管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何しろ相手は薄くて浅くて上っ面ですから

韓国は相変わらずMERS一色です。既に四次感染者が出たということで、最早エピデミックと言って良い状態でしょう。

この期に及んで韓国で親善サッカーとか、頭おかしい何考えてるのかわからない国会議員が結構な数でいたようです。もしこの親善サッカーに参加した議員の中からMERS感染者が出たら、その責任はどう取るつもりなのでしょうね?インフルエンザと違って、MERSには予防注射ってなかったはずですし。

日本には、日本国民の安全よりも韓国との関係改善の方が重要と考える国会議員が少なくない人数で存在するということを、私たち日本人はもっと深刻に考えなければならないと思ったニュースでした。

さて、このところ記事の内容が薄いというご指摘を頂戴しております。実は書いてる当人もこのところどころか、この数年来と言って良いぐらいその自覚がありますw 

書くなら濃い内容の記事を書きたいと思う気持ちはもちろん大いにあるのですが、何しろ相手がアレなもんですから、もうネタ詰まりも何周回目か分からないぐらいです。三日毎に訪れる更新日の度に、途方に暮れております。

日韓チャットをやっていた頃は常に韓国人のマインドに直にと言って良いレベルで触れており、同じことの繰り返しであってもその都度その都度、いちいち本気で怒ったり呆れたり嗤ったりすることで、韓国について今よりずっとのめり込んで考えていました。

その分、色んな意味で記事の内容も濃かったと思います。当時の記事を読み返すと、何で私はこんなに怒ってんだと思うことがしばしばあるぐらいです。

その頃と比べれば、今は韓国人のマインドに直に触れるということもほとんどなくなり、精神的にはずいぶん快適になりましたが、同時に韓国の存在を意識することも希薄になりました。

加えてこの数年来の日本の嫌韓気運の高まりに伴って韓国に対するバランスの取れた認識が広まり、箸が転んでも韓国はスバラシイとされていた風潮はすっかり影を潜め、以前であれば違うんだそうじゃないんだ、ホントの韓国はこうなんだとムキになって言ってもなかなか本気にしてもらえなかったり聞いても貰えなかったようなことも、今ではかなり広く且つ普通に共有され、あえて私が熱弁する必要もなくなってきたということがあります。

そもそも弊ブログでは韓国についてもう既に言い尽くしており、今後韓国でどんなことがあっても、これまでの記事内で言及したことで説明出来るという自信があります。そんな筈はない、いくら韓国が薄くて浅くて上っ面だと言っても、10年やそこらで言い尽くせるほど底が浅いはずがない、私が底と思い込んでいるところのまだ下に、私が見つけ得なかった彼らの隠れた本質が潜んでいるに違いないと必死で底を穿っていた時期は、もうとうに過ぎました。

それでも私がブログを継続しているのは、韓国が今も昔と全く変わらず、これからも決して変わらないだろうということを確認し続け、発信し続けるためです。

韓国が変わるかもしれないとか、昔と比べて変わったように思うということは、韓国に接した人ならほぼ全員が思うことです。むしろ、韓国人と接する機会の多い人の方が、韓国が変わるという期待を持ったり、韓国は変わったと思うことが多いでしょう。

確かに、韓国の上っ面はよく変わります。彼らが自らの名前や生年月日、国籍や持って生まれた顔までをもつるつると変えるように、彼らの上っ面は簡単且つ頻繁に変わります。

しかし名前や生年月日、国籍や顔を変えたらその人がまっさらの別人になるわけではないように、彼らの上っ面がどれだけ激変しようと、中身は同じなのです。

人は賢いようで案外抜けてる生き物で、頭ではわかっていても、目に映る上っ面に簡単に惑わされます。昔どんなに煮え湯を飲まされたことがあっても、今この瞬間、優しい言葉を掛けられたり親切な態度を見せられれば、簡単にホダされるものです。誰よりも、私自身がそうですw

「昔はそうだったけど今は違う」というのは、韓国人が日本人を騙す時に使う常套句のひとつです。ブログは更新が止まれば、過去記事は全て過去のものになります。

ブログ月見櫓の過去記事を読んで韓国人の欺瞞に対抗しようとしても、「それは昔の話。今は違う」と言われれば、そうなのかもと思ってしまうお人好し日本人はきっと多いでしょう。

