管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002年日韓共催ワールドカップで行われた予言

日韓チャットに出入りし始めたのは、2002年の3月ごろでした。兄が韓国へ旅行に行くので色々教えれとメールを寄越したのがきっかけでした。

それまでに私は数度韓国を訪れており、ハングルも読めるというので、家族からはかなりの親韓と思われていたようです。実際、昨今のペ・オバさんほどベッタリの親韓ではありませんでしたが、そこそこの親韓だったと思います。

しかし、韓国に行ったのはもう3~4年前だったので知識も情報も古くなっているだろうと思い、新しい情報を求めてネットでいろいろ検索していたら、今は亡きnetomoというサイトに行き当たったのです。そこで初めて日韓チャットというものの存在を知りました。

偶然その年は日韓共催のワールドカップが開かれる年でした。

ワールドカップにおける韓国人の傍若無人ぶりは、素人目にも凄まじいものでした。試合における明らかな反則や、明らかでない反則。サポーターによる外国チームへの積極的な嫌がらせ(夜に宿舎周辺で大騒ぎして選手を寝かせない、ドイツチームに「ヒトラーの息子は帰れ」などの誹謗プラカードを掲げるなど)、そして何よりも、日本相手の剥き出しの敵愾心など、とても主催国の、そして仮にも文明国の振る舞いには見えませんでした。

ところでワールドカップで個人的に一番笑ったのは、街を真っ赤に染め上げた「Red Devils」とそのスローガン、「Be the Reds!」でした。

「Be the Reds!」、直訳すると「になれ!」です。

ご存知のように「赤」には共産主義・共産主義者の俗称という意味があります。そして朝鮮半島は、イデオロギーの違いで南北に分断されています。もちろん韓国は反共国家のはずです。

その韓国で「Be the Reds!」とは、ナイスブラックジョークだと、一人で大受けに受けて、韓国人相手にも「アカになるの?」と揶揄していたりしていました。

あれから3年。

韓国における反日はともかく、反米・親北朝鮮という現在の状況を見ると、あのワールドカップでの「Be the Reds!」の絶叫は、何かの予言だったのかと思ってしまいます。

コメント

赤になれ!

 共産主義の方が(朝鮮人には)お似合いと思われます。
朝鮮半島を赤一色に染め上げろ!(北との統一を心より願っております。)

2012/06/27-13:42 | URL | ミオド #-[ Edit]

2002年……私は一桁の年齢でした。
2015年……10年以上前の予言が当たってしまいました。
今、韓国は中国の属国化を邁進しています。

2015/12/02-11:52 | URL | ことぶき #o2tQtWMo[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。