管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文字と言語と思考

弊ブログの前回記事を丸パクしているブログがあるとお知らせくださった方、本当にありがとうございました。とりあえず相手方のブログには警告のコメントを入れておきました。

弊ブログの記事を用いる場合、正しく引用されているのであれば、いちいち目くじら立てるつもりはありません。しかし丸パクの上、まるで自分の記事のように公開されては、黙って看過するわけにいきません。今更断ることでもないと思うのですが、弊ブログの著作権は私fetiaにあります。弊ブログをご覧の皆様におかれましては、その点よろしくご理解くださいますよう、改めてお願いいたします。

さて、今回は言語学関連からの考察です。と言っても、私は言語学を専門に研究していたことがあるわけではありません。今回の記事も、言語学関連の初歩をちょっとかじったことがある程度の素人の考察であるということを、あらかじめご承知おきください。

日本語は、古くからの文字資料が豊富な割に謎の多い言語です。一応その特徴から、ウラル・アルタイ語族に属すると推定されてはおりますが、これを否定する学者もおり、まだ確定はされていなかったと記憶します。

日本に漢字が伝来したのは、一般には7世紀頃と言われておりますが、紀元前から、日本人が漢字を用いていたであろう痕跡は伺えます。

ただ、漢字を用いて、日本語を日本語として表現する努力が行なわれ始めたのは、おそらく6~7世紀頃でありましょう。それまでの漢字は、外交用語や学術用語として、一部の特権階級や知識層が用いていたのではないかと思われます。

日本語を文字で書き表すことが出来なかった頃、日本語の音素数は今よりも多かったようです。これは考えてみれば当然で、今ならあいまいな発音でも、文字で書けば誤解を避けることが可能です。しかし文字が無い時代は音で単語を聞き分けなければならないので、あいまいな発音は許されなかったでしょう。

文字が無い文明においては、民族の記憶は口承によって伝えられました。書いて覚えることの出来ない記憶は、音韻とリズムを駆使し、書いて記憶することが普通である現在の私達からすれば、想像を絶する記憶力でかなり正確に伝えられたようです。

例えば、アイヌ民族はとうとう独自の文字を得る機会がありませんでしたが、口承で伝えられる民族の物語「ユーカラ」は、長いものでは3日3晩に渡って語られるものもあると言われています。そう言えば、司馬遼太郎氏の本に出ていたと記憶しますが、出雲の語り部の末裔が彼らの物語を、今の世にも口伝で継承しているという話も、読んだことがあります。それらの古く長い物語を、文字を用いず正確に伝承するには、発音の正確さが強く求められたでしょう。

漢字を日本語に取り込んだ日本人は、これを用いて自らの言葉を自在に表現しようとさまざまに工夫を凝らしました。その結果、日本語は他言語と比較すると、かなり多くの文字を用いるようになりました。それがかえって、文字で表現し切れない音素を淘汰したり、近似の音素と融合させてしまったのかもしれません。

さて、同じく謎の言語とされている朝鮮語です。こちらは長らく独自の文字がなかった上に、自らの言語文化をあまり尊重しませんでした。否、言語文化のみならず、自国文化そのものを軽視しておりました。さらに現在では、国を代表するレベルの学者であったとしても、民族の感情に背くような研究結果を出せば袋叩きに遭います。そのため朝鮮人自身による朝鮮語の研究はなかなか進まないようです。

朝鮮語は、日本語と同じく謎の言語ではありますが、それは研究してもわからない「謎」ではなく、研究したくても資料は無いわ、それを押して研究しても民族の感情を損なうような結果は排除せざるを得ないわで、「謎」にならざるを得ない言語なのです。

ところで、日韓チャットで韓国人が日本人を嘲るのに、日本語の音素の少なさをとりあげることがあります。もっとも、不思議なことに彼らは、朝鮮語の単語の音素の多さを誇るのではなく、主に英単語における朝鮮音での発音を誇るのですが。

確かに、朝鮮語の音素は日本語と比べるとかなり多いと思います。韓国人はこれを言語的優秀性の表れと理解しているようですが、果たして本当にそうでしょうか。むしろ私には、朝鮮語における音素の多さは、朝鮮語の未発達性を表すように思います。

実は朝鮮語も、明らかに音素数が減少しております。これは、用いられなくなったハングルがあること、近似の音素の融合が見られることからも、間違いありません。

日本語でも、「ゐ」や「ゑ」で表現されていた音が消滅したように、ハングルでも「△」「ヽ」で表現されていた音が消滅しております。また、元の単語が何であろうと、ハングルの綴りが間違っていようと、そのハングルが表す発音で通じればケンチャナヨという綴り方が、日韓チャットでは非常に多く見られます。実際、韓国人の単語の綴り間違いを指摘した際に「単語の綴りは重要ではない。だから綴りが間違っていても、問題ない」と言われたこともあります。

ある言語においてその音素が淘汰されていくことは、音韻言語学的には進歩と言えるのではないかと思います。しかしその反面、発音による意思伝達の際に誤解が生じる余地が増えるということにもなります。

日本語においては、漢字を用いることでその誤解の余地を埋めてきました。音素が少なかろうと発音が変化しようと、漢字を用いれば、その意味を誤りなく伝えることが出来ます。それは文字で書く場合のみに限らず、言葉だけで伝える場合にも「漢字ではどう書きますか?」と聞くことがあることで、ご理解いただけると思います。

