管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国伝統茶?

昨日、日韓チャットで韓国茶の話になりました。

韓国には、伝統茶なるものがあるとかいう触れ込みを時々見かけます。韓国のパッケージツアーの表紙に、漢字で「伝統茶」と書いた茶店の写真が載ってるのも見たことがあります。その写真をよく見ると、それらしい茶の名前が漢字で書かれていましたが、その中にハングルで「コーヒー」と書いてあるのを見つけてしまって、思いっきり脱力しました。

韓国茶でいちばん有名なのは、おそらく柚子茶でしょう。柚子のスライスを蜂蜜に漬け込んで、それを湯に溶いて飲むものです。私の家の近所のスーパーでは、柚子茶に「韓国では、色の付いた飲み物を茶と呼んでいます」という説明書きがついていて、その明解さがツボにはまり、笑いを押し殺すのに苦労しました。

韓国では生水は飲めませんので、食堂などで提供される「お冷や」は、たいてい麦茶(トウモロコシ茶という説もあり)です。また、韓国伝統茶の紹介ではあまり見かけませんが、御飯を炊いた後の鍋にこびりついたお焦げを湯に溶いて飲む「スンニュン」も、韓国では茶にカテゴライズしているそうです。

しかし茶というものは基本的に「茶の木」の葉を加工したもので、それ以外のものは厳密には「茶外の茶」と呼ばれます。そして今挙げた韓国の「伝統茶」は、ことごとく「茶外の茶」です。

茶は中国で発達し、朝鮮半島へは高麗時代に佛教とともに伝来しました。しかし李氏朝鮮時代に入ると、崇儒廃佛によって佛教寺院は打ち壊され、僧侶は賎民の身分に落とされ、寺に付随していた茶園もすべて荒廃してしまい、朝鮮では一時ほぼ完全に茶文化が根絶させられています。

その後、韓国には1980年代に日本から茶の木が移植されました。ですから、「韓国伝統茶」というものは、1.茶ではないものを「茶」と言っている、2.「茶」の場合は、まだわずかな歴史しかないものを「伝統茶」と言っているという2点で、茶を知るものからすれば鼻で笑うしかないものです。

前述したスーパーでの説明書きのように、「韓国では色の着いた飲み物を茶と慣例的に呼んでおり、日本の茶とは別物である」というのであれば、まだ大目に見る余地はあります。

しかし韓国では、さらに韓国伝統茶道などというものを捏造しております。この「韓国伝統茶道」という代物、完全に日本茶道の劣化コピー以外の何物でもありません。にも関わらず「日本茶道の起源は韓国」などと言い出し始めるに至っては、憤りを通り越して呆れ果てるばかりです。

韓国と韓国人によるこういった浅ましい真似は、別に茶道に限ったことではありません。剣道然り柔道然り、サブカルチャーではありますが漫画もそうです。そう言えば桜も、韓国人によると韓国が起源でしたね。

先日、韓国で捨てられ海外養子に出された子供が成長して、トリノ冬季五輪でメダルを取った途端に、彼の親を名乗る韓国人が大量に現れたというニュースを見ましたが、「自分が捨てた物が他人によって磨かれて高い評価を得たら、途端にそれを自分の物と主張する」という点で、韓国による日本の伝統文化収奪と相通じるところがあると思います。




banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

fetiaさん、はじめまして。
コメントさせていただくのははじめてですが、こちらのブログは随分前から
拝見させていただいております。勉強になることしきりで毎回楽しみにしています。
今回のエントリーを読んでいて、懐かしいエピソードを思い出しました。
以前、とある知り合いの外国人(アメリカ人2人、韓国人1人)と会話をしていた時に、二十四節季の話になりました。冬至、夏至などから細かく説明していくと、アメリカ人がとても感銘をうけたらしく、とても感性が豊かで美しい!とこちらがこそばゆくなるほど褒められました(二十四節季の由来は中国なんですけどね)。んで、アメリカ人が褒めだした途端、それは韓国が起源ではないか、似たような考え方があるぞ!と始まったんですねw
まあ会話の途中から想像はついたので(笑)、私はちょっと意地悪をして、二十四節季が生まれた訳を詳しく話さずに、歌や絵をたしなむ芸術家の季節の感性のほうへわざとらしく話をもっていくと、韓国人も知ったかで、当然である!わが国の韓国人芸術家の感性の賜物ニダ!とw
話しているうちに可哀想になってきたので、結局は由来を説明したのですが(二十四節季は中国の農業…種まきの時期を把握するための季節のくぎりです)、その時の韓国人のうらめしそうな顔が印象的でした。
やはりなんと言っても文化収奪、起源提唱がいちばん腹が立ちますね。
多くの日本人の嫌韓…最大の原因はこれなんだろうと私は思っています。

2006/03/15-13:14 | URL | 紅 #/02qLiNA[ Edit]

『さどう』では無く『ちゃどう』

京都の観光地で、そんな説明を受けました。
外国人に発音しにくいのみならず、
漢字を読めない若い人が増えたから、
呼び方を変えることになったと。
そんな馬鹿なと思いましたけど、
呆れて黙ってしまいました。

