管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近な危険には不感症

昨日、イギリス発アメリカ行き航空機テロを未然に防いだというニュースが世界を駆け巡りました。

平和依存産業に従事する人間として、テロという行為は、直接我が身に被害が及ぶ及ばないにかかわらず、大変迷惑な問題です。なぜなら日本人はこういう話に非常に過敏でして、すぐ「海外旅行に行く予定だが、テロは大丈夫か」などと問い合わせてきます。こういう問い合わせを受けるたびに、「私はテロリストじゃないのでわかりません」と答えたい衝動をぐっとこらえています。

「大丈夫か」と聞かれるだけならまだマシで、「テロが危ないから旅行を取り止めたい。でも取消料は払いたくない」などという輩が少なくなくて、毎々対応に苦慮します。

「旅行を取り止められるなら、取消料が必要です」と言うと、「じゃあもし旅行先でテロに遭ったら、お前責任取れるのか!」と逆切れされることもしばしばだからです。取消料払うくらいならテロに遭うリスクを選ぶが、そのリスクの責任は旅行業者が取れという理屈です。筋も理屈も通りませんが、本当にこんなことを言う人は珍しくないのです。

テロを未然に防ぎ、さらにその対策に速やかに全力を注ぐ国や方面に行くのが危ないのであれば、テロを未然に防ぐことも出来ず、その対策も遅々として進まない日本に住んでいることを、その人は日本人としてどう考えているのだろうと暗鬱な気分になります。って言うか、多分そんなこと全然考えてないんだろうとしか思えません。

つい先日の北朝鮮ミサイル発射も明確な日本に対するテロ行為ですし、北朝鮮による拉致問題も実際に起こり被害者も出、そして未だ解決していないテロです。韓国も日本に武装強盗団を送り込んできています。って言うか、韓国はテロリスト国家北朝鮮を陰に日向に支援するテロリスト支援国家です。

現在日本はVisit Japan Campaignを国策として展開しておりますが、そのキャンペーンに乗ってやってくる連中の大半が、このテロリスト支援国家からやってきています。

もし欧米人がテロに関する日本の実態を知ったら、日本を訪れたいと考える欧米方面からの外国人の数は、きっと激減するでしょう。何をするかわからないテロリスト国家と一衣帯水に位置し、彼らから見れば、外見では日本人と見分けのつかないテロリスト支援国家の連中が大挙して訪れているのが、Visit Japan Campaignを行っている国なのです。

もっと身近でもっとリアルな危険に気を使ってから、そういう遠いおぼろな危険にも気を配るというのであればわかるのですが、日本人は「危険」という現象に対しては、きわめて遠視的なようです。 



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

3日前にシナから帰国した人の話によると、シナではその時点ですでに、航空機へのペットボトル(つまり液体爆弾?)の持ち込み禁止が徹底されていたそうです。日本の航空会社の対応はどうだったのでしょう。ちゃんとテロ情報が伝わっていたのでしょうか。

2006/08/12-07:51 | URL | 神無月 #-[ Edit]

もう20年以上も前のことですが、私の友人は新婚旅行でテロに遭遇、ついに日本人が被害にと騒がれました。
ですが本人に聞いた実際の状況とメディアで報道された内容はかなり食い違っていて、なぜ真実を伝えてもっと注意を促さないのかと話したものです。
行く前にも旅行会社から、現地(乗り継ぎ空港)の状況など全く知らされず、テロの後で大使館員から聞いて驚いたそう。
目的地は安全でも通過する国が安全とは限りません。

2006/08/12-10:00 | URL | maru #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。