管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司馬史観と司馬朝鮮観について

直接日韓に関係する話というわけではないのですが、個人的にファンということもあり、また前回記事のコメント欄でのご意見に触発された部分もありまして、今回は司馬史観と司馬朝鮮観について述べてみたいと思います。

いわゆる【司馬史観】というものの是非功罪は、しばしばさまざまなシーンで取り上げられることがあります。それだけ司馬遼太郎氏の作品が、日本人に愛されているということでもありましょう。

【司馬史観】が取り沙汰される背景には、氏の歴史小説では史実に忠実な部分が多く、また氏の筆名からも、中国の史記の著者である司馬遷を連想してしまうために、ややもすると氏を「歴史家」と誤認してしまうからだと思います。

しかし氏は、言うまでもなく「作家」であり、「小説家」です。氏の書いたものがどれほど史実に忠実であろうとも、その主眼は「史実を記すこと」ではありません。正しい史実を誤解を生じない表現で書くか、たとえ史実との齟齬が生じようとも、小説として読んだ時に楽しめる表現で書くかを天秤にかけた時、「小説家」である司馬遼太郎氏がどちらを重要としたかは、考えるまでもありません。

また「歴史家」でも「歴史学者」でもない氏にとって、それがたとえ史実に対する誤解を生じさせるものであったとしても、自分の作品において「自分が感じたとおりに表現したい」という欲求を抑える理由には、全くなりません。それが「作家」であり「小説家」というものではないかと思います。

歴史を歴史として見ようとする時、氏の著書に引かれた史料に直接当たるならばともかく、氏の主観を経た記述をそのまま史料とすることは出来ないし、やってはならないと思います。おそらくは、司馬遼太郎氏本人もそれを望んではいないでしょう。

どれほどノンフィクションが混ざっていようとも、フィクションとして書かれた作品はフィクションとして受け取るべきです。どうしても作中のノンフィクションの部分を抽出したいのであれば、それは作品の読解とはまた別の作業になります。

いわゆる【司馬史観】の是非功罪をここで全て論うのは、氏の作品を一点余さず読んだわけでもない私には、あまりにも荷が重過ぎますが、ただ、氏の朝鮮に関する認識や表現、述懐については、些かながら言上したいことはあります。

それは、氏がかなりの偏見を持って朝鮮を見ていたということです。その根源は、昭和初期の日本への憤怒、もっと突き詰めて言うならば、若かりし頃の氏を戦地へ送り込み、そこで死ねと自分に強要した【日本軍部】というものへの憤怒の裏返しと言っても良いでしょう。

その憤怒の余り、氏は朝鮮に対しては極めて同情的だったと思います。それは、共に【日本軍部】の暴力の被害者であったことについての共感と、氏自身が【日本軍部】の部品のひとつとして戦争に、ひいては朝鮮に対する加害に関与したことについての自責の念とがない交ぜになったためではないかと思います。

この複合感情は、あの時代の日本人には極めて共感を得やすい感情だったのではないでしょうか。当時日本人の多くは、戦争被害者でありながら同時に敗戦国の国民として、加害責任を感じることを強要されていたからです。

加えて、司馬遼太郎氏の朝鮮観は極めて散漫で断片的な知識に基づいています。それについては氏自身、「街道をゆく」シリーズの耽羅紀行の中で、
 「両班」
 これこそ朝鮮を知るための手がかりの一つだといわれてきたが、私は本気で関心をもったことがない。
 「ボクは両班の子なんだ」
 ということばを、こどものころから何度もきいた。
 わりあい数が多かったから、朝鮮人はみな両班だと思うことにした。そういうように、概念や実態を朦朧とさせておくほうが、かえって正確なのではないか。
と述べています。

氏にとって朝鮮は、興味の対象ではなかったのでしょう。仮に興味を持ったとしても、朝鮮自体には資料も史料も、絶望的なほどにありません。日本や中国にある朝鮮の資料や史料に当たるとしても、それらを素直に且つ詳細に読めばどうなるかは、言うまでもありません。

ならば曖昧に、たとえて言うならばモザイクのかかった画像を目を細めて見たり、近視の人なら眼鏡を外して見れば、鮮明に見える「ような気がする」ということを、氏は朝鮮に対して行なっていたのではないかと思います。

氏は、日韓併合について「そろばんに合わぬことをした」「日本は損をした上に朝鮮人の怨みまで買った。ばかげたことをしたものだ」というような言い回しを用いて批判しておられるのを、幾度か見聞きしたことがあります。これは当時の日本人の日韓併合に対する視点としては、かなり珍しいものであったのではないかと思いますが、おそらく氏が日本の明治期の史料を読み解くうちに気づいたことだと思います。

