管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦らず弛まず嫌韓促進

まだ5月というのに、私の住む地域では30度超えの日が続きます。今これだけ暑かったら、夏本番はどれほど暑くなるのかと怖気がしますが、気象庁の長期予報では梅雨本番の6月は少雨高温で、7月に入ると逆に多雨低温になるのだとか。

この気象パターンは稲作に影響が出そうで、少々不安です。米相場の先物取引には面白いかもしれませんが。

さて、日韓友好が何故必要なのかという長年の問いに一度も答えてもらえないまま、日本人の意識が「日韓友好は日本にとって不要」というものに傾きつつあると感じられるのは、私の気のせいではないでしょう。

それでもまだ日韓友好を唱える議員や有識者はいるじゃないかと危惧する方も多いと思いますが、私はあんまり気にしておりません。何しろ私がこのブログを始めた頃は、日本人の多くが日韓友好は必要と思わされており、不要を主張する嫌韓はキチガイ同然の扱いを受けていました。

その頃と比較すれば、現在日韓友好不要論が普通に公に語られ、それがキチガイの妄言と無視されなくなっただけでも、驚異的な進歩です。

それに今でも、嫌韓を表明したり日韓友好を否定すると、何故か問答無用で人種差別主義者と決め付けられることは珍しくありません。そうなれば、嫌韓であることや日韓友好を否定しているということよりも、人種差別主義者のレッテルの方に目を取られる人が多いことは容易に予想出来ます。

議員や、メディアに顔を出すような有識者はある意味人気商売ですから、自分に付されるレッテルを気にするのは当たり前です。

そう言えば、先日、弊ブログでもリンクさせていただいているブログ「ケシクズ」の筆者である富田安紀子氏作画の「日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)」に関して、朝鮮贔屓、在日贔屓でネットではつとに有名な有田芳生スターリン参議院議員が宣伝wしていたのを見たのですが、富田氏から贈られた本に美化された自分の似顔絵が描かれていたのを見てデレてるツイートを見て、「ああ、この人って自分を持ち上げてくれる人になら誰にだって靡くんだな」と感じました。

弊ブログでしばしば言うところの「朝鮮人に取り込まれている」日本人には、往々にしてそういう人がいます。

一般的に日本人にはシャイな人が多いので、他人をいきなり無闇に褒めちぎるということをあまりしません。稀にいなくもないのですが(私も遭遇したことがあります)、そういう人は最初のうちは良いのです。自分が褒めて欲しいと心密かに思っているところを、実に的確に突いてくるので、自分の価値をわかってもらえているという実感が非常に強く、大変良い気分になれます。

ですがしばらくすると、その人の言動に違和感を覚えるようになります。それは、その人が褒めちぎることの代償を求めていることに薄っすら気づくからです。要するに、おだてあげられて良いように使われそうになるのです。

しかしそれに気づいたからと言って、シャイな日本人は「褒めるのを止めろ」とはなかなか言えません。それに今までに褒められた分も、なんとなく返さなければならない雰囲気です。どうしようかと逡巡する間も、相手は絶え間なく褒め続けます。極端な話、右を向けば褒め、左を向いても褒めるという勢いです。

そうやっている内に、その相手が何かちょっとでも困っていたら、自分にとって多少負担でも援助や加勢をしてやらなければならないような雰囲気になります。それを繰り返す内に、その相手にずっぽり取り込まれて抜けようにも抜けられなくなるのです。

韓国人はこういうのが大変に得意で、普段他人からあまり褒められないが自己評価の高い人というのは、こういうのにコロリと引っかかるのかもしれません。

ともあれ、今はまだ過渡期です。現在の日本における嫌韓気運を一過性の現象で終わらせるか、それともがっつり日本人の共有意識として定着させるかは、これからの私たちにかかっています。

嫌韓意識が日本人の共有意識として定着すれば、有識者はともかくとして、議員はそれを否定するわけには行かなくなります。

そのためには、ただ闇雲な嫌韓では不十分です。また感情的な嫌韓では他人を説得出来ません。何故韓国を嫌うのか、何故日韓友好は不要なのかを根拠と論理に基づいて理解し、必要であれば他人にも説明出来るようにしておかなければなりません。理想を言えば、韓国人すら説得出来る程に。

まずは日本と韓国の歴史と関係を正確に、客観的に知ることでしょう。これまでは戦後日本の左傾自虐史観と、韓国の日本絶対悪観が共鳴していたために、日本を貶め韓国を持ち上げるような歴史教育が日本でも行なわれてきました。日本はダメだと日本人に叩き込むことで、韓国がなくては日本は立ちいかないと無意識化に刷り込んでいたのでしょう。

このところ少しずつ日本の汚名をすすぎ、名誉を回復する風潮が現れていますが、それを「自画自賛症候群」などと揶揄して、どうにかして日本人の目を晦まし、耳を塞ごうとする勢力はいまだに一定の力を持っています。

そういう勢力に負けぬよう、焦らず、しかし弛まず、着実に基礎を固め、揺るぎない日本人の意見を作り上げていくことが、「日本を取り戻す」ということなのではないかと思う次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

