管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹島プロジェクト2007 始動

今年もやります「竹島プロジェクト」。もちろんブログ月見櫓も賛同いたします。

しかしながら、私は竹島問題については、以前苦し紛れに取り上げたことはありますが、いまだに苦手科目のひとつではあります。ぶっちゃけこんなのは専門家に任せときゃいーじゃんってのが偽らざる本音です。

既に竹島問題に関しての私の関心は、竹島を日韓いずれの領有と定めるのが正当なのかという点にはありません。竹島問題に関して、日韓が正しく話し合いの場を持つか持たざるか、あるいは持ち得るか持ち得ないかという点にあります。現在のように場外乱闘や小田原評定を繰り返している間は、解決の望みなどあろうはずがありません。

韓国側においては、竹島問題については国民的コンセンサスが既に確立しております。即ち、「日本がどんなに言い張っても竹島は韓国領土」という見解が、言葉を覚えたばかりの幼児に至るまで浸透しております。正確には「浸透させて」おります。

韓国でも、ごく一部の有識者などは、国際法に照らせば竹島が日本領土であることは認めざるを得ないということを知っているようですが、それこそ「一部の者を見て全体を判断するな」です。それに韓国で「国際法に照らせば竹島が日本領土であることは認めざるを得ない」ということを迂闊に発言した日には、地位や身体ばかりではなく、生命さえも脅かされかねないのが韓国という国です。ですから結局韓国国民全体として「竹島は韓国領土」という意識で統一されていることになります。

翻って日本側では、最近ようやく竹島と言えば愛知県のホテル竹島ではなく、韓国が武力占拠している島根県に属する日本海内の小さな島のことであるという意識がわずかに生まれつつあるレベルです。

現在のところ多くの日本人にとって竹島問題とは「ああ、例の韓国と領有権で揉めてる島でしょ」程度で終わってしまう問題であることは事実だと思います。この問題に関して、まったくの無関心も困るのですが、多少関心があったとしても「あんな島韓国にくれてやりゃいいじゃん」「日韓共有にすれば?」「いっそ爆破しちゃえ」などと放言する輩が少なくありません。

酷いのになると仮にも日本人でありながら「実際に占有しているのは韓国なんだから、韓国の領土なんじゃないの?」なんて口走る馬鹿、もとい不見識な御仁までいらっしゃる有様です。そう仰る御仁は、もしご自宅に誰かが武装して押しかけ占有し、「この家は私が実際に占有したから私の物だ。おまいら出てけ」とほざいても、争うことなく素直に家を明け渡すようにお願いしたいものです。そしてそんな御仁のお宅には、不肖私めが・・・いや何でもありません。

ともあれ現在、竹島問題に関する日韓両国の国民的コンセンサスに関しては、明らかに韓国に分があります。これを少しでも改善していくために、「竹島プロジェクト」という活動は大変意義あるものだと思います。

そもそも、竹島問題にしても日本海呼称問題にしても、彼らの本当の目的は竹島の領有や日本海の呼称ではありません。彼ら的には、日本や日本人が嫌がることであれば、それが何であっても嬉しいのです。

一昨日からの日韓チャットは、韓国人による大ハッキング祭り開催中です。日本人なら誰彼の見境無く落とされます。私にはそれに対抗するスキルは皆無です。韓国人からの攻撃に対し、抗う術もなく撃ち落される以外にありません。私たち丸腰穏健倭人たちは、落とされてはログインし直してまた部屋を作り、また落とされてはログインし直すという作業を強いられます。

しかし、そうやって倭人を落とすことが彼らに何らかのメリットをもたらすということは一切ありません。むしろそういう無駄な負荷をサイトのサーバーに掛ければ、それでなくとも貧弱なサーバーは更に処理能力を奪われ、サイトは無駄に重くなります。結果として日本人のみならずチャットを楽しみたい他の韓国人にも大迷惑な行為なだけなのです。

日本人を攻撃する韓国人にはそんなことは問題ではありません。「自らの行為によって日本人が弱ったり困ったりする」という状況は、彼らにとって至上の喜びだからです。それが自らの行為に由来するとなれば、彼らの快楽は比類なきものになります。

自己の労力と時間と、そして他人への迷惑を顧みず、日本人に嫌がらせを続けるのが彼らの至上の悦楽というのがわかっている私たちでも、「こいつらこれの何が楽しいのかなあ」と不思議でしようがありません。

