管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝鮮工芸を通しての韓国人考察

寄生虫祭りも収束傾向ですが、今回は本当に、下手なチャットログよりもわかりやすかったのではないかと思います。そう考えると、自ら醜態を晒すことでサンプルとなってくれた寄生虫には幾許かの感謝を捧げるべきかと思わなくもありません。まあ、此方が蒙った不快や迷惑と差し引きすれば、プラスマイナスでマイナスになりますけれどw

今後寄生虫のコメントは、告知通り全て寄生虫用隔離記事へ転載します。ちなみに寄生虫用隔離記事掲載後に、寄生虫のコメントが別の記事に追加されていたので転載しておりますので、興味のある方はご覧ください。もっともその内容は、今まで以上に希薄と言うか、ナントカの一つ覚えを繰り返しているだけすが。

さて毎度毎度の韓国考察ですが、今回はポジャギから、朝鮮工芸を通しての韓国人考察です。

自然が生み出す巧まざる美というものがあります。

例えば春霞をまとうが如き満開の桜。真っ青な夏空に湧き上がる純白の入道雲。秋の夕日に照る山紅葉。音さえ消え失せ、まるで墨で描いた絵の中に迷い込んだような心持ちになる、冬の雪景色。

あるいは、蜘蛛が織り成す紋様。それに連なる朝露の玉。疾駆する馬の姿。路傍に咲く埃をかぶった名も知らぬ花。訪れる人もない山の中にある、見事な枝振りの松の大樹。

これらはいずれも、自ら美しくあろうとか、他者、ことに人間に、美しいと思わせようとしているわけではありません。単に必要に迫られて、あるいは自然の摂理や合理性に基づいて、そのような様子や形態を示しているだけです。たまたまそれを見た人間側が、そこに美しさを見い出し、それを賞賛し、愛でるだけです。

巧まざる美は、自然だけが生み出すものに限りません。人が作るものでも、非常によく見られます。

例えば自然石を積み上げて築いた石垣。煙を吐いて走る蒸気機関車。山の斜面を埋め尽くす棚田が描き出す風景などは、美しさを第一に意識して作られているわけでもないのに、見る者を惹きつける美しさがあります。あるいは、幼児が描き殴った絵にも、その大胆な筆致や色使いに見るべきものを見い出すことがあります。

日本で評価される朝鮮の工芸品には、そういうものが多いように思います。

先だってから話題にしているポジャギにしても、近代の西洋パッチワークの影響を受ける以前のものは、明らかにデザインの意識がありません。しかし趣味の方には、その無為な素朴さが喜ばれるようです。

また李朝白磁の下手物(読みは「げてもの」で、作家が作る一点物の上手物(じょうてもの)に対し、大量生産される大衆用の日常雑器のこと)にも、鑑賞用でないが故に、鑑賞者に媚びない素朴な美を見い出す愛好家は、少なからずいるようです。

もちろん、最初から観賞用に美を意識して製作された朝鮮工芸もありますし、その中にはそれなりのものが皆無というわけではありません。しかし日本や中国と比較すると、朝鮮工芸が質量共に貧弱であることは、動かしがたい事実です。

その理由は色々あるでしょうけれど、ひとつには彼らに理解出来る美の範囲が、日本人や中国人と比較すると極めて狭く浅いということがあると思います。

例えば以前にも述べたことがありますが、韓国人は一般に花を区別しません。もちろん韓国人も、綺麗な花を見れば美しいと思うようですし、恋人に美しい花を贈ったりもらったりすることは、日本人よりずっと好きです。しかし彼らにとって、花は単に花でしかなく、それがどんな花かとか、何の花かということは、ほとんど意識されないようです(ただし、贈られた花の価格には強い関心を示すようですが)。

あるアンケートによれば、韓国人が最も好きな花はバラであるという調査結果があったと何かで見たことがあります。しかしそれは「バラの花だから好き」と言うよりは、韓国人にとってバラの花が、花として最もわかりやすい花だからではないかと思います(あるいは、「値段が高いと思われている花」だからかも知れませんw)。

