管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は南北朝鮮共通の敵

7月20日付の産経ニュースに載った西岡力氏の論説について感想を求められたので、読んできました。

まずコメントくださった方が問題視されておられた「日本の植民地支配」云々という記述については、私は個人的にあまり問題視しておりません。

日韓併合については、「文字通り併合だった」派と、「人類史上最悪の植民地支配だった」派があるようです。私は前者ですが、後者を主張する人と議論しようとは思いません。「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」で放置する方針です。

それよりも日韓関係について、いまだにこんな脅迫紛いの主張が通ると思われていることに、少々不快感を覚えました。

当該論説は「「日韓関係の悪化を喜んでいるのは誰か」と題するかなり長いものです。これによると日韓関係の悪化には三つの要因があるそうです。

まず、日本が日韓国交正常化の際に、韓国を朝鮮半島唯一の合法政府だと認めなかったことによって、北朝鮮政権をどう評価するのかという根本的観点が欠落したためだと言います。

次に韓国指導者層による大衆迎合的反日、最後に北朝鮮と韓国内の従北勢力が作り出した韓国を席巻する反日自虐史観、これら三つが日韓関係を悪化せしめている要因との考えです。

つまるところ、日本と北朝鮮と韓国のそれぞれがひとつずつ日韓関係の悪化の要因を作っているとの主張のようです。その結果、「日韓関係の悪化で喜ぶのは北朝鮮」と言いたいようです。

弊ブログでは既に5月21日付で「日韓関係が悪化することで最も喜ぶ国は」という記事を書いており、今から改めて同じ考察をするつもりはありません。ですので今回は、西岡氏が主張する「日韓関係悪化の要因」について考えてみました。

まず最初の要因、1965年の日韓国交正常化の際に、日本が韓国を朝鮮半島における唯一の合法政府と認めなかったというものについては、私が日本贔屓だからかもしれませんが、かなり言い掛かりに近く感じます。

西岡氏は、北朝鮮を「日韓共通の敵」と規定し、日本の北朝鮮に対する態度の甘さというか曖昧さを非難しています。しかし、日本から見れば韓国も北朝鮮も同じ朝鮮人です。更に言えば日韓国交正常化時点から見てわずか20年ちょっと前までは、どちらも日本人でした。更に日韓国交正常化前後の日本では、韓国よりも北朝鮮の方が評判が良かったという事実もあります。

日本国内には北朝鮮系と韓国系の在日団体がそれぞれ立ち上がり、日本政府が南北朝鮮のどちらか一方だけを正当視すれば、正当視されなかった方が暴発するおそれも多分にありました。

NHKで朝鮮語の語学講座を開設する際に「朝鮮語講座」とすれば韓国側から、「韓国語講座」とすれば北朝鮮側から、それはそれは猛烈なクレームが来るため、「ハングル講座」という曖昧な講座名にしたことは有名な話ですが、似たようなことが当時の日本各所で起きていたことは想像に難くありません。

日本政府が、日韓国交正常化において韓国を「朝鮮半島唯一の合法政府」と認める際に抜け道を用意したのも、その一例と考えるのは私の日本贔屓が過ぎるでしょうか。

二つ目の要因とされる「韓国指導者層による大衆迎合的反日」については、特に説明の必要はないでしょう。あえて何か述べるとすれば、西岡氏だけではなく、親韓・擁韓及び韓国人が言う「韓国人はそんなに反日じゃない」という主張は、これによって完全否定されるのではないかということです。もし韓国人が反日じゃないのであれば、大衆迎合的反日など全く効果がないはずですが、実際には常に結構な効果をあげているのですから。

最後の「北朝鮮と韓国内の従北勢力が作り出した反日自虐史観」についてですが、これは韓国では、「韓国人はそんなに反日じゃない」という主張を補強するものとして言われることがよくあります。即ち、「韓国の反日は従北派の工作」だから「(従北派じゃない)韓国人は反日じゃない」という主張です。

しかし北朝鮮による工作を喜んで受け入れたのは、韓国人自身です。西岡氏は北朝鮮を「日韓共通の敵」と規定されておられますが、韓国人は日本を「南北朝鮮共通の敵」と規定していたのです。だからこそ、韓国人は北朝鮮の赤化工作を進んで受け入れたのです。