もっとも、NHKか何かで放送された氏のこの手の発言を聞いた在日朝鮮人が、「朝鮮を馬鹿にしている」という意味のことを怒りを込めて書いていたのを読んだ記憶があります(確か金両基ではなかったかと思うのですが、記憶が曖昧で確信はありません)。

この程度のことを言っただけでも、朝鮮人の不興を買うとなれば、興味も関心もない上に、作品の素材とすることも出来ない朝鮮については、氏は当たり障りの無さそうなことか、少なくとも朝鮮人の機嫌を損なわぬようなことだけしか言わぬように気を配っていたと思われます。

このことは確か、日本人である司馬遼太郎氏と、在日中国人の陳舜臣氏、在日朝鮮人の金達寿氏らとの鼎談に先立ち、司馬氏が「朝鮮」という語を使う理由を縷々述べ、使用の了承を求めていた点からも間違いないと思います。

司馬史観と、氏の作中に表れる朝鮮観の共通点は、どちらも「資料や史料に忠実な部分もあるが、齟齬や虚構に基づく創作も多分に含まれており、且つ執筆に当たって最も重視されていたのは、作者自身の表現欲と、読者の「受け」である」という点だと思います。

ただし、氏がそういう姿勢で書いた物が、「韓国起源説」や「朝鮮文化大国説」のブースター的役割を果たし、今もなおその後遺症を残しているという一点については、氏の迂闊さを責めたいと思います。



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

いやマジで。

「WILL」あたりが月見櫓さんと関川夏央の対談でも企画すれば面白いのに。

2009/04/25-17:53 | URL | ん #-[ Edit]

どこまでも古代、ただそれだけ

司馬遼太郎氏は朝鮮だけでなく中国についてもかなり遠慮があるように感じます。
10年以上も前の話ですが、職場で上司に中国好きが多いのが不思議でたまらず、「年寄りは中国が好きだなあ。」と言ったら、すごいひんしゅくを買ったことがあります。
司馬遼太郎氏と同年代の方々に共通にみられる現象ではないかと感じています。
そのくせ、司馬氏は別のところで、中国史を指してどこまでも古代ばっかり、ただそれだけだと言うようなことを言っています。
おそらく朝鮮史についても内心ではかなり冷めた歴史観を持っていたのではないかと思います。

2009/04/25-17:53 | URL | 縄文人 #wM6nolEE[ Edit]

そうか・・・。

私はしょっちゅう勘違いしてしまいますが、
そうか、歴史家じゃなく、「小説家」なんですね・・・・・。
柴田錬三郎とか山田風太郎と同じ「時代小説家」と・・・。

2009/04/25-22:06 | URL | あら座 #EBUSheBA[ Edit]

司馬さんと戦車

秦郁彦氏の新潮45五月号に寄稿された「司馬さんと戦車」で、有名な「轢っ殺して行け」が創作であったと断定されていました。この事は個人的にも大変衝撃を受けました。捏造だったとは。裏切られたようで司馬遼太郎の本を全て捨てたくなってしましました。少なくとも読み返す事はもう無いでしょう。

2009/04/26-08:24 | URL | ohyurenk #pRW5Vc8.[ Edit]

今回のコメントにはまったく同感ですね。
司馬氏は一流の歴史小説家ではあっても、三流の歴史家でしかなかったのは確か
でしょう。

特にひどかったのは、司馬氏の妄想で英雄に仕立て上げられた坂本竜馬で
今でも、歴史上の英雄の中で一二を争う人気者になっているのですから
これほど罪な話もありません。

また中国に対する崇拝も異常で、日本の英雄に対しては、人ひとり殺しただけでも
その人物に対する評価を下げている司馬氏が大量虐殺を何度も行った中国の英雄
に対しては不問に附すというタプルスタンダードを犯している。

「項羽と劉邦」などは書評では評価は高いですが、私が読んだ限りでは完全な駄作
で、最初から最後まで何の盛り上がりもなく、実につまらなかったです。
元々中国の英雄については、日本と違い、細かい歴史資料がまったく残っていない
ので、合戦の場所や戦術戦略についての具体的な記述をすることができないことから
大味になりストーリーに盛り上がりが欠け、つまらないのが現実。

その証拠に、中国の新聞でも報道されたとおり、中国では日本の英雄物を読んだ人は、中国の英雄物に関心を示さなくなるという現象が起きている。むしろ日本人がその質の劣るつまらない中国の英雄物に心酔しているほうがおかしいんです。これは日本車と中国車で中国車を選ぶのと同じぐらいおかしな事なんですね。

反日マスコミがこういった異常性について報じない為に、日本の中国崇拝者が
いつまで経っても気づかない。実におかしな話です。

2009/04/26-10:23 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

> 2009/04/26-10:23さん
いくらなんでも、中国史と司馬氏の著作の批評と司馬氏への批判と反日関連がごっちゃになりすぎてやしませんか?

