管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省は敗者の屈辱

韓国人と話をしていると、時に言いがかりとしか思えないような難癖をつけられることがあります。それに対して冷静に対応すると、次第に落ち着いてきて、こちらの話を聞くようになる韓国人も、まったくいないわけではないのは、以前のログでもご覧に入れたとおりです。

問題は、そこでこちらの意見を受け入れ、素直に反省できるかどうかでして、もしそこに、ふたり以上の韓国人がいれば、彼らは決して自らの非を認めることはしません。

それは、彼らが「反省は、敗者の屈辱」と考えてるからではないかと、最近思うようになりました。

日本人の場合、何か失敗したり迷惑を掛けたりした人でも、反省していると分かればそれ以上追い詰めるようなことは、あまりしません。しかし支那・朝鮮では、過去の歴史において、敗者は勝者によって徹底的に辱められるのが常でした。

その為、彼らは勝つためならどんなことでも平気でします。卑怯だろうが、反則だろうが、八百長だろうが、それらは勝つためなら当然の努力とさえ彼らは考えています。敗者は生き地獄に落とされるのが彼らの常識で、だから彼らは、勝てば嬉々として敗者を生き地獄に叩き落します。それが勝者の権利だからです。

そのせいでしょうか、チャットでもそうですし、実際のスポーツ大会などを見ていても、彼らの勝利に対する執着は凄まじいものがあります。

勝利に執着するのは結構なのですが、勝ち負けは戦の常です。百戦不敗なのは北の将軍様だけです。勝ったときは素直に勝利を喜んでいても良いと思いますし、負けたら負けた原因を自己分析し、反省し、次に活かせば良いと思うのですが、韓国人に「負けたとき」の発想はありません。

自らの負けを決して認めない彼らは、彼らの主観においては常に勝者です。だから彼らは、敗者の屈辱たる【反省】などは、間違ってもしません。反省とは、実質的勝者の彼らに相対する、実質的敗者である対戦相手がするものなのです。

「反省だけなら猿でも出来る」という言葉がありますが、「反省すら出来ない朝鮮人」は果たして何なのでしょう。




banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

その考えだと朝鮮人は「反省すら出来ない」では無く「反省など許されない」と思っているのでしょうね。
白刃の上を歩く様な生き方に思えます。

2006/03/26-03:26 | URL | きつね #mQop/nM.[ Edit]

最近「ヒトモドキ」という言葉もそれほど酷いと思わなくなりました…

2006/03/26-03:44 | URL | hana #GHYvW2h6[ Edit]

このブログの内容にある日韓チャットとはどこにあるのでしょうか?
できればリアルタイムで見てみたいのですが・・・
どなたか教えていただけないでしょうか。

2006/03/26-04:22 | URL | すがりん #-[ Edit]

↑ここのブログをスミからスミまで読もうぜ。
ヒントはゴロゴロころがってる。
ブログ主の意向に同意するので、あえて書きません。

2006/03/26-06:32 | URL | nimvas #-[ Edit]

毎回楽しく拝見させていただいてます。

管理人さん、季節の変わり目ですので健康に気お付けて無理せず

更新してください。 寝不足は身体に毒ですよ~。

2006/03/26-12:44 | URL | じいさん #-[ Edit]

すがりんさん 検索すればわかりますよ
私少しさまよいましたが

2006/03/26-22:51 | URL | 大吉 #-[ Edit]

>>「反省だけなら猿でも出来る」という言葉がありますが、「反省すら出来ない朝鮮人」は果たして何なのでしょう。

ここで思い切り吹いてしまいました。

2006/03/26-23:02 | URL | みこと #ltx9sLAE[ Edit]

はじめまして、いつも楽しく拝見させてもらってます。

ただいまエンジョイコリアの掲示板で、msdfという名で彼らに挑んでおります。
少しでも、自分なりに「不思議な隣人」を解明したいと思い、とりあえず世界野球における彼らの「恥ずかしい優勝」発言をネタにスレを立てました。現在のところの反応は議論のすり替え、まずまず同意、唯の煽り、となっておりさすがに全否定は今のとこ皆無です。
このブログにもあるように、特にインターネット上の情報などを基にすれば、彼らは存在すら否定されるに足る(いい過ぎ?)言動しかみえてこないので、「肉ばっか」くってるような、「ひょっとして偏りすぎ」なのではという思いがあり、日々本やネットを漁っております。

お忙しい中、毎日ブログ更新されて、はっきりいって尊敬しております。これからもお体に障りませぬよう、ほどほどにがんばってくださいませ。

2006/03/27-04:17 | URL | 落太郎 #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。