管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新たな日韓関係」を模索する時期

ドイツのメルケル首相が民主党の岡田代表との会談で、日韓の関係改善を促す旨の発言をしたと日本では報道されましたが、ドイツ側がこれを否定するという珍妙な事態になっております。

現在のところドイツ側と民主党岡田代表側とで言った言わないの水掛け論になっているようですが、客観的に考えてみれば、これはドイツ側の言い分に理があるように思われます。

日韓関係が複雑なことは、ドイツの首相ならば当然知っているでしょう。日本を批判、あるいは非難する際、ことあるごとに韓国が「ドイツは謝罪した」と引き合いに出すことも、もしかしたら知っているかもしれません。

韓国としては「ドイツは謝罪した」と言うことでドイツを持ち上げているつもりなのでしょうけれど、ドイツとしてはいつまでも古傷を突かれているようなものです。

更に言えば、ドイツは「過去、ドイツは悪いことをしました」と言ったわけではありません。「過去、ナチスは悪いことをしました」と言ったのです。これを「ドイツは謝った」と言い換えられるのは、ドイツとしてはかなり不本意でしょう。かと言って、韓国が「ドイツは謝った」と言う度に、「いや、それは違う」と言うのも色々ややこしいので、聞こえない振りをするしかありません。

さておき、ドイツとしては過去の云々をとやかく言われるのは、それほど嬉しいことではないはずです。その上、ややこしい日韓関係に首を突っ込めば、自国も共に日韓関係の泥沼に引き込まれるおそれが小さくありません。

得られるものがあるならば、泥沼でも進んで足を突っ込みに来るでしょうけれど、日韓関係に足突っ込んで得られるものはあまり期待出来ません。日韓関係に足を突っ込むということは、日本か韓国のどちらかに加担するということであり、同時に日本か韓国のいずれかと敵対するということになります。ドイツの国益を鑑みれば、日本とも韓国とも敵対したくないでしょう。

ですから、岡田代表から日韓関係についての話題を振られたとしても、「まあ、お互い仲良くやんなさい」程度の当たり障りのない返答ぐらいしかしようがないと考えるのが妥当です。

この「まあ、お互い仲良くやんなさい」という発言を、「日韓関係は非常に重要だ。慰安婦の問題をきちんと解決した方がいい」と答えたとされるのは、要らない物を無理やり売りつけられそうになった時に「結構です」と言ったら、「結構ですというのは肯定の意味だから、買うということですね!」と言われるようなものです。広義の詐欺に該当すると言っても過言ではありません。

こうやって第三国に飛び火させかねないほど(韓国にとって)危機的な状態になっている日韓関係ですが、以前ならば日韓関係は常に無条件で日本が譲歩すべきとされていました。誰よりも、日本自身がそう思っていました。いまだに岡田代表がそう思っているように、それを是とする人々も、日本人の中にはまだまだ多く存在します。

日韓関係は、この「日本側の絶対無条件の譲歩」によって成立していたと断言出来ます。しかし、今の日本政府の韓国に対する姿勢は明確に「無分別な譲歩や妥協はしない」というものになっており、それが現在の日韓関係に反映されているわけです。

日韓関係の「(韓国にとっての)悪化」が、「日本側の絶対無条件の譲歩」の消滅の結果だとすれば、これを「改善」するには「日本側の常時絶対無条件の譲歩」を復活させるか、さもなければ「韓国側の譲歩」が最低条件になるでしょう。

ですが少なく見積もっても日韓国交正常化以後の50年弱、多く見積もれば日韓併合以後の100年余りを、「日本が譲歩するもの」としてきた韓国が俄に日本に譲歩出来るようになるのは、今年中に南北朝鮮が平和的統一を果たすよりも困難です。

それよりもずっと高い確率で期待出来るのは、日本が再び韓国に無条件の譲歩を行なう国となることですが、これも現在かなり難しくなってきています。

先にも述べた通り、日本には民主党岡田代表を始め、「日韓関係は日本側が常時絶対無条件に譲歩すべき」と考える日本人は、未だに決して少なくありません。しかし「何故日本が常に韓国に無条件で譲歩しなければならないの?」と考える日本人は、凄まじい勢いで増えております。

