管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞭か、さもなくば断交を。

今冬、中国で行われた冬季アジア大会で、また韓国人がくだらないことをして物議を醸してくれました。スケートのショートトラック競技で二位に入った韓国人チームが、表彰台で「白頭山は我が領土」と書いた即席のプラカードを掲げたのです。

白頭山は中国と北朝鮮の国境に跨がる山です。中国では長白山と呼んで、自国領としています。ですから、この山を北朝鮮人が自国領と言うならば「国境を接している」という微妙さで一分の理も無くはありませんが、一寸たりとも地を接していない韓国人にその領有を主張される謂れは、中国人的には毫ほどもないでしょう。

中国は、あれだけばかでかい国土を持ちながら永代貸しだったはず(九九年の租借とは、「久久年の租借」と同音で、意味的には永代貸しと同義)の香港やマカオを取り返し、チベットを侵略し、台湾に恫喝と脅迫で迫り続けているぐらい領土拡大欲が旺盛です。その中国に向かって、ああいうパフォーマンスを行なうということの意味を、韓国人は理解していません。あのパフォーマンスは、食い飽くことを知らぬ餓虎がくわえている肉に手を出したも同然の行為です。

さて、この馬鹿パフォーマンスをやっている連中の写真を見ると、当の本人たちの表情は実に誇らしげです。本当に、心の底から、一点の迷いもなく良いことをしたという自信に満ちた顔付きです。

韓国人の、あの顔付きには見覚えがあります。例えば、連中が「ドクトウリタン」と叫ぶ時の顔付きです。例えば、連中が「日本に核を撃ち込んでやりたい」と吠える時の顔付きです。そして、日帝時代に「天皇を処断する」と言って、両手に爆弾を持って記念撮影に臨んだ抗日テロリストと同じ顔付きです。

彼らのあの顔つきを見ているうちに、韓国人にこういう癖を付けてしまったのは日本ではないかという思いが頭をよぎりました。思えば心当たりがあり過ぎます。過去、日韓で何か揉め事が起きるたびに、日本は穏便に済ませようとするあまり、必要以上に彼らに譲歩し続けました。

その結果、彼らは「外交において、何か気に入らないことや獲得したいものがあれば、相手が言うことを聞くまでゴネれば良いのだ」ということを学習してしまいました。それを教えたのは、ほかならぬ日本です。

韓国のこういう態度が日本に対する時のみに限定されるのであれば、これは日本の身から出た錆、自業自得、因果応報と観念することも出来なくはありません。しかし、韓国の「幸福な利己主義者」たちは、その屈託の無さゆえに見境なく我意の矛先を日本以外の国にも向けるようになってしまいました。

東アジア情勢を少しでも知る者なら、あのパフォーマンスがどれほど中国を挑発するものなのか、そして中国を考えなしで挑発することがどれほど危険なことなのかは、容易に理解することができます。

しかし続報を見る限りでは、あのパフォーマンスをやらかした当の本人たちはもとより、彼女たちの周辺も、本国の韓国人たちも韓国政府も、その意味と危うさに気づいてる気配がありません。もちろん日韓チャットの韓国人たちも同様です。あのパフォーマンスを「よくやった」「痛快だ」と言う者はいても、この後の事態を懸念する者はいません。

韓国マスコミの中には、薄々事の重大さに気づいているような筆致の記事も見かけることもありますが、それを積極的に国民に伝えようという姿勢は、やはり微塵も見当たりません。

東アジア情勢は、現在微妙な緊張状態の中で平和のバランスを保っています。もしこのバランスが何かの弾みで失われれば、板子一枚下は地獄です。我々東アジアの住人は、いつ荒れ狂う海に身一つで投げ出されることになるか知れないという危機感が、韓国人にはありません。

韓国人に空気が読めないのはしかたありません。その能力を彼らに期待するならば、彼らの種としての進化を待たねばなりますまい。それを待てるほど人間社会は悠長ではありません。しかし、だからと言って、彼らのその習性をわざと見逃すだけでなく、助長してより増長させて国際秩序を乱す原因にしても構わないという理由もないのです。

