管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げ(られ)ない日本人、逃げ(られ)る韓国人

とあるサイトで、「初期人類の基本的な生き方は「嫌なことがあったら逃げる」だった。」という仮説を読みました。「嫌なこと」というのは、宿題をするのが嫌だとか試験勉強をするのが嫌だとか部屋の片付けが嫌だとか対人関係が嫌だとかそういうことではなく、基本的には「生活や生存が脅かされるようなこと」という意味です。

私が読んだ仮説では、「嫌なこと」の条件を気温で考えていました。人間に限らず、ほとんど全ての哺乳類は自分の体温以上の環境を好みません。人類がなんとか生活出来る上限温度は、体温よりもせいぜい10度高い程度までです。体温より20度も高いところに人類は住めません。体温プラス30度の世界では、人類は生活どころか生存さえ不可能です。

逆に体温よりも低い分には、人類はかなりの耐久性を持ちます。体温マイナス10度なら人類はとても快適に生活していけますし、体温マイナス20度でも問題は全くと言って良いほどありません。体温マイナス30度でも十分生活出来るのは、北国にお住まいの方なら何を当たり前のことを鼻で嗤うでしょう。体温マイナス40度を下回る地域にも、人類は生活圏を広げています。

まだ人類の数が少なかった頃、人類は基本的に定住ではなく遊動していました。生活していた場所が気候変化で高温になり不快を感じるようになれば、人々はさっさとそこを捨てて別の快適な場所を探して移り住んだでしょう。私の読んだ仮説では、「不快」の条件を気温で考えていましたが、天変地異や戦乱、環境の変化による食糧難なども当然移動の理由になったでしょう。

そう考えた時、何故日本人は日本に留まり続けたのだろうかという疑問が湧きました。

日本は全体としては温帯に属することになっていますが、一年における気温の変化は激しく、夏は亜熱帯に、冬は亜寒帯に匹敵する気温になる地域も珍しくありません。また天変地異が多いのは世界有数です。

初期人類の基本が「嫌なことがあったら逃げる」であれば、日本に移り住んできた人々も当然日本から逃げ出していたはずです。

ここで別の記事を思い出しました。昆虫学者の五箇公一博士へのインタビュー記事です。

この記事でも「かつて日本人の祖先が渡って来たとき、山も川も険しく、住める平野も少なく、台風や地震や火山など天変地異も絶えないこの小さな島国で生き抜くことは、相当に過酷だったと予想されます」と述べられているように、やはりかつての日本は、人類にとって環境的に「嫌なところ」であったと考えるのが妥当です。「嫌なことがあったら逃げる」のが人類の基本であれば、そんな過酷な環境の日本に、何故日本人は住み着いたのでしょう。その答えを、前述の記事で博士はこう考えます。「生き残るためには自然に従うしかなかったのではないか」と。

もちろん、日本人はただ自然という脅威に為す術もなく従うばかりではありませんでした。自然に対して譲歩はしますが、自分たちに都合の良いように自然を利用もしていました。そうして日本人は里山という、自然に逆らわずその力を利用する循環型環境を作り上げたのです。

これが日本人の生き方の基本になっているのではないでしょうか。自分たちと対立する力に真正面から争い抵抗するのではなく、その力を受け流し、和らげ、利用する。争わねばならなくなれば全力で争うが、その前にどうすれば争いを避けられるかを考えるのです。

それは、かつての日本人が「もうここ(日本)から先に逃げるところはない」と悟ったからでしょう。

それまでであれば、「嫌なことがあれば逃げ」れば良かったのです。そうやって逃げてきた人々が辿り着いたのが日本だったのです。しかしここ(日本)から先に逃げるところは、もうありません。だからと言って、かつて嫌だからと言って逃げたところに戻る気にもなりません。ならば嫌でもここ(日本)で生きてゆくことに腹を決めるしかないのです。

もちろん、それでも日本の環境を「嫌だ」と思った人々はいたでしょう。そういう人々は更に日本の先へと逃げたかもしれません。逃げてきたところへ舞い戻ったかもしれません。そういう人たちがどこへ辿り着きどうなったかは、私にはわかりません。ハワイやアメリカ大陸、あるいはその他の地域に移り住んだのかもしれませんが、その人たちは日本人ではないので今回の考察とは無関係です。

そうやって日本に残った人々は、しばしば自然の脅威に苛まれ傷めつけられながらも、自然と対話し、和解しようとしました。それが日本人という民族の遺伝子に刻み込まれているのではないでしょうか。脅威に対し逃げるのではなく争うのでもなく、どうすればその脅威を和らげることが出来るかを考える。対話が可能であれば、話し合いを持ちかけようとする。日本の神道には、まさにその精神が現れています。

対する韓国人ですが、彼らは相変わらず「嫌なことがあったら逃げる」の段階で留まっているようです。動物としての人類の本能に極めて忠実と言えます。かつての彼らには逃げられる場所が幾らでもありましたし、今も幾らでもあると思っているからでしょう。現実問題としては、かつて人類の数が少なく人類の生息可能な空白地域が幾らでもあった時代と異なり、逃げ行く先など最早人類が生存不可能な地域ぐらいしか空いてないのですが、韓国人はそういうところではなく、別の民族が既にインフラを完成させて快適に住んでいるところを狙って移住しようとするから迷惑千万極まりありません。

