管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックレビュー「植民地朝鮮の日本人」

ずいぶん前から「植民地朝鮮の日本人」という本を読んでいます。この本は朝鮮開港前夜から大東亞戦争終戦までの在朝鮮半島日本人について書かれた本です。

全体的な基調は「日本人は、朝鮮で何ひとつ良いことをしなかった」というものです(P.131 L.15~P.132 L.1「ところで、「日本は朝鮮で悪いこともしたが、良いこともした。その一つは植林である」と信じている人は多い。しかし、植林をしたのは、より多くの森林資源を収奪するためであり、朝鮮の山を緑にすることを目的にしたものではなかったことを忘れてはならない。」)が、280冊に及ぶ参考文献を元に書かれており、その意図するところはともかくとして、資料的にはなかなか価値あるものだと感じました。

この本には朝鮮における日本人の様々な言動が取り上げられております。その中には朝鮮で無法無体なことをした日本人も少なくなかったことが書かれておりますが、私はこれを否定しません。

現在ですら、法治国家とはお世辞でしか言えない彼の地です。当時は法など薬にする程度にしかなかったでしょう。そんな朝鮮へ好き好んで行くような日本人が、清廉な人々だけである方が不思議です。おそらくは日本本土で食い詰めた者や未開の地で一発当てようとたくらむ山師、官憲に追われて朝鮮に逃げたアウトローが少なくなかっただろうことは当然でしょう。

むしろ、この本に登場する「そんな朝鮮へ好き好んで」行っていながら、日本人として誠実に朝鮮人に接した人々が、意外に多いということの方に私は注目したいと思います。

もし私が、当時の朝鮮へ何かの間違いで行く羽目になれば、きっとこの本で非難されている「横柄で倣岸不遜な日本人」であっただろうなと思います。この本では「朝鮮人は殴らないと言うことを聞かない」と放言する日本人の姿を取り上げておりますが、日韓チャットで韓国人と接している私としては、まったくその通りだと思うからです。

例えば、P.152 L.3~6 「しがない卵売りの朝鮮人を数人で取り巻いて、見つからないように桶から卵を盗ってしまうというようなことをやっていた。当初はそれを「かわいそう」と思っていた福山兵市も、じきに「ああ、こいつらは馬鹿だ。下等だ。こいつらには徹底的やっていいんだ」と思うようになった。」と書かれています。

しがない卵売りから卵を盗むことは、その相手が朝鮮人であろうがなかろうが、もちろん褒められたことではありません。それを見て「かわいそう」と思う心情の方に、たいていの日本人は共感するでしょう。

ところが、ここに登場する日本人の意識は「かわいそう」からやがて「ああ、こいつらは馬鹿だ。下等だ。こいつらには徹底的やっていいんだ」と変遷します。それは何故でしょうか。朝鮮に住まううちに、他の横柄で倣岸不遜な日本人に影響されてサディスティックな支配者意識に目覚めたからでしょうか。

それも皆無ではないかもしれません。しかしそれよりももっと大きな理由は、朝鮮人の度し難い愚昧さと、無意味な反抗だろうと思います。

日韓チャットでもそうですし、弊ブログにしてもそうなのですが、韓国人と接する日本人の、韓国人に対する非難や批判や忠告は、もし韓国人がそれを受け入れれば、韓国人の利になることは多いと思います。もちろん、純粋に韓国人の利になることだけを考えて言うわけはありません。日本人にとっても有益で、韓国人にとっても損は無いということを言うに決まっています。

しかし韓国人は、例え損をすることになっても、日本人の言うことに対しては第一次反抗期の幼児のごとくひたすら「イヤ」「ダメ」「バカ」「キライ」を繰り返します。

韓国人がいっぱしのことを言うので、実際にやらせてみたらグダグダだったなんてことは前回のチャットログや李寧煕のモノ騙りを見ればおわかりいただけるように、普通にお約束です。そのグダグダを日本人が追及したり非難したりすれば、責任転嫁に逆恨みに無関係な日本批判の嵐。そんなことが日常茶飯に行われれば、たいていの日本人は「ああ、こいつらは馬鹿だ。下等だ。こいつらには徹底的やっていいんだ」どころか、「こいつらには徹底的にやってやらねばわからないんだ」と思うようになるのが自然です。当時、それでもなお、朝鮮人を信頼し擁護した日本人がいたことの方を評価するべきでしょう。

