管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっても使わないなら、無いのと同じ

コメントにて、「韓国人に対してイライラした時とかって何か良い気分転換とかストレス解消みたいな方法を御存じないでしょうか? 」というご質問を頂戴いたしました。

「韓国人に対するイライラ」というのは、かなりの部分で韓国人という生き物に対する「慣れ」が大きく作用すると思います。韓国人の生態に慣れているほど、イライラを感じる度合いは下がると思いますが、ずいぶん慣れているつもりでも、韓国人にイラッとすることは非常に頻繁です。私ももちろん例外ではなく、日韓チャットで韓国人にイラッとしない日の方が珍しいぐらいです。

私の場合で申し上げますと、それに耐える精神的余裕がある時は、イライラしながらもそれを韓国(人)考察の方へと振り向けることで昇華させることが出来るのですが、精神的余裕がない場合は、韓国関連とは全く関係のないことへ意識を向けるようにしております。

こんなブログを書いているせいもあって、100%とまではいかなくとも、私の意識や関心の大部分は韓国関連で占められていると思い込んでおられる方は大変多いのですが、実際のところは、私の意識や関心の中の韓国関連部分は、それほど多くも大きくもありません。

韓国人に対するイライラと言うのは、概ね「何故こいつらはこうなんだ」というもどかしさや憤りが元になっていると思います。少なくとも私の場合はそうなのですが、基本的には「何故もへったくれも、こいつらはこういう生き物なんだ」という理解に基づいてウォッチし、それが限界になれば、韓国から意識を逸らして他の興味や趣味に没頭するのが、私の韓国イライラ対処法です。

さて、前回記事について、「韓国語に細かい分類のある言葉と言えば、罵倒語があるではないか」というご意見多数で吹きました。

これについては、既にコメント欄でお答えくださってる方がいらっしゃいますが、確かに、韓国語(not 朝鮮語)における罵倒語のバリエーションは、世界一と言って良いほど豊富であることは事実です。ただ、それは単に語彙数が豊富なだけで、収集も分類もされておりません。その場その場で泡沫のように浮かんでは消え、消えてはまた浮かんでくるだけのものです。

細かい分類とは、単にバリエーションが豊富と言うだけではなく、それを適宜分類し、使い分けているかどうかが重要ではないかと思います。韓国罵倒語が如何程多いといえども、種類や特徴に応じて細かく分類され、韓国人がそれを状況や用途に応じて使い分けているとは思えません。ただし、もし韓国人による「韓国罵倒語辞典」というものがあるなら、あるいは今後出版されることがあるなら、多少考え方を改める用意はあります。

牛肉の部位の話も出てきましたが、昔私が読んだことのある在韓日本人が書いた韓国についての本には、「韓国では肉は部位を分けずに売ってる」と書いてあったと記憶します。そもそも韓国では、牛肉はさほどに食べられておりませんでした。

牛肉以外では「コメはどうですか?」というご質問もありましたが、コメも同様です。一度韓国人に「韓国でコメと言えば、どんな品種のコメが美味しいと言いますか?」と聞いたことがあります。彼らの答えは「コメは、品種ではなく、産地(何でも、平澤産が最高だとか)です」でした。

実際のところは、韓国人と料理や食べ物の話をするほど虚しいことはありません。日本人同士であれば、食べ物関連の話は無難且つ確実に盛り上がる話題のひとつですが、韓国人相手の場合は、どんな料理や食事の話をしても、返ってくる言葉は「美味しそうね!」「試食したいです!」ぐらいです。

日韓チャットで、日本人が料理や食べ物について、「どこのものが美味しいか」「どのように美味しいか」や「どう工夫すればより美味しくなるか」など、微に入り細を穿ちつつ歓談していると、韓国人も最初の内こそ「美味しそうね!」「試食してみたいです!」と一所懸命合いの手を入れて参加しようとはするのですが、その内話についてこれなくなり、やがてあからさまにつまらなさそうな態度になり、たいてい最後は黙って出て行きます。

