管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝鮮戦争再開に備えよう

日本の政権支持率は、調査によって数字がまちまちですが、いずれの調査でも20%台が精一杯になってきました。しかし菅総理は、「支持率が1%になっても辞めない」と言っているそうです。

「一度やらせてみれば良い」「やらせてみてダメだったらやめさせれば良い」と吹いておられた民主党支持者の皆様、現政権は既に民意を無視した独裁を目指し始めているようです。しかも、いまだにこの政権を支持する有権者(と推定される人々)が10~20%も存在するのですから、日本の政治は本当に楽観を許さない状態になってきました。

「このままでは近い将来、日本は消滅するかも」と言うと、大抵の日本人は笑います。そんなことがあるはずがない、と言うのです。何故そう思うのかと聞けば、これまた大抵の日本人がきょとんとします。「国が無くなる」ということを、実感として考えたことがないのでしょう。

私は世界史にさほど詳しくありませんが、世界の各国の歴史を見れば、滅びたことのない国の方が稀です。その中で、日本は確かに世界で最も長く国体を護持し続けております。だから、日本が滅びることなどないと思ってしまうのでしょう。しかしそれは例えば、100歳の老人が「これまで100年の間、私は一度も死んだことがないから、きっとこれからも死なないと思う」と言うようなものです。

と言えば、「人間は生物的な寿命があるが、国にはない」と言う人もいるでしょう。確かに国には生物的な寿命はありません。しかし、さだまさしではありませんが、全ての命には限りがあります。国も、例外ではありません。それは世界中のあらゆる国の歴史を問えば、明らかです。

日本も、日本史をきちんと振り返れば、幾度も国家滅亡の危機に遭遇しております。その都度、日本人としての自覚を持った人々が、比喩ではない粉骨砕身の努力で国を支えてきたのです。

この「日本人としての自覚」を持つ日本人が、有権者比で考えると、現在は昔よりずっと少なくなっているのではないかと危惧します。このタイミングで日本が国難に遭ったり、あるいは日本を他国に切り売りする為政者が現れれば、ひとたまりもないと考えるのは、断じて杞憂ではないと思います。

国難と言えば昨今、隣の半島がきな臭くなってきております。これは正しく対岸の火事ですが、こちらに飛び火する可能性が決して低くない火事です。

今回の半島有事を、「戦争にはならない」と楽観視している韓国人は、割と多いようです。楽観視していると言うよりは、「戦争になるかもしれない」と考えることそのものを恐れているようですが。

韓国人はそういう生き物だから放っておくとして、意外に韓国や東亜のウォッチャーにも本当の意味で楽観視している人はいるようです。しかし私は、そろそろ半島情勢をごまかし続けるのも限界が近いのではないかと思っています。

「半島情勢をごまかし続ける」と言うと、「何をごまかしているの?」と思う方がおられるかもしれません。しかし半島情勢のごまかしが何かと聞かれても、一言で答えるのは困難です。

何故なら、朝鮮半島はごまかしの塊と言って良いからです。そもそもが、国の成り立ちからしてそうですし、南北それぞれの歴史もそうです。当然、南北それぞれの国民の認識も同様です。そういう根本的な部分以外でも、朝鮮半島のごまかしは枚挙に暇がありません。

今回の半島有事に関連した「ごまかし」は、例えば南北統一です。北も南も、一貫して南北統一を唱えてはおります。しかし、少なくとも韓国側は韓国主導の南北統一には、消極的です。何故なら韓国主導で統一すれば、韓国側の負担が大き過ぎ、国民の生活に多大な犠牲を求めなければならないからです。だからと言って、北朝鮮主導の統一などは、当然論外でしょう。

即ち韓国として最も望ましい統一のスタイルは、「韓国主導で統一するが、そのお膳立てと、その後の尻拭いを誰かにしてもらうこと」です。しかしこれは、仮にも腐っても独立国を名乗る国家が公に言えることではありません。

北朝鮮は当然、北朝鮮主導の統一しか考えていないでしょう。しかしそのための必要経費や諸々の手間を、北朝鮮側で負担する気は全くありません。かつて北朝鮮に帰国した在日朝鮮人にしたように、韓国人の持つ有り金を巻き上げ、技術を吐き出させ、身包み剥がして最下層に組み込み、世界各国にいる韓国人に対する質とするでしょう。

朝鮮半島は北も南も、双方がこういう思惑を隠し、ごまかし続けてきたわけです。

そのごまかしも、北朝鮮の元祖カリスマ金日成が死に、その長子というだけの権威と、父親譲りの残虐さを遺憾なく発揮した恐怖独裁で北朝鮮の体制を維持し続けてきた金正日が死にかけている現在、三代目が何事もなく北朝鮮を継承しなければ、維持することは出来ません。しかし祖父金日成に似ているだけが取り柄の、ぽっと出で苦労知らずで、これと言った実績のない若年の三男が何事もなく三代目を継承出来るとは、どんなに楽観的な韓国ウォッチャーでも、考えられないでしょう。

