管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓権威付けスパイラル

処暑を過ぎましたが、相変わらず30度超が当たり前の厳しい暑さです。しかしながら、ツクツクボウシも鳴き始め、夜になれば秋の虫の音が聞こえるようになりました。一応、秋はちゃんと間近でスタンバイしているようです。

さて日本には、海外から渡来した物を、ただそれだけでありがたがる舶来偏重の伝統があります。これは、渡来文化を消化吸収して、独自文化へ発展昇華させる日本の伝統と裏表の関係にあると個人的には思っているので、一概に悪いとは言いません。

言いませんがこの伝統は、しばしば悪用されるのもまた事実です。ことに日韓間では、この悪用が非常に多いように思われるのは、嫌韓の僻目でしょうか。

例えば、韓国の芸能人が日本に来てコンサートをします。韓国へ帰って「日本でコンサートツアーを大成功させた」とか、「日本列島が熱狂した」とでも言えば、韓国でも売れます。何しろ韓国では「日本で大流行」というフレーズが宣伝文句になるのです。

それで首尾よく韓国で一定の人気が出れば、再び日本へ持って行って「韓国で大人気のナントカカントカ」という宣伝文句を付けて売れば、舶来偏重の日本人の中には、ころりと騙される人が結構いるわけです。

更にこれに権威と呼ばれる人がお墨付きを与えれば、一般人は最早疑うことさえしません。

例えば故司馬遼太郎氏が、朝鮮人から見た倭人を次のように書いています。

「倭人がすぐに肌脱ぎになるのを、朝鮮人は底冷えするような軽蔑のまなざしで見ていただろう」
「儒教の作法に従えば、「人」は肌をあらわにしないもので、倭人のようにすぐに裸になるのは、より禽獣に近いと彼らは見ただろう」

更に司馬遼太郎氏は知人の在日に尋ねてもみたそうですが、やはりどの在日に聞いても、朝鮮人が人前で肌をあらわにすることは絶対ないと言っていたそうです。

司馬遼太郎氏が歴史小説を書く際には、膨大な文献資料で史実を丹念に調べて、更にその地に実際に訪れ、書こうとする人物の子孫やゆかりの人物と話し、その人となりをつかんでから書くという周到さが、日本人的には大変好ましく感じられます。

それが故に、司馬遼太郎氏を歴史小説家ではなく、史学者と勘違いする日本人さえいるほどです。その司馬遼太郎氏が書くことなら、まさかそれが嘘や、あるいは事実誤認であるとは俄かに思えません。少なくとも私は、韓国を余り知らない頃は、司馬氏の話を鵜呑みにしておりました。

ところが、自分で事実を少しずつ確認するにつれ、「あれ?」という部分が出てくるのです。

例えば、韓国ウォッチャーなら誰でも、韓国人が示威のために公衆の面前で服を脱ぐことがあるのを知っています。韓国の男性芸能人が必要以上に肌を露出している画像も、見ようとしていないのに頻繁に目に入ります。ちなみに日韓チャットでは、初対面で詳細な個人情報を根掘り葉掘り執拗に聞き出そうとする韓国人に、「自己紹介のために、往来でパンツ一丁になって、「私の全てを見て!」と言う人はいないぞ」と言うと、「韓国ではそれが普通です」と言った韓国人もいましたw

それは昔と風俗の変わった現代だからだというのであれば、1970年代の韓国の写真でも、日程統治時代の朝鮮の写真でも、あるいは18世紀の朝鮮風俗画を描いた金弘道の絵にも、諸肌脱ぎの朝鮮人を普通に見ることが出来ます。

このように司馬氏の言ってることが事実とは異なると気付いても、日本を代表する歴史小説家が言ってることであれば、名も無い庶民がそれを否定することは躊躇われます。

こうして「朝鮮人は儒教に基づいた礼儀作法を備えた人々で、その彼らから見た日本人は、禽獣に近い野蛮人」というお墨付きが、日本の歴史小説の権威によって付されるわけです。

司馬氏のように誰もが認める権威でなくても、例えば「韓国人の知人がいる」とか「韓国に住んでいる(住んでいた)」という人でも良いでしょう。あるいは、韓国そのものについては直接詳しくないが、韓国人が韓国起源と主張するもの(=およそ日本の伝統文化全てと言って良い)に詳しい人でも良いと思います。

そういう人たちがよく知りもせずに気軽に舶来偏重に基づいて韓国及び朝鮮関連のものに高評価を与えることは珍しくありませんが、それはまず最初に日本人を騙し、次に韓国人も騙し、更に韓国人が日本人を騙すのに加担することになります。

そういう人の中には、もちろん悪意で行なっている者もいるでしょうけれど、混じりっ気なしの善意で行なっている者もいなくはないだろうということが、非常に厄介です。

もちろん韓国や朝鮮のものであっても、良いと言えるものも、あるいは、もしかしたら、ことによると、俄かには思いつきませんが、丹念に探せば、あるかも知れないという可能性は、絶対にないとは言い切れません。