結局のところ、竹島問題もこれと同じことなのです。彼らとしては、竹島問題で日本が騒いだり弱ったり困ったりすることが嬉しくて楽しくて仕方ないのであって、純粋に竹島そのものが欲しいわけではありません。

有り得ない仮定ではありますが、もし日本が「わかった、竹島はくれてやる。持ってけ泥棒」などと彼らに言ったとします。そうすれば韓国は満足するでしょうか。断言しても良いですが、彼らがそれで満足することなど決してありません。次は迷わず壱岐対馬、更に九州沖縄にまでその触手を伸ばすでしょう。もしそれさえくれてやったとしても、彼らは決して満足しません。即座に本州四国北海道を求めるに決まっています。

これが筆者の誇大被害妄想でないことは、彼らの決め言葉である「竹島が日本のものなら東京は韓国のものだ」という台詞に表れていると思います。日本人で「北方領土がロシアのものなら、モスクワは日本のものだ」などと言う人がいるでしょうか。「中国が尖閣諸島の領有権を主張するなら、日本は北京の領有権を主張する」などと言う人がいるでしょうか。

彼らの目的は、竹島では決してないのです。彼らにとって竹島は日本にまとわりつき嫌がらせをし続ける口実です。この問題の解決は、即ち彼らの悦楽の消滅となります。だから彼らは決して国際司法裁判所に出てこないでしょう。

要するに現在、日本は彼らの自慰の、いわゆる「オカズ」にされている状態です。そして今は「オカズ」程度で済んでいますが、やがてこれがエスカレートすればどうなるかは、彼らの「国技」からも容易に想像がつくと思います。

日本が彼らの「オカズ」や「国技」の餌食にならないためにはどうすれば良いでしょうか。日韓チャットでもそうなのですが、彼らの暴力には、こちらも力で対抗するしかありません。つまり、私たちが彼らの「オカズ」あるいは「国技」の餌食にならないためには、彼らがこちらの言うことを聞く気になるまで殴るか、あるいは私たちに近寄る気を失うまで殴るかのどちらかしかないのです。

暴力は私も欲するところではありません。しかし、人語が通じない相手と接する以上、言語で問題が解決される望みはありません。「話せばわかる」は、人語を理解する相手にのみ通じる言葉です。

私は乗馬をしていたことがあるのですが、馬に乗る時は人間が一方的に決めた一定のルールに従って馬に命令を下します。もちろん口頭では通じません。馬に跨る位置、体重移動、手綱やハミ、鞭や脚、拍車を使って馬に人間の命令を伝えます。もし馬が故意に人間の命令に背けば、懲罰的にぐーで殴ることも皆無ではありません。

馬に乗らない人から見れば、これは馬に対する暴力に見えるかもしれません。しかし馬が人間の命令に従わなくなればどうなるでしょうか。人間の命令に従わない馬の将来は、肉です。肉にするのが馬への愛情か、それともわずかな痛い目と引き換えに人間と共存していくことを教えるのが馬に対する愛情かと聞かれれば、私はためらうことなく後者を支持するでしょう。

私はほとんどの朝鮮人に対して、馬に注ぐ愛情の億分の一も持ち合わせておりませんが、朝鮮人は馬と違って肉にすら出来ないのです。こんなケダモノを御する為には、彼らの凶暴性を上回る力や道具をこちらが持つ必要があります。

しかし日本では、ケダモノを力や道具で御すれば、すぐにそれを「動物虐待!!」と騒ぎ立てる頭の悪い輩が少なからず存在します。そういう輩には、何故一見暴力に見える力の行使をしなければならないかを説明し、一定の理解を得る必要があります。そうしなければその輩どもはケダモノを保護し甘やかし暴走させるでしょう。そうなれば、ケダモノだけが不幸になるのではなく、人間も不幸になるのです。

竹島問題とは、人の皮を被ってはいるが中身は人語の通じない(犬や猫や馬程度には人語を理解しても、犬や猫や馬程度にしか人間界で行なわれているルールを言語で理解することができない)生き物との攻防であり、そして竹島プロジェクトという活動は、それを日本人に周知徹底する為の第一歩ではないかなと、私は考えていたりします。