それは花に限ったことではありません。彼らは基本的に「わかりやすい美しさ」を好みます。好むと言うよりは、「わかりやすい美しさ」でなければわからないと言った方が正しいでしょう。色ならば原色や金ピカが好きですし、物なら小さいよりは大きい方が無条件で良いと考えます。そう言えば韓流ドラマも、「わかりやすい状況と展開」で構成されていると仄聞します。

そんな彼らにとって「巧まざる素朴な美」というものは、理解以前に、認識することさえ難しいようです。

朝鮮白磁については、20年ぐらい前の韓国の骨董屋では「白磁なんて漬物入れに使うもので、美術工芸品として鑑賞するようなものじゃない。青磁にしなさい、青磁に」と言われたと、骨董蒐集を趣味とする方が話していたのを聞いたことがあります。

ポジャギについても実際に蒐集されていた方のコメントにありましたように、つい最近まで韓国人がこれを「ただの小汚いボロ布」と考え、軽んじていたことは、韓国刺繍博物館の館長が「(ポジャギは)つまらない下位文化だった」と明言していたことからも明白です。

このように、韓国人にとって「巧まぬ素朴な美」というものは、認識が難しかった反面、それが逆に「巧まぬ素朴な美」を生み出す余地を作ったとも言えるのではないかと思います。

しかしそれは、彼らが意図しないからこそ生じるものであって、彼らが(彼らの理解出来る)美を意識し、それを表現しようとすると、途端に日本人に見い出し得る「巧まざる美」は消滅します。残るのは、わかりやすいけど薄くて浅くて上っ面だけの美しさと、稚拙さとあざとさと下品さになります。

それは、時にナチュラルボーンコメディアンと言われるほど笑える彼らが、意識して他人を笑わせようとした途端、全く笑えなくなるだけでなく、周囲に不快や困惑、憤りを撒き散らすのと同じことなのでしょう。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

韓国文化への考察

日本の美と韓国の美の違いを簡単明瞭に美しい言葉で語っていただいて、敬服いたします。
和が織り成す文化の成熟と、韓国の押し付けるナンチャッテ文化は全くもって異なるものなんです。
それをぺ・ヨンジュンあたりを筆頭に文化の剽窃をしていく姿に唖然とさせられます。
東京ドームのポシャギアートイベントもぺの動員力が無ければ不可能だったでしょうし、いつのまにか韓服デザイナーがポシャギアートの一人者で韓流カリスマ主婦になって(笑)日本人相手にキムチ漬けツアーを催行していたりします。
このまま黙っていると剣道や忍者のように韓国起源と言いふらされてしまいますよね。朝鮮忍者なんてものまででっち上げて。
本当にうんざりなんですけれど、違うものは違うと個々が発信していかないといけないのでしょうね。

2010/10/17-15:31 | URL | トド子@♪ヨン様と一緒♪ #yHi/qRKQ[ Edit]

近年、日本では人工バラと言うべき「青い薔薇」が作られましたが
そういった方面での執念は朝鮮人には無い様です。
既存の薔薇には青い色素が無く結局は色素遺伝分子を入れ替える
といった禁断の技を使う事でようやく実現できたと(^◇^;)

2010/10/18-08:45 | URL | abusan #mQop/nM.[ Edit]

【ポシャギとは【包み布】の総称】

Fetia氏が最初から指摘しているように、ポシャギとは【包み布】の総称であり、パッチワークにあらず。
伴う【染め】【刺繍】【継ぎ接ぎ】等は、【ポシャギの一種】というより、むしろ、それぞれ別の技術であり、敢えて表現するならば、【染められたポシャギ】【刺繍されたポシャギ】【継ぎ接ぎで作られたポシャギ】となるのが適切であろう。
【牛肉の鍋】【三枚肉の焼き物】【鶏肉の湯(タン)】【残飯のピビンパ】と同様である。