日本と日本人は、公につけ私につけ、「彼らがゴネたら(火病ったら)譲歩する」という甘やかしを続けてきました。その結果がこのざまです。これ以上同じ愚を繰り返し、彼らをより一層増長させ、その結果彼らによって国際秩序が乱されることになれば、国際社会は日本にその責めを求めるかもしれません。

仮に責任を免れることが出来たとしても、彼らの挙動によって東アジアの平和が乱されることがあれば、火の粉は間違いなく日本と日本人の頭上にも降りかかるのです。

日本人は忘れる民族です。韓国人の残虐行為も侮辱も悪罵も中傷も、みんな忘れてしまいます。たとえ覚えていたとしても、水に流すを潔しとするので、いつまでも根に持ったり恨んだりしません。しないと言うより、出来ません。

しかし中国人は忘れない民族です。今回の事件も、中国人は決して忘れないでしょう。そして今回の事件は、一見鎮まったかのように見えても、灰に隠れた埋み火のように密かに保たれ、いつか思わぬところで炎を吹き上げるかもしれません。そうなれば、日本がその炎に焼かれずに済む保証はないのです。

過てば改むるに憚ることなかれと言います。既に遅くはありますが、遅きに失してもやらないよりはずっとましです。日本と日本人は、一刻も早く韓国に対する甘やかしを改めなければならないと、私は考えます。

英語のことわざに「Spare the whip and spoil the horse」(鞭を惜しんで馬を損なう)ということわざがあります。韓国に対する鞭を惜しんだ結果、損なわれるのが韓国だけなら構わないのですが、巡り巡って日本にその咎が降りかかる可能性は極めて高いと思います。私はそれを強く危惧します。

ですから、日本は韓国に対し、惜しむことなく鞭を振るうべきだと思います。もしそれが出来ないのであれば、日本は韓国との関係を断つべきだと思います。



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>


※お知らせ※
1月22日から2月22日までの1ヶ月間、弊ブログでは、ブログ「フィオリーナの以心伝心」の執筆者、小林少年様主催の「竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログの扉絵を竹島プロジェクト仕様にすることで、竹島は日本領土であることを改めて主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。

コメント

韓国人は日本に甘やかされたから国際的に非常識な振る舞いをするのでしょうか?
否、です。韓国人は最初から非常識です。

もしも。彼らを付け上がらせたのが日本が併合した事や独立後の沢山の援助(金や技術)であるとすれば、それは確かに日本とアメリカのせいでしょう。
韓国の国家としての未熟さの責任をもしも日本がとるとしたら・・・・
1.今後の手助けを一切やめるのが一番の早道です。が、それでは韓国は建国100年も持たずに終わってしまう事になります(別に日本には関係ないけどね)
2.もう一つの方法は再び日本に併合されることになります。が、世界はそれを許さない筈です。いや、許さないでください(笑)

日本は併合の清算は済んでいますし、韓国は独立して一つの国家を形成して(いることになって)います。
国際社会が韓国の尻拭いを日本に求めるなんて事はありません。

2007/02/08-10:13 | URL | けんけん #-[ Edit]

大変解りやすくて為になりました。
ですが、一つだけ。
>しかし中国人は忘れない民族です。
恩は即効で忘れますけどね。

2007/02/08-12:05 | URL | YS #-[ Edit]

馬鹿な韓国人

基本的に韓国人は「理解できない民族」です。動物のような、と言えば分かりやすいかもしれません。中国が韓国に対して懲罰的な行動に出る事が一番手っ取り早いですね。韓国人は強者に弱く、弱者に強い事大主義者ですから、馬鹿なことはしなくなるでしょうね。彼らは甘やかすと付け上がるので、厳しく対処した方が良いと思いますね。

2007/02/08-13:16 | URL | おいおい #-[ Edit]