この本のスタンスは、とにかく「日本は朝鮮で悪いことばかりしたの!チョッパリは反省して謝罪しる!」というものですが、文献資料は比較的正確に引用されているように感じました。

例えば朝鮮人の強制連行に関する記述も、朴慶植の「朝鮮人強制連行の記録」に引用された鎌田沢一郎「朝鮮新話」の一節、「納得の上で応募させていたのでは、その予定数に仲々達しない。そこで、群とか面(村)とかの労務係が深夜や早暁、突如男子のある家の寝込みを襲い、或いは田畑で働いている最中に、トラックを廻して何げなくそれに乗せ、かくてそれらで集団を編成して、北海道や九州の炭鉱へ送り込み、その責を果たすという乱暴なことをした。」という記述ですが、この末尾「但、総督がそれまで実行せよと命じたわけではないが、上司の鼻息を窺う朝鮮出身の末端の官吏や公吏がやってのけたのである」までを正しく引用している点は評価されるべきでしょう。もっとも、本書ではこれを「乱暴な振る舞いを告発したのはよいが、責任は朝鮮人に転嫁している」と評していますが。

さらに朝鮮人が行なった蛮行は穏便に記し、日本人が行なった蛮行は過大に記すという印象操作も怠りなく行われております。それに惑わされず、資料を資料としてきちんと読み解くことが出来れば、この本は膨大な資料に基づいてまとめられておりますので、非常に便利な本ではあります。

なおこの本の目的は、「日本の植民地支配の特色を実証的に明らかにすること」「在朝日本人の言動を描き出して、彼らが日本の朝鮮政策や日本人の朝鮮観に与えた影響を探ること」「在朝日本人の振る舞いが、朝鮮人の目にどのように映っていたかを考えること」であり、最終的には「わたしたちが、祖父母や父母の体験を客観化することで、過ちを二度と繰り返さないための担保を獲得すること」とされております。

ここに掲げられている「過ち」が、「朝鮮なんぞに関わりあった愚」という意味で、それを二度と繰り返さないことが「最終的な目的」であると言う主張であるならば、私はこれについては諸手を挙げて賛成するものであります。



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

少年の日の思い出

考えてみると、子供のころ結構身近に半島帰りや大陸帰りの大人がいました。
朝鮮人や中国人についてロクなことは言ってなかったように思いますw
おしかったなァ、今なら色々な話が聞けただろうに。

2007/06/27-19:33 | URL | 街の常識人 #B6zq2Yg6[ Edit]

祖母の場合

私の祖父母は明治44年に朝鮮に渡りました。併合直後です。父もそこで生まれました。10年余りして祖父が亡くなったので帰ってきました。話は長くなるのではしょりますが、私を育てた祖母、伯父達、正にここに書かれている「ああ、こいつらは馬鹿だ。下等だ。こいつらには徹底的やっていいんだ」という心になっていたと思いますね。
その癖が日本に戻ってからも抜けず、日本的な良いところ、いたわりの心ですね、それを忘れてしまったのではないかと思いました。何か周りの世界とは違う感覚で生きていたように思います。私が青年になるころから「この人たちはどっかおかしいぞ」とずっと思ってきました。
植民地?を持つことの悪い副作用と言うのは特に朝鮮については言えるかと思います。
こういう人たちと余りに接しすぎるとこちらの心までおかしくなってくるのでしょう。

2007/06/27-22:49 | URL | tondekita #-[ Edit]

