管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三日に一度の韓国忘却対策

3月も下旬に入り、ずいぶん春めいて参りました。我が家の周辺では、桜のつぼみがちらほらとほころび始めております。そう言えば春の風物詩、ソメイヨシノ韓国起源説ですが、今年は何となく下火な気がします。韓国では経済が極めて逼迫しており(多分、非常事態に近い状態)桜どころではないのでしょう。

そもそも韓国人は、花が咲けばそれを見て浮かれることは確かにありますが、その花が何の花かとか、その花に寄せて何かを思うということはまずありません。韓国人に何の花が好きかと聞けば、10人に9人ぐらいまでが「バラ」と答えますが、それは彼らにとって「花」と言われてイメージするのが「バラ」であるというだけの話で、彼らが「バラ」に特別な思い入れを持っているということではないのです。

ソメイヨシノにしても、日本人が愛で、日本中に植えたために韓国人が欲するようになっただけで、彼らにソメイヨシノと、それ以外の桜の区別は付きません。韓国にも春を告げる花はあるのですから、それを愛でれば良いのにと思うのですが、どうしても彼らは他人の持ってる玩具が欲しいようです。

さて、そんなこんなで最近すっかり存在感のない韓国です。日本における嫌韓気運も、何となくですがじわりと下火になってきたように感じます。

ですが日本の嫌韓気運が下火になったからと言って、日本人の韓国に対する嫌悪感が薄れたわけではないでしょう。単純に「韓国に飽きた」だけのことだと思います。

李明博前韓国大統領のお陰で盛り上がった日本の嫌韓気運ですが、ひと通りネタが出尽くすと、同じパターンの繰り返しなわけです。最初の内は驚くようなことでも、毎度毎度同じパターンでは飽きるなという方が酷というものでしょう。

しかも韓国ネタというのは、何故かどうしても嫌悪感を伴うものが少なくありません。別に反日ネタというわけでもないのに、何故か常にそこはかとない不快感を帯びているのが、韓国ネタです。

それは、韓国をあまり知らなかった時にはそれほど気にならなかったことかもしれません。何となく感じてはいても、韓国を知らなければ、その不快感はもしかすると自分が持つ韓国に対する偏見から来るものではないかと無意識に思って、自ら意図的に不快感を認識しないようにすることもあるでしょう。

韓国を知れば、そういうそこはかとない不快感に対しても、合理的な理由があることに気付いてしまいます。最初の内は、それは発見ですから、驚きや不快と同時に、面白いとも思うでしょう。「次はきっとこうなる」と予想したことがその通りになれば、最初の内は自分の予想が当たったことに一種の快感を覚えるものです。

しかし毎度毎度「次はこうなる」と予想し、それが当たるようになると、その快感は続きません。それが競馬や宝くじのように、当たれば嬉しいことであっても、毎度毎度予想通りになれば、「もう当たるのはわかりきってるんだから、いちいち予想させんなよ」と思うようになるでしょう。

ましてや韓国ネタは、当たれば不快になることの方が多いのです。日本の嫌韓気運の高まりが、2012年8月の李明博前韓国大統領の竹島上陸からとすれば、既に3年半余り。いつも同じパターンの韓国に飽きが来ない方が不思議というものでしょう。

ですがこれまで何度も申し上げてきた通り、実はここからが正念場です。日本人はこれまで韓国に飽きると、すぐに韓国を忘れてしまいました。あるいは、忘れてはいないけど見る気もしなくなって、韓国の情報から離れていきます。

そうすると困ったことに大変に清々しいのです。いや、清々しいのは喜ぶべきことです。ただ、この清々しさが、韓国に対する積極的無関心に拍車をかけてしまうのです。

韓国に無関心になった人は、やがて韓国を忘れ去ります。現実問題として、韓国など意識しなくても日常生活には何の支障もありませんし、覚えていれば不快ですが、忘れてしまえば爽快なのです。

かつてネットがなかった時代の日本では、そうやって韓国を何度も忘却しては新発見(※再発見に非ず)してきました。しかし今ではネットがありますから、「新発見」してからでもネットでちょちょいと検索すれば、それが決して「新」ではない発見であることもすぐにわかります。

