管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい記録より望ましい記憶

先日コメントで教えていただいたのですが、サーチナの【韓国ブログ】に、「日本人は記録に執着し過ぎ?」という内容の韓国ブログが紹介されています。

以前、陳舜臣氏という華僑の作家が書いた、「日本的 中国的」という本を読んだことがあるのですが、それによると中国人が記録の天才だとすれば、日本人は記録の保存の天才なのだそうです。

中国人は記録魔で、様々なことを実に細かく記録します。その結果膨大な史料を残しておりますが、その史料を革命や戦乱などで大量に損なったり失ったり、あるいは政治的意図から意図的に破棄したりしているのも、また事実です。

翻って日本では、もちろんこれまでの史料が全て欠けることなく残っているわけではありませんが、それでも最早中国には残っていないような古い御物が正倉院に残されていたりするし、また中国で消えた文化が、現在の日本に残っているということから、日本人の記録の保存能力は極めて高いと述べておられました。

この「記録魔」と「記録の保存魔」の二国に挟まれた朝鮮はと言えば、これは先の韓国ブログで韓国人が言ったように、記録することも、記録を残すこともあまり上手ではないようです。

しかしそれは、先に述べた【韓国ブログ】で言われるところの「韓国人は、「『そんな面倒なことをして何になる。そんなことをしなくても、生活には支障ない』と言い出す人が多く、記録を重要視していない」からではないと思います。

この【韓国ブログ】では、日本が記録に「執着」する理由として、「日本は自然環境が韓国よりも遥かに不利な島国であるため、記録は危機に対処するひとつの手段となっている。記録を通して、自分たちが経験した過去の出来事を伝え、対処する」ためだと述べます。

実際のところ、日本の自然環境が韓国より遥かに不利というのは、地震と台風に関してのみではないかと思います。むしろ乾燥気味で低山しかないのに禿山が多く、埃っぽい土色の朝鮮半島よりも、水分に富み滴るばかりの緑に包まれた日本列島の方が、生活上の環境条件が良かったことは、それこそ過去の記録を見れば明らかです。

更に四方を海に守られていたために外敵の侵入が少なく、比較的安定していた日本と比べると、年中行事のように外敵に攻め込まれ、趣味の如く国を滅ぼしてきた朝鮮の方がずっと、生存のために記録する必要に迫られていたはずです。

実は韓国人は、記録は残しませんが、記憶は残します。しかしその記憶は、しばしば彼らの願望や恨(ハン)に基づいて、作り変えられています。実際に日帝統治を経験した韓国人よりも、光復後に生まれ育った韓国人の方が、ずっと日帝の残虐さを強烈に記憶しているのが好例と言えるでしょう。

以前、韓国人高校生が日韓チャットで「日本が戦車で韓国に進駐した」と言い張ったログをご覧に入れたことがあったと思います。その韓国人高校生は、日本が戦車で朝鮮半島を蹂躙した写真を見たことがあると言い張りました。

ならばその写真を見せてみろと言う私の要求に応じて、その韓国人高校生はネットを検索します。すぐ見つかると思った日本の戦車による朝鮮進駐はしかし、彼がどれほど検索しようと見つかりません。結局存在しない写真が出てくるはずもなく、チャットログで彼は、腑に落ちないながらも自分の記憶が間違っていたことを認めております。

しかしその記憶はおそらく、その高校生ひとりの記憶ではないでしょう。何故なら、韓国が戦車で蹂躙されている映像や写真は大量にあるからです。

言うまでもなく、それらは全て朝鮮戦争の時のものなのですが、韓国人たちは新しい方の「朝鮮戦争」の記憶を消して、古い「日帝の侵略」として記憶しています。その理由は、その方が彼らにとって望ましいからとしか考えられません。

人間の記憶は結構いい加減なものですから、記憶違いは別に珍しくはありません。しかしたとえ記憶違いであったとしても、信用に値する記録があれば、間違っていた記憶を修正することが出来ます。