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

犬のジョンを思い出す。

数年前…いや、もう10年前か。
兄嫁さんが、どこかの家の犬を譲り受けた。ペット不可のマンションへ引越すため飼えなくなったという。
ハスキーとシェパードのハーフで、既に3歳で、とんでもない超大馬鹿犬だった。激しい無駄吠えはする、えさの「待った」が出来ないなどなど。
無駄吠えするたびに私は懸命に静かにしろと躾けたが、聞かないのでしまいには拳骨でぶん殴ったりした。何度も何度も。しかしティンゴみたいに頑丈な犬で、逆に遊ばれていると思われる始末。棒でガツンと殴ろうかと思った。
3年間我慢したが、病身の父もいるので、最後には兄の英断で、その犬がもらわれたという動物愛護私設へ返すことになった。

犬だから出来たことで、しかもうるさく吠えるというはっきりした実害もあったから(近所大迷惑だった)棒で殴るという暴力に出ることも可能だったが、
かの国に対してはそうも行かないのが最大の問題であろうね。
唯一出来る解決方法はやはり軍隊を持つことだと思う。日本に出だししたら容赦しない、という強い決意。

2007/01/20-15:15 | URL | あら座 #EBUSheBA[ Edit]

しばらく日をおいて、チャットに行ったらあの状況。
どなたかが「朝鮮人に核を持たせたらこうなるんだ」と仰ったとおり、いい見本になってますね。

竹島プロジェクトですか。
参加できずとも応援します。

しかし、嫌がらせが最上の楽しみなんですなぁ、朝鮮人ってw

2007/01/20-20:59 | URL | blackcat #-[ Edit]

竹島で譲歩したらとんでも無い事になる。
絶対に阻止!

2007/01/20-21:42 | URL | nana #qwKvtbg.[ Edit]

いつもはめったにクリックしない私ですが(ごめんなさい)
今回のスレッドを読んだ後、ごく自然にクリックさせていただきました。

2007/01/20-23:00 | URL | きつね #GCA3nAmE[ Edit]

朝鮮の全体主義型国民洗脳による竹島への執着というか認識と比べれば確かに日本人のそれは全体的にはまだまだですね。 洗脳ではなく認識としてです。
しかもまだまだ「『なぜ』実力行使してまでも朝鮮人を黙らさなければいけないのか」を理解できない日本人が多すぎます。

竹島問題はいわゆる「日韓問題」である以前に、日本がやり残した戦後処理のひとつ・領土問題に属する大変重要かつ意義のあるものです。 これを解決できるかできないかはかなりの死活問題と言っても過言ではないと思います。
たとえば「日本は広いし、竹島くらいくれてやればええ」という考えが通ってしまえば今後予想される日本含め世界の領土問題に対処する術というか、正しい国際関係を築くうえでの国際的な良識を破棄することになります。 簡単に言えば、日本は他国にゴネられるのは嫌だから相手の好きなようになんでも明け渡してしまう「カモ」、というような国に見られる事だってあるということです。 事実特亜やロシアは武力を背後にもたない日本をナメきって堂々と領土侵食をあらゆる手段で行っています。

竹島問題は(無知な)日本人が見落としている問題を浮き彫りにしてくれているような気がします。

2007/01/20-23:40 | URL | Uno #-[ Edit]

ちなみに Uno(ぼくの犬)は朝鮮人より頭いいです。 ちゃんと人間と共存できてます。 ヒトの皮を被っているくせにヒトと共存できないあの生き物は本来ならば自然淘汰されるべきだったのでしょう(日帝のせいニダ!)。

 

2007/01/20-23:49 | URL | Uno #-[ Edit]

事態は悪化しているように思えます。

 最近開かれた日韓漁業交渉。非は韓国側にあるのに、日本はまたまた譲歩してしまいましたね。
 さらに、特許庁が「竹島物語」の商標を認めないとのニュース。その理由が韓国が怒るから。・・・絶句。
 

2007/01/21-06:43 | URL | 伊達邦彦 #dsYOAnUA[ Edit]

朝鮮に迎合する事勿れ。日の本に仇なす敵を攻めよかし・・・。

2007/01/21-09:31 | URL | 384-2 #-[ Edit]