しかし、特に日本の伝統文化について、必要以上に朝鮮との関連や由来や起源を主張し、権威付けを行なおうとする人の話は、眉に唾をつけて聞くことを忘れぬようにしなければ、日韓権威付けスパイラルに巻き込まれる可能性があるでしょう。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

まぁ、そもそも相手が朝鮮人でなくても「絶対にない」といった時点で「ある」と思うべき。人間が関わっていることで「絶対」なんて事はあるわけがないのだから。

まして朝鮮人が言うことなど「絶対に」信じてはいけないw

2010/08/24-11:05 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

なんか、司馬遼太郎も梨元勝も亡くなったのは歴史の必然って感じですな。
もし、今、仮に司馬遼太郎が生きてたとしたら晩節を汚したかも知れません。
取材熱心、資料漁り熱心で知られた作家ですが、流石に一人では
情報収集に限界があったと。まあ、あの時代では良くやった方だと
思います。

2010/08/24-12:22 | URL | abusan #mQop/nM.[ Edit]

乳出しチョゴリが誇りだったのに肌を出さないってのは
わかりやすい嘘ですねえ

2010/08/24-13:02 | URL | 名無櫓 #O3QePs4g[ Edit]

儒教

 これはキーポイントですよねぇ。
何かって言うと引き合いに出されます。
韓国=儒教=礼節を重んじる
まあ、知っているものから見れば笑止千万とはこのことよ、なんですが。

 日本人でもけっこうこれを無邪気に信じている人多いですからね、かっての私のように(鬱)。
「韓国の人って、儒教だから礼儀正しいんでしょ?」
 で、韓国人自身もそれをことあるごとに吹聴しますしね。
「日本人はお年寄りに不親切ですね! 韓国人は儒教精神があるから、目上には絶対です!!」
 そうかなぁ~、という疑問は彼らと付き合っているうちにフツフツとわいてくるのが当たり前で、ずっとそれを信じているヤツはよっぽどのバカか確信犯か、のどちらかかと今は思っておりますが。

 いいかげんやめてもらいたいですよね、これ。
「韓国は儒教の国だから」

 一言いわせてもらおう。

ありえねーよ!!

(逆の意味で、「韓国は(儒教の国だから)だからダメなんだ」みたいな言い方をしている方もたまに見受けられますが、関係ありません、儒教であろうとなかろうと。韓国は韓国です、おんなじです。だから韓国なんですから!?)

2010/08/24-13:22 | URL | ポチ #mQop/nM.[ Edit]

↑【そのとおりだと思う】

権威付けw

2010/08/24-18:49 | URL | junchan #k9MHGdfk[ Edit]

いやちゃんと年寄りの性生活まで世話をしている。
儒教の精神ですね。素晴らしい。

ま、儒教でもキリスト教でも
都合のいい所を掻い摘んで自らの
武器とする。素晴らしいね。

レベルの低い社会は力が全て。
肌を出して強そうに見せる、乳を出して
子供を満足に育てられると見せる。
権威、権力の象徴を何時も欲しがっているのですね。

2010/08/24-21:16 | URL | p #-[ Edit]

儒教について

父とミャンマーに行った時、ミャンマーのみなさんの年寄りを敬う自然の仕草に感銘を受けました。
多分ミャンマーに限らず東南アジアでは普通のことだと思います。

ミャンマーに儒教はありません。
複雑な敬語を持つインドネシアにも儒教はありません。

儒教は「儒」のない社会にこそ必要な教えなのでしょう。
日本では政治や学問として儒教をとりいれましたが浸透はしませんでした。

2010/08/24-21:32 | URL | ざる #qnVYkfDY[ Edit]

これについては司馬氏を責めるのは酷な気がしますなぁ。
実際の生活を見ずに聞き取りを行った場合は、韓国人は「望ましい自分」を言うに違いないわけで。

で、彼らは「望ましい状態を合えて崩すってことで、自分がいかに本気か?」を示すって習性もあるように思えますから、往来で肌を見せてじたばたはその類ではないかと・・・

いっそ、何年か韓国に住んでみたら、意外と司馬氏はサンケイの黒田氏みたいな芸風を獲得していたかもw

※上記の話は置いておくとして、維新の捕らえ方や昭和の捕らえ方から見て、司馬氏は実は朝鮮人っぽく「みたいものしかみない」って芸風があるようにも。
 この辺はちゃんと誰かが総括したほうがいいかも?w

2010/08/25-04:27 | URL | hunikuri #-[ Edit]

二・二六事件の時の青年将校が戦後
「確かに重大な事件を引き起こしたのは事実だが、
 我々はあの時純粋に国を思って行動しただけだ、
それだけは信じて欲しい」と述べてたところ、
司馬遼太郎が「未だそんな寝言ほざいているのか」と激怒したそうな。

…それをどう受け止めるかも重要だが、当事者の率直な供述というのは
歴史という学問にとって非常に貴重だと思うんだけどねえ。

2010/08/25-07:18 | URL | 名無櫓 #gJtHMeAM[ Edit]

司馬遼太郎信仰もほどほどに・・・です。
当方 胡散臭さを感じています。

2010/08/25-15:45 | URL | M #9gUwAdP2[ Edit]

