管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくら考えても無理

長らく日韓チャットを通して韓国人を見て、更にこんなブログを書いていて思うのが、韓国人という生き物の面倒臭さです。

まず彼らの、薄くて浅くて上っ面という点です。彼らの「薄くて浅くて上っ面」は日本人の想像を遥かに凌駕しております。普通はどんなにつまらないものに見えても、深く調べたり関わったりしてみると、驚くほど色んな発見があるものです。しかし韓国人については、逆に驚くほど単純で浅薄です。私も、まさかこんなに薄くて浅くて薄っぺらなはずがないと必死で調べたり考えてたりしているのですが、今のところめぼしい収穫はありません。

それから、日本人から見れば、まさかこんなつまらない見栄を張ったり、まさかこんな見え透いた嘘を吐いたり、まさかこんなくだらない主張をしたりするまいと思うようなことを、彼らはつるりするりとやってのけます。それがあまりにもナチュラルでスムーズなので、日本人はまさかと思うことさえ出来ないことがあります。

更に彼らは幾重にもねじれており、表と裏が不規則に入れ替わります。思考や行動の軸がいつも必ずブレまくるという点で彼らはブレが無く、3人居れば4つ派閥が出来るというぐらい節操がありません。このため、「薄くて浅くて上っ面」なのに把握が困難で、誤解を生じやすい傾向があります。

韓国人について説明する場合、基本は「ウリ」と「ナム」と「恨」で大方説明出来る(と言うか、それ以外ないに等しい)のですが、問題はこの「ウリ」「ナム」「恨」の概念が日本人にはなかなか理解しづらい点でしょう。

「ナム」は、「ウリ以外」と考えれば比較的理解が容易いかと思います。問題は「ウリ」でして、これは実に変幻自在で恣意的な概念です。日本人にわかりやすく言うならば、「自我に無条件で共感、あるいは同調する者」でしょうか。

本来、「自我」と言えば、普通はそれこそ人ごとに違います。ところが韓国人の場合は、この「自我」が個人の枠をはみ出て、他者を取り込みます。取り込まれない他者は自動的に「ナム」となってしまいます。

韓国社会で「ナム」となることは、その個体の生存を危うくさせることでもありますから、韓国人は積極的にその「自我」同調しようとします。あるいは、いろんな意味で強い個体がいれば、自らの自我をもって「ウリの自我」とするかもしれません。

韓国人を評して「量産型」とか「金太郎飴」などと言うように、彼らの精神的均質性が極めて高いのも、彼らが自分自身の自我よりは、「ウリの自我」に依拠しているからでしょう。

日本人は、他者を慮るということを美徳としております。そのためか、韓国人は「ウリ」に同調してもらいたがっているということを察して、一所懸命同調しようとする日本人も、少なくありません。

しかし日本人の場合は、一方的に他者を慮るばかりではありません。互いに慮り、譲り合うことを期待しています。日本人同士であればそれを察して、互いに慮れる部分は慮り、譲れる部分は譲り合うことでバランスを取るわけです。

ところが韓国人の場合は、「他者を慮る」という意識がありません。何故なら「他者」=「ナム」は慮るべき存在ではないからです。慮るべきは「ウリ」だけで、「ナム」は徹底排除するのが彼らの流儀です。

以前ご覧に入れた、人種による韓国人の態度の違いについても、あれは人種差別意識に由来すると言うよりは、韓国人の「欧米人にはウリと思われたい」という意識と、「東南アジア人はナム」という意識に由来するのではないかと思います。まぁ、それを「人種差別意識」と言うことも出来ますがw

いずれにしても、日本人が韓国人と接する場合は、常に一方的に日本人が韓国人を慮るばかりになります。

いや、そんなことはない、韓国人だって日本人を慮ることはある、と言う人もいるでしょう。特に韓国人と接したことのある(あるいは現在進行形で韓国人と接している)人などは、そう言うのではないかと思います。

しかしその「慮り」は、たいてい韓国人の一方的で自己陶酔的な「慮り」です。以前弊ブログでご紹介した、韓国人高校生の贈り物の話を思い出していただければわかりやすいかと思います。

確かに、韓国人も日本人を慮る姿勢を見せることはありますが、それは決して日本人の考える「慮り」ではなく、「チョッパリを慮るウリって、誇らしい」という意識から来る「慮り」です。日本人はそれを「ああ、これは韓国人の慮りなのだな」と積極的且つ好意的に理解してあげなくてはならないわけです。

逆に韓国人から見れば、日本人的なさりげない慮りとは、まことに曖昧模糊としていて実感のないものなのかもしれません。

「ウリの自我」をはっきりと打ち出し、それに同調を求めることで親しくなれると考えている韓国人から見れば、「ウリ」という意識のない日本人の、「自我を他者に押し付けない」という態度は、実に奇々怪々で不可思議なものに見えるでしょう。

日韓について考察を重ねれば重ねるほど、少なくとも日本人側から見れば、日韓とは互いに相容れない存在であると結論づけざるを得ないと、痛感する次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

まったくですねえ。

最近の竹島の教科書記載方針にしてもそうです。日本が従来の主張を
(ごく遠慮がちに)再確認しただけで、何なんでしょうか。あの罵詈讒謗の
嵐はw

民主党がウリに同調してくれない!やはり自民と同じだ!
…たく、民主党や「良心的日本人」の置かれている状況なんぞカケラも慮
ることなく、何も変わっていないと言語道断に決めつけ、あとは正気とも思
えぬ悪口雑言の雨あられ。

