管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史に学べ

「内憂外患」という四字熟語があります。

私は何故かこれを「ないゆ・げかん」と読んでしまいます。確か中学生ぐらいの頃にそう習ったようなおぼろな記憶があるのですが、ネットでどれだけ調べてもそんな読み方は出てきません。

麻生首相が「未曾有」を「みぞゆう」、「踏襲」を「ふしゅう」と読んだと言ってマスコミが大喜びで触れ回っていますが、「内憂外患」を「ないゆ・げかん」と読んでしまう私は、麻生首相の読み間違いを笑う気にはなれませんでした(ちなみにgooの辞書で確認したところ「ないゆう・がいかん」が正しい読み方のようです)。

ところで内憂と言えば、日本の民主党が、政権交代を目指して、韓国に協力を求めたというから驚きました。どうせまたネタか煽りだろと思ってソースを当たって再びビックリ。ガチのムチのマジでした。

韓国の議員を招いての意見交換ですから、「韓国からご声援を」と言うぐらいなら理解するにやぶさかではありません。しかし「ご協力」ですよ、「ご協力」。

日本の政権交代に韓国の協力を仰ぐって、マジでどこの国の政党ですか?>民主党

さて外患の方ですが、近代日本史における十大事件に必ずランクインするであろう事件のひとつとして、日清戦争があります。

この戦争については、小中高とあまり詳しく教わった記憶がありません。と言うか、近代日本史における戦争はすべて日本の軍国主義を強調し、それを非難するような内容ばかりだったような印象があります。もっとも私が「はいはい、悪いのは日本、日本」と、授業を聞き流していただけなのかもしれませんがw

この戦争は、朝鮮における壬午軍乱を遠因とし、同じく朝鮮の東学党の乱を経て勃発することになります。要するに日清戦争とは、日本と清国との戦争でありながら、その原因は朝鮮の破綻した国情でした。

あれから百有余年を経た今日、再びこの悪夢が甦ろうとしています。

12月12日、韓国の経済危機に対して、日本と中国が韓国とのスワップ枠の拡大を行なうことになりました。これについては、日中双方が韓国に対する影響力を牽制しあった結果ではないかという分析があります。

以前も櫻井よしこ氏が「韓国の危機、中国が支配確立か」と題して、中国の韓国に対する影響力増大を懸念しておられたように、中国が韓国に対する影響力を強めることは、日本の安全保障上大きな問題であると考える日本の有識者は少なくないようです。ですからおそらく、今回の日韓スワップ枠の拡大も、その辺りの思惑が多少は絡んでいるのでしょう。

今回の日韓スワップ枠の拡大を憤る嫌韓派は少なくないと思います。しかし私は個人的には、日韓スワップ枠拡大そのものについては、あまり悪くは受け止めてはおりません。

と言うのも中央日報の記事にも言及がありますが、日韓スワップで日本から韓国に円を渡せば、韓国は円をそのまま使うか、あるいは円を売ってドルを買わざるを得ません。韓国が円を売ってドルを買えば、日本としては為替市場に直接介入せずとも、過熱した円高を抑制する効果が期待出来ます。

逆に韓国にとっては、現在の状況でスワップ枠の安易な利用は諸刃の剣です。どうも中央日報の記事のニュアンスではスワップを「日本からの資金援助」と勘違いしているのではないかと思われるような書きっぷりですが、スワップは自国通貨を担保に行なう借金です。

単なる債務者が多重債務者に陥るのは、借金を借金で返そうとすることから始まります。韓国がスワップ枠を利用することで経済破綻を先送りにしているのは、借金で借金を返済しているのと同じです。それほど長い目で見ずとも、確実に韓国自身の首を絞めることになりますので、嫌韓派の私としては日韓スワップ枠拡大そのものにはさほどに強い抵抗がありません。

しかし今回私が個人的に強く問題視するのは、「日本と中国が、破綻しかけている韓国に対する影響力を牽制しあう」ということです。この図式は、あまりにもかつての日清戦争前夜に酷似しております。

あの戦争を経て、日本は朝鮮と深く関わらざるを得なくなり、とうとう最後には日本史上痛恨の失策とも言うべき日韓併合に至ってしまいます。

歴史は繰り返すと言いますが、同時に私たちは歴史から学ぶことも出来ます。

確かに中国が朝鮮半島での影響力を強めることによって、日本に対する脅威が増すことになるかもしれません。しかしその脅威を回避するために日本が朝鮮を支え援けたことで、日本は100年を経てなお拭い切れないダメージを受けました。それを鑑みると、朝鮮半島に絡んで日本が中国と牽制を交わすことは、私には非常に危険な徴候に感じられます。