食べ物について韓国人は、美味しそうか美味しそうでないか、食べたいか食べたくないか以上の興味も関心もありません。たかが食べ物に、何故日本人がそこまで熱心に細かく分類し、楽しく語ることが出来るのか、彼らにはどうしても理解出来ないのです。

これは別に食べ物に限ったことではありません。例えば以前韓国人に「どんな音楽を聞きますか?」と聞かれたことがあります。これに対してごく普通に、「ポップスやニューミュージック、オールディーズ、フォークソングなどが好きです。クラシックを聞くこともあります」と答えたのですが、その答えに韓国人がかなり当惑します。

何を当惑しているのかと思ったら、やがてその韓国人は「日本の音楽は分類が多くて気難しいですね」と言いながら「私は日本のホニャララという歌手が好きです」と言い出しました。つまり、どうやらこの韓国人、「どんな音楽を聞きますか?」というのを、「好きな歌手は誰ですか?」という意味で聞いたようなのです。

食べ物や色や音楽や、その他の様々な事象について、韓国語の辞書を引けば、幾つもの細かい表現があるにはあると思います。しかし以前に「韓国では【箇所】という単語は辞書に載ってはいるが、現在ではほぼ用いられなくなり、【部分】という言葉に統括されている」と申し上げました通り、韓国ではたとえ辞書に載っていても、実際には使われなくなっている言葉があります。それは、大意は同じでもニュアンスの異なる単語を駆使して、微妙な機微を文章で表現しようとする努力をしない韓国人が一般的だからだと思います。

日韓チャットでは、大雑把な単語と、たとえ初対面でも、聞き手が自分の心の機微を読み取るのが当然と言わぬばかりの、主語や述語を大胆に省略した文章で、彼らは対話しようとします。そういう会話において、逆にこちらが言葉の意味や話の真意を丁寧に問い詰めていくと、彼らは必ず狼狽します。最後にはたいてい「何故そんなに細かいことを突き詰めるのか。何となく楽しく話せばそれで良いではないか」とこちらを責めます。

確かに、彼らの会話はそうです。相手の言ってることの詳細にはあまり頓着せずイメージで受け取り、それによって発生した自分のイメージをそのままぶちまけ、相手がまたそれをイメージで受け取り、イメージで解釈してまたイメージだけの言葉を垂れ流す、というのが彼らの会話です。

そんな彼らの会話には、単語の「細かい分類」など必要どころか、邪魔以外の何物でもないのでしょう。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

えっ、それでは「会話」「対話」「調整」など、およそ社会生活を送る上で
必須の条件が満たされないではありませんか。どうやって運営しているんだろ?w
根本的な疑問が残りますねw

2010/06/19-09:28 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

>「会話」「対話」「調整」など
する必要が無いのでは?
何か問題や不具合があった時はケンチャナヨか正しく伝えなかった相手が悪い
で済ますと思います

本当に何も分類しないんでしょうか
長年属国と歴史クリエイトでは文化とか育たないので
やっぱ無いんですかね

朝鮮人だけで何十年何百年と隔離したら
分類や言葉の数が減って声の大きさで鳴き合う
民族になるのかどうか、実験して見たいものです

2010/06/19-10:04 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

お返事ありがとうございました。

>>韓国人に対するイライラと言うのは、概ね「何故こいつらはこうなんだ」というもどかしさや憤りが元になっていると思います。少なくとも私の場合はそうなのですが、基本的には「何故もへったくれも、こいつらはこういう生き物なんだ」という理解に基づいてウォッチし、それが限界になれば、韓国から意識を逸らして他の興味や趣味に没頭するのが、私の韓国イライラ対処法です。