選手達のあの誇らしげな顔。絶句です・・・
そして寒気がします。あの表情に彼らの心根がよく現れてて。

先日アメリカに住んでる友人が一時帰国したので、久々に会って食事などをしたのですが、彼女には現地に韓国系の友人がいるようなので、なにげに体験談などないのかしら~と話を振ってみましたところ、さもありなん・・・なエピソードを聞くことが出来ました。
正確には彼女の友人の韓国人ではなく、アメリカ人の友人が連れてきた、韓国系アメリカ人娘のことだったんですが・・・

寿司はアメリカでも人気なので、我が友人、Nちゃんといいますが、Nちゃんは人を自宅に招くときには必ず振舞うようにしているそうなのです。

その日も巻き寿司や握り寿司など和食系でもてなしたのだそうですが、その初対面の韓国系アガシが大勢の前で、のりも寿司も韓国が発祥の地なのに、日本人が手柄を横取りしてるーだの、備前や有田の美しい和食器を指して、焼き物は朝鮮が発祥なのに、日本人がまるで日本古来のもののように我が物顔をしてていて、日本人は本当に図々しい、日本人には恥というものが無いのか?と言い放ったのだそうです。

Nちゃんは心やさしい人なので、なにも反論しない上に、内心はそれは本当のことかもしれないと思ったので黙ってニコニコしてやり過ごしたのだそうです。
嗚呼!!!Nちゃんってば・・・・・・!

そういった成功体験が韓国人を増長させちゃうのでしょうね。
日本人はもともと議論を好まないし、人前で悶着を起こすのも好きじゃない。
しかも自虐史観に染まり果ててますから、好戦的で空気を読まない韓国人にやられっぱなしになっちゃうんでしょう。
こういったことが世界各地で行われているんですよ。
日本人にはどうすることも出来ませんから、彼らの自爆を待つしかないんでしょうね。
ま、中国にも喧嘩を売りつづけて欲しいものです。それこそ歴史をしらない韓国の若い世代に期待したものです。

2007/02/08-13:41 | URL | hanaco #C8pDiKk.[ Edit]

やはりこれからは日本人も変わりましょう

 日本人の美徳は悲しいことですが、国際社会では通用しないと思います。これは対韓国人に限らず。別にケンカをしろ、というわけではなく、自分の意見をキチンと伝える、という訓練は、これからは必要不可欠だと思っています。
沈黙は金ではありません。
 私は外国に暮らした経験は無いのですが、某所でいろいろな国籍の方々とお近づきになった経験があり、その時の実感なのですが、
「最後は力(しかも腕力)」
これが現実です。

 かく言う私も典型的日本人なので、論理的に意見を展開し、相手を納得させる(相手が韓国人ならやり込める)術というものを、なんとか体得したいものだ、と願っているわけなのですが、これが中々ね。
 こうしたサイトを見て、ちょっとずつ勉強させていただいてます、はい。

 蛇足ながら、私、中国人も嫌いです・・・・・・・。
(恩は即効で忘れる、に思わず拍手!)
 でも、こんなことばかり書いていると暗くなるので、私は日本人や日本の、世界の未来を信じています。信じるものは救われます!?
(すみません、変な文章で)

2007/02/08-13:55 | URL | ポチ #-[ Edit]

ttp://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84398&servcode=200§code=200

ハンナラ党の有力大統領候補の弁です。
ノ大統領が、必ずしも際立ったおかしい人ではなく、fetia様の仰るよう『韓国人はいつまでたっても韓国人』だったのだと、思った次第です。
そして、この有力大統領候補は日本の支援をあてにしている気マンマンですが、また日本がそんなことをするのなら、『日本人はいつまでたっても日本人』になってしまうでしょう。
本当に。。。日本国民にも、中国やら韓国やら北朝鮮などに、支援した「その後」を考える力が欲しいものですね。
「その後」をマスコミは報道しないのも、何やら、対岸の火事と韓国をみることはできない、恐ろしさを感じます。