>二・二六事件の時の青年将校が戦後
>「確かに重大な事件を引き起こしたのは事実だが、
>我々はあの時純粋に国を思って行動しただけだ、
>それだけは信じて欲しい」と述べてたところ、
>司馬遼太郎が「未だそんな寝言ほざいているのか」と激怒したそうな。

でもヒトモドキの妄言はそのまま受け入れてるのが、司馬史観なるものの胡散臭さを如実に現してますね。

2010/08/25-16:57 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

朝鮮人の言うことは、全部嘘と思って間違いない。

儒教の国だからとか、キリスト教徒だから、結婚するまでは処女を通すとか、
言ってるチョンどもが、貞操、衛生観念がまったくゼロの南米人とかと普通に、
やって、
"せっかく海外に来たんだから、楽しまなきゃ~、あなたも遊べばいいじゃ~ん”
なんて言ってます。

半島が、性病とかエイズで滅びる日は、朝鮮人が人間になるより早く訪れるとおもいます。

2010/08/25-20:07 | URL | non #JalddpaA[ Edit]

相変わらず秀逸ですね。

司馬遼太郎に関しては私は33歳(現在の年齢は内緒ですがw)になるまで一切読んでいませんでした。
というか、図書館に行っても全く手に取ろうとは思えませんでしたね。
きっと本能的に胡散臭いと思っていたからでしょうか。

斉藤一人が何かの本で、こういう順番で司馬遼太郎を読むといいよ、と紹介されていたので、俄、太閤記?河合ツギノスケ?(忘れました)あと、なんとなく、項羽と劉邦だったかな、を読みましたけど、あとは全然読めません。

この方がなぜ経営者とかエスタブリッシュメントに支持されるのか分かりません。

ま、今後も読むことはないと思います。

NHKの坂の上の雲は映像が綺麗なので見ようと思いますが、何回目かの話で、NHKが不当に朝鮮のことを「文化を伝えてくれた」だのいいように言っていましたね~‥。
呆れたもんです。

2010/08/25-20:10 | URL | 1 #JalddpaA[ Edit]

先日アメリカ人の接待をしている時、
何の話からそうなったか忘れましたけど、上司(もろ団塊世代)が
「日本の天皇は朝鮮から来た。」
と言ったので、あわてて否定しました。
そんな戯言をアメリカ人に伝えないでいただきたい。
一度刷り込まれるとなかなか消えないんだと思います。

2010/08/26-19:30 | URL | ホンロン #mQop/nM.[ Edit]

>JalddpaAさん

斉藤一人さんのすすめで????
あそこ新興宗教みたく信者と言うの?がいて、←友人が信者で会社に勤めています。一人さんも相当司馬さんなみにやばくないですか?

竜馬好きと言いながら、それは竜馬がいくだろ!と思う最近。
ますます遠ざかりますわ

2010/08/26-23:15 | URL | nana #qwKvtbg.[ Edit]

ごもっともです。

>nanaさん

一人さんも相当司馬さんなみにやばくないですか?
 ↑
やばいですよね!w
結局、一人さんもいい話をして、多くの人を信者のようにして商売で儲けてるという感じがしますからね。

ただ、本の中ではわりとマトモなことを言っていると思います。
だからと言って、商品なんかを買おうとは思いませんが。

2010/08/27-20:21 | URL | 1 #JalddpaA[ Edit]

7ヶ月に1度ぐらいの頻度で繰り返し読みたい記事。
“定説”(すなわち、誤った定説)が世間に定着してしまう機序が上手く説かれていると思います。
「あの○○さんがそう言ってたから」ではダメなんですね。
嫌韓関連の枠に留まらない一文。


2010/08/28-05:33 | URL | MarginalAlternative #-[ Edit]

日本橋で関連の書籍を買い占めて書いたこともあるらしいが、
それでもあの程度の背景照査しかできてない。
特に戦国時代なんかお笑いだ。
海音寺と変わらんからね。

2010/08/29-13:58 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

司馬だけでなく、松本清張も古代日本関連の著作では「藤原鎌足は渡来人」みたいな事を書いていたし、金達寿らを中心とした、あの頃の流行なんでしょうな。なんでこうなったのかは興味がありますけど。
司馬と朝鮮の関係は、呉音と漢音の併用が日本語を複雑化させたと批判(呉音に執着した南都の仏僧に対して)していた御仁だけに、漢字の朝鮮音読みを在日が運動した頃から離れていったように感じるんですけどどうなんでしょう。
晩年の小説(江戸初期、平戸の武士が満州に行く)での朝鮮人儒者の描き方は、私たちが今になって知る韓国人の典型で、なかなかのものだったような記憶もありますw
小説やめてからのエッセイでも、「李氏朝鮮は古代にとどまったような国(これは坂の上の頃か、街道をゆくの途中からかな?)」みたいな表現もあって、現時点では在日さんたちにも好かれていないような気はしますけどねw(でも時々、権威として担がれるw)

2010/08/30-00:23 | URL | 名無櫓 #qjsITxmk[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。