ですので、現在の弊ブログ継続の最大の目的は、韓国という国家や韓国人という生物の理解を促進するためというよりも、ブログを継続することによって「韓国人は今も昔もこれからも変わらない」ということを示すことになっております。

極端な話、韓国の話なんて「今日も韓国は韓国で、韓国人は韓国人でした」で終わるんですw でもそれじゃあんまりですし、弊ブログをご覧になる方の誰もが昔から弊ブログをご覧になっている方とは限りません。

毎度毎度同じような話であっても、嫌韓初心者には最近の話題に合わせて解説してくれるとわかりやすい、というご意見もあって、弊ブログが金太郎飴の如き韓国論を続けていることをご理解いただければ幸甚です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

おつかれ様です

人類の諸相と、その存続に、自然の摂理の‘底知れぬ’深さを思うところです。



私達の天命が完うされますように

2015/06/14-23:18 | URL | 湘南童子 #-[ Edit]

過去と現在

>ブログは更新が止まれば、過去記事は全て過去のものになります。

――名言、名文句というのとは違うけど、「そういえばそうだ」って感じの、ハッとさせられる文です。

そう、ブログを読んでて気になるのは、「いつ書かれた記事だ?」とか「これは現役の|継続してるブログなのか?」ってことです。
継続中かどうかで、心強く思えるか否か大きく印象が変わるような気がします。

日付が入ってなかったり、意識して探さないと日付が見つけられないサイトは「一体何考えてるんだろう?」と、私は思ってしまうほどです。

話は変わりますが、
ネタ切れ対策として私が提案したいのは、
「Retrospectiveシリーズ」
というものです。
『月見櫓』を、いちばん最初の記事からfetiaさん自身が読み返して、・・・
「ああこんなこともあったな」とか「この頃はこういう流行があったんだな」とか単純になつかしんだり、
省察したり、自己批評したり、
記事で扱った事象と最近起こったこと・起こっていることとを並べて見て所感を述べるとか、
そういうことで記事を埋めるという企画があったらいいかなと思います。

記事を通して触れる過去と現在.現在から過去は見られるけど、過去は現在を眺められない・・・はずなのに、現在と過去がジャムセッションしてるように見えることもある。
「運命的な偶然」に出くわす機会が増えると、個人的な生活も社会全体もいろいろ面白くなるような気がしています。

2015/06/15-06:05 | URL | kenkankun #-[ Edit]

もしネタに詰まるようでしたら、読者からの質問を受け付けてはいかがでしょうか?
私は目覚めてまだ2~3年でそれまではずっとお花畑だったので、分からないことがたくさんあります。
例えば、民主党は今となっては反日色が非常に強いと分かりましたが、民主党政権が生まれる前、風向きは完全に彼らの味方でした。
もちろん、反日マスコミがこぞって煽ったことが第一要因でしょうが、あの頃、かなり右寄り・保守と呼ばれる論客(例えば故・三宅氏や宮崎哲也氏)も「一度民主にやらせてみよう」という発言が目だったように思います。
私の覚えている限り、一貫して民主反対だったのは元台湾人の金美玲さんだけだったような・・・?
一般人がマスコミに騙されるだけならまだ分かりますが、政界事情に詳しいはずの保守論客やコメンテーターも騙された(?)のは何故なんでしょうか?
すみません、いきなりの質問になってしまいました。
よろしければ教えてください。

2015/06/15-12:19 | URL | すま #-[ Edit]

繰り返し

読み返して、これはと思うものは何度載せてもよいと思います。一応断ったうえで、現時点での見方も付け加えていただけるとよいと思います。最初からすべて見ているわけではありませんし、論文ではないのですから、多少整合性が取れなくても、啓蒙できればよいのではと思います。

2015/06/15-13:11 | URL | 古格 #-[ Edit]

思想も一色しかないみたいです。

>韓国は相変わらずMERS一色です。

朴大統領「中国に帰国したら韓国は安全と伝えて」
ttp://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/15/2015061500739.html
「みんなにうつしてやる!」MERS患者が隔離部屋から“脱走”する騒動、韓国
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150615-00000022-xinhua-cn