日本は今一度、歴史を振り返って、韓国に対する態度を決するべきではないかと思います。



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

歴史を鑑にすれば

韓国への影響力を日本がもとうとして親切心を出しても無駄に終わるというか、むしろ逆恨みされて逆効果なことははっきりしてるんだから。やめた方がいいと思いますね。
別に日本が手を出さなくてもアメリカがきちんと韓国をしつければいい話で、何もあわてることはないのに、桜井女史もこの件に関しては不見識だなぁと言う気はします。
日経のプロの視点というコラムで、やたら中国の支配をちらつかせる韓国外交官の話が出てきますよ。要するに日本から支援を取るための韓国のブラフなんですね。

2008/12/14-09:24 | URL | こつこつ #wLMIWoss[ Edit]

 スワップの期限(借金返済日)なんですが、日米は2009年4月(日本企業の3月末決算終了後)。中国は、3年後の2011年だそうです…日米のスワップ期限延長がなければ、韓国は日米への借金を中国への借金に振替することになります。
 日本にとって韓国企業の技術は、格下であまり価値がありませんけど、中国にとっては韓国の技術を根こそぎ奪うチャンスです。
 中国は日米のような「良心的」な人はいませんから。

 2009年4月まで自民党麻生政権が続けば、民主党政権が誕生しなければ、韓国の中国への売り渡しは完了します。
 その日が来るのを、心から楽しみにしています。さようなら、韓国。あるべき姿に戻ってくださいね。

2008/12/14-10:41 | URL | 奈菜氏 #-[ Edit]

在日朝鮮人

日本の内憂の一部は在日朝鮮人に起因する。民潭が地方参政権獲得やパチンコ、貸し金規制を阻止のため日本人から巻き上げた金をばら撒いているのは今や周知のこと。韓国の言い分を聞いて円を貸すならその見返りに反日活動、生活保護を受けている在日朝鮮人の祖国引取りを交換条件に出すべきである。まずは国内から反日勢力を一掃シナ琴には日本が日本を取り戻せない。

2008/12/14-11:07 | URL | 日本人 #-[ Edit]

何だか

国籍法改悪もひどいものですが、それ以前にすでにメディアによる洗脳などで、じりじりと長い年月をかけて日本乗っ取り作戦が
進行している様に感じてなりませんね。
まさに、トロイの木馬。

特に子供や若者は洗脳されやすいですから、注意が、って言ってももうそういう人達も
大人になっています・・・。

日本企業でもトップは外国人だったりしますし、重要企業がこぞって上場していて
世界経済の被害をもろに被っているのを
見ると、危機を感じます。

勿論、優れた労働者や技術者も大切に
しなければならないのですが、首切りですよ・・。
果たして、ブレイン軍団を外資からの
引き抜きから守れるでしょうか?
すでに家を買ったり子供が居たり、多くの
借金をかかえている人達は、不本意でも
お金の為に決断を強いられたりするのでしょう。何故、そんな社会を作ってきてしまったのか。

会社ごと買収されて特許を日本の資産として使えなくなるなんて馬鹿なことだけは
辞めて頂きたいですね。
資本主義の及ばない日本財団でも作って
企業がバラバラに管理していた特許などは日本の資産としてしっかり管理しなければ。

資産管理、本当に、しっかりして欲しいですね。あと、最大限にどう活用するかの
研究も。宝の持ち腐れでは・・・。

使用権を貸すなどすれば、使い方によっては、オイルマネーよりもものすごい富を日本にもたらして税金も払わなくても、それらの利益で日本人の生活・教育・福祉・医療などが賄われる
ようになるかもしれませんよね。賢い守り方、使い方、それに限ると思います。

2008/12/14-12:43 | URL | rio #Fe5eWWgA[ Edit]

日本はどうも韓国を重視しすぎる気がしますね。実際韓国が中国の属国になったとしても、元々中国は地理的に日本にきわめて近い位置にあります。(恥ずかしながら義務教育を終えてもしばらくは隣の国は中国だと思っていました!)

つまり反日国家が2つから1つにまとまるだけで、困ることと言ったら在日の存在でしょうか…?