月見櫓さんが読んだ本の中で併合前の朝鮮に関する何かいい本があれば教えて下さいませんか? 朝鮮の悲惨な姿を少しでも多く知りたいのです。

2015/05/28-16:17 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

言い換えれば

先ずは日本の霊性を意識することでしょう。散見される歴史と言うものの、その本体です。今日こそ明白になり、堂々と面(おもて)を上げるべき、日本人の、世界に冠たる精神性の高さのほど、その自覚でありましょう。日本人としての、アイデンティティーの確立です。



日本の天命が完うされますように
日本の人々が真理に目覚めますように

2015/05/28-22:25 | URL | 湘南童子 #-[ Edit]

いまはわりとそういう本たくさんあります

私が朝鮮半島でしたこと
http://www.amazon.co.jp/dp/4794211058

絶版になっちゃいましたが、都内の大きな本屋ならまだたまに置いてあります。戦前に建設会社を経営していたかたの本。「ある朝鮮総督府警察官僚の回想」もソ連領から越境してくる朝鮮人スパイの話が面白い。
終戦後の手のひら返しの話も興味深い。

若き世代に語る日中戦争
http://www.amazon.co.jp/dp/4166606077/

ちょっと題材からはズレますが、伊藤桂一さんのこの本も面白いです。慰安婦に関する話、軍属として従軍した朝鮮人。彼らが地域住民に悪さをしていたことが、戦線に与えた悪影響の事も触れられています。

とりあえず、このへんなら中古でも安くなってるのでいいかとね。

そういえば、自分の知るサヨクとしては有名なapeman先生という人もおりましたが、この人も自分のブログで褒められるたびに、ゴロニャン状態に陥っておりましたな。周りに当たり散らしてる瞬間湯沸かし器の時とのギャップがすごすぎた覚えが。

たぶん「自分は思想的エリートでもっと称賛されるべきなのにー」という思い込みがサヨク思想に駆り立て、賞賛に飢えまくってるのでしょうな。「新しい歴史教科書」で騒ぎになった頃もやたらと「自国賛美!! 褒められたがってる思想のたまもの!!」と騒いでたけど、それも彼ら自身の鏡写しだったのでしょう。

で、政治運動の類にしても、いつの間にか共産党系の人間が乗っ取ってる話は珍しくない。このへんも、うまく「浸透工作」する連中がいるのでしょうな。
うまくターゲットの懐に忍び寄って、そこにある権威や権力をわが物とする。実に儒教的なやり口ではあります。

日本側はまだまだこういう工作に無防備すぎるのかもしれません。

2015/05/28-23:52 | URL | 潜水艦 #R1y00GSs[ Edit]

ご存じかもしれませんが、イザベラ・バードの「朝鮮紀行」は外せません。
同女史の「日本紀行」との併せ読みがおすすめです。

2015/05/29-17:59 | URL | 名無櫓 #D6on0lU.[ Edit]

世代交代

若い世代は心配ない、と思います。
「やたら韓国韓国って聞くけど、何なんだろ?」と疑問を持ち検索→「なっ、何この国(民族)・・・」となるのが必然ですから。

問題は、私と同世代以上の中高年者です。普段からネットの情報を取り思索する人なら問題はありません。が、そんな人は少数です。
大半は若いときに読んだ左巻き本を元に思考し、「なんで在特会なんて集団が出てきたんだろ???」ってなものです。

今後も地道に情報を発信して、目覚めた若い世代を増やしつつ、ある時点で「ネットから情報を取れない世代はアホ」と批判される社会的風潮を作り上げるしかないと思います。
この世代が自発的に目覚める可能性は低いですから・・

2015/05/30-00:43 | URL | 街の常識人 #-[ Edit]

甘すぎます

街の常識人さんの認識はネットにふれ韓国を汁人間は自然嫌韓になるから大丈夫とのことですが若い世代でも承認願望が強い人間はむしろ頻繁にネットに関わるような人間にこそ多いと考えます。そういう人が権力を持つ年齢、立場になれば韓国人に籠絡されることは十分に考えられます。

ブログ主さんも以前「韓国人は足元を狙う」というエントリーで「「嫌韓」の日本人の男性10名が、韓国にて韓国流の怒涛の接待を受けた場合、少なくとも5人は嫌韓では無くなるであろうと予想する。また少なくとも8人は、再度韓国に来たいと思うであろうことは間違いない。」という記事を紹介してました。

それどころがまとめブログあたりで韓国人を知った気になってる人間は実際のそれと折衝久下時にイメージとのギャップにとまどって簡単につけ込まれてしまうでしょう

2015/05/30-07:17 | URL | ダンゴムシ #-[ Edit]

ヨシフのツイートについて、数週間前に何かで読んだ内容との乖離に違和感を感じたので見直してみました。

http://getnews.jp/archives/957969
5月13日のツイートでは完全に馬鹿にしてましたね。何なんですかね、5月21日のツイートとの温度差は。まさか実際ちゃんと読んでみたら絵が上手で感心したと言いたい訳じゃあるまいし。

今日書店で「日之丸街宣女子」が置いてあったんで、早速購入しました(^o^)

2015/06/01-23:22 | URL | Tacky #-[ Edit]

日之丸街宣女子

早速読んでみましたが、正直情報量が少なすぎて物足りない・・・
何の為のデモなのか、日本の偏向メディア、韓国の反日背景、外国人参政権などの基礎的な問題点が描写されてるだけなので、完全に嫌韓入門者向け。
話題性があっただけに残念です。

2015/06/02-03:52 | URL | Tacky #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。