 結局1番の問題はコトなかれ主義と、相手におもねることを「友好」だと勘違いしている人が多すぎること、でしょうね。
なんでも頭を下げときゃそれで済む、なんて、バカもいいところですよ。

 それにしても、まったく知れば知るほどイヤになります>韓国。
何よりイヤなのは、彼らのこういう粘着質で、病的な二枚舌で、支離滅裂で、そのくせ「その自信はどこから来るんだーーー!?」と言いたくなる尊大さ、です。ああ、書いてて憂鬱になってきた・・・・・・・。
 私は時々日本に居るのがイヤになるんです。それは、日本がイヤなのではなく、隣にああいう国やこういう国があるから・・・・・。彼らの居ない所に行きたいです。

 ああ、すみません、後ろ向きで。
ところで、個人的に「彼ら的には、日本や日本人が嫌がることであれば、それが何であっても嬉しいのです」という文章に惚れました。あの人達にぴったりの言葉かも。

 でも、韓国人って、それが日本人に限らず、やたら「他人の不幸を喜ぶ」ところ、ありませんか? 「他人の不幸は蜜の味」体質がDNAレベルであるような気が私はしましたねー。

2007/01/21-21:39 | URL | ポチ #-[ Edit]

はじめまして・・・・いやぁ わかり易いですね・・・私の周りに1名、韓国のご婦人がおりますが、嫌味というか無神経と言うか・・自慢話は多いですが、心を打つ話は無いですね。。。。 

2007/01/21-23:48 | URL | たー坊 #-[ Edit]

他人の不幸は蜜の味>>まさに韓国の、他人の家の火事を見たがらない君子はいない、ですな(笑)

2007/01/23-12:19 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

竹島は韓国の領土である これはきまってんだろうな

■竹島(独島)略奪にいたる経過
 1904年2月10日、日本はロシアに宣戦布告し、朝鮮・中国東北(満州)支配をめぐっての帝国主義戦争(日露戦争)が始まった。
 日本軍は仁川に上陸し、首都・韓城(ソウル)を武力制圧。ソウルを戒厳令下において、同月27日には、日本は「軍事上必要の地点を臨機応変に収容する」『日韓議定書』を締結させた。5月には日本政府は、韓国を日本の「保護国」にする『対韓施設要綱』を閣議決定。8月22日「第一次日韓協約」を脅
迫して結ばせ、財政・外交権を奪った。
 一方、戦局は6月になると、日本海(朝鮮東海)でのロシア・ウラジオストック艦隊の反撃で、日本艦船が次々に撃沈されていた。このため、ロシア艦船の監視・通信施設の確保が急務となった。すでに、竹辺湾・蔚山・巨文島・斉州島など、朝鮮半島20ヶ所に望楼が建設され、海底電線によって結ばれてい
た。そして鬱陵島にも7月、ロシア海軍監視用の望楼が完成。さらに、竹島=独島にも望楼の建設が計画され、この年の11月日本政府は、軍艦対馬を竹島=独島に調査派遣し「望楼建設が可能」と確認した。

 翌1905年1月、明治政府は、竹島=独島(当時、フランスの捕鯨船が名付けた「リアンクール島」とも呼ばれていた)を日本領土とすることを閣議決定し、「竹島」と命名した。しかし、朝鮮国との協議もされるわけでもなく「官報」の告示もなかった。島根県はこれを受け「県告示40号」(2月22日)を出し「竹島」を隠岐島司の管轄とした。同年8月竹島望楼建設完成。かくして朝鮮本土(竹辺湾)から鬱陵島、竹島=独島を経て島根県松江に至る一連の軍事通信施設・監視施設の体系が出来上がったのである。

 そして、この年の11月17日(日露戦争終結の2ヶ月後)、日本は軍隊で脅迫した上で「第二次日韓協約」(日韓保護条約=乙巳条約)を強制し、内政もとりしきる「統監府」(初代統監・伊藤博文)を設置し、朝
鮮植民地支配を開始したのである。
 このように、竹島=独島は、日本政府にとって日本海(朝鮮東海)における、軍事的な利用対象にほかならず、それは同時に朝鮮の植民地経営と密接不可分なものであった。

2007/02/13-18:49 | URL | 賀瀬英明 #yl2HcnkM[ Edit]

↑植民地www

毒虫脳内にのみ存在する楽園だなw

2015/01/28-03:43 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。