まさに苛立ちの理由はその通りです。
日本人とは全く別の生物という認識が一番当てはまるのですね・・・ヒトモドキという表現をいろいろな場所で見かける理由が解りました。
ですが、対処法はやはり根本原因をなくすことは不可能ということなのですね・・・
どうやら私には諦めがたりなかったようです。
食物連鎖の頂点に立ちながら、ウィルスや不治の病を恐れ、殺され、それでも研究し続け対処法を編み出していくような感じでしょうかw
彼等の精神性はお人よしな日本人には本当に天敵だと思います・・・

でも彼らの付け入る隙のなくなった日本人は今の日本人と比べて同じ魅力を維持できるのか疑問です。
日本人が変わらず法整備だけで彼らと断絶できたらいいんですけどね・・・
私は今のお人よしな日本人も好きなのでw

2010/06/19-15:28 | URL | 隣人を愛せない者 #-[ Edit]

一つ疑問が浮かびました

チョン語を話せず日本語を話す在日は、これだけ細にわたる日本語を母国語としながらも、やはりチョンと同じなんでしょうか?

だとしたらやはり遺伝子の欠陥なんでしょうね

2010/06/19-15:52 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

どんな発音も表現できるハングル文字を持ちながらも、
脳みそが猿と人の中間では何の意味も無い・・・。
ひょっとしたら、北朝鮮のエリート層の方が豊富な語彙を持っている可能性もありますね。

在日と彼らの共通点と言ったら、遺伝子に組み込まれた「何でも他人のせいニダ」でしょう。
「日本は悪」でないと全ては「我が民族は情けない民族」に帰結しますから、
日本の善政は抹消されます。
それを許していた日本政府や、これらに無知だった我々日本人が甘かったわけですが。

2010/06/19-18:35 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

チョウセンジンの取扱

チョンが火病を起こしている時に油を注ぐのは誰でもやることですが、
一番日本人に欠けている取扱い方は、
馴れ馴れしく近寄ってきたときに無視することです。

慣れ慣れしく近寄ってくる鮮人が一番たちが悪いです。

2010/06/20-07:57 | URL | 千尋 #-[ Edit]

一言でいえば朝鮮半島には教養人が皆無に等しく、居てもそれを周知させる
社会基盤が無いって事ですね。

只、権力闘争と世俗があるのみ!でしょう┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
低俗な事には事欠かない地。

2010/06/20-08:55 | URL | abusan #mQop/nM.[ Edit]

難しいことは日本語で考える

人は言語を超えて物事を理解できません。
したがって、日本人から見ると韓国人はあらゆることを正確に理解できない人種に見えてしまうのですが、韓国語で考える限り理解できていないことを理解することはできないのです。
反面、韓国人にすれば、韓国語でものを考えますから、日本人はどうしてこう気難しいのだろうか、不必要にあれこれ複雑に考えてしまう頭の悪い人種だ、となってしまうと思います。
これが、養老孟司氏のいう「バカの壁」ではないでしょうか。韓国人は日本語で考えない限り、自分たちが実は理解していないのだと理解できないのです。
したがって、もしfetiaさんが韓国人に対してイライラしたくないのであれば、solutionは簡単です。fetiaさん自身が韓国語で考えれば良いのです。そうすれば彼らと同じ土俵に立ちますから、おそらく少しもイライラすることなく「楽しく」歓談できると思います。

2010/06/20-13:59 | URL | 縄文人 #wM6nolEE[ Edit]

>相手の言ってることの詳細にはあまり頓着せずイメージで受け取り、それによって発生した自分のイメージをそのままぶちまけ、相手がまたそれをイメージで受け取り、イメージで解釈してまたイメージだけの言葉を垂れ流す、というのが彼らの会話で
す。

内容の意味の正確性や詳細さがなく。なんとなくの雰囲気や気分のやり取りが会話だと言うのならばますます彼らの言語は動物の鳴き声に近いようですね・・・

2010/06/20-22:38 | URL | 名無櫓 #udg4x/Zk[ Edit]

なんというか、表面的でもいいから多方面から考察するってことが
できないのだろうか、と。
まあ難しいけど、第三者は無理でもせめて第二者、会話している相手の
視点で「どう感じるか」とか考えればいいのになあと思うのはやはり
日本人的なんでしょうかねえ。