これらが、牛肉豚肉鶏肉やら、多くの食材による料理文化が醸成された結果生まれるメニュー名であることと同様、【染め】【刺繍】【継ぎ接ぎ】等の技術文化が醸成されてしか成しえない形態のものであると認識するのが正しい。

物々交換の民間市場で是非とも、【染められたポシャギ】【刺繍されたポシャギ】【継ぎ接ぎで作られたポシャギ】等が店先に置かれていたというような証拠を見せてほしいものである。

【ポシャギ】という呼称には、【褓】か、【栿】が漢字として与えられていたそうであるが、ここで諸氏にクイズw

【御襁褓】←これは何であるか?(【襁】は負ぶい紐、または帯の意)

一方、【包み布】の発展系である【風呂敷】は【風呂敷】であって、儀礼の用途に使うのは、別の発展系の【袱紗】であり、ご祝儀やら香典を【風呂敷】で包んではいけないw
彼らには、どちらも【ポシャギ】に見え、そう呼ぶのだろう。これが文化の違いであるw

2010/10/18-09:19 | URL | junchan #k9MHGdfk[ Edit]

朝鮮人って・・・

基本的に物事に興味無いんだと思いますよ。
動植物にも歴史にも。
ビビンバだって、「ビピンパ」なのか「ピビンバ」なのかハッキリしないのは、食べ物の名称に興味が無いからだと思う。
民族名も然り、いまだに統一された名称が無いのは、興味が無いからだと考えざるを得ない。
ポシャギだって”何か布を縫い合わせた物”以上の興味を持たなかったんでしょう。
作り手が自分の作品に興味持って無いって変な話ですけどw

連中が興味を示すのは、単純でスカッとする物だけかな?
博打とか暴動とか、なんかそういうもの。
思想に深みが無いんだよね。
ひょっとして思想その物が無いのかも知れないけど・・・

2010/10/18-10:38 | URL | 名無櫓 #JO2yAV3g[ Edit]

私も彼らの主張を見て、ポジャギって日本で言う所のふくさも巾着袋も風呂敷も
全部一緒くたに混ざってるなーと思いました。
だから、文字通り「包む布」がポジャギなんだろうと理解しました。
(フルヘッヘンド!w)

日本人的興味としては、日本で「ポジャギ」として宣伝されているパッチワーク様の技術は、朝鮮のポジャギの歴史の中でどれくらい昔からどのような頻度でどういった範囲で使用されてきたものなのか?ということです。
それはポジャギにしか使われないものなのか、
ポジャギ以前からあった汎用的な技法なのか、
あったとしてもポジャギとともに発展してきた技術なのか、
服などを繕う技術とはどう違うのか、
つまり、ポジャギ固有の技術なのか?ということ。
(サイト主様の主張とややかぶってるかもしれませんが)

もしも歴史的に見て主にポジャギに使われてきた技術だとしても、
上記の理由より「ポジャギ」という単語はモノを指す単語であり、
他の形態の「ポジャギ」も一般的に存在する以上、
それに伴う一部の技術を完成品そのものと同じ名前で呼ぶものなのか?という疑問もあります。

パッチワークは、作品も技術もパッチワークと呼びますが、パッチワーク(はぎれ仕事)の言葉どおり、はぎれを縫い合わせて作る技術および作品でおかしな所はありません。
(パッチワークを表布に利用したキルトはキルトと呼ぶこともあるなど、広がりはありますが)

全てのポジャギが同じようなパッチワークで作られていているならその技術をポジャギと呼ぶのもアリですが、そうで無い以上、一部のポジャギにしか使われて無い技術をなぜポジャギと呼ぶのか?が疑問。
じゃぁ、あの刺繍はなんと呼ぶのか?
ポジャギの伝統的な布のサイズや比率は?
使われる主な場面は?
などなど。
ポジャギの全てがパッチワークではないが、あの技術は主にポジャギにしか使われないというのなら「ポジャギ縫い」程度の名前をつけるのは理解できますが。

