管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所詮は日本人的理解

昨日、韓国の哨戒船が北朝鮮領海付近で爆発沈没したというニュースを見て、「リアル軍艦沈没破裂」などと不謹慎なことを言ってしまった筆者ですこんにちは。

日韓チャットの韓国人によると、この件については、韓国内でも情報が非常に錯綜しております。

何しろ願望を事実のように語るのが韓国人の常ですから、「北朝鮮からの攻撃ではないと思いたい」が、「北朝鮮からの攻撃の可能性は低い」にナチュラルにすり替わったりするのは、極めて普通です。ですから、たとえそれが公的機関や主要言論機関からの発表であったとしても、にわかに信じることは出来ません。

日韓チャットの常連日本人会員が、「韓国という国は相互不信で成立している社会だ」と喝破しましたが、こういう状況を見ると、全くそのとおりだと思います。

社会を構成する全ての層が互いに信用し合わないことで成立する社会という、日本人からすれば想像を絶する社会が、日本の隣にあるだけで結構背筋が涼しい気分になります。もっとも、最近はそれが日本社会の中にも紛れ込み始めているような気がしなくもありませんが。

「相互」も「不信」も「成立」も「社会」も全て日本人には理解が容易な単語だと思うのですが、それらの言葉を組み合わせて「相互不信で成立する社会」と言うと、それがどのように成立している社会なのか、日本人にはにわかに理解が難しいと思います。

このように「一見理解が可能に見えて、実際には理解出来ない、あるいは理解が困難なこと」は、韓国関連では珍しくありません。

前回の記事でも「日韓相互理解は不可能だという相互理解を目指そう」と書きました。すると日韓チャットの常連日本人から、「あれでは日本人側は韓国を理解している、あるいは理解出来ると思う人がいるかもしれない」と言われました。

なるほど言われてみれば、そう誤解される余地もあるかも知れないと思い、蛇足かもしれませんが前回の記事について、少々言葉を補っておこうかと思います。

日韓の場合、一言で「相互理解」と言えば、日本人が韓国人を理解しようとする姿勢の方が、韓国人が日本人を理解しようとする姿勢より、確かに大きいだろうとは思います。しかし、日本人がどこまで韓国人を理解したとしても、それは所詮日本人としての理解でしかないことを、私たちは忘れてはいけません。

「私たちは忘れてはいけません」などと偉そうに書きましたが、実はこれは私自身が、しばしば日韓チャットの常連日本人に厳しく指摘されることだったりします。

日本人である限り、韓国人についてどれだけ長く深く考察しようとも、所詮は日本人としての視線、日本人としての理解、日本人としての結論の域を出られません。

私は非常にしばしばそれを失念して、「何故あいつらはこうなんだ!」と驚いたり腹を立てたりしています。そのたびに、日韓チャットの常連日本人会員からは、「あなたは相変わらず日本人的視点から抜け出せていない」と笑われております。

例えば、彼らの発する言葉には意味がありません。これを日本人が真の意味で理解するのは、極めて困難だと思います。日本人にとって、言葉とは意味があって当然だからです。だから彼らの言葉に意味があると思って聞いてしまい、彼らの言葉にころころと転がされます。

「韓国人は息をするように嘘を吐く」とよく言われますが、それさえもやはり日本人的解釈であって、彼らにとって言葉は意味がありませんから、彼らの嘘は嘘としての意味さえないのです。それが証拠に彼らは非常に頻繁に、全く意味のない嘘を吐きます。

彼らが発する言葉だけではありません。彼らの書く文字や文章も同様です。彼らにとって文章とは、単に彼らの発する音を写しただけのものだということを日本人が本当に理解するのも、かなり難しいでしょう。ハングル専用によって生じる思考の浅薄化に気づいた時、私は心の底からぞっとしましたが、もちろんそれも所詮「日本人的理解」でしかありません。

喩えて言うならば、鶯のさえずりを「春の訪れを告げる声」などと理解するのは人間側の理解です。鶯側は別に、人間に春の訪れを知らせるつもりなど全くありません。また鳥によっては「求愛のダンスを踊る」などと言われている種がありますが、それらもやはり人間的な解釈です。鳥自身に「求愛」や「ダンスを踊る」などという意識や概念はないでしょう。