つまり西岡氏の主張に従うとしても、その背景を仔細に鑑みれば、日韓関係悪化の原因と責任の多くは、韓国にあることになるのではないでしょうか。

日本に責任は一切ない、とは言いません。日本が、韓国との間に友好関係が成立するとか、話せば分かり合えるなどという甘い考えを持たなければ、韓国の欺瞞や甘言に翻弄されることはなかったでしょう。

現在の日本は遅まきながらそれに気づき始めたところです。生来お人好しの日本人ですから、どこまで韓国に厳しく接することが出来るかはまだまだ不安ですが、まずは「日本人が考えるまともな対話」は、韓国相手には全く成立しない、ということを周知徹底するだけで、日韓関係の今後は「日本にとって」より良くなっていくでしょう。

むしろ西岡氏が言う「釜山に赤旗が立つことは日本の安全保障にとって最悪のシナリオ」とやらを恐れるあまり、韓国に過剰な配慮をした結果、竹島に太極旗を立てられてしまったこと、これから対馬にも立てようとしていること、その他韓国人によって為される数多の日本侵害等も、日本として決して許容出来るシナリオではありません。

北朝鮮も韓国も、同じ朝鮮です。北朝鮮が日本の敵であるならば、韓国も日本の敵です。仮に北朝鮮が韓国にとって敵であるとしても、日本もまた韓国にとっての敵とされているのです。日本も北朝鮮も同じ敵なのであれば、韓国人は間違いなく北朝鮮に加担するでしょう。

日韓関係を考える時は、韓国人のその考え方を正しく認識し、前提として考えなければ、正しい結論にたどり着くことはないと考える次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

 この西岡氏は"事実であっても誰かに責任が多く偏るのは気持ち悪い"という日本人的な悪癖からこの様な形になったのか、それとも朝鮮の誤魔化しに絡め取られたのか、それとも朝鮮側に都合の良い様な思想を拡散しようとしたのか分かりませんがいづれにしろ韓国側の責任を無視しており、結果韓国側ばかりが喜ぶ様な考えを日本人に植え付けてしまう記事になっていますね。

 "韓国が北朝鮮による工作を喜んで受け入れたのは、韓国人自身であった"のと同じくこのような記事が罷り通るのも、この様な記事を喜んで受け入れてしまう日本人が多数派であるからだと考えます。日本も韓国の様な真似(=韓国の二の舞)にならない様に「日本人が考えるまともな対話」は、韓国相手には全く成立しない、ということを周知徹底する必要は私も強く感じます。もしも、何もせず韓国に良いようにされて「日本のメディアが悪いからこうなったんだ」では朝鮮人の様な真似以外の何物でもありません。

 北朝鮮の軍事的な侵略でも、韓国の蝙蝠対応で日本の領域を掠め取る事でも"流れる血・権利を失う人間・日本への損害・生まれる不幸・発生する問題・etc…"このどれも変わりません。誰がどの様な理由でどの様な手段でという部分が変わっても日本侵害で発生する厄災は変わらない。そして、北朝鮮・韓国共にすでに日本侵略を実行している、つまり日本に敵対している事は今問題として存在する事実が雄弁に証明しています。

 韓国が北朝鮮よりも日本を敵視しているからこその現状、そして、それ故に韓国は北朝鮮に付くであろう事をより広く日本人に認識させたいですね。


 ところで、質問があります。ネタ提供になれれば幸いです。
 日韓問題を扱う他ブログ(Ⅰ)を見て気になる疑問がありました。

>国際刑事裁判所へ日本が桜を贈呈・植樹しようとした所、韓国の政府と全国紙、様々な団体が一丸となった非常に規模の大きい、大多数の韓国人が支持する国策レベルの反対運動が起きました。そして過去、韓国はここまで踏み込んだクレームをした事はありません。(Ⅱ)

 との事であり、ここにきて韓国人が非常に増長を強めているとの事だったのですが、原因についてそのブログの筆者は「民族主義の暴発以外に複数の別の要因があると思われるが、まだはっきりとしない」(意訳)との事でしたが、fetia(記事主)さんからの視点で何か心当たりあるでしょうか?