それでも、韓国を忘れてはいけないと私は自分自身に言い聞かせております。何故なら、韓国人を相手にする時は初動がかなり重要だからです。

コメントでも「韓国人は何故あれほどまでにしつこいのか」というご質問を頂戴しておりますが、彼らは自分の欲求を通そうとする時は、何度断られてもめげません。

特に最初にやんわりとした拒絶をすると、「脈あり」と判断して本当に執拗に要求してきます。彼らが無茶な要求をしてきた時は、それにカウンターを食らわすぐらいのタイミングで拒絶しなければ後が大変になるのですが、韓国を忘れてしまうと、そういうことまで忘れてしまう恐れが極めて大きいのです。

韓国に対する警戒心を常に維持しておくには、韓国を知り且つ記憶しておかねばなりません。「韓国にビックリしてからネットで検索して納得、それから対策」では間にも拍子にも合わないのです。

だからと言って自力で常に韓国のことばかりを念頭に置いておくのも、精神的な負担が大き過ぎます。

そういう意味で、三日に一度くらいの間隔でまったり弊ブログを覗き見るのが、一番お手軽な韓国忘却対策かなと、弊ブログのアピールを兼ねて申し上げておきたいと思います。


最近参加者が少なくて寂しいので
ここにも月見チャットの入り口を載せることにしました。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

韓国人の涜神行為/カラスの神様

私は怪談・妖怪変化の話が好きでありまして、最近購入した文庫本《叫怪/神沼三平太・著》の中の「カラスの神様」というユニークな題がついた一章は、なるほどこういうところにも韓国人が出現し、悪さをするのかと感心しました。
話は郷土史を研究する学生サークルの中に紛れ込んだ韓国人留学生がしでかす涜神行為の話です。この留学生は「あの神社の御神体はこわい神様だから一般人が社殿の中に入ると良くないことが起きる」と注意されていたにもかかわらず、禁を犯し、ご神体と供え物である砂金を盗み出した。結局、それがばれて、留学生は厳重注意されるのだが、留学生は逆切れして怒鳴り出した。いわく「日本人は過去にいろいろな文化財を祖国から盗み出した。自分は日本が過去に行った悪行への仕返しをしているのだから自分は間違っていない。自分は絶対あの神社に仕返しをしてやる。韓国は呪いに関しては日本よりも歴史が古く、その力も強大であるから、その呪いであの神社を廃れさせ、それを祭っている集落に災いをもたらしてえやる」と。
韓国人留学生は親元に連絡し、懇意にしている呪術師に依頼し、それが済むと「あの神社と集落を丸ごと呪ってくれるよう頼んだぞ。あの神社はもうおしまいだ。お前ら日本人が悪いんだ。お前らの故郷はもうすぐ滅ぶ。俺を侮辱した罰だ」とわめいて、笑った。
この怪談の結末は、神社にも集落にも何も起きなかったが、海を越えた韓国では、カラスの群れが留学生の両親と呪術師襲いかかって交通事故死させた。これを聞いた韓国人留学生は「日本の辺鄙な田舎で祀られている神様のくせに」と逆切れした。その留学生も数日後、カラスに群がられる中、バイク事故で死んだ。
私がこのお怪談に興味を持つのは、真偽定かならぬ某神社の祟りではなく、韓国人の言動ならびに行状であります。思うに朝鮮半島の人間は北であれ南であれ、「恐れ、敬う」という敬虔の気持ちが希薄らしい。だから、勝手にカソリックの司祭を私称する事件があとを絶たないのでしょうね。

2016/03/25-10:12 | URL | ダッファー #-[ Edit]

彼らはしつこいというか執念深い割に忘却癖があるのか世代が変わってるのか理解し難いところがありますね
個人的に気になってるのは、時系列を理解しない点です
以前にfetiaさんの記事でもありましたが、彼の国は時系列を理解しません
時系列を無視した論説が韓国系ニュースで沢山ありますので傍証は十分でしょう
あれは本当に時系列を理解していないのでしょうか
それとも論理的に時系列を明示すれば理解した上で、韓国への愛がないのかと自己の中心で叫ぶのでしょうか
不思議でなりません

2016/03/26-01:15 | URL | nonbe #-[ Edit]

そうなのです!忘れそうなのです・・・
最近じゃ北の刈り上げ君が贅沢な火遊びをして半島に注目されている程度で、
「あら!?そういや韓国なにしてんだ???」と二の次に思い出す程度なのです。
北も南も基本的に変わらない朝鮮人だということを肝に銘じなければなりません。
火遊びをしなくなるとほんとに半島には何もないですから。

そういえば現在地球上で単位同一民族で宗教問題もなく国家が分断しているのって朝鮮半島だけではないでしょうか?