日本人的な韓国人理解も、それと似ているのではないかと思います。

もちろん「日本人的理解」でしかなくとも、それが全くの無駄だとか、悪いことだとは思いません。思ってたらこんなブログ続けていられませんw

韓国人を観察する場合、たとえそれが「日本人的理解」であっても、無いよりは有った方が良いと思います。また日本人同士で韓国人について話す場合、「日本人的理解」であっても、それを共通の概念として話す方が、間違いなく話の通りは良いでしょう。

ですが、その「日本人的理解」を以て、本当に韓国人を理解した、あるいは理解し得ると考えるのは、極めて危険です。以前にもご紹介したことがある、野生のグリズリーを愛した男が、結局グリズリーに食われたという話を思い出してください。

日本人が韓国人を理解した、あるいは理解しようとしているというのは、あくまで「日本人として」です。それによって得られた理解は所詮「日本人的理解」であり、韓国人を本当に理解したわけでも、理解出来るわけでもありません。

「象使いは象に殺される」という言葉もあります。彼らを理解出来ないことよりも、「彼らを理解出来るはず」あるいは「彼らを理解した」と思い込み、「日本人的理解」で接することの方がずっと危険な場合もあるということを、ここで改めて強調しておきたいと思います。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

深い考察、ありがとうございます。本当に勉強になります。私は十年ほど前、韓国という国を知って自分で調べる毎に急激に嫌韓になり、今は主にこれからの日本と、自衛の為に知らなければならないという考えで情報をチェックしています。
最近、気付いた事。日本人にとってよくある「相手を慮る」ことをあちらに利用されるのは、特亜の危なさを知らないからだと思ってたのです。でも知るだけじゃ人の良い日本人はだめなんですね、あくまで自分の中の日本人の尺度で相手を慮るっているから。身近な危険と認識した自衛的警戒心、特亜を知った上での特亜人専用のものさしを自分の中に持たなければ危険性は高いまま。対処法を知ろうという気にも繋がらない。気の優しい友人達にいかに自ら気付いてもらうか、本当に難しいです。
そして今回は更に用心深く、例え自衛・警戒心を持てたとしても慢心しては危険と学びました。…もう、特亜人の事件や実態を見聞きするだけで、関わりたくもないのですが。そうも言ってられないのが現在の日本なんでしょうね、ハア。

2010/03/27-13:06 | URL | らい #8OGoFBDM[ Edit]

グー=軍艦
チョキ=沈没
パー=ハワイ

でしたけどなw@関東

2010/03/27-18:23 | URL | ななし #-[ Edit]

相変わらず、朝鮮人考察が深いですな。
しかし深ければ深いほど、実は対象が薄っぺらいことに気づく。

2010/03/27-22:38 | URL |   #topYnkQo[ Edit]

互いに信用しない事で成立する社会って
日本人から見たら宇宙人に遭遇したか
仮想世界の物語ですね

韓国人の言葉に意味が無いとか酷すぎるwww
韓国人は元々嘘をホントだと思って、隠すために更に嘘を重ねて
何が本当なのか嘘なのか、分からなくなってると思ってますが

どんなに慣れたと思っても人を
殺傷出来る力を持った動物みたいな対応は
ピッタリかもしれないですね
ほんと、近づかないのが一番なんでしょうが…

2010/03/27-23:53 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

一番恥ずかしい人

違う、違う、全く違う!と言うより、

日本人の価値観から見て、「人間として、一番恥ずかしい」と思う特徴を集めたの人たちが朝鮮民族です。隣の地域にあって、価値観の180度逆転現象は、神のいたずらか?何なんだ!w

「一番悪い」ではなく、「一番恥ずかしい」というところがポイント。見下されるような特徴をこれでもか!と集めた民族。

皆さんも知っているように、「いくら朝鮮人でも、え、まさか、そんなことまではないよね。」と思っているとそれを確実に超えてくる。ご期待にこたえてくれる恥ずかしさのバリエーションは天下一品、良くそこまで恥ずかしいアイデアが浮かぶなぁという恥ずかしさ創造力の達人。

「日本人とは価値観が全く違います」は間違いではないですか、朝鮮初心者に親切に教える場合、「日本人とは価値観が180度違う民族」と言った方が正解だと思います。

2010/03/28-04:01 | URL | 千尋 #-[ Edit]