(Ⅰ)日韓問題(初心者向け) 今後韓国からのクレームは加速度的に増えて行く
ttp://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar836694

(Ⅱ)朝鮮日報 【コラム】国際刑事裁判所に桜を植えて歴史洗浄を狙う日本
ttp://web.archive.org/web/20150714080932/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/07/14/2015071401013.html

2015/07/24-01:58 | URL | チェリー・ブロッサム #3jJy8Zm2[ Edit]

「釜山に赤旗が立つことは日本の安全保障にとって最悪のシナリオ」って、
いつの時代の価値観なんでしょうね。頭の中が今でも冷戦構造なのか。

なぜ最悪なのかの説明がないせいで何が問題なのかが全くわからないために
西岡氏の説には説得力というものがまるでありませんね。

今はKCIAや総連が日本で衝突してても排除できなかった時代じゃないのに。

2015/07/24-11:31 | URL | 名無三 #-[ Edit]

今回の論説に関しては
いわゆる「知韓」と言われている人達の意見のはき違いや認識の甘さなどが再確認できた点で自分的にはよかったと思う半面、
「この人でもまだこの程度の認識なのか」という残念な気持ちにさせられた出来事でした。

2015/07/24-12:52 | URL | Hiro #-[ Edit]

西岡氏は従北(反共)にやや固執してる所からこのような論説になった事と思われます。実際、日本人が韓国へ行けば途上国型の洗礼(色々なボッタクリや犯罪)を受けるでしょうが親切を受ける機会もあると思います。韓国語を解していればまた別でしょうがね。
しかし、韓国与党の政治家が公然と日本を侮辱し国民が賛同或いは非難しない状態にあるのだから、北に騙されてるとかそんな事はどうでも良いのですよ。この人達を日本側に繋ぎとめておくメリットよりデメリットの方が多いのです。不細工の自惚れのごとき「日本は韓国を侵略したがっている」にはウンザリします。私は米国という国は好きではありませんが米国人の気質には愛すべき所(?)があると思います。とある政治家が「こんなに日本文化が蔓延るくらいなら、原爆をもっと落としておけば良かった」というような事を主張した所、多くの非難を浴びたとか。建前であれ本音であれ非難する人が米国には居るのです。韓国はそれが無い。と言うかむしろ言って当然と思っている。鈴置氏が「最近の韓国は卑日である」と仰るのが非常によく分かります。

2015/07/24-13:59 | URL | yuri #u2lyCPR2[ Edit]

先日「日本王室の佳子王女を慰安婦に」などと書いていたチョンが、今度は「日本だけは地球上で必ず絶滅させなければならない唯一の人種である」と書いていますね
マスコミの人間が堂々とこんなことを書いているのに、これを咎めるどころか同調する人間ばかりなのに、反日は極一部の人間などと言う言い訳がいつまで通用すると思っているのでしょう
この期に及んでまだ韓国人は「日本人は韓国人を好き」と思い込んでいるならどうやって彼らに厳しい現実を自覚させられるのでしょう

2015/07/24-14:48 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

禿同
日本人の多数がその自覚を持たないと

2015/07/24-17:49 | URL | コメント投屋 #-[ Edit]

日本が悪かった点は以下の6点
1)韓国と国交復帰したこと
2)韓国の言い分を少しでも聞いたこと
3)半島に歴史的に関わってしまったこと
4)半島の教育を出来るとおごり高ぶったこと
5)彼らを人間と誤認して人間扱いしたこと
6)彼らを養殖して増やしたこと

うん 断然日本が悪い。

2015/07/24-22:18 | URL | 多聞櫓と(ry #r5jVqfzA[ Edit]

私も面倒くさいので、南と北がどっちが統一しても植民地支配にならないから
人権問題は無視していいと思っています

2015/07/25-00:28 | URL | emanon #juZz/cEU[ Edit]

> 「北朝鮮と韓国内の従北勢力が作り出した反日自虐史観」についてですが、これは韓国では、「韓国人はそんなに反日じゃない」という主張を補強するものとして言われることがよくあります。即ち、「韓国の反日は従北派の工作」だから「(従北派じゃない)韓国人は反日じゃない」という主張です。
> しかし北朝鮮による工作を喜んで受け入れたのは、韓国人自身です。