そろそろ日本もモラルの伴わない自由(言論も含め)と、韓国人だけ優遇処置を止めて、上記コメントで日本人様がおっしゃられているように、反日活動や生活保護なしに暮らせない在日を強制送還してもいい時期に来ているんじゃないですかね。

最近やたらと「自由と平等」をかかげる人に拒否反応が出るようになりました…両方ともやることやって、守るものを守ってこそ与えられる「権利」だと思うのですが、今の日本は隣国と同様に叫んだもの勝ちになってきているようで、このままでは日本の将来が本当に不安です。

2008/12/14-18:24 | URL | まい #M7.094tI[ Edit]

すみません、場違いなのは分かってるのですが、どなたか『韓国人の論法テンプレート』みたいなのをご存じじゃないでしょうか?
1~10くらいまであって、『極端な例を出して煙に巻く(犬はほ乳類だが全ての犬が卵を産まないと言えるのか、というような)』とか具体的に箇条書きにしてあるものです。
以前見て感心した覚えがあるのですが、詳細が思い出せません。
検索をかけても見つけられません。
ここに来られる方ならご存じじゃないかと思い、教えを請わせていただきます。
よろしくお願いします。

2008/12/15-03:56 | URL | 米 #JnoDGgPo[ Edit]

>米さま
「詭弁のガイドライン」で検索をかければ引っかかると思います。

2008/12/15-07:04 | URL | mega #SFo5/nok[ Edit]

中国はすでにICBMを持っている訳で、日本はその迎撃体制や報復手段をもっていないのですから、韓国に中国のSS20のような移動式核ミサイルが配備されても事態はまったく変わらないはずです。

また原子力潜水艦の母港が韓国にできたとしても、これは中国にとっても大変な負担になると思います。韓国に物資を搬入させるだけでも、結構なインフラになると思いますよ。

韓国が中国の属国になり、そのために迎撃ミサイル網をさらに強化し、海軍を増強しなければならないとしても、いままで日本が朝鮮に対して支払ってきた負担に比べれば小さな出費ではないかと思います。

むしろ韓国を手放して中国にその負担を押し付けた方が日本の利得になると信じています。
中国はその負担を最小限にするために、韓国に対して軍事以外の支援を極力避けようとするでしょう。
難民が来ないようにもしなければいけません。

2008/12/15-13:34 | URL | 縄文人 #wM6nolEE[ Edit]

チョンとは関わるな
口をきくな

というのが、今までで日本が唯一得た教訓だと思います

チョンはどうせ反日の寄生虫でしかないのですから、シナの属国として堂々と敵対してもらったほうがありがたいですよ

チョンに回ってるお金が止まったら、日本は大分楽になりますし

在日やそ○かとか宗教法人も出ていってもらいましょう

2008/12/15-15:12 | URL | たつ #-[ Edit]

出た~!

初めまして。いつもブログを拝読しています。

極右評論さんのところで取り上げていますが、そのうちこんなの来るかも~と危惧していましたら…。あり得ませんorz
やはりかの半島とは一切関わらない方がベストですね。

<BOOK>北送在日同胞9万人…日本は彼らを‘追放’した

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=108733&servcode=400%A1%F8code=440

「北朝鮮へのエクソダス」
テッサ・モリス=スズキ著、ハン・ジョルホ訳

南側では‘北送’という。 北側では‘帰国’と呼ぶ。 1959年末から84年の間に9万3340人の在日朝鮮人が北朝鮮へ行った事件をいう。 25年にわたる長期の事業であるが、最初の2年間に全体の80%が集中した。 当時の在日朝鮮人社会の6分の1の人口があっという間に消えたのだ。 彼らは本当に‘消えて’しまった。 北から送られてきていた手紙は数年後にはほとんどなくなった。 わずか50年の歳月の間、10万人の‘移住民’の生活は歴史の書庫の中にしまわれてしまった。

彼らは故郷へ帰ったのか。そうではない。 日本を離れて北朝鮮へ行った人の97%は南の出身者だった。 彼らは‘共産主義者’だったのか。彼らが望んだのは‘理念’というよりも職場だった。

この事件は▽日本では‘人道主義’精神の勝利▽北朝鮮では‘社会主義’祖国の勝利▽韓国では北朝鮮と在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の工作--という程度に公式化され、忘れられた。 90年代に入り、彼らの一部が脱北者の行列の中で‘共和国の歳月’を独白しているだけだ。