そんな彼らであっても、日本に来ると何故か嫌なことがある(と主張する)のに、日本に何世代も留まるようになるから不思議です。今の御時世、丸木舟で太平洋に漕ぎ出さねばならないわけというわけでもないのですから、幾らでも日本から逃げることは可能でしょうに。

ただ彼らの場合、自分たちが脅威と考える相手には対話よりもまず闇雲な抵抗と闘争で臨むので、やはり日本人とは根本的に違うということはよくわかります。

日本人の立場から見れば脅威は彼らの方なのですが、日本人の習性として「脅威に対しまずは争いを避け、対話を試み」ようとしてしまうのが困ったもので、それが彼らをなおさらつけあがらせてしまっております。

私たちの祖先が残した「脅威に対しまずは争いを避け、対話を試みる」という知恵は、対話が可能な相手にのみ有効なことです。加えて「対話が通用しない時は争いも辞さない」「争う時は全力で争う」という覚悟を以て臨むことであると、私たち日本人は今一度確認するべきだと強く強く思う次第です。


月見チャットは初心者さん大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

非常に啓発的なお題と説明、感謝です。厳しい自然から逃げない日本人の体質、性格は縄文時代以来のものでしょう。近年の人類学の研究成果では、日本人は他のアジア人にはほとんどみられない、独特の遺伝子dnaをもっているようです。それも、前述の性格と関連しているかもしれませんね。そういうきよらかな血脈はたいせつにすべきだと思います。

汚れなき 大和撫子 凛として
花町 蘭

2016/07/14-21:16 | URL | はなまち らんらん #-[ Edit]

誠に素晴らしい解説をいつも有難うございます。連中は正しく動物そのものですね。とにかく生き残れ、奪ってでも生き残れ。退く事はそれ即ち死。一応多少は言葉の様なものを使うクセに家畜や獣と何ら変わりがない。某人気シリーズもののマンガの第4部の主人公曰く、こちらを殺ろうとしてるという事は逆に自分が殺られる事も覚悟してる、て事だよな?ー連中にその構えがあるかどうか知りたいですが恐らくないでしょうね、常に官軍思考みたいなので。でも勝てば官軍なのに負けても官軍でいようとする精神面は不屈の様です。とっくに見捨てられているというのに…

2016/07/14-22:07 | URL | 試し腹幾重 #-[ Edit]

先日は私の大味な質問にも丁寧にお答えくださり誠にありがとうございました。
まだ日本人が本来の日本人らしさを強く保っていただろうかつての時代に思いを馳せる良い機会になりました。
考えてみれば私達のイメージするかつての日本人というのは日教組の教育やはだしのゲンなどの洗脳を自覚的無自覚的に受けていたりするので、改めて想像してみると福沢諭吉のような人が堂々と脱亜論のような主張をしていたりして、「だめなものはだめだ」と堂々と言える日本人がいたのですよね。

今の日本人は「脅威に対しまずは争いを避け、対話を試みる」ことはちゃんと残していても、その前提条件とも言える「争う時は全力で争う」は忘れがちなんですよね。
自然災害だって、争いを避けてばかりではそのうち滅びるのに、ましてや朝鮮人との争いを避けてばかりいたら食い物にされて蹂躙されるだけですね。
しかも自然災害にはまだ恩恵があったりしますが、朝鮮人は関われば関わるほど損を被るという極め付けの性質もありますし。

朝鮮人に匹敵する自然的災害ってなんでしょう。
ブラックホールでしょうか。一番の対策は近寄らない事。近づいたら取り込まれるという意味でも。

2016/07/14-22:18 | URL | アキ #KvZ6xpZM[ Edit]

 まぁ、昔は天災が来れば言い訳をしようが何しようが「結果」として表れてたから、妥協できる部分は幾ら妥協しても、一線超えなきゃおおめに見れた(逆に一線を越えさせない為に妥協をしたとも言える)

 私は悪くないもんって言った所で地震も台風も手加減はしてくれませんからね。


 国際的には口先三寸で逃げたらOKってのが基本だけど、日本はそう言う訳にはいかないからねぇ

 かの国の場合は単に「逃げる」では無くて、「他人が犠牲になるようにして逃げる」ってのが民族的宿阿なのかと思う今日この頃…地下鉄放火事件とフェリー沈没事件を見て「何で態々被害が増えるようにしてから逃げる」のか?とね♪

2016/07/16-16:51 | URL | モホゥ使い #-[ Edit]

そうですかねえ

五箇公一先生は、大変博学な先生と存じ上げますが、「ファーブル昆虫記」はどうなんでしょうね。
日本では「虫愛づる姫君」なんてのがありますが、あとはあんまり聞かないんですけど。
山には栗、柿、アケビなど豊富です。堅実文化(稲作文化に対するものです)は山で作られるんです。
縄文時代は、西日本より東日本の方が人口を養う点で大きな容量があったと言われています。
山だから住み難いということはないと思いますが。
縄文人は、鮭の遡上する川伝いに大陸を南下したとも考えられると思います。
また、大和は海洋国家(瀬戸内海国家)であったとも言えると思います。

