanon #juZz/cEU[ Edit]

表情が美しいのは呉善花さん

管理人様や皆様ほど色々な方の著書を拝見していないので恐縮ですが、
記事で挙げられただけでなく、韓国女性を見ていて思う事がいつもあります。

呉善花さんは、美しいですね。
女優やモデルの観点からの、「かたち」の美しさでは無く。
常々、不自然さを覚える韓国女性の中で、
善花さんだけが、自然な笑顔を見せて下さいます。
肩がこらない、疲れない。 皺があっても、表情が美しい。

管理人様が仰った「知性レベル」とは、「IQ的なもの」と思います。
話を整理する為に、そこに「視野の広さ」と、もう一つ基準を加えられたのですよね?

その「視野の広さ」は、人格的な度量にも繋がって来ると思います。
私は、「女性の聡明さ」とは、気立てや心遣いが重要な要素と考えております。
日本では、「気の利く女性」を、「頭が良い」と評するように。

それに照らし合わせると、
善花さんは、間違いなく、断トツで「聡明な女性」ですよね♪
民族性の違いはあろうとも、善花さんのような方ばかりなら、
韓国とも付き合いようがあると思うのですが。儚い夢幻です。

2014/10/26-13:48 | URL | ふわふわ #h.RW8IYQ[ Edit]

ウリナラマンセー!

残念ながら皆さんの意見と違い私は韓国人(朝鮮人を含む)は誰も信じませんね。

呉善花氏の著作を良く読めば彼女の韓国朝鮮人ならではの自尊心の高さと根拠弱しor無しで自民族の優越性とやらに秘かに酔いしれる辺りは正に朝鮮族そのものです。
朝鮮人に味方等いませんし必要有りません。彼(彼女)らの思考の殆どの部分を占めているのはウリナラマンセー(その中心はウリ)だけですよ

過去の記事にそんな韓国朝鮮人の精神性に迫った記事が有りましのでそちらを参考にすると韓国朝鮮人の思考が分かり易くスッキリ纏ると思います。

確かAHD@#%・・幼児性自己愛症候群だったけねー、忘れてしまいましたが気に成る方は過去記事をチェック。

2014/10/26-15:13 | URL | 名無しさん@それなり #ZeBYuJyY[ Edit]

私が韓国人の中でこの人は立派だなあ、と思うのは、秦さんが済州島に慰安婦調べに行かれたとき、「強制連行など無かった、いい加減な話をばらまかないで」と言われた、済州島の新聞記者 キムなんとかさんです。同国人に差別され虐殺されたからかもしれませんが、この人なら価値観共有出来そうです。お会いしてみたいな、抹殺されてなければ。

2014/10/26-17:35 | URL | 下水油 #-[ Edit]

今晩は管理人様、何かしら話のネタになるのではないかと思い、面白そうなサイトを見つけましたので、貼らせて頂きます。

http://blog.m.livedoor.jp/kaikaihanno/article/41561775?guid=ON

2014/10/26-19:20 | URL | ゴノレゴ13 #-[ Edit]

 呉さんの初期の本からすると、済州島は朝鮮王朝の文化圏から外れてたと言う事も影響あるのでしょうね。鎌倉や室町時代の奥州とか現在の沖縄辺りみたいな感じなのかな?と思いますねぇ

呉さん以外知らないから 3人の名前を足すと 金善玉 になるんかなぁって馬鹿な事考えてましたよ

2014/10/26-19:24 | URL | モホゥ使い #-[ Edit]

カイカイは工作サイトとして有名です。

チェックしてね。

2014/10/28-23:33 | URL | 名無しさん@それなり #ZeBYuJyY[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。