うん、たぶん気にして無いし、系統立てて理解して分類する気も能力も無いってのが正解かもしれないですね・・・

2010/10/18-11:29 | URL | じた #z0agn/Vc[ Edit]

 一言で言って、民度が低い、以外ないんだろうね。価値観が一本しかない、最後は皆、銭に換算、こんな感覚で文化が生まれるかねえ。「巧まざる美」以外「美」を生み出せないんじゃなかろうか。
 これでも西欧人くらいやってくれれば、立派だがそこまでの根性はなし。
 それでも半端に頭はいいから、人にケチだけは付ける。

嫌われ者の典型だね。

2010/10/18-13:53 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

管理人様、「蜘蛛」の織り成す紋様・・・。確かに蜘蛛も糸を紡ぎますが、ここは「雲」の誤変換でしょうね。重箱の隅ですが。

2010/10/18-14:33 | URL | 九州の日 #-[ Edit]

例えば刀。
日本人は刃の波や反り具合にまで美を見出だし、時には柄や鞘無しで剥き身で展示したりする。
でも韓国人は細工、装飾を施した柄や鞘を重視し、あとは興味ないんだとか。
韓国の展示会を取材に行った知人の話です。

2010/10/18-15:05 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

蜘蛛でいいかも・・・?

>蜘蛛が織り成す紋様。それに連なる朝露の玉。
と、続いていますから、蜘蛛の巣にかかる朝露の水滴の玉の意味で・・・。

2010/10/18-16:28 | URL | あら座 #EBUSheBA[ Edit]

そういえば・・・

ポジャギは、ウィキペではどのように工作…いやいやw記述されてるのかと思い、
ためしに調べてみました。
意外(?)なことに、日本語版では項目自体が無いですね。見つかったのは韓国語
・英語・中国語版のみ。以下、本家たる韓国語版の記述です(ex翻訳。本文のみ)

風呂敷
風呂敷は物を包む小さい千を意味する言葉だ。 縦横は普通1m程度で、八幅を
越えない。

用途[編集]
手に持って通うことができる簡単な贈り物を包んだり、職場を移す時個人事物
を包む時にも主に使われる。
ttp://ko.wikipedia.org/wiki/%EB%B3%B4%EC%9E%90%EA%B8%B0

・・・・以上。
いや本当、マジですww こんなお寒い内容なら書かねーほうがマシだと思うのは
私だけでしょーかw
無論ウィキペの記述なんぞ、本質的な指標にはならんことは承知しておりますが、
こういう些細なところからも、連中の文化に対する浅薄な姿勢を感じますね。

英語版のほうがよっぽど充実しているw
しかしそれもまた、外ヅラを異様に気にする彼ら「らしい」と感じてしまうのは
「下衆の勘ぐり」でしょうかw あるいは例のサイバーオ○ニー集団のお仕事か
もしれません。

2010/10/18-19:00 | URL | 尊敬技術 #-[ Edit]

巧まざる美の対極として例を挙げるなら、料理というものがありますね。
家庭料理ではなく宮廷料理、日本でなら懐石料理などですが。
それぞれの国や文化圏によって、荘厳なものも、華美なもの、繊細なもの、といろいろありますが、この料理で美意識が見て取れると思っています。

朝鮮に至っては半万年属国だったが故、そのような料理文化が花開くことは無かったようです。
ASEANなどで韓国主催の食事が用意されたのですが、その中身たるや和食や懐石のパクリ・改悪といったものだったのを思い出します。
ASEANに出席するレベルの各国要人が和食や懐石を食したことが無いと思ってるのならオメデタすぎますし、あの改悪和食を「韓国料理として世界に発信する」とか正気の沙汰とは思えません。

2010/10/18-20:17 | URL | MS #F4mscU5.[ Edit]