2016/07/16-17:29 | URL | 縄文人 #wM6nolEE[ Edit]

モホゥ使い様のコメントを拝読して確かにそうだと思った。連中は単に逃げる事はしないで大抵他を巻き込んでヒドイ目に遭わせて逃げる。これは災害を利用して他を潰して生き残るという異伝子と腐った教育の成せる技なのだろう。これ何の生き物だ?確かゴキはピンチになるとヘルプ信号を出して仲間を呼び寄せると聞いた事があるがブリの亜種なのか連中は(今更)!

2016/07/16-18:15 | URL | 試し腹幾重 #-[ Edit]

ご質問です

記事の内容とは異なるのですが、ふと思った疑問があります。

私が思うなんかこの人合わないな、あまり好きじゃないな、嫌いだな、という人の共通的な特徴として、「朝鮮人のような真似をする奴」というものがあります。(この表現自体はここで後付で得たものですが)

その人々の共通特長として最近思うのは、なんか「妙にケチくさい」というものを感じました。
「妙にケチくさい」というのは、一言では難しいのですが、変なとこでケチなやつです。
例えば、私の知っているところでは
・タイヤが磨り減ってきて危ない(実際雨の日軽いブレーキで横滑りするくらい)のに、買い換えようとしない
・古くて使えないものに執着する
・壊れまくるものを買い換えずにひたすら修理して使おうとする(結果、高くついてる)
・LED電球買ったら高いと怒る(寿命と電気代考えたらトータル安いよ、といっても聞かない)
・居酒屋で複数人で宴会してるときに、やたら注文する料理の値段を気にする(馬刺し、確かに高いけど食べたいんだよ・・・・まぁ料理の値段にもよるけど)
すいません、例がわかりづらいですね・・・
特に気になるのは、LEDのような話で、ケチなくせになぜかお得な方に文句を言うという、こういったなんだか「妙なケチくさい」のです。

で、質問は何かというと、
「fetiaさんが思う朝鮮人的な特徴として、「妙にケチくさい」と思うところはありますか?」
というものです。
まぁこれ、割と雑なあてずっぽうというか推論というか、なんかふっと感じた程度のことなので、たいした質問でもないのですが。
なんとなーく感じたんだけど、どうなんだろう、程度のお話でございます。

長い割にはわかりづらい質問で恐縮です。
もし気が向いたら、使ってみてください。

2016/07/18-13:22 | URL | Mr.G #Sts9A5QI[ Edit]

地理的には不可能でも、心理的には離れられる

残念ながら、神様の悪戯なのか、地理的に韓国人とは離れる事は出来ません。こればかりはどうしようもないだろうと思います。

ただし、心理的に彼らと「関係断絶」する事は可能だろうと思います。

対韓依存ではなく、対韓疎遠にすればいいのです。

日本としては、韓国は「地政学的理由」以外の関与はしない方が良いだろうと思います。

また、その際でも韓国とは「友好関係」を持たない事が大切です。

一度友好関係を持てば、ストーカーのように付き纏われ、ありとあらゆる手段で日本から奪えるものを奪い、捨てようとするでしょう。

そうならない為にも、韓国を犬のように扱うか、何か逆らってきたら、恫喝するかで、「こちら(日本)の方が上だ」と知らしめなければなりません。

とにかく、日本人が一番苦手とするタイプの相手である事には間違いないでしょう。

支那の韓国に対する対応は、一見冷酷にも見えますが、韓国人の隷属の精神構造を理解しているからこその、適切な行為なのだろうと思いますね。

2016/07/19-23:52 | URL | 西 #-[ Edit]

異民族の文化を乗っ取る特亜人

日本人が、大規模な災害や紛争が起きても、日本列島から離れないのは、自らの故郷を「先祖から受け継いだ尊いもの」だと感じているからなのでしょう。

逆に、韓国人や支那人には、自らの「故郷」というものがない。生まれた土地ですら、「先祖から受け継いだもの」だと思っておらず、いつでもどこでも、地球上のあらゆる自分が住みたい場所に住むことだけが、彼らの人生の指標となっているのだろうと思いますね。

そして、それは往々にして既に異民族が築き上げた「インフラ」だとか「社会福祉」に乗っかる形で住み着き始めます。

それで、彼らは相手の「インフラ」や「福祉」、「文化」、「財産」などは、全て奪い取っていいもの、支配して良いもの、自分達の好きにしていいものだと思っている為、相手の文化や財産を破壊する事を厭わず、確実に異民族との間で紛争が発生する事になります。

日本人が、こうした彼らの「寄生」と「乗っ取り」の習性を知らずに、どんどん移民という形で受け入れれば、確実に日本社会は、悪い方向に改変されて終わりますから、絶対に受け入れるべきでは無いですね。

2016/07/20-00:02 | URL | 西 #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。