2006/03/15-13:25 | URL | K #1jhbtX.k[ Edit]

TVタックルでやってましたが、とうとう
「人類の起源は北朝鮮人」とかまで言っちゃってるミンジョクですからねえ。

もう、すべての起源はチョーセンでいいよw

2006/03/15-16:26 | URL | アキレタ #-[ Edit]

茶道に関連してこんなアホな本が出ているそうです。

利休の草庵茶室「待庵(たいあん)」について、
「構造が朝鮮家屋を意識して造られ、しかも、利休の茶碗を焼いたのも朝鮮出身の長次郎だった」
「床の間の一輪ざしに生けられた花は朝鮮の花・わび助であった。」
http://www.worldtimes.co.jp/syohyou/bk030908-1.html

「千利休は朝鮮人だった」という説が韓国で支持されているという話は聞いたことがありますが、茶室の構造から長次郎、わび助まで朝鮮由来としてしまうとは・・・。

2006/03/15-23:22 | URL | lolo #-[ Edit]

陸羽と利休と相九(?)

『韓国茶道』は、30年程前に鄭相九(釜山女子大理事・韓国茶道協会理事)が文芸復興の時流の一環として創作(古典アレンジ?)したものだそうですが、仏教が(つまり半島的に茶が)盛んであった高麗時代を彷彿させる印象のものではないようです。
崇儒廃佛の朝鮮王朝時代でも茶は一応命脈を保っており、明王朝使節を接待する為の『団茶法』(鍋等で茶葉を煮る方法)による儀礼も行われていましたが、茶道の持て成し(亭主と客)とは本質的に異なるものである事は論を待ちません。

文芸復興(伝統文化発展)と位置付けるのならば、(『道』等の)和風な印象混同を避け、茶芸(中国飲茶)の方向に目を向けた方が、立て膝や器を持ち上げないといった礼儀の伝統にも適うのではないか等と私的に感じたりしました。

お茶菓子にどのようなものを用いているのか、とても興味があります。
和風な干菓子or生菓子とは異なる物であるのならば、一度頂いてみたいものです。

2006/03/16-22:35 | URL | tomorow #WzzJX4NY[ Edit]

コメントありがとうございます<(_"_)>

>紅様
はじめまして、コメントありがとうございます。
そして、面白いエピソードありがとうございますw
日本にあるもので、外国人に認められたものは何でもウリナラ起源ってのは、連中の
性癖なんですかねえ。
せめてきちんと起源を理解した上で、ウリナラにも同じようなものがあるが、日本とは
どういう点で違うとか、ちゃんと説明出来りゃあ、恥も掻かずに済んだでしょうに。
それで日本人からも嫌われたら世話ぁないですね。

>K様
コメントありがとうございます。
「ちゃどう」?国語の漢字のテストでそんな答え書いたら、確実にバツ貰いますよ。
何考えてんでしょうねえ?外国人向けには、ちゃんとTea Ceremonyって言い換えが
あるじゃないですか。変なの。

>アキレタ様
コメントありがとうございます。
「黒い山葡萄原人」ですよね。某巨大掲示板ハン板では、ずいぶん前から言われて
いましたが、最近やっとマスコミにも浸透したようですね。
某巨大掲示板は、マスコミよりもニュース精度が高くて早いので、最近私はテレビを
まったくと言って良いほど見ていませんw
「嘘を嘘と見抜く能力が無ければ」という箴言は、ネットだけじゃなくてマスコミにも適用
される言葉ですね。

>lolo様
コメントありがとうございます。
朝鮮家屋を意識して作ったってぇと、あれですな。茶室に中庭が付いてんですかね?
棟をロの字型に巡らせて、中庭を造り採光するのが朝鮮家屋の特徴なんですよね。
朝鮮で焼かれた茶碗が、日本の数寄者に珍重されたのは事実ですが・・・。
日常に使われる雑器の、美を意識しないヘビーデューティさの中に、用の美を見出した
のが日本の数寄者の洗練された審美眼ですね。私には理解の域外ですがw
侘び助椿が朝鮮由来とは初めて聞きました。ホンマかいな。

>tomorow様
ああ、利休ってもしかしたら「陸羽」から取ったのかなって今初めて気づきました。
団茶っつーと、茶葉を搗いて丸めて団子状態にして、煎じる際に削って使う茶のこと
なんすけど、それは茶の生産を行っていない地方の茶なんですよね。葉っぱで運ぶと
嵩が張るので、搗き固めて団子にして運ぶんですよね。確かモンゴルなんかも、団茶
ですね。
台湾茶藝は、日本茶道と連携して、様式を確立させようと模索している最中です。
その姿勢は実に謙虚で真摯ですので、日本人としても協力を惜しまずという気持ちに
させられますが、朝鮮人の場合は「ウリが起源なのに、チョッパリが盗んだニダ」って
態度だから、ムカつくんですよね。

韓国茶道に茶菓子ってのがあるとしたら、多分薬菓を使ってると勝手に想像します。

2006/03/18-20:46 | URL | fetia(管理人) #mQop/nM.[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。