実際に日本に対しては加害者である朝鮮人が「韓国は差別的で反日」と言われたとたんに被害者なりすましでスルリと責任逃れする場合に吐く方便ですよね。「慰安婦は裕福な家の躾も行き届いた花のような無垢な美少女」言うのと同じで「韓国人は純朴で嘘をつかず、素朴に日本に親しみを感じ、日本文化を慕い、日本や世界の基準から見ても公正と信義を重んじ、日本人レベルには法律を遵守し、声闘などは誇張で普段はあり得なく、言うほど儒教的小中華思想は浸透していず、”民族の気脈を殺す日帝の悪逆なる鉄杭”云々のキチガイは一般朝鮮人には何の縁も無いKKKみたいなカルトで、ガスボンベおじさんも居ないし、雉をリョウチ刑に処する人も普通に見なければ、中韓日本大使にテロを行った人物が韓国社会で受け入れられる事などあり得ず、日本人の常識水準で考える通りに友人としても信頼できる」と

2015/07/25-08:24 | URL | 名無しさん #-[ Edit]

ほんの100年くらい前までは西欧人がその他の民族を「野蛮で無知蒙昧」と
見下すことが当たり前で、その反省というか反動から「人類みな同じ」と
いう考えに極端に振れてしまっているのが現在ですよね
同じ人間でも思考回路は全く違うのが現実で、それはこの先数百年
かかっても変わらないということを受け入れないと、いつまでも
誤解に誤解を重ねる現状は変わらんのだろうなと思います

2015/07/25-11:22 | URL | 塚原石竹 #-[ Edit]

植村隆に訴えられてもまだ韓国を擁護するとは

西岡力氏は、2010年に北朝鮮による延坪島(ヨンピョンド)砲撃が起きた時、李明博大統領
(当時)が「反撃するな」と命じたことについて、チャンネル桜の緊急特番で「反撃しなければ、
北朝鮮に『脅せば見返りが貰える』と思わせてしまう」と苦言を呈しています。

【西岡力】緊急特集:北朝鮮、韓国砲撃事件[桜H22/11/24]
https://www.youtube.com/playlist?list=PL3744289A18F2A915

当時を振り返ると、今、韓国が日本にしていることは、当時、北朝鮮が韓国にしていたことに
すごく似ているのがわかります。【上位の者は下位の者にどんな酷いことをしても良い】
【本当に怖い相手には絶対に歯向かわない】というのは、個人と個人の関係にも国と国の
関係にも見られる朝鮮人の共通した行動パターンですね。

産経新聞の黒田勝弘記者もそうですが、韓国に思い入れのある人は「韓国はこちら側」
と思いたいのでしょうが、韓国人の思考回路は北朝鮮人と同じです。

2015/07/25-19:01 | URL | BlueBlue #vF6NeGQU[ Edit]

<在日朝鮮人から見た韓国の新聞>より
植民地(Colony)という言葉の定義について日米では元々大きな隔たりがあった事をこの"教授"は知らないんでしょうね。一般に植民地は侵略によって得た領土を指しますが、日本では元々、植民地には「開拓地」や「入植地」といった意味が含まれていました。

例えば、朝鮮や台湾を日本が武力で併合したでしょうか。違いますよね。国際法に即した手順による併合もしくは割譲により日本に編入されたのでしょう。アメリカがグアムやハワイを領土に編入したのは紛れも無い武力併合です。完全に植民地化ですね。


確かに朝鮮や台湾を殖民地もしくは植民地とする日本の公文書は存在します。ですが、日本は入植地や開拓地など歳費を投じて開発を進めている地域を「植民地」と言っていました。だからこそ、東北や北海道なども殖民地と表していました。これは昭和初期まで散見されるんですね。

なぜ、植民地という表現が長く統一されていなかったのでしょうか。それは現在、使われている「植民地」という言葉の概念が日本には元々なかったからです。そこに新しくCoonyに対する和訳を考えた際に、幾つかの訳語が選ばれたうちの一つが「植民地」なんですね。

2015/07/26-20:43 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

嘘しか言えない半島。
南北共通の敵ならなぜ南北統一して対抗しないのか。
統一するぞ詐欺は世界にバレている。統一ネタを金儲けに使う起源は半島。

2015/07/29-01:28 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。