この本は、半世紀前に在日同胞を相手に大々的に行われた‘北朝鮮帰国事業’の裏面を追跡している。 著者(テッサ・モリス=スズキ)にとってこの‘帰国事業’は、日本が意図的かつ緻密に準備した事実上の‘追放’だった。 最近機密解除された国際赤十字委員会の文書を検討して出して結論だ。朝鮮総連が北朝鮮の強力な後押しを受け、在日朝鮮人社会で大規模な‘帰国運動’を繰り広げ始めたのは58年だった。 しかしこれより前の55年末から、日本赤十字社は在日朝鮮人の‘大規模退去’を準備している。

敗戦後の日本にとって、在日朝鮮人は経済的に貧しく思想的に不穏な異民族にすぎなかった。 日本赤十字は北朝鮮移住を希望する人は6万人という報告を秘密裏に国際赤十字委員会に出した。 しかし56年に国際赤十字委員会と秘密会見した朝鮮総連は、帰国希望者の規模を3万人と伝えた。 同じ年、北朝鮮当局は帰国希望者規模を700人と推算した。

北朝鮮当局でさえ1000人以下と予想した帰国者規模が、わずか3-4年で100倍近くに増えた理由は何か。 彼らは本当に自発的に北朝鮮行きを選んだのだろうか。

著者は機密文書を中心にジュネーブ、平壌(ピョンヤン)、済州道(チェジュド)、東京を行き来しながらこのミステリーを解いていく。 著者は英国出身で、日本人と結婚し、オーストラリアに定着した学者だ。 韓国・北朝鮮・日本の出身者でない第3者の著者が、日本から北朝鮮へ行った同胞について本格的に扱った。 日本から捨てられ、韓国が放棄し、北朝鮮が利用した彼らの人生は、第3者の視線からは最も切なく映っているのかもしれない。

この本で、著者の歴史的なパズル合わせが成功しているとは言いがたい。 特に北朝鮮が大規模な移住を受け入れることにした背景に関する説明がやや不足している。 著者は、北駐屯の中共軍の最終撤収による北側の労働力難と安保不安を根拠に挙げている。 しかし北朝鮮問題専門家らは、中共軍の撤収は朝中間の合意に基づく計画的なもので、北朝鮮が突然代案を準備しなければならないことではなかった、と指摘している。

2008/12/15-22:29 | URL | TASOG #-[ Edit]

こんにちは

「チャンネル桜」をご存知だと思います。

そのチャンネル桜が今、経営の危機に陥っていることはご存知でしょうか?
映像メディアとしては、「保守」「中道右派」の番組として貴重な存在だと思います。

現在「2000人委員会」として、一人1万円の支援を実施していて、
月2000万の予算で今後も放送を継続できるそうです。

毎月1万円が高いと感じる人には、1000円から支援も大丈夫とのこと。

「保守」とはいえ、細かい点では貴殿の思想と違うかも知れません。
が、映像メディアとして広く「保守」の考えを広める手段として
大きな役割をしていると思います。

このほどの「国籍改正法案」の問題性に着目し、YouTubeやニコニコ動画では
数十万回閲覧され、多くの方に認知されたようです。
(無論、多くのブログ主さまのエントリーも大きな役割をしていたのは承知しております)

これをお読みの方々に、賛同いただけると幸いです。
また、ブログ主さまに対しては、ぜひともブログ内で「チャンネル桜」の告知をして頂けると
嬉しく思います。

http://www.ch-sakura.jp/
ちなみに私は「チャンネル桜」とは何の関係もない、ただの有志です。

ブログ主さま、削除してもらっても構いません。
読んで頂いてありがとうございます

2008/12/15-22:32 | URL | マルコ #-[ Edit]

ありがとうございます!助かりました~!!!

2008/12/16-09:49 | URL | 米 #MMIYU.WA[ Edit]

韓国は不要

絶対に韓国に関わってはだめです。
縄文人さんのおっしゃる通りで、ICBM・戦略核・ステルス爆撃機・原潜の時代に半島は以前とは比べ物にならないくらいに重要度が低下しています。

韓国人は日米が自分たちを捨てないように嘘をついて説得してきますが、騙されないようにしっかりとした韓国不要論を広めなければなりません。

中国だって日本が韓国を支援し続けることはいやだろうから、韓国の処遇に限っては密約でも交わしてほしいです。

2008/12/16-13:13 | URL | 味噌味 #-[ Edit]

初めまして管理人様、いつも感心しながら読ませてもらっています。かなり古い話で、既にご存知とは思いますが、韓国人を理解する何らかの手助けになるのではないかと思い張らせていただきます。釈迦に説法をしているみたいで何ですが。 http://klingon.blog87.fc2.com/?mode=m&no=533

2008/12/16-19:31 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。