病身舞に見る韓国人の「笑い」の感覚

17 0
日韓首脳会談後は、特に目立ったニュースのない韓国です。

韓国内の問題は相変わらず山積で、日韓首脳会談が行なわれたからと言ってそれらの問題がどうにかなるわけでもなく、むしろ時間の経過と共に悪化しつつあります。

それら諸問題に韓国が自力で対処しようとしなければ誰も対処するはずなどないわけですが、韓国人の「いつか何処かで誰かが何とかしてくれる」という意識は、相変わらず活発な模様です。

こんな時に仏心を出して「大丈夫?」とか言っちゃうと全力で寄り掛かってくるので、韓国がどうだろうとどうなろうと、一切気付かぬふりを決め込むのが吉と思うのですが、そこまで日本がばっさり割り切れるかどうかにはまだまだ不安が残ります。

そう言えば前回記事で「話し合いが通じず、殺し合いするだけの価値もない相手というのは、つくづく厄介です」とぼやいたところ、「日韓問題の解決には、経済制裁が一番」というご意見を幾つか戴きました。そのご意見には基本的且つ全面的に賛成なのですが、北朝鮮に対する経済制裁も万全とは言えない現状、韓国に効果が出るほどの経済制裁を行なうのは、韓国と戦争するほどではないにせよ、かなり難しいものがあるように思います。本当に日本にとって朝鮮半島は鬼門です。

さて、今回もコメントでのご質問をお題にさせていただきます。以下のようなコメントを頂戴いたしました。
病身舞を止めない韓国人
(前略)
さて、もしよろしければご質問させてください。
単刀直入に言うと、なぜ韓国人は病身舞を止めないのでしょうか?

病や障害で苦しんでいる人を馬鹿にする、
この韓国の文化は自分にとって絶対に許せないですし、
今もとても憤慨しています。

(障害者の中には本当は健常者なのに嘘ついて
 税金を騙し取っている犯罪者が実はいたり、
 そもそも韓国人自体先天的でも後天的でも
 国際社会から見たら重大な精神疾患を患っていますが、
 話が膨大になってしまうのでこのコメント内では省略します)

悔しい話ですが、確かに介護が欠かせなかったり
珍妙な言動をして目立ちやすい障害者を嫌いになる気持ちは自分もわかります。
ですが、わざわざ障害者の真似をして馬鹿にする意味も気持ちもわかりません。
しかも日韓併合で禁止されたにも関わらず、
戦後に文化として復活させているから益々意味がわかりません。

この真っ当な人なら廃止すべき文化について何かわかりませんでしょうか?
以上、長文で失礼いたしました。
2015/10/29-12:28 | URL | 枕に~の人 #-[ Edit]

かつての日韓チャットにおいて、韓国人はしばしば私たちのことを「病身」と罵りましたが、そう言う韓国人ほど「チャットルームの無限入退室」という荒らし行為をやらかす傾向が強く、私たち日韓チャット常連日本人がその行為を「病身舞」と呼んでいたことは過去記事をご覧の方ならよくご存知のことと思います。

ですから今回の「なぜ韓国人は病身舞を止めないのでしょうか?」という問いを当初は、「何故彼らは無駄で愚かな示威的行動をやめないのでしょうか?」という意味かと思いましたw

本来の「病身舞」とは、韓国に伝わる民間伝統芸能の踊りとされております。

日本語で「病身」と言うと読んで字の如く「病の身」であり、普通に「現在病気(療養)中」という意味で用いられるのが一般的だと思いますが、朝鮮語において「病身」と言えばただに「病の身」という意味ではなく、「目に見え、且つ決して治癒しない疾病や障害を持つ身」という意味であり、完全に差別用語として確立しております。前述したとおり日韓チャットでも私たちに向かって「病身」と罵る韓国人は全く珍しくありませんでした。