2007/02/08-14:57 | URL | つき #-[ Edit]

>恩は即効で忘れますけどね。

 というよりも最初から日本の援助を「恩」などとは考えていないと思われます。彼らにしてみれば「日本に援助させてやっている」という意識なんじゃないかな。なんせかれらは世界の中心なわけですから。

2007/02/08-16:30 | URL | kurochan #3Ob1pUCc[ Edit]

昭和一桁生まれ

 私の父親は昭和一桁生まれで、昔から韓国人(彼は朝鮮人と呼んでいました)が大嫌いでした。
 20年くらい昔、久米宏の「テレビスクランブル」という番組があって、その中で、韓国人に「好きな日本人は誰か?」というアンケートをとっていました。最も多かった回答は「好きな日本人などいるわけがない」というものでした。これに対して久米宏が、韓国人がこのような感情を持つのは日本人に責任があるからだ、というような意味の発言をしました。
 それを見ていた父親が、テレビに向かって吐き捨てるように言いました。
 「お前ら朝鮮人が日本人を憎むような教育をしているからじゃねえか!」

 父親の言葉を聞いた私は、「この親父、何をバカなこと言ってるんだろう。日本人に酷い目に遭わされた韓国の人がかわいそうじゃないか」と思いました。

 今にして思えば、父親の言っていることが、正しかったことがわかります。
 戦前世代の人は真実を見抜いてますね。
 ちなみに父親は尋常高等小学校出で職人です。

 お父さん、ごめんなさい。(笑)

2007/02/08-17:18 | URL | 伊達邦彦 #dsYOAnUA[ Edit]

圧制

〉Spare the whip and spoil the horse

福沢諭吉の「圧制もまた愉快なるかな」が想起されますね。英国人は「圧制」というより、しかるべき時にしかるべき「強制力」を行使するだけなんでしょう。諭吉は屈託のない「圧制」に憧れたようですが、世界に対する圧制民族になっても仕方ない。ただ、しかるべき場面では「圧力」を以ってする「強制力」が必要ということで。

2007/02/08-17:43 | URL | worldnote #5hYG8PUI[ Edit]

冗談ではない

blog主殿の言わんとすることは判りますが、鞭を振る必要なんてありません。ヒトモドキが、が勝手に獅子の口に頭を突っ込もうが鰐の口に頭を突っ込もうが知った事ではありません。
とにかく突き放して、こちらの域内に入れないことこそ重要だと思います。
獣は檻を用意してその中に入れておき、食い合いを眺めるべきです。
下手に係わると火傷するだけです。
断交或いは明確な拒絶を主体とすべきです。
鞭を振るうのは、日本に火の粉が掛かるときだけにすべきです。

2007/02/08-18:44 | URL | F4 #3un.pJ2M[ Edit]

続々と更新され喜ばしい限りです。 お忙しい中お疲れ様です。

2chの教育版でも語られていましたが↓
【福沢諭吉 「脱亜論」】 明治18年(1885年)
<要約>

”日本の不幸は中国と朝鮮だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。  国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

東アジア共同体の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。 日本は、大陸や半島との関係を絶ち、欧米と共に進まなければならない。 ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。 この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。


特定アジアという現実を見据えて日本のこれからを考えるということは早くても1800年代の終わり頃(日韓併合以前)から行われています。 福沢諭吉氏の脱亜論もその一つです。 fetia様のご意見がいかに正常かつ的を射ているのかがお分かりになられるかと思います。 
ただ問題は、今の日本の国会や報道が反日勢力になかば固められてしまっている現状ゆえになかなか日本人が正しい理解を得る機会がないということでしょうか。 
脱亜論成就のためにはどうしてもネット世界と現実世界(ネットとてれっきとした現実の一部ではありますが非ネット世界という意味で)の間の温度差というか情報の差を埋めることが必須条件になるように思います。