かつて日本は、韓国の保護者でした。少なくとも日韓併合中は明確にそうでしたし、日韓国交正常化以後も、日本の要人にはその意識が残っていたでしょう。ですから日本側が韓国に譲歩するのは、ある意味しかたのないことでした。保護者と被保護者が、対等な条件で付き合うわけにはいきません。

しかし韓国側は併合中からずっと、「日本とウリは対等であるべき」と言い募ってきました。もちろん彼らの考える「対等」が、日本及び国際標準で言うところの「対等」であるとは限りませんが、それでも韓国は、表向きにはずっとそう主張してきました。

「表向きには」というのは、「表向きには」対等を言い募りながら、舞台裏では常に日本に甘え、無条件の譲歩や妥協をねだっていた韓国人が少なくなかっただろうと想像されるからです。日韓併合を知っている日本人と韓国人であれば、そういう関係は十分に考えられます。

ところが日韓併合を知る日本人も韓国人も現役を退くようになると、その関係も揺らいできます。日韓併合を知らない韓国人にとって日本は野蛮で未開な悪そのもので、韓国はそれを懲らしめ且つ教え導く正義の化身ですから、表向きだけではなく舞台裏でも、日本側に対する韓国側の態度は傲岸不遜になっていきます。日本側としても、そんな韓国に何故譲歩し続けなければならないのかという疑問を持つようになります。

日本人のそういう疑問を封じるために韓国が行なった「日本の過去の悪行プロパガンダ」も、短期的には効果を発揮しなくもなかったのですが、長期化するにつれその極端さと整合性の無さに更に日本人に疑問を抱かせる結果になりました。

こうなってくると、日本政府が韓国に譲歩しようとすれば、日本国民の大反発を招くのは必至です。それどころか、親韓であることを表明したり、あるいは親韓とみなされた議員は、選挙で不利になることさえ懸念されます。

これまでの日本なら、政治家は親韓である方が有利な側面もありました。親韓であっても日本の有権者は別に文句も言わないし問題視しないし、在日からの支援は期待出来るしと、一粒で二度美味しいのがかつての親韓でした。

しかし日本の有権者に韓国(人)の実態がネットで広く知られるようになると、政治家にとって親韓であることはマイナス要因にしかならなくなってきました。日本のこの風潮が維持されれば、必然的に日本側の韓国に対する安易な譲歩は、今以上に強く抑制されることになるでしょう。

日本側の譲歩の復活も望めず、韓国側が譲歩を覚えることも極めて困難である以上、日韓関係がかつてのようなものになることはありません。となれば、今後考えられるのは、今までとは全く異なる「新たな日韓関係」と呼ばれるべきものです。

この「新たな日韓関係」が、「日韓の発展的関係解消」になればと心より願う次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

韓国というのは、親を見下し偉そうにしながら我が儘放題やってきた引きこもりニートですね
今、親から自宅警備員の解雇通告を受けて、ふざけんな!!とばかりに暴れまわっている状態
もうすぐ解雇を回避出来ないと分かって懐柔しようとすり寄って来るでしょう
その時が何時来るか、どんな態度で来るか、ニヤニヤしながら観察しているところです

2015/03/17-14:39 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

わがまま放題で育った不良ニートが
親の育て方が悪かったから俺は就職も結婚もできない!
家に火をつけるぞと年金暮らしの親に凄んでいる
親は年金と退職金で好きにしてるんですし
あんたももう45歳なんだから何とかしなさい
ちうごく様の福祉に頼るとか北のお兄ちゃん頼るとか色々あるでしょ

2015/03/17-16:55 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

読み応えのある内容でした。
共通の敵である北朝鮮に対抗する上でも、韓国にはもっと大人になってほしいものですが、難しいのでしょうね。

2015/03/17-21:21 | URL | 児斗玉文章 #-[ Edit]