> 司馬氏は一流の歴史小説家ではあっても、三流の歴史家でしかなかったのは確か
でしょう。

司馬遼太郎氏は、最初から大衆小説家であって歴史家とは名乗っていませんよ。
小説家を歴史家として捉えるのは、我々読者としても気を付けなければいけない部分でねしょうね。最近だと、塩野七生氏の著作(いわゆる塩婆史観)で西洋史語ってる人とか。彼女も小説家ではあっても歴史家ではないんですけどね。

2009/04/26-13:23 | URL | 名無櫓 #Pnsj6K02[ Edit]

司馬遼太郎は、アメリカ哲学の「リアリズム」「プラグマティズム」を高く称賛する一方で、それらの哲学思想とは逆の関係にある「朱子学」に対しては辛辣に批判し、朝鮮李王朝に対しても手厳しい評価を与えています。

>氏にとって朝鮮は、興味の対象ではなかったのでしょう。
いえいえ、充分に「興味の対象」でしたよ。
ただし、司馬遼太郎の朝鮮観は、管理人さんが指摘するような
>【日本軍部】というものへの憤怒の裏返し
に帰因するものというよりも、
自身がモルゴル語学科の出身だったこともあり、広大なモンゴル草原を駆け巡る騎馬民族に対するロマンチシズムとリリシズムから (少なくとも、前者よりも強く) もたらされたものだと、私は考えています。つまり、日本の文明・文化のあらゆるものが朝鮮半島よりもたらされた、あるいは影響を受けたという司馬の言説は、裏返せば、モンゴルの騎馬民族のそれが朝鮮半島を通じて渡ってきたという論と同次元に立つものです。いわば、彼の歴史観的に様相・視点を変えた「日韓同祖論」と何ら変わりありません。

また、朝鮮半島に対する司馬遼太郎の知識は、交流のあった当時の韓国・在日朝鮮人の知識人 (ときに親韓派の日本の知識人も含め) にかなり影響されており、簡単に言えば、司馬遼太郎の「朝鮮観」は、韓国・北朝鮮・在日朝鮮人の欺瞞が現在のように明るみにされなかった時代の限界が露呈しているのだと思います。

2009/04/26-20:18 | URL | Juan #uhh1iitw[ Edit]

>…氏を戦地へ送り込み、そこで死ねと自分に強要した【日本軍部】

司馬氏の戦争体験には以下の#5の通り実戦が無いです。
氏の随筆にもそのように書いてあった記憶です。
>司馬はただの蒙古語学科卒で、満州の(内蒙古地域か?)に
>駐屯していただけ。
http://mentai.2ch.net/history/kako/971/971193145.html

小説家は小説で評価されるべきではありますが、
小説だけでなく随筆や紀行、対談でも歴史を語っています。
そして日本の歴史を語る本人が、
自身の都合の悪い歴史(離婚とご子息)には口を閉ざしています。
わたしは氏のファンだったころ、
氏が描く「日本の歴史」は
氏が望む「日本の歴史」であるのに気づかず、
歴史の勉強になると思っていました。

司馬氏に限らず作品に私情が入るのは当たり前ですが
「氏が望む日本」に問題があります。

「氏が望む日本」は上の#1。
「戦争をしかけられたら…すぐに降伏すればいいんです。 」
…あ、鳩山さんと似ているようなw

しつこくて...m(_ _)m

2009/04/27-00:21 | URL | ざる #qnVYkfDY[ Edit]

司馬作品は、高校生の頃とかは好きだったけど
司馬で坂本竜馬を語る人に、うんざりして(武田鉄也とか笑)
新書で古田博司さんとか大学の先生の本とか読むようになって面白く感じなくなってしまいました。
一次資料の読み解き本の方が面白く感じます。

2009/04/27-02:09 | URL | nana #qwKvtbg.[ Edit]

Juanさんがコメントされてる事が真相の様ですなあ(^◇^;)

かつて司馬遼太郎は

「日本人と言うのは不思議な人種やなあ。多くの連中にとって、
ある種の観念の方が、目の前の現実よりも現実的なんやから。」

と言いましたが、現在も生きて居れば

「朝鮮人や韓国人と言うのは不思議な人種やなあ。多くの連中に
とって、 ある種の観念の方が、目の前の現実よりも現実的なんや
から。」

と言うに違い有りません。

2009/04/27-09:23 | URL | abusan #mQop/nM.[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。