ところが、韓国人の場合は記憶と異なる記録を見れば、記録の方を訂正しようとしてしまいます。正確な記録よりも、望ましい記憶を優先してしまうのです。

韓国人が記録を残さないというのは、彼らが横着であるということも大いにあるでしょうが、残された記録から自らを省みて過ちを正し、未来への礎にすることよりも、望ましい記憶に浸ってホルホルしたり、相手より自分が優位に立つための材料にすることを優先したがるという彼らの性癖も、決して小さくないのではないかと思う次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

しかも半島の歴史と韓国の歴史を
ごちゃまぜにして
都合のいい所のみを取り上げると。
韓国のみの歴史だと目を覆いたくなるのは
仕方がないが。

2009/10/07-11:02 | URL | p #-[ Edit]

彼らが何かと「歴史認識」と言うのもそこなんでしょうね。
記録に基づく事実よりも、主観的な認識の方が重要なのでしょう。

2009/10/07-11:10 | URL | 名無櫓 #vfO2W9N2[ Edit]

焼いて捨てた歴史

チョウセンジンにとって、歴史は「焼いて捨てたい」ものの代表だと思います。
自分が、朝鮮に生まれていたら、そう思います。
単に現代のチョウセンジンもそう考えているだけで、調べれば調べるほど口外したくないような内容が続々と出てくるわけです。
特にモンゴルによる強姦や朝貢外交については、見たくないことでしょう。

歴史を重要と考えることは、社会が成熟していく過程でとても重要なことだと思います。過去を冷静に見つめることが、現代社会で「国際関係の中でどのようにふるまったらよいか」についての最大の教科書だからです。
そういう意味では、チョウセンジンのレベルでは、その意味が理解されていないというのも一因です。

ここにきている人は、歴史の重要性について、単なる国家の正統性を示す道具として利用するものというより、「国際関係の中でどのようにふるまったらよいか」についてとても重要であるということをよく認識されている人が多いと思います。だから、チョウセンジンの歴史の取り扱い方を見て、馬鹿らしいと思われるでしょう。
ただ、日本人も歴史についての認識は、欧米に比べれば、私はまだまだだと思っています。そういう意味では、一部の人を除いてかつての日本人の多くも歴史認識は甘いほうだとも思います。
歴史を知ること、そして、それをどのように見るかということ、また、それから何を教訓とするか、分からないことについて、どう調べていくかとくことなど、自分も含めてですが、もっと日本人も訓練していくことが必要だと思います。

2009/10/07-13:25 | URL | 千尋 #-[ Edit]

そんな「記憶(に願望を練り込むこと)の達人」である韓国人のために
国立国会図書館法を改正し、「恒久平和調査局」を設置してまで
中韓に都合の悪い証拠になりそうな文献を処分して謝罪外交に油を注ごうとしてるわけだから、

鳩山政権が歓迎されるわけですねえ。

2009/10/07-15:03 | URL |   #0Vu4ZNY.[ Edit]

教科書が危ない?

ウリナラファンタジーの歴史を持つ国と、共通の教科書作りを・・・などと、岡田外相が言っているみたいです。向こうは諸手をあげて賛成のようですし、何とかしないと orz

岡田克也外相(56) 村山談話「言葉より行動」 理想は日中韓の共通教科書
ttp://ad.jp.doubleclick.net/adi/r.iza/_300x250;sz=300x250;ord=62474397804688776?

韓日中「共通の教科書」、青瓦台高官が前向きな反応
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091008-00000013-yonh-kr

2009/10/09-06:18 | URL | Prado #-[ Edit]

嘘の歴史に執着します

上に書いたことに補足です。

簡単に言うと、
チョウセンジンが歴史に執着しない。
または、記録を疎かにする。

この認識は間違えです。

彼らは、惨めな歴史しかないので、執着できないんです。
本当は、むしろ「すごく歴史に執着しています。」
ここがポイントです。

だから、今後警戒するべきは、
嘘の歴史を作って、それに執着しだします。

2009/10/09-15:52 | URL | 千尋 #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。