2007/02/08-22:43 | URL | Uno #-[ Edit]

初めてコメント致します
以前から、鋭い意見に感服していました

おっしゃる通り、鞭か断交かの二つしか残されてはいないようですね
それでも日本人は甘いのか、踏み切れてないのが現状でしょう
北朝鮮と中国の国境にある山の領土すらも自国の領土だとのたまってしまう朝鮮人の思考には驚きを隠せません
この朝鮮人の行動は竹島に関しても全くの同種の朝鮮思考に基づいているものであると容易に想像できます
中国に負けず劣らず領土拡大欲があるようですね
まさに小中華
この件については宗主国の厳しい鞭が飛ぶことでしょう
日本も厳しい鞭を飛ばすか、若しくは国交断交して速やかに竹島を取り戻す必要があるでしょうね

2007/02/08-23:25 | URL | nonbe #-[ Edit]

人格障害のある国民が全人口の75%である韓国(これは確か韓国自身が出した数字です)。彼らは、他者を食べなくては生きていけません。本当です。もっとソフトに言う所の「魂の吸血鬼」ですから。
で、日本人は食べ飽きたか以前ほど食べ放題でなくなったのが不満なのか、生きるために食べられる他国を探し始めたのでしょう。
それにしても、日本はよくここまで食べられても血を吸われても生きてきました。
羽をむしられた夕鶴が命からがら空を飛ぶがごとく、逃げおおせるよう腹をくくりたいものです。

2007/02/09-12:03 | URL | 薬剤師 #HfMzn2gY[ Edit]

>昭和一桁生まれ

 ウチの父は若い頃労働組合で活動し、支持政党は「社会党(社民党の前身です)」という、ここにお集まりの方々から見たら、「バリバリ左翼!」みたいな人でしたが、でも、そんな父の口癖が、
「オレは朝鮮人は嫌いだ!!」
「創価学会の連中はろくでもないヤツラばかりだ!!」
 だったんですよねー。
 それから、
「東京裁判は連合軍の陰謀だ」
 というのもありましたっけ・・・・・・。
 私はなんだか父が差別主義者のような気がして、若い頃よく反発しました。すると、
「あいつらは俺達とは違うんだ!! お前達は戦後の教育を受けてるから、分からないんだ!!」
 と真っ赤になって怒ってました。
 私も、今では亡き父に頭を下げる日々を送っております。

 やはり、昔の人の言うことは聞くものだ、と思います。頭から「差別!」と決め付けないで、いえ、100歩譲って差別だとしても、なぜそんな差別をするのか、そこのところを今一度考えてもらいたい、そう思っています。そこには何か理由があるのです。何しろ、ウチの親父は「社会党支持者」だったわけで。その親父があそこまで毛嫌いしていたのは、「朝鮮人」と「公明党・創価学会」だけでした。
 
 お父さん、本当にゴメンね。(でも、お父さん、何で社会党だったの?!)

2007/02/09-15:43 | URL | ポチ #-[ Edit]

おばのアドヴァイス

朝鮮レストランが近くにできたと話したら現在80歳近いおばが「朝鮮人には気をつけるように」と速攻でアドヴァイスしてくれました。戦後朝鮮人が暴れ回った記憶がいまだ鮮明のようで、関わらないように、鍵は閉め忘れないようにと申してました。今は素直に忠告を聞けます。周りのまだ覚醒してない日本人に広めていきます。

2007/02/09-22:50 | URL | Rei #-[ Edit]

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84440&servcode=400§code=410

> 冬季アジア競技大会に出場したショートトラックの韓国代表選手らが行なった「白頭山(ぺクドゥサン)は韓国領土」というセレモニーが外交問題化した。だが国民10人に8人は「良くやったこと」と考えていた。
ジョインス風向計が7日「白頭山セレモニー」について調べたところ「良くやった」との意見が80.7%で「間違っている」との回答10.3%より圧倒的に多かった。「良くやった」という回答は40代(86.5%)、肉体労働者(92.1%)で多く、「間違っている」との回答は学生(20.2%)、19~29歳(16.4%)で多かった。