あんな状態で南よりも北の方が国民の幸福度が高いそうな・・・
本来の彼らのあるべき姿なのかもしれませんね・・・。

2016/03/26-02:09 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

韓国にだ注視すると目が腐る

私は、時事ネタ、世界のニュース、日本のニュース、などいろんなネタの中に韓国ネタがあるよ、くらいの感覚で見ているので、そんなに苦痛はありません。
韓国ネタを生業?としてる人は大変かもですね・・・

ブームで嫌韓してるような人は忘れちゃいがちかもしれませんね。
信念に基づいて嫌韓してる人は一生忘れないと思います。
ただ、油断はあると思いますので、常に足元ご注意ですね。

2016/03/26-14:57 | URL | Mr.G #Sts9A5QI[ Edit]

最近の韓国ネタで楽しみなのは、軍事兵器のポンコツぶりですかね。弾を通す防弾ベストとかね。偽物の性能証明書や偽物がこんなにバレでもって防衛大臣や大統領の首が飛ばない事が不思議です。
いまは、セウォル号の引き揚げ作業で、楽しませてくれるのが待ち遠しいです。

2016/03/26-19:31 | URL | 名無し #-[ Edit]

変造500ウォン

忘れられているといえば、最近の嫌韓にも関わらず全く話題に上らないのですが、個人的に記憶に残っているのが、500ウォンの通貨変造事件です。
90年代の話だったと思いますが、当時日本国内に居た人は、少なからず影響を受けた事件です。しかし、もしかするとこの件、日本側に非があったと思っている人も多いのではないでしょうか。なにしろ日本の対応は、500円硬貨を変更し、自販機を全面改修するというものでしたから。そして、日本が韓国に厳重抗議したのか不明ですが、少なくとも報道された記憶がありません。傍から見れば、日本の対応は被害者の対応では無く、全責任があった側の対応、と受け取られるでしょう。

通常このような場合は、後から作った方に責任があると思うのですが、当時その事に言及するニュースは、知る限り皆無で、非常に不満というか疑問に思ったものでした。日本が後に作った場合には、その責任を追及する報道が有ると思っていたのですが、それも無し。私自身はそういう理由で、多分韓国側が後、と睨んでいたのですが、ではなぜ、それを指摘する報道が全く無いのかについては、皆目見当がつきませんでした。

当時、韓国は未知の国でしたし、日本側やマスコミの対応も謎で、全く釈然としないまま事件は終息し、世間から忘れられました。ネットの普及していない時代ですから、個人で調べようとしても限界があり、そこまでする情熱もありませんでした。貨幣の鋳造開始年程度は判明したでしょうが…。

その後ネット時代になり、最近嫌韓になって、積年の疑問が氷解しました。と同時に、当時から既に、様々な事がおかしかったのだ、という事も。ちなみにネットで調べた所、鋳造(流通?)開始は500円が1982年で、500ウォンが1988年だそうです。しかし、この件について記憶している人も、そもそも日本が被害者だったと認識していなければ、嫌韓には結び付かないのでしょう。それには、当時の日本の対応や、報道等に疑問を抱いていなければ始まりません。ネットが普及した今なら、疑問を持つ事も調べる事も容易ですから、こんな事も起こらないと思いたいですが。

あと、これもある意味日本人的と言えるのかもしれませんが、原因を徹底的に追及して、根本的な解決を図る、という事を回避する風潮があるようです。原因を究明すると、誰に責任があるか明らかになってしまうから、かもしれません。しかし根本的な解決を避けていれば、何度も同じ事が繰り返されてしまうのも道理で、実際に、その後変造ではないが100ウォンでも詐欺事件が起こったり…。そもそも隣国とそっくりな通貨を後から作る国、って、どう考えてもおかしいですよね。それが反日教育をしていたと知れば、尚更です。

大人の対応、と言えば聞こえは良いですが、この時の日本の対応に代表されるまずいやり方、根本的な解決を避ける姿勢が、現在の状況を招いている、と言えないでしょうか。全てを水に流すのも結構ですが、忘れるのみでは反省も改善も有りえません。役満、と言うか、テンプレと言うか、色々な物が全て揃っているお手本の様なこの事件、ただ忘れてしまうのももったいない気がします。

本来日本人は、禊が済んだものはあっさり水に流す、だけだと思うのですが。

2016/04/02-15:43 | URL | 私の家来ちゃいますか #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。