まあ、いいですけどね。むしろもっともっと常軌を逸して、韓国人の異様さ
を高らかに現してほしいものです。
お人よし日本人の隅々にまで、もれなくきっちりと、しみわたるぐらいにね。

2010/04/08-19:20 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

>基本は「ウリ」と「ナム」と「恨」

>「ナム」は …(略)… 「自我に無条件で共感、あるいは同調する者」

ななななるほど。
それでは「味方」と「敵」と「恨」だとニュアンス違いますか…。
(日本語では「敵と味方」と「敵」を先に言いたくなりますが…)

2010/04/09-06:20 | URL | ざる #qnVYkfDY[ Edit]

ちょっと乱暴な言い方をすると

韓国の「ウリ」とは中東社会に於ける「部族」に相当するとも
解釈できます。尤も韓人の「ウリ」の基本単位は「自分自身」
ですが┐(´д`)┌ ヤレヤレ

だから他者の事には他国人(日本人や中国人など)からみれば
異常なまでに鈍感で無思慮なんですな(^_^メ)
昨日も地下鉄テロの事でロシア人を怒らせると言った
芸当をやってのけましたし(^_^メ)

流石に米国やオーストラリア辺りでは韓国人は礼儀知らずの
野蛮人であるとの認識が広まりつつありますな( ´,_ゝ`)プッ

2010/04/09-06:42 | URL | abusan #mQop/nM.[ Edit]

ウリ、ナムがあるから
韓国ってレイプが多いんですかね~
あの娘としたい>ウリ「自我に無条件で共感、あるいは同調する者」だから相手も自分としたいに違いない>レイプ
拒否された>ウリではない、ナム敵なので何をしても良い>レイプか放火
まさか、とは思いたいですが

動物でもメスが拒否すれば基本的には交尾できない事が多いはずですが
以前の記事で熊は拒否されたメスに危害を加えるとかありましたが
やっぱり熊が祖先なんですかねー

2010/04/09-12:58 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

居酒屋で

今日

テレビマンだったと言う奴に行き逢った。

何でお前等は本当の事を知っているのに、嘘ばかり付くんだ? と
喰ってかかったらぐうの音も出なかった。

日本を、こんな国にしたのはお前等のせいだ。

責任取れ!

テレビマンは、何も言えなかった。

2010/04/10-01:12 | URL | ネット素人 #-[ Edit]

昔の日本人の方が朝鮮人の扱いをよく分かっていた。
何故今こんな事に…orz
テレビの影響か

2010/04/10-01:37 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

先日母親(58歳)と長く話す機会があったので、戦中戦後史、アジアと特定アジアの違い、在日特権、民主党と日教組、テレビの偏向報道、毎日変態騒動辺りを軽くレクチャー。
極めつけに、「年にアルコール除菌ウェットティッシュを年間100個使い、入手のために近所のドラッグストアーへ掛け合って、自分が買うためだけに入荷させる」ぐらい潔癖症な母に「下朝鮮のトイレ事情」のページを見せてあげる。

しばらく絶句(笑)
そして「お母さん、(こんなトイレのある家に住める人たちと)仲良くするの無理」と一言。
その後下朝鮮の話を振る度に「あのトイレの人たちでしょう?無理!」と正しい認識をしてくれたご様子w

上手に誘導すると団塊世代にも通じるんじゃないかなー、と思ってみましたw

2010/04/10-02:37 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

いつもわかりやすい情報ありがとうございます。韓国人は薄っぺらい。そうこれにつきますね。ウリは(内、味方)で、ナムは(外、敵)でたぶんいいのでしよう。けれど私に一番わかりにくかったのが恨でした。

この字であるので恨みから意味を考えてしまうとどうもわからないのです。誰の説明を聞いてもすっきりしないのです。しかしある時わかりました。ハン、恨とは=劣等感のことであると。実は韓国人の言う 恨の文化とは劣等感の文化 なのだと。変に難しく考えてはいけなかったのです。

劣等感は必然的に優越感を求めます、劣等感の無い人は優越感も欲しません。彼らの発言行動は常に優位であろうとします。常に優越感を感じていたいということは常に劣等感の強迫観念に囚われているのが韓国人だということです。だからしょっちゅうヨルボグ(劣等感爆発)してるしw

(ハンの概念とは恨みではなく劣等感)のこと。私はこれでほぼ正解だと思っています。

2010/04/10-04:07 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

本文も勿論面白いが、
ここはコメ欄も勉強になるね。

2010/04/10-12:43 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

>だから相手も自分としたいに違いない

私はあれは犬のマウンティングと同じに行動原理に違いない、と思ってます。
半島は犬と同じ縦社会みたいだし。
嫁さんから会社で韓国人のミスを指摘したら逆ギレされ、彼の上司が注意したら素直に言うことを聞いた事件を聞き、確信した次第。
嫁さんにはその韓国人にマウンティングしたら序列がはっきりして素直になるんじゃ、と言おうとしましたが、彼らは逆恨み特性があるからなぁ。闇に紛れてマウンティングしに来られると困る。

2010/04/10-13:56 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。