思うことは多々あるのですがひとつ。
自衛の為の軍事力も経済基盤も生活水準ですら世界最低級だった朝鮮が激動の時代を超えて今日まで生存してこれたのは世界七不思議級のナゾなんですけど、やはり事大主義という自衛能力が必要に応じて機能していたからだと思うんです。 まともな国には事大主義などは悪政でしかないのですが朝鮮にとってはまさに外交の要中の要、まさに朝鮮文化というやつです。

しかし戦後の朝鮮人はその自衛能力を失いつつあるとしか思えません。 国力を見誤っているのか、中国の恐ろしさを忘れてしまったのか、日本が付け上がられすぎてしまったのか、別にぼくの知ったことではありませんが、白頭山発言に対する世論を見ても自然淘汰される時期が近いように感じられます。  
なまじ人の皮を被っているから散々人権やら差別やらと人間の価値観を利用してこれたわけなので、いまさら「すいません、人間じゃないんです、対人間用の粛清はやめてくださいブヒヒ」などと中国の怒りから逃げるわけにはいかないでしょう。 人間きどるなら人間として裁かれるということです。

2007/02/10-00:44 | URL | Uno #-[ Edit]

fetiaさまのおっしゃるとおり

日本は駄々をこねる子供にいいかげん鞭を振るうべきですね。

それより、またまたものすごい電波を半島から受信しました。

近年稀に見る電波本になりそうです。

すごいです。ほんと。
http://j2k.naver.com/k2j_frame.php/japan/http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSD&office_id=015&article_id=0000944223

【書籍】『黙れ、日本人!』発売決定!
http://blog.livedoor.jp/blog_ch/archives/50734078.html
このブログ中にある目次を見て目を丸くしました。

2007/02/10-19:46 | URL | sanada #JalddpaA[ Edit]

これ、15年前の本…?

sanadaさん、
「黙れ、日本人!」は日本バブル期、アメリカのビルを日本が買収していた頃にアメリカ人が書いた本をコマ人が訳した本らしいですね。
もう15年以上昔の本になるんじゃないでしょうか?

2007/02/10-21:07 | URL | あら座 #EBUSheBA[ Edit]

特亜に対するODAなどについて

特亜からしてみると日本のODA等は昔と変わらず「朝貢」と受け取られています(特に韓国では外国元首の訪問も「朝貢」と受け止められていて、日本以外の外国元首はあまり行きたがらないそうです。)。
シナでは特に技術協力や無償資金などで施設を建てたりしてもあとで金儲けをする企みがあるための行動と思われるようです。
シナも含めて特亜では善意の日本人がどんなに現地人のために頑張っても(特亜を好きになったことを表明することも含まれると思います。)利用されるだけ利用されて、最後は最も金儲けや悪だくみしようとした悪人として処断されるのがオチです(このことは昔から変わりません。)。

2007/02/10-21:57 | URL | tyu #-[ Edit]

>特亜からしてみると日本のODA等は昔と変わらず「朝貢」と受け取られています

こういう時空のズレと言いますか生きている世界の違いと言うか、友好関係を夢見る人たちはまさかここまで特亜が日本とは遠い世界なのだなどと夢にも思わないんでしょうね...

2007/02/11-03:13 | URL | Uno #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

トラックバック

トラックバックURL
http://fetia.blog34.fc2.com/tb.php/430-8aafcfd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

斉藤道三の家臣団と韓国国民

●韓国女子ショートトラック、銀メダル獲得  2007/02/01  朝鮮日報中国長春冬季アジア大会第4日の31日、韓国チームがショートトラック女子5000メートルリレーで銀メダルを獲得した。受賞台に上がった韓国選手たちが「白頭山は韓国の領土」と書かれた紙を掲げている(写真 国際情勢の分析と予測【2007/02/11 18:38】

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。