来月1日から施行される中国の国防動員法を見て、韓国の2012年度の
徴兵強化がどういう意味をもつのかって考える……ってことはないんだろうなあ。

2010/06/21-12:15 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

韓国人気質

もちろん著者様はご承知のことでしょうが、昔、韓国在住日本人の子育てブログで、「韓国人はどんなことでも誉めて育てる」というのを読んだことがあります。
それも、「よくできたね、がんばったね」というのではなく、「~ちゃんは一番だね!それに比べて隣の~ちゃんや、~ちゃんは、駄目だね」というのだそうです。

思うに、このやり方は子育てにおいて、子供をスポイルする最強の手法ではないかと思います。

子供にとって、親の言うことは正しい。

だから、自分は何をやっても素晴らしく良くできるし、一番である(ねばならない)。
また、行動は正しく、人から非難されるようなことは何も無い。

しかし、実際には失敗することもある。
その失敗は、絶対に自分の所為ではない(はずがない)。
必ず他者に原因がある。

また、一番になれないこともある(もちろん、その方が多い)。
それは、一番の奴が、何か卑怯なことをしているからに違いない。
もし、他者の方が明らかに一番で、優秀であるとしたも、それは自分ではどうしようもない「過去の歴史」、「取り組み始めてからの時間」が問題なのであって、それは必ず追いつくことができる。

また、実際に非難を受け、反駁できない事態に直面する。
そのときは、「非難している奴の方が、もっと悪いに違いない

私はこのブログを読んでから、「韓国人は理解できない」と思わなくなりました。
なぜ、あんなに根拠の無い自信で満ち溢れているのか。
どうして、決して「自分は悪くない」と思い込めるのか。
どうして嘘ばかりつくのか。

「~ちゃんは一番だね!それに比べて~ちゃんや、~ちゃんは、駄目だね」というのが、そもそも嘘なんですね。
嘘だけで育てられれば、親の言うことは正しいはずだから、それが基本になってしまう。
「嘘」は悪いと習うから、「嘘は悪い」と口では言っても、何がどのように「嘘」なのか、理解する能力が極端に低くなる。特に自分を修飾する「嘘」は、親が誉めてくれていたことと完全にリンクするので、これは間違っても「嘘」とは思えない。

ということで、これはDNAとか言語とかではない、子育て文化にまつわる問題。
そういうことだと思います。

2010/06/21-17:36 | URL | philos #-[ Edit]

>philos 様
「~ちゃんは一番だね!それに比べて~ちゃんや、~ちゃんは、駄目だね」
40台半ばの私は、まったく真逆のことを言われ続けました。
「~ちゃんは何点だったのに、お前ときたら・・・」
最近の若者にも根拠の無い自信や態度が多く見受けられます。
「OnlyOne」なんて馬鹿な教育や躾を受け続けると、いとも簡単に人間は劣化する
といういい見本かと・・・。

2010/06/22-21:20 | URL | 越前蟹 #-[ Edit]

新参者なので、二日で400件くらい読みとおしてみました。大変面白いですが、管理者様のスタンスにブレが無いのに関心します。

さて、上で私が開陳した「育て方の問題」についてですが、上では書かなかった、「嘘をついた、その後」を、私流に妄想しています。

親が、どんなに必死に嘘をついても、99%の韓国人はどの分野でも一番になれるはずはない。では、その時になんと言うのだろう。で、推測ですが、こんなのどうでしょう。

「一番になれなかったの?どうして?ああ、きっと~(先生、友達など)が、あなたのことを助けなかった(邪魔をした、悪意を持っていた)からね。大変だったでしょう、辛かったでしょう。どれだけあなたが辛かったかを知ったら、皆があなたこそ一番だと思うわ。そう、あなたは本当は(実質)一番なのよ!」

2010/06/23-04:06 | URL | philos #jK5K/Lro[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。