韓国人の意識においては、心身ともに健康な人でなければ人ではないとされます。「人ではない」というのは「ウリではない」とほぼ同義になります。この「ウリ」ではない「病身」の身振りを真似て踊り、観客がそれを見てゲラゲラ笑うというのが、韓国の民間伝統芸能「病身舞」です。

今回は、韓国人が本来の意味の「病身舞」を伝統芸能として維持したがるのは何故かというお尋ねですが、それは韓国人の「笑い」の感覚に由来するものではないかと私は考えております。

日本の「笑い」は、少なくとも狂言や落語などの伝統芸能においてはかなり洗練されたものになっております。

そこにあるのは、基本的には「平等」の感覚です。愚かな人も賢い人も、偉い人もそうでない人も、大人も子供も男も女も等しく「笑い」の対象になります。話の展開次第では笑われていた者と笑っていた者の立場がくるりと逆転することもしばしばです。誰もが等しく笑い笑われる立場であるというのが、日本の「笑い」の基本的な感覚でしょう。

対する韓国ですが、基本的に韓国における「笑い」の基本は、「蔑み笑い」もしくは「嘲り笑い」です。誰かを蔑み嘲ることが、彼らにとっての愉悦なのです。

例えば、韓国のバラエティと思しき番組で、ある韓国芸能人が「悪いことをする時は日本人と言う」と述べた動画はかなり有名ですが、この時会場は爆笑しております。それは「悪いことをする時は日本人と言う」と述べた韓国芸能人に対する笑いではなく、「日本人」が「悪い」ということに対する「笑い」なのは明確です(事実、こう言った韓国芸能人は満面のドヤ顔ですからw)。

つまり日本人とは韓国人にとって議論無用の「絶対悪」であり、それを蔑み嘲ることは、韓国では十分笑いになり得るということなのです。同様の例は韓国言論に掲載される風刺漫画などでも極めて頻繁に見られます。

病身舞も同様で、韓国人にとって「病身」とは「ウリ」とは明らかに異なる劣った(≒悪い)存在であり、蔑み嘲って当然の対象です。

例えば先月31日はハロウィンでした。ハロウィンでは怪物や妖怪、妖精、ゾンビに扮した人々が街に繰り出していたそうですが、それを「怪物や妖怪、妖精、ゾンビに対する差別表現だ」と言って憤慨する人はいません。

韓国人にとって「病身」とはそういう存在なのです。「病身」は「ウリ」には含まれない「異形」であり「存在しない存在」なのです。その「ウリ」とは異なる者の様子を再現して見せて笑い転げるのは、ハロウィンの仮装と同様、彼らにとっては何の不思議も疑問もない娯楽なのです。それが故に韓国人は「病身舞」を維持しようとするのではないかと、私は考えます。

また韓国人にとっての「病身」とは、「好き」「嫌い」に分類すべき対象ですらありません。「障害者を嫌いになる気持ち」というのは、ある意味自分と障害者を対等に見ているから生じるものであって、韓国人にとっては障害者が自分と対等という考えは微塵もありません。

私たちはパラリンピックで障害者が文字通り健常者に勝るとも劣らない姿を見て普通に感動します。障害を乗り越えて結果につなげた努力を素直に賞賛出来ます。しかし韓国人にとってパラリンピックとは「ウリ」ではない者が「ウリ」より活躍し注目されるという、受け入れられない現実なのです。

韓国人がパラリンピックに否定的と言うか強い拒否感を持っているのは、彼らが障害者を忌み嫌っているからと言うよりは、彼らが身体障害者を自分(=ウリ)と対等だと思っておらず、そう思うことを不当な差別とも思っていないからです。

彼らにとって「ウリではない存在」を蔑み嘲ることが、彼らの「笑い」の基本ということを理解すれば、彼らがパラリンピックに拒否感を持っていることも、「病身舞」をやめないことも、容易にご理解いただけるのではないかと思います。

この「笑い」に関する感覚が日韓では大きく異なることも、日本と韓国が基本的な価値観を一切全く共有していない証左だと、私などは強く思う次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
ページトップ