搾取する物がなく、宗主国の方が搾取される植民地ってあるの?
・・・という大きな疑問w
過去の日本人には感謝していますが、朝鮮半島の事だけは
関わらないで欲しかったと思います。
あんな汚くて卑怯な国はロシアか中国にまかせておけば良かったのです。

2007/06/28-01:12 | URL | ゆき #-[ Edit]

>>ゆき様
圧倒的自衛力をもった今だから、そう思えますが、当時日本は貧乏でしたから、朝鮮で中国ロシアを牽制しないと、もたないという気持ちが強かったんでしょうね。みんな貧乏が悪いんですが、朝鮮に回した原資を国内に回していたら、もっと早い段階で日本は発展していたかもと思うともったいない気がします。

2007/06/28-07:41 | URL | hidenori #-[ Edit]

そうですね・・・・・

 私なんかも、
「ああ、どうしてご先祖様達はあんな性質の悪い国に関わってしまったんだろう。どうしてなんだろう」
 とそれをずっと「恨み」に思っていましたが、確かに当時の状況を今の私達が今の基準で推し量るのは無理があるかもしれませんね。

 ここに来るといろいろと勉強になります。
ただ・・・・・やっぱり関わって欲しくなかった・・・・というのが本音ですが。

2007/06/28-10:00 | URL | ポチ #-[ Edit]

気はない

関る「気」は余り無かったと思いますが、安重根でしょうね。
元日本国首相を殺したのですから~併合に至った、併合した以上は日本として「東亜」の発展に~同レベルの国民を作らないと、と言う「真面目」さ、今はそれが勇気の無さに変化していますが、日本人のDNAなんでしょうね。
天皇に次ぐ、公爵が居て、多くの朝鮮貴族議員・将軍・志願将校・それに次ぐ郡長・面長・邑長の70%が警察署長の上役に居る、この中で強制連行や従軍慰安婦狩りが出来るものか?考えなくても判ります、
五属満州・朝鮮半島・台湾日本の生命線と位置つけた当時の日本人には日本の将来図を見抜く力が有った思います。
日本がアメリカの真意を見抜く事と、人種偏見がアメリカが日本を見誤った「一事」につきるのではないでしょうか。
そのツケをアメリカが今、払わせられている、日本もこの轍を踏まない様にしっかりと自分の事は自分で出来る範囲を固めて置かないと、人任せ、世界は甘くは有りません。
「軍事大国」?海軍省・陸軍省を造ろうと言うのでは有りません、自分の身は最低限自分で守りましょう。と言ってるだけの話、他国は良くて日本が悪い、日本軍は悪?強烈な刷り込み、日本人病と言っても過言では有りません、重病ですね。

2007/06/28-16:10 | URL | 猪 #kU3g/2a6[ Edit]

個人的には、朝鮮の併合はやはり軍事的にも不可欠であったとの見方が一番しっくりきます。 対南進勢力用の"防波堤"、もしくは大東亜圏の出発点となる拠点形成・・・ 
あの時期の朝鮮人の人口増加・平均寿命の飛躍的な伸び・経済成長などなどは、あくまで副次的な結果だったのかも、と思います。 慈善事業などしている余裕などなかった頃のことですし、何かしら日本にとって有益とならなければ国家予算の2割にあたる資金を投入してまで大改革を行う意味も見当たらない。
 
中・露に任せとけば、とも確かに思いますが、それでは日中戦争や日露戦争は一体なんだったのか、という話。 結局、日本によって独立できるまでに面倒見てもらった半島がさっぱり空気(世界情勢)を読めずに呆けていたことが(日本の)運の尽きかと。。。 

2007/06/28-23:36 | URL | Uno #-[ Edit]

本題と無関係ですいません。

こんにちは。

私、アンチ反韓派なんですけど、FC2ブログで4位まで下がってきたのでクリックしに来ました。
砲弾爺さんはともかくとしても、フィリピンエロブログには負けないでくださいよ!
立場は違っても真剣に祖国のことを考えてらっしゃる方として応援してますので。

2007/07/01-01:50 | URL | 王九蛋です。 #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。