ついこの間、国を持ったばかりの糞民族には、日本人のわびさび等は理解できめ~よ(笑)。

2010/10/18-20:32 | URL | ウンコリア企業不買運動実行委員会 ロッテの商品は買いません #-[ Edit]

>でも韓国人は細工、装飾を施した柄や鞘を重視し、あとは興味ないんだとか。
これについてはソースがついてましたね。
ノムヒョン時代、日本に盗まれた韓国刀の技術を取り戻すためにふんだららと言ってた韓国の刀鍛冶が一番気にしているところをそう述べていました。

ちなみにこの刀鍛冶。アクセサリーの職人で刀鍛冶の修行したことはなく、日々博物館の刀を見て覚え、車の板ばねから刀を作ってノムヒョンに表彰された水準。

また、先日韓国人がくむどの捏造をしている海外のページをみたところ、刀の各パーツの図があり、それが全て日本語のローマ字表記だったのに苦笑。

やつらは何やってもだめだw

2010/10/18-23:36 | URL | ふにくり #-[ Edit]

分かりやすい美と言うよりも
分からないが正解なように感じます。
(分かった振りをしているだけ)

例えば
なにやら、チョッパリのすしが、世界に認められているニダ
良く分からないが、便乗して儲けるニダ
しばらくすると、自分達がすしの起源だ、とかなんとか・・
儲けられる=良いもの(美しいもの)
ではないでしょうか?

盆栽もいい例ですね。w

2010/10/19-16:40 | URL | デコポン #JalddpaA[ Edit]

青いバラの話があったので、ちょっとだけ。

あれは、青いバラを作りたくて、頑張ったわけではなく、
サントリーの名物社長であった佐治敬三氏が
「ビールやウィスキー技術を教えてくれた西洋に、何かお礼がしたい」
と思い、そこから、青いバラを作ることを思い立ち、指示、
長年、失敗と試行錯誤を重ねて、成功させたものです。

佐治氏はもう亡くなっているので、成功の報は知らないままでしょうが、
きっと、墓前に捧げていることと思っています。

2010/10/19-20:24 | URL | つるり #3VVjZltY[ Edit]

ふにくり様
>ちなみにこの刀鍛冶。アクセサリーの職人で刀鍛冶の修行したことはなく、
>日々博物館の刀を見て覚え、車の板ばねから刀を作ってノムヒョンに表彰された水準。

マジですか… 読んだとたんに目眩がしました。

まーねー 表彰したのがノムタンなら判る気もシル>したくないけどw

2010/10/19-20:36 | URL | 名無櫓 #.qZpVpTo[ Edit]

外国に行くとよく(日本人に)成りすましたキム血が寿司屋とかやってるけどその多くは酢飯を使ってないよね。ワサビが利いてないのも多いしw。要するにあいつ等は見てくれだけ、形だけをパクッて完成したつもりの底の浅いバカたれってことw
チョンは昔からそうだろ、どんな分野でも。だからいつまでたっても一流の職人も研究者も出てこないんだよ。ノーベル賞なんてキム血である限り一生無理だよ、だってDNAレベルで劣化しまくりだからなw

2010/10/27-01:24 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

初めまして

最近、韓国の歌手がTVでゴリ押しされるのにうんざりしてネットで韓国のことを調べてたらここのブログを見つけて興味深く読ませて頂いております。
朝鮮工芸の件ですが、僕の記憶では日本も明治初期に浮世絵を西洋に評価されてその価値を再発見したのでお隣の国のように他国を追いかけてる段階ではしょうがないのかと思います。
しかし日本もいまだ自国の文化を西洋文化より下位にみなすところがありとても悲しいです。
自分はゆとりの人間な上にPCで文をあまり書かないので読みにくいと思いますが、これからもコメントを書くのでよろしかったら読んでください。

2010/10/27-23:08 | URL | watata #s.Y3apRk[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。