要するに「自分が病身になるなら他人も病身にしてやる」ということなんですかね
たまに韓国人は金太郎飴みたいなんて言い方もされますがさすがにそれは失礼でしょうね、
金太郎飴たべても病気はうつされないですから

2015/06/15-15:28 | URL | 名無櫓 #XaFeZ25U[ Edit]

このブログが必要ない世界が来ることが本当なら理想なんでしょうけども、逆に言えばその世界がやってくるまでこのブログは存在し続けなければいけないということになりますか。
後継者とか必要になったりして。

けれどこちらのブログをご覧になる方々は何も「韓国ってこんなにひどい!」とか「韓国人ってなんて奴らだ!」と怒りを共有するためだけに来ているわけではなく(そういう場所は他にもありますし)fetiaさんならこの件をどんな風に見るかな、というワクワクや軽妙な語り口を楽しんだり、そのブレない韓国観に触れることで改め自分の嫌韓感情を見つめ直したりするために来るのだと思います。
ネタがない期間でも「ネタがない日のfetiaさんのブログ」を私などは楽しんでおりますw

それでもお困りのようでしたら古格さんのご意見に私も賛成です。現在のfetiaさんの注釈を加えつつ、過去の記事をもう一度みんなで見返してみるのも楽しいかもしれません。何事も楽しくなければ続きませんから。



2015/06/15-17:03 | URL | アキ #KvZ6xpZM[ Edit]

いつも読ませて頂いていますが、初めて投稿いたします。
とどまるところがないように見えるMERS禍、彼の国発のパンデミックになることは間違いないようです。どれだけ水際で食い止められるか、2次感染をどれだけ抑えられるか、当局の適切かつ迅速な対応と国民の冷静な対応にかかっています。
このMERS禍が日本と彼の国との今後の関係に決定的な影響を与える気がしてなりません。命に係わるパンデミックに直面したとき、今まで直視しようとしなかった人々も不潔不衛生なものへの許容度が両国で極端に異なることに気付かざるを得ないでしょう。そして不衛生への許容度や耐性の極めて低い日本人が、不衛生に対する許容度の極めて高い彼の国人を生理的に受け入れられないと感じることは避けられないでしょう。単に清潔不潔の問題だけでなく、金銭感覚や汚い手段をとることへの許容度、仕事の出来上がりが汚いことに対する満足度の違い等々、貴ブログでこれまで言い尽くされてきたような国民性の違い、考え方の違いの根底に不衛生なもの・汚物への感覚の違いがあるように思えてなりません。
不衛生なもの、汚物への耐性が極めて弱い日本人はしかし、それを洗い落とすこと清めることの気持ちよさを知っています。私たちが過去を水に流すことができるのは、恨みの感情で気持ちを汚し続けることより、過去は過去として今後の人間関係を構築した方が気持ちがすっきりすることを知っているからに他ならないように思います(そしてその方が有益であることを経験上知っています)。さらにそれでも裏切られた時には絶縁に至ることもありますが、これも恨みの気持ちを持ち続けて心を汚し続けないための1つの方策なのでしょう。彼の国人は水に流すことや絶縁に至る日本人の気持ちを未来永劫知ることはないでしょうが、私たちがそのような行動をとることに付け込みます。汚いものに弱い人間は汚くても平気な人間に弱いのです。だからこそ、そのことを啓蒙し続ける貴ブログの存在は貴重だと思います。いつも読ませていただいているだけですが、一言お礼を言いたくコメントいたします。

2015/06/15-20:20 | URL | 一読者 #-[ Edit]

おしいと思う。
もっと違う書き方なら説得力が大きく増えるのでは。

2015/06/16-17:19 | URL | 名無しの日本人 #-[ Edit]

光あるところ影がある

東洋世界の光が日本ならば特亜は影でしょう

この国が当然の有様を示す程に大陸の瘴気は濃くなるのかもしれませんw
MERSは患者数の増え方が凄くて見てる側が唖然としてしまいます。
なにしろ上っ面なので「正直に情報を共有するとみっともない」が先んじてしまい
本当にやらなくてはいけないことを悉くし損じているようです。
ゾンビ映画では登場人物達が全滅するまで最悪の選択を繰り返しますがそれに似ています。

2015/06/16-23:50 | URL | ウィンダリア #-[ Edit]