だからと言って三代目に継承させなければ、北朝鮮は大変なことになります。乱雑に積み上げられながらも、微妙なバランスを保っている瓦礫の山の支点が、北朝鮮の独裁者です。支点が消滅すれば、瓦礫の山は凄まじい量の粉塵を周囲に飛散させながら崩壊するでしょう。

こういう諸々のごまかしのツケが、朝鮮戦争の再開という形になっても、私は全く不思議には思いません。何より北朝鮮自身が、それを見据えた軍備と行動をしているのですから。

もし今回の半島有事が朝鮮戦争に発展した場合、北朝鮮の国際的な体裁や正当性の主張が成り立たないではないかと言う人もいますが、体裁や正当性の主張など後から何とでも言えます。実際北朝鮮は今まで、全ての事件でそうやってきたのです。

今回の件で、日韓チャットでは常連韓国人に「枕元に避難袋を用意して寝ろよ」と忠告しております。中には「戦争が起きるという根拠は?」と減らず口を叩く韓国人もおりますが、「備えあれば憂いなしと言うだろ。今からの時期、着の身着のままで放り出されたらつらいぞ。損するわけじゃないんだから用意しとけ」とまで言われると、さすがに口答えのネタが思いつかないようです(何しろ韓国は今でも、形ばかりではありますが民間防衛訓練のある国ですから)。

これは同時に、私たち日本人にも言えることです。戦争当事国ではないので、枕元に避難袋までは必要ないかもしれませんが、非常時に備えた心構えぐらいはしておくのが当然です。何も起きなければ(って言うか現状で既に「何か起きている」という状態ですが)、「杞憂だったねwww」と笑えば済むのですから。

日本を消滅させたい現政権が、朝鮮戦争再開によって日本国民が被る影響までを勘定に入れた準備をしているとは到底思えず、今回の半島有事が対岸の火事とは言え、私たち日本人に直接火の粉が降りかかる可能性が高いことを知ってる私は、これを心ある日本人の自覚を持った方々に周知し、万一の事態に発展した場合の、幾許かの備えになるようにと願います。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

毎度すばらしい考察と文書の比喩に感服いたします。

特に
>100歳の老人が「これまで100年の間、私は一度も死んだことがないから、きっとこれからも死なないと思う」

この比喩は秀逸で、どこかで使わせて頂きたく思います。

これからも応援しております。

2010/11/28-21:38 | URL | 1 #JalddpaA[ Edit]

戦争が再開されれば、間違いなく、日本の米軍基地は標的になるでしょうねぇ・・・
で、精度が悪いので、どこに飛んでくるのかわからない・・・
世襲を良しとしない北朝鮮高官が、韓国米国の力を借りてクーデターとか無いですかねぇ

2010/11/29-10:04 | URL | マルス #/9hBKkrU[ Edit]

北朝鮮は本気だ

先日の北朝鮮の軍事パレードには驚きました。you tubeだったでしょうか、これほどまでに近代化されているとは知りませんでした。戦車は複合装甲のような外観でした。74式戦車では対抗できないかもしれませんね。すでに北朝鮮は高性能魚雷を駆使できることが証明されています。今回の砲撃はもしかしたらF-15Kによる爆撃開始時間や爆撃精度を調べるつもりだったのかもしれません。もしそうならもう1回、砲撃をするかもしれませんよ。
米軍の韓国撤退の後に総攻撃することに間違いないと思ってますけど。
まあ、最近の私はほとんど逆神化してますので、あてにはなりませんがね。

2010/11/29-19:13 | URL | 縄文人 #wM6nolEE[ Edit]

北朝鮮の脅威などは無いデスよン。
全ては、雨理科の手のひらの上。(笑)

北も南も何も出来ません。雨理科と品の話し合いで終わりですから。(笑)
又、戦争になったとしても直ぐ終わるでしょうね。(爆) 雨理科の攻撃に、地上軍が何百万人居ても耐えられませんから。(涙)

2010/11/30-21:52 | URL | ロッテの商品は買いません #-[ Edit]

さだまさし

 時間系列無視のカキコご容赦下さいませ。
「さだまさし」をポッチとしました。感慨深いです。
唄と共に流れる映像、胸にずしんとくるものがありました。(こんな簡単な言葉しか浮かばず、思慮の足りなさに己の不甲斐なさを恥じるばかりです)

一日一生(天台宗大阿闍梨 酒井雄哉 より引用)明日はまた、新しい人生が生まれてくるから、
先人たちの残してくださった財産を私たちは忘れてはいけませんね。
太平洋戦争の起きた理由も、ろくすっぽ知らずに半生を生きてきました。
どんな思いで旅立って行かれたのか、その時間を取り戻す手立てはありませんが。

それでも、これから日本を背負って行くであろう若い世代の育成。
その為にも日本がしっかりしていなくてはいけない。
せっかくパソコンなるもので情報を探す(共有する)手立てを知ることが出来、
少しでもこちらの貴ブログが参考になればと思い、微力ではありますが知り合いに拡散中です。

少しでも日本人にとって住みやすい日本になりますように。


2012/10/31-23:18 | URL | tomato #GNpDnBoc[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。