管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特亞崩壊レースガイド

マンガ「そして中国の崩壊が始まる」を読みました。

絵柄は嫌韓流作者より上手いんじゃないでしょうか。きっと「日本人の描写が良過ぎる」とか言う奴出てくるんだろうなあと思いました。作品の中心的な主張を意図的に無視して、枝葉の部分で無理やり揚げ足を取っては「この作品には事実と異なる部分がある」と騒ぎたて、作品全体が欺瞞に満ちたものであるかのごとく印象操作するというパターンの攻撃はめずらしくありません。

そう言えば最近このブログ月見櫓でもありましたね。「嘘をつくな」という台詞を殊更に強調して、まるでこのブログ全体が嘘であるかのごとく印象操作しようとした方、いらっしゃいましたw

その御仁、こちらへの投稿は串を通してなさっていらっしゃいますが、その発言パターンには少々心当たりがあります。誰とは指摘いたしませんが、他人のブログに茶々入れる暇があるなら、ご自身のなさるべきことをなさってからにされた方がよろしいのではないかなと老婆心ながら進言いたします。

閑話休題。

マンガ「そして中国の崩壊が始まる」ですが、内容的には案外あっさりしたものでした。初心者向けなのでしょう。

私は特亞関連で、中国については原則として意図的に言及を避けております。以前も記事に書いたことがありますが、あの国はでかすぎて捕らえどころがないからです。たとえば、日本で言えば東京と大阪は違いますが、それでも中国の北京と上海ほどは違いません。韓国で言えばソウルと釜山の違いが、中国の西安と雲南ほど違うとも思えません。もっと言えば、韓国と北朝鮮でさえも、大連と新疆ほどには違いますまい。

こういう巨大な国について私が語れば、盲人が象を評するよりももっととりとめのないものになりかねないと思い、言及を控えております。

しかし今回読んだ「そして中国の崩壊が始まる」は、中国を支配する中国共産党に焦点を合わせて描かれており、この点は中国初学者にとって非常にわかりやすかったと思います。もっとも私が一番興味を引かれた点は、中国でも中国共産党でもなく、作中にある中国の歴史や思想、そして現状とこれからの問題点でした。

何故興味を引かれたかと言うと、これらが実に見事に韓国や北朝鮮のものと相似していたからです。正しくは韓国や北朝鮮が中国に相似していると言うべきでしょうか。もちろんそれらの規模は、言うまでもなく韓国や北朝鮮の方がはるかに小さいのですが、そのため専門知識や情報をそれほど多く持たない私のような一般人には、取り扱いが手頃で咀嚼しやすいものだと思います。

しかし、いつも縮小サイズのモデルを注視してばかりいては問題の全体像を見失いかねません。そういう意味で、マンガ「そして中国の崩壊が始まる」は、朝鮮に関する問題の全体像を改めて俯瞰するには実に良い本だったと思います。そして何よりも、特亞三国崩壊レースのガイドブックとして、嫌韓流よりもわかりやすい本ではないかと思います。


そして中国の崩壊が始まる
そして中国の崩壊が始まる
波多野 秀行、井沢 元彦 他
2006年08月 飛鳥新社刊
この商品の詳細を見る


banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

中国分析も取り混ぜてホシス

2006/08/26-16:45 | URL | 代吉 #-[ Edit]

この本は私も読みました。入門書としてはよいかと思います。ただ中国の一般人の感覚についての言及がないので、そこが物足りなかったです。崩壊後はどうなるでしょう? 現在よりもっとタチの悪い反日政権ができる可能性は高いと思います。中国(や朝鮮半島)では悪人は永久に悪人であり、決して許されることはありません。かつての日中戦争がそうであるように特定の軍閥が一般人の支持を得るために反日を叫ぶことは十分あり得ます。支持を得るために「核で日本を滅ぼせ!」と主張し、実行に移すこともあるでしょう。私はそれを恐れています。

2006/08/26-17:24 | URL | 剛 #-[ Edit]

韓国と韓国人は観察する分には呆れるほど面白いけど,中国は手ごわいですよね。中共について思うところはあるけど、なにせ多民族で広すぎてわけがわかりません。これから観察も韓国<中国にシフトしなければと思う今日この頃。依存症、、さんやらんさんのところでぼちぼち勉強しています。韓国って在日が国内でする事以外最近は興味を失ってきました。

韓国人は反日サンプル探しに困らないんですが、なぜか周りにいる中国人や台湾人も、真っ当すぎて参考になりません。民族主義でも中華思想も見つけられません。TVで笑わせてくれるような反日中国人がいません。ちなみに欧米など他国に永住権をとった人が多いからかもしれません。一番親しい中国人は台湾で仕事してますが、台湾は日本の統治の頃教育を受けたおじいさん、おばあさんは良いけど,若者はダメとか言ってます。

2006/08/26-22:09 | URL | nana #qwKvtbg.[ Edit]

こんばんわ。いつも楽しく拝見しています。
確かに中国関係の本を読むと、中国人の振る舞いや考え方に韓国人と共通するものがあるのがわかって興味深いですよね。
もちろん中国は全く違う国なのですが。小中華思想という言葉の意味が分かる気がします。あと剛さんの、崩壊後はもっとタチの悪い反日的な政権が出るかもという意見も新鮮でした。中国の歴史を知ると、どうしても中国共産党への批判を強く持ってしまいますが、その後どうなるかは未知数ですよね。

2006/08/27-00:42 | URL | おれんじ #-[ Edit]

支那人と食人文化

朝鮮人は比較的、思想も行動も誰もが似通っていてわかり易いですが、支那人はそういう意味で多様でわかり難いですよね。

台湾の人は本土の支那人とはまた違うんですよね。ただ、一部の人を除いてはやっぱり考え方が支那人だというか、日本人に近いようでそうじゃないような...やっぱり台湾人なんですよね。

支那人は朝鮮人と比べると無駄が少ないというか、合理的というか全体的に人付き合いが上手ですよね。ただ、うまいからと言って本当にいい人だとは限らない...とか何を言いいたいのか自分でもよくわからなくなってしまいますが、それだけ掴み所がないのが支那人なんですよね。

本で読んだことの受け売りですが、支那人を理解する上では歴史的な書物に記されてない事柄こそが重要なんだそうです。これは裏返すと、書物にされているような支那人の崇高な思想などは支那人の本質を理解する上では邪魔にさえなるということなんだそうです。
朝鮮人は犬を食べますが、支那人は人を食べます。このあたりが支那人を理解する上で重要な鍵のような気がします。

基本的には、朝鮮人同様に例の法則が発動すると思っていますので、出来る限り関わらないようにしているのですが、国単位では将来的に避け続けるわけにもいかないので、韓国を監視するように支那も監視しなければならないでしょう。

2006/08/27-00:43 | URL | kawasemi #PRg/x83.[ Edit]

再コメント

前のコメントに補足する内容です。
http://tanakanews.com/g0307china.htm
上記ブログを運営している田中宇さんの分析は私から見ると蓋然性が
かなり高いと思われるのでこの場で載せさせていただきます。
(時折外れもあるようですが、私など予測外ればかりなのではるかにマシ)

2006/08/27-01:22 | URL | 剛 #-[ Edit]

え!シナ人は人を食べるって…

絶句…。

2006/08/29-00:23 | URL | おれんじ #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。