今回、メルケル首相は実質的には初めての首脳外交を目的に来日したのに、まず、朝日新聞を訪れ、朝日のホールで講演し、後半で民主の党首と会談という、まったくもって非常識なスケジュールを組んだのはドイツ側の失態でしょう。シュレーダー前首相はホテルニューオータニで、ヴァイツゼッカー元大統領はドイツ文化センターでそれぞれ講演を行ったと記憶していますが、全く評判になりませんでした。戦後70年の節目でもあり、捏造歴史記事で日韓中の歴史問題をあおったうそつき朝日新聞とうそつき民主党にドイツ政府が乗せられたのではないかと思うのです。

広報外交として新聞社とのタイアップが必要なら、読売新聞という選択肢もあったはず。朝日新聞はメルケル首相の講演から、日本は反省せよという言質を引き出し、安倍談話へのけん制、ひいては慰安婦の国家賠償へ結び付けたかったのでは・・と思います。そうすれば、「朝日=慰安婦記事ねつ造」の汚名も晴れます。

そもそもドイツは1949年から1990年まで、半分は東ドイツだったのをいいことに、近隣諸国に戦争犯罪の賠償はしていません。

岡田党首がうそつきなことが明白になったことは日本人にとって唯一の収穫でした。

2015/03/17-21:50 | URL | 日本女性 #-[ Edit]

第一にドイツは日本にとって味方ではありません。
メルケルは云ったかもしれないですよ。政治家だもの。相手がウェーハハハする位のことは朝飯前。
唯欧州のインテリジェンスの陰険なトコロはしれっと梯子を外したりもする訳です。
そういう意味では脊髄反射したアサイル新聞と民主党は「あ~やっぱだめだこりゃ」と思われてるんじゃないですか。
特亜の文化として自分が強くなれば相手を後ろから刺すなり、恫喝して上位だと命令下してくるなりするのは当然のこと、と思っています。。。
ですので下鮮の反応は彼らにとって生きている中でする普通の事の一つに過ぎません
それは悪いことだと指摘しても理解できないでしょう
日本は相手が話せばわかる相手と決めつけ忍耐強く相手を自分達と同じ人間として接して上げてきました でも人体の中に搭載されているメンタルや精神を処理する脳神経は異質なものでした 彼らには期待する変化はありませんでした
故に日本の方針が変化するのは当然・・・と云いたいところですが
実際の処は米国が支那や下鮮の裏切りを漸く現実のものとして認め
日本の外交にもそう処してもいいという許可が出ての一連の流れではとも思っています
ともあれ半島と無関係になることは基本的に正しいことかと
ただ日本に浸透して混じってしまった大陸亜細亜人のミームとDNAは如何ともしがない弊害を生み出し続けるでしょう
と最近の不可解な猟奇事件が頻繁に報道される都度思っています

2015/03/18-02:05 | URL | ウィンダリア #EBUSheBA[ Edit]

最近、短期的なスパンで韓国の動きが激しいため、管理人さんも苦労されていると思います
在日と左翼勢力の没落の為に日本単体での謝罪要求が通らなくなったので、外国をダシにするしかなくなったのでしょうね
以前からのアメリカでの銅像設置や慰安婦の教科書掲載、この度のドイツ首相発言と先日の国連事務総長の安倍談話牽制など、情報化社会ならではの戦争といった感じです
日本も指を咥えていないで、外務省などももっと大きく動いてほしいところですね

2015/03/18-08:22 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

私の地域では親韓をうたう与党議員が、まだまだみられます。
まあ、在日や帰化人の多い地域というのもあると思いますが、朝鮮人に対する気の使い方は異様でした。
法務省のヘイトスピーチ禁止広告など見ても、在日の政治的影響力は侮れません。
根こそぎ除鮮するのも大変でしょうね。

2015/03/18-11:24 | URL | 自転車 #-[ Edit]

メルケルは安倍に頼みに来たんです

日本側にはドイツの首脳と会談する必要性はないんですよね。お互い遠い国です。つまり、メルケルはドイツの都合で来たんです。
そういうときにわざわざ日本に来て文句を言うなんてあるはずがないのです。日本は会ってやったんだから。韓国じゃないんですよ(笑)。
日本のマスゴミの論調を、安倍総理は知っていたでしょうから、チョイと岡田を引っ掛けたというところもあるかもしれません。しかし、岡田がここまで馬鹿だとは思っていなかったでしょうね。
「あいつに会社の経営を任せると会社を潰すから、政治家にでもさせておけ。」というのが、親族の本当のねらいだったのね(笑)。