夷荻は鳥獣の心

fetiaさんの文章を読んでいるうちに昔読んだ本の言葉を思い出しました。後漢の班超の言葉です。
班超は西域都護に任じられるのですが、無二の親友と信じた西域人に裏切られた時に残した言葉として「夷荻は鳥獣の心にして・・・」という言葉があります。
現代のシナ人は班超の後継者ではなく西域人の後継者です。もし班超の思想を受け継いでいる者がいるとすれば、我々日本人ではないかと思います。
朝鮮人は夷荻なのです。「夷荻は鳥獣の心」なのです。もしかしてfetiaさんは朝鮮人に対して班超と同じものを感じたのではないかと思います。

2010/03/28-09:40 | URL | 縄文人 #wM6nolEE[ Edit]

異質なるものに対するとき最も重要で忘れてはならないことは、そのものが異質であるということ。

俺は無教養だからG・ベンフォード(SF作家)のお話に出てきた上の一節でしか知らんが、たぶん同種のものはもっと遡れるんだろうな。

ちなみにこれは、何十万、何百万年にもおよぶ知性メカ社会と生物世界との競争・闘争に巻き込まれて以来数万年後を舞台としたお話に出てくる。
人類とメカ側の一部とは時に一時的に協力・協定関係を結べたこともあり。そこで数々の対話も為されたりで、人はメカとも解り合えた幻想を抱くこともあった。
だが数週間~数千年の交流も常に、この人類の一方的かつ楽観的な思い込みで悲惨な結末で終わってきた。

長期ジリ貧で、ほとんど絶滅ぎりぎりな人類集団の中の主人公が、今は亡き父から頻繁に聞かされてたのが上の言葉。

2010/03/28-11:26 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

私も奴らを理解したいとは全く思いません。
どうしてこんなキチガイなのか?
関わりを持たざるをえなかったときどうしたらいいのか?
朝鮮への関心はこの2つに尽きます。
このブログは非常に参考になります、いつも感謝しています。

2010/03/28-18:21 | URL | bosintang #-[ Edit]

 今日もまた、いっそう胸に染み渡るお話でした・・・・・。
しかし、管理人様は本当に真の日本的日本人、そんな気が致します。
そういう管理人様があいつらと例えネット上とは言え付き合うのは、たいそう骨の折れることでしょう。
が、それもまた、管理人様の中の日本人としてのポリシーがそうさせているのかもしれませんね(私の勝手な想像ですが)。

 >彼らは非常に頻繁に、全く意味のない嘘を吐きます

 この一文に、
「なんで、こんな嘘をつくんだ~!?」
 と、あまりの分らなさに頭を抱えていた過去の自分の姿が脳裏をよぎりました。
そして後に、
「彼らはこういう生き物なのだ」
 という理解に落ち着き。
しかし、そこでまた留まってはいけないことを、今日再び学びました。
私は、自然や動物を人間的理解で解釈しようとすること、人が大嫌いです。が、その範囲を今一度広げねばならないと、自分に言い聞かせるつもりです。

 本来昨今のマスゴミやお役所の大好きな「国際化」とは、こうした心構え、「自分達の理解の仕方で相手を判断しないこと」をまずもって学ぶことだと思うんですけどね。
その前提がしっかり出来ていないから、「相互理解」がいつでも「相手にどこまでも譲歩」になってしまうんですよ。
もっとも、彼らはそれが「理解」だと思っている(思わせたい)のかな。

2010/03/29-09:32 | URL | ポチ #mQop/nM.[ Edit]

んで、鮮人は鮮人で相手が譲歩しないと、歴史をネタに強請るか
「差別ニダ!」と喚くと。

2010/03/29-13:54 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

もしかして

>例えば、彼らの発する言葉には意味がありません。
>     >       >
>日本人的な韓国人理解も、それと似ているのではないかと思います。

上記、パラグラフを読んで、何となく「あー、こういうのは身近にいるな。」と思ったら、「韓国人(朝鮮人)」を「鳩山の馬鹿な小倅」で置き換えれば、同じパラグラフが違和感なく読めてしまう事に気付きました。

「鳩山の馬鹿な小倅」には以前から、「deja vu」的なものを感じていたのですが、これで腑に落ちました。 「馬鹿な小倅」は鳩山の実子疑惑もネットの何処かで読んだような気がします。 邦夫と見比べても兄弟らしからぬ容姿ですし、母親とは似ても似つかないことも疑問です。 この小倅は、本人も認める宇宙人ですが、案外「半島の宇宙」からやって来たのではと、何となく思わせるところが多々ありますね。

2010/03/31-04:06 | URL | 二本人でない日本人 #nLnvUwLc[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。