しかし、韓国人は漢字を廃し、発音だけでハングルを綴るようになっております。その結果、元の単語がどのような意味を持つのかを文字から探ることが出来なくなっています。そのため、彼らは文字を用いながらも、文字ではなく文字が表す音でその言葉の意味を探っています。

日韓チャットの画面に並ぶ翻訳不能発言群を眺めながら、彼らが彼ら独特の奇妙な思考に陥るのは、もしかしたら発音だけのハングルで思考しているが故ではないだろうかという考えが、私の頭をかすめました。

こうして見れば、私達日本人が想像する以上に、文字と言語と思考は、分かち難いものなのかもしれません。



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

応援頼む!

ttp://dokdo-or-takeshima.blogspot.com/2007/10/inspectors-map-of-ulleungdo-shows.html
竹島に関する英語のブログで、日本と韓国のどちらに属するのかアンケートしてる。
がしかし!
韓国の「ネチズン」どもがこのブログを知り、韓国が上回ってしまった。

本当の歴史を知らせるためにも『Japan』に一票を!

Japan投票数:2676
Korea投票数:2725
I don't know:19

スレ立てや他のスレの方にもコピペしていただければ幸いです。

2007/10/26-10:42 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

こんばんは。
言語ネタということで、
欧州で生理的に不快を感じる発音を最も多く含む言語はドイツ語、
アジアではハングルだそうです。
音を研究している人がそんなことを・・・

2007/10/26-19:20 | URL | コメっ子 #-[ Edit]

興味深い記事でした。
呉善花女史の本にも韓国語の言葉だけでは意味を捉えきれず、丸々覚えなければならない等の話がありました。
「スソ」でしたか。日本人は水素と覚えるのでH2O等の構成要素として覚えやすいですが、かの国の人は大変なようですね。
次回の記事も楽しみにしています。

2007/10/26-23:31 | URL | helmes #tHX44QXM[ Edit]

韓国の法律用語には漢字が使用されたままなのは、正確に意味を表現するためってなことらしいんだな。

つまり、ハングルってのはかな~~り適当なんだろうなあと思った次第。

2007/10/27-08:03 | URL | 摩天楼 #rLJ5LJXg[ Edit]

日本語の発音は、有気音を外来語などの他に、あまり使わない為、飛沫感染が起こり難いという特徴があるそうです。
ハ行音がp音からh音に変化したり、音素の少なさが幸いしたのでしょうか。
それにしても、韓国ドラマの食事シーンは、寒気がします。

2007/10/27-11:14 | URL | 自転車 #-[ Edit]

【引用】>竹島に関する英語のブログで、日本と韓国のどちらに属するのかアンケートしてる。 <【引用終了】
名無櫓様
至急、千葉、青森の友人にも 知らせて
広めてゆきます。
チャンネル桜の掲示板にも この知らせを 載せたらどうでしょうか?
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewforum.php?forum=1

2007/10/27-14:56 | URL | KEY #hSCFVYi.[ Edit]

韓国語って耳障りですよね。
中国語を話す女の子萌えますけど、
韓国語を話す女の子は可愛くても萎えます。

2007/10/27-17:22 | URL | 爆 #-[ Edit]

ハングルの日の記事のところでも書きましたが、本当にそう思います。アジアの人々の心の深層への興味の強さって、言語から来ていたり、数学から来ていたり、様々な姿で映し出されます。でも逆に、深層を追及したいという欲求を強く持ち続けているから、言語や数字に強くなるんだと思うんですね。例えばインドの人が0を発見した、という事実は「生きること、死ぬことって何だろう」という発想が元々の発想スタートだと思うんです。日本語のこの多様性は、やっぱりこれと同様の発想からくるものだと思います。
私自身、言語が好きで、ドイツ語、英語、韓国語を勉強しましたが、日本人に日本語で自分の考えを伝えるのが一番大変だし、しんどい。英語や韓国語って表現が一様なので、その言語を使う人にとってはそれだけで通じるから、自分の深い部分をわかってもらおうという気がそもそも起きないんです。不思議ですよね。
でも、最近は美しい日本語を大事にしたいし、しようと思ってます。そして、そんな考えの人が少しでも多くなればいいなと思っています。
そう思うと、かの国の人たちはやっぱりまったく思考回路がちがうんだなあと改めて思うのです。そう思うと、なんだか日本に対しての蛮行もかわいそうにおもってきてしまいます。とは言っても、やっていいことと悪いことがありますから。そこは「大人として」きちんと態度でしめさないとな、とは思いますけどね(頼むよ、日本政府)
ものすごいいい記事でした。考えさせられました。

2007/10/27-19:12 | URL | YAO #ofxKis3k[ Edit]


http://dokdo-or-takeshima.blogspot.com/2007/10/inspectors-map-of-ulleungdo-shows.html
竹島に関する英語のまじめなブログです。
ここ2-3日韓国の「ネチズン」がこのブログを知って、どっちのものだ思う、投票で、韓国が上回ってしまいました。
竹島が日本に属すると思う方はJapanをクリックしてください。
他のスレやサイト、ブログの方にもコピペしていただければ幸いです。



2007/10/28-06:09 | URL | 名無しさん #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。