管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼とトッケビの新・モノ騙りその2

日本語とハングルのテキスト起こしをしながらしみじみ思ったのが、仮にも作家でありながら、李寧煕の言葉の使い方や解釈は、極めて無頓着と言うかいい加減と言うか適当と言うか語弊を生じやすいと言うか、頼むから辞書引けという感じです。

前回の記事のコメント欄でも話題にあがったように、ひとことで「鉄」と言っても、日本語ではその製造過程や性質によって「ずく(銑)」「けら()」「はがね(鋼)」とさまざまに呼び分けられております。今回このシリーズの稿を起こすにあたって一番時間を食ったのは、原文のテキスト起こしでも翻訳でもありません。鉄や製鉄に関する知識の収集と単語の違いや理解に、一番時間がかかりました。

自分ひとりがわかっていれば良いのであれば、ちゃらっとググってわかったような気になっていれば良いだけです。しかし他人様に読んでいただいて、わかってもらえるように書くということは、なかなか難しいものがあります。

しかしブログ月見櫓をご覧の皆様は、多分大人の方ばかりだと思います。何しろ弊ブログは、キッズgooのフィルタリング対象ブログですからw 

ある程度の知識や経験のある大人を対象にしているのであれば、多少とっ外れたことを書いても斟酌していただける期待は十分に持てます。しかし読み手が子供の場合はそうはいきません。子供向けの文章は、その読解力に合わせて、大人向けに書く以上に簡潔明瞭にして平易かつ正確に書かれなければならないと思います。

にもかかわらず、この絵本からはそういう配慮が微塵も感じられません。これを朝鮮クオリティ故だからだとか、李寧煕の筆力の限界故だからだとか、さもなくば意図的に読者の理解を誤らせようとしているからだと考えるべきか、いずれにしても、これが日本の子供たちに読ませるべき本であるとは、私にはまったく思えません。
トッケビイメージ3
トッケビイメージ03


トッケビイメージ4
トッケビイメージ04


P.2ハングル訳文
おばけとオニのおもしろい話
次例
福棒………………3
少しの間勉強コーナー………22
おばけというのは誰なの?………23
少しの間勉強コーナー………36
なぜ角が生えたんですか?………37
少しの間勉強コーナー………48
おばけは日本に行った………49
文の後に………………64


P.3ハングル訳文
福棒

P.4ハングル訳文
とてもとても遠い昔。
韓国にはたくさんのおばけたちが生きていました。
おばけはシルム選手のように大きくて力が強いうえに、
頭には角が一つ生えていて
目も大きくてぎらぎらしていて、とても恐ろしく見えました。
ところで,おばけは何といっても、
‘福棒’を持っていることで有名だったそうです。

シルム=朝鮮相撲。モンゴル相撲に似ている。
おばけ=ドッケビ(トッケビ)
先日のチャットログでもご覧に入れたとおり、トッケビは朝鮮では鬼というよりは精霊というイメージが普通です。あえて日本の鬼に例えるならば小鬼でしょうか。角は一本あるいは二本。いたずらをしたり、人助けをしたりします。ちょっとマヌケで、人間に騙されたりもするそうです。
「トッケビパンマンイ」という叩けば何でも出てくる棒と、「トッケビカムトゥ」という、被れば姿を消せる帽子を持っています。何故か赤い小豆粥が苦手で、蕎麦豆腐が好きです。
つまり、この絵本で紹介されている「トッケビ」は、朝鮮で一般にイメージされる「トッケビ」とは根本的に異なります。

トッケビイメージ5
トッケビイメージ05

トッケビイメージ6
鬼トッケビ06


P.7ハングル訳文
‘福棒’はかなづち姿です。
多くしたい物の名前を覚えながら、
この槌をチックタックチックタックたたけば、
いやこういうことが!
妖術のようにその物が現れます。
我が国過去の話しばしば出る棒です。
この妖術棒は日本過去の話にもしばしば出ますね。
日本語で‘ウチデノコジュチ’といいます。
‘たたけば(宝物が)出てくる小さい槌’という意ですね。


トッケビが棍棒を持っていて、それで叩くと何でも出てくるという朝鮮伝承民話はあります。ただし、トッケビの持っている棍棒は「金槌の形」ではなく、地獄絵図に出てくる獄卒が持つような、先太でトゲの生えた棍棒というのが通常のイメージです。日本のおとぎ話に出てくる「打出の小槌」とは似ても似つきません。散々検索しましたが、トッケビの棍棒を金槌型に描いた例は、一件も見つかりませんでした。

P.8ハングル訳文
‘金出てきなさい! ’叫んでチックタックたたけば、
粉米のような金と金塊がわっとあふれ出て、
‘絹の布出てきなさい! ’叫んでチックタックたたけば、
夕方夕焼けのようにきれいな色の絹の布がグビグビ現れます。
白い真珠指輪や真っ赤な珊瑚首飾りも出てきて、
米もこんもりと出てきて、
素敵な宮廷までも夢のように現れるのです。



トッケビイメージ7
トッケビイメージ07


トッケビイメージ8
トッケビイメージ08


P.10ハングル訳文
だけど、この福棒であふれる良い宝物を
おばけ自分たちが使うことは決してなかったです。
自身のことで作ろうとすれば、
その宝物らをまんまと消えてしまうからです。


P.12ハングル訳文
しかし、宝物は本当に消えてしまうのではありません。
おばけ王様の倉庫に集まるのです。
刃、斧はもちろん素敵な宮廷まで根こそぎ
王様広場に飛んで行くところであるから、
おかげで王様は大金持ち、おばけはすっからかん。
だが、おばけが村の人々の前で、
村の人々のために福棒をたたけば、
出てきた宝物はそっくり村の人々のものになりました。


「王様」はこの絵本の後の方でも出てきますが、ここに出てくる一方的に搾取するだけの「王様」とはイメージが違います。この「王様」、トッケビが私利私欲で福の棒を使うことはなかったということを強調するためだけに出されているような気がします。いい面の皮だな、王様。


※お断り この絵本の画像は6月13日に削除しました。



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

まんが

fetia様、ご労作毎回有難うございます。

さてこの本の漫画ですが、トッケビの姿が
「虎皮のパンツ?」と「短い一本角」と言う
極めて日本人に分かりやすい姿で絵がかれていますが、韓国では昔からこんな形で書かれているのでしょうか?

又、日本の打ち出の小槌は木製で、稲藁を叩いたり木材をか締める時に使うもので、金釘を打ち込む金槌とは趣がだいぶ違います。金棒だったらなおさらで、破壊の道具ですね。

ふ~~ん、不思議だ。

2007/06/03-12:59 | URL | tondekita #-[ Edit]

なんだか、劣化焼き直しの臭いがしていると感じるのはぼくだけなんでしょうか・・・? 既存の昔話から美味しいとこだけ採ってかき混ぜたようなw

2007/06/03-23:23 | URL | Uno #-[ Edit]

どうもこんにちは!
いろんなブログを応援させていただいています。
応援ポチッ!

2007/06/04-21:07 | URL | ポルコ #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。