管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Never Ending Story

先日日韓チャットで常連日本人から「お前のブログは筆者の所感なんかより、チャットログの方が面白い」と言われて少々凹んでいますが、気を取り直して所感行きます。って言うか、公開に耐え得るログなんてそうそう毎日採取出来るものじゃありませんし。

昨日一昨日のチャットログは、ご覧のとおり一年半ほど前のもので、ネタ探しにマイドキュメントをほっくり返してたら出てきたものです。他にも面白いのが幾つかありますので、また後日公開いたしますが、あのログほどきれいにオチがついた例は他にありません。

「イランシバルセキ」とは代表的な朝鮮罵倒語です。今でもたまにありますが、あの頃は異常なほど多数の知らない韓国人が、メッセージによる侮蔑罵倒を送ってきました。過去に論争から罵倒合戦になった相手が送ってくる罵倒メッセージなら理解しないでもないのですが、全然知らない、もちろん一度も話したことがない韓国人が、それはそれはしつこく罵倒のメッセージを送ってくるのです。

それを「知らない外国人に罵倒語のメッセージを送るとはなにごとだ!」と怒っても効果が無いのは経験則でわかっていました。しかし黙って罵られっぱなしも面白くないので、いっそこれを逆手にとってやろうと考えたのです。

狙いは図に当たりました。チャットのログの通り韓国人たちは慌てふためきます。罵った相手が怒ったり困ったりするのなら彼らの期待通りなのですが、罵った相手が、その罵倒語を挨拶と無邪気に勘違いして関係ない人に使い始めるというのは、彼らには想定外のことだったようです。これでは「罵り言葉を教えた韓国人が悪い」という、彼らにとってもっとも望むべからざる事態になります。

彼らには「善良で親切で情が厚い韓国人」でありたいという強い願いがあります。彼らにとって「強い願い」とは即ち「実際にその通りであるべきこと」であり、それはやがて「その通りでなければならないこと」に変化しそして「その通りに違いないこと」に発展します。ただし発展するのは彼らの脳内だけのことで、実際は「強い願い」のまま何らの進歩も成長もありません。

自らの行動や言動でその「強い願い」が破壊されることは、彼らにとっては絶対にあってはならないことです。もし万が一そんな事態になったとしたらそれは・・・。

日本人のせいに違いない。


と彼らは考えます。

そして彼らは再び日本人を罵るのです。








banner_03

もうすぐカテゴリランキング25位圏内に定着出来そうです。皆様の善意のクリックお願いします。

コメント

日本人のせい

 韓国併合の時に朝鮮人を絶滅させなかったことが最大の失敗だったと思います。

2012/07/24-12:12 | URL | ミオド #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。