2015/03/18-19:25 | URL | 縄文人 #wM6nolEE[ Edit]

それでもね

まあ私としては岡田氏がまったくのウソを言っているとは思わないんですね。むしろメルケル婆さんが不勉強であったことと、中国韓国の日本批判の嘘吐き外交におだてられたり乗せられたりして、少し調子こいていたんじゃないかと思っているのです。そうだとすればメルケル婆さんの底の浅さにはには少々がっかりですね。はっきりとは言わなくともそれらしいことを言ったというのは十分考えられるのではないでしょうかね。

アジアのことを知らず不勉強なら、よけいなことを言うべきではないです。大ドイツの首脳なんだからさ。こう思っているのは私だけでしょうか?
.

2015/03/18-20:48 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

 謝って問題を解決したいのなら謝ればいいのでしょう
という程度の事を言ったのでしょう。

 日本の野党みたいな団体ってのは世界中探しても殆ど居ないのよ
普通の国は、やり方やどのポジションに利益が回るようにするかで違いはあっても
自国の繁栄を一番に考えるが、日本の野党は、国内の崩壊と外国の繁栄を優先させる
 メルケルはそこを読み間違えたのよ

第一野党の党首が、謝罪したいという言葉を出せば、通常は突っぱねるより謝罪した方が利益があると判断してると思う物でしょう・・・

2015/03/19-00:37 | URL | モホゥ使い #-[ Edit]

岡田は融通の利かないバカだと思ってましたが、嘘吐きも追加されたかと呆れてました。
それで考えてみましたが、メルケルは言っている可能性が高いのではないでしょうか。
メルケルは、7回中国に行っているようです。ドイツは中国にはまり込んでいて、
もう足抜け出来ないようですね。中国に破綻されたら困るので、中国寄りです。

ドイツは、中国と親和性があるようです。100年前に、中国でドイツと戦った事を、
忘れてしまっている人が多いようです。日本人は、中国文明の影響を受けていますが、
中国人とは共感出来ないと言うのが、現在の多数の日本人の感想だと思います。

中国の破綻は、確定でしょう。原因は経済、治安(内乱)、水(公害)あたりです。
水が最初に来そうです。それは、たまに新聞を読む俺程度の庶民でも20年以上前に、
予想出来のに、当時は意外そうな顔をされました。日本は工業汚水に悩まされたが、
時間は掛かったが克服出来たから、日本を手本に克服出来るだろうと思ったようです。
中国は、規模が10倍になる等、条件が違いすぎる事は無視されました。

中国は世界一信用出来ない奴らだと、もう分かっているはずなのに、そんな奴に、
大金を預けるなんて大馬鹿のやる事です。それが、アジアインフラ投資銀行です。
中国が破綻したら、自分達の為に使う事は、ミエミエですね。
日米は、中国が破綻してもその影響は限定的と見て、距離を置いています。
中国が本当に参加して欲しいのは、日米なので、中国メディアは必死ですね。

でも、欧州勢は事情が違うようです。疫病神のドイツが、又やらかすかもしれない。

メルケルに戻りますが、同時期に来日して頂いたウィリアム王子とのあまりの
違いに驚きます。王子の御配慮には、感謝致します。本当に困っている時に、
誰が真の友人であるか、分かりますね。日本は全方位外交は止めて、
真の友人達との友好を重視すべきです。マスコミに必要以上に叩かれている米軍が、
震災の時に、助けてくれました。

震災の時、東京から逃げ出した大使館に、ドイツがいます。
東京に踏み止まっただけではなく、情報発信までしてくれた、英国大使館とは、
随分違いますね。立ち消えになりましたが、日英同盟、検討して欲しいです。

日独伊三国同盟ネタで笑い話にされている、イタリア大使館は東京に残ってます。
怖かったでしょうに、黙って残ってくれました。仏大使館も、残ってくれましたよ。

ドイツとは、距離を置くべきだと、メルケルが言ってます。

2015/03/21-04:53 | URL | トム #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。