>さて、このところ記事の内容が薄いというご指摘を頂戴しております。

私はそうは思いませんし、万が一そうだったとしても、続けて下さってることに意義を感じます。
手詰まりになったら、初めのエントリーからまた始めても、充分違和感なく読める()と思います。
それほど、彼の国(modoki)は、進展進歩なく、後退荒廃あるのみばかりでなく、それが自業自得に留まらず、日本の裾を離さない(日本からも離さない溜息)傍迷惑以下の汚物だからであります。
これでも、言葉をエラんでいや選んでいるつもりです。
気の利いた文章一つ書けるわけでなく、普段は書き込みはしませんが、応援クリックだけ参加することでお許し下さい。

※最悪、更新の頻度を少しだけ減らしても、止めないで欲しい。

2015/06/17-00:47 | URL | 断交夢見櫓 #z703ORR.[ Edit]

100年前から変わらない

fetiaさん及びこのブログの読者様方には釈迦に説法ですが。

「この近代文明のパワーゲームの時代に、教育といえば儒教を言い、しかもそれは表面だけの知識であって、現実面では科学的真理を軽んじる態度ばかりか、道徳的な退廃をももたらしており、たとえば国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。」

100年前に書かれた言葉ですが、恐ろしいくらい今でも同じですよね。

2015/06/17-01:30 | URL | hk #-[ Edit]

ニュースや数字をソースとして,それに対してコメントを書くタイプのブログはいくつか私も見ています。そうしたアプローチはとっても大事だと思います。

しかし,ブログ主さんのやり方は,それとは違ってとっても文系的なんだと思います。データや数字の間,あるいはその奥にある何かを引っ張りだそうとされているのではないでしょうか。違っていたらすみません。ブログ主さんの主張そのものにはたぶん傍証しかないのかもしれません。でも,私は,このブログはそうしたアプローチをしているそれほど多くはないブログの1つだと思っています。

トピックが同じようになってしまうのは,データや数字を重視しているブログを見ていても,最近感じられることです。たぶん,それは考察の対象それ自体がワンパターンのアホだからです。しかし,アホと言っているだけでは,こちら側にとっては死に至る病になりかねないので,ブログ主さんが仰っていたように,忘れないために,風化させないために,その都度リアルタイムのネタで上書きしていくことが必要だと思います。

これからも楽しみにしています。

2015/06/17-19:11 | URL | きーぷー #-[ Edit]

大口歩也さんのブロマガ参加者の参照でこちらを訪問させていただきました。
お聞きしたいことがあるのですが、韓国人を日本人で表すと、いったいどの職業の人に当たるのでしょうか。
下階級へのいじめ、上へ意見を通さない、根拠の無い発言、伝統や民族重視、で
ギャングやヤクザ、佐官(土木)の職人、だと自分は思うのですが、主はどう思われますか?

2015/06/17-21:20 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

戦後体制とは介護のインフラ

>韓国人を日本人で表すと、いったいどの職業の人に当たるのでしょうか。
主ではなく通りすがりの一般素人ですみませんが
一番目立つ部分で言えば「新興宗教の教祖とその信者」が近いのではないでしょうか。
権力と権威と経済力を独占する幹部、そのお零れと現世利益に群がる信者達、
既存の有名な権威を模倣しながら現れ、しばらくすると自分こそオリジナルだと主張し始める。
そして洗脳が溶けてしまうとメンバーでいられなくなる閉鎖性など、本来なら他のメジャーな
宗教に駆逐され存在できないはずのデキの悪い新興教義が現代では信教の自由の名の元に
保護されてしまうので消滅することができなくなっています。

1960年国連の植民地独立付与宣言第3項に「政治的、経済的、社会的又は教育的基準が
不十分なことをもって、独立を遅延する口実にしてはならない」という文言がありますが
"政治的、経済的、社会的又は教育的基準が不十分"な民族がどうやって独立の根拠を国民に
示すのか、それは結局『虚偽の独立神話』くらいしか手が無いのではないかと想像しています。
ただ現実と神話の乖離で精神病になる要介護国家の隣にある国はとても迷惑でしょうが。

2015/06/18-02:26 | URL | 名無櫓 #XaFeZ25U[ Edit]

2015/06/17-21:20
・・・マスコミ

2015/06/18-07:16 | URL | モホゥ使い #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。