管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓チャットの最終目的

いよいよ今年も最終日です。更新時刻が遅れがちになりつつも、なんとかこの一年を終えることが出来ましたのも、ひとえに読者の皆様のご声援の賜物と、改めてあつく御礼申し上げます。

さて一年の締めくくりとして、日韓チャットに限らず、日韓翻訳掲示板でも、某巨大匿名掲示板のハングル板でも、あるいは在韓日本人のブログを通してでも良いのですが、韓国ウォッチの最終目的について考えてみたいと思います。

日本人の韓国ウォッチの最終目的と言ってもいろいろあると思いますが、そのひとつは、日本を振り返ることではないかと思います。

明ければ、私がブログを始めてから6年目になります。この間、弊ブログでは一貫して、日本にとっての日韓友好は単に不要であるだけでなく、その促進はデメリットの多いものであるという意見を表明し続けてきました。これについて、異論・反論を受け付けていることも、未だ変わらぬ方針です。しかしながら現時点で、日本にとっての日韓友好促進の有用性を具体的に説いてこられた方は、皆無です。来年も引き続きお待ちしておりますので、ご意見をお持ちの方は是非お越しいただきたいと存じます。

日韓友好促進は日本にとってデメリットが多いと言うと、途端に「では今すぐ日韓断交すべきと言うのか」と気色ばむ人がいます。「日本は韓国との貿易でどれだけ儲けてると思っているのだ」と言い出す人もいます。こういう人は、環境保護と聞けばすぐに「では人間は今すぐ原始生活に戻れと言うのか!」と脊髄反射する人と同種なのでしょう。

個人的感情論で言わせていただけるならば、速やかな日韓断交の実現を、望ましいと思ってはいます。しかし、俄にそれが無理なことも、熟知しております。だからこれまでも、「今すぐ直ちに速やかに日韓は断交すべきだ」などとは言っていないはずです。弊ブログで私が主張しているのは、まずは現在促進されている韓国的な発想の日韓友好を止め、日本の国益を主眼に置いた節度ある交流に戻すべきということです。

弊ブログをご覧の方であれば、韓国的な発想の日韓友好とは何ぞやということは既に十分ご存知だと思います。が、もしかすると一見さんもおられるかもしれませんので、くどいようですが改めて「韓国的な発想の日韓友好」について、ごく簡単に説明しておきます。

「韓国的な発想の日韓友好」とは、ものすごく簡単に言えば、互いに融け合うように一体化することです。もっと分かりやすく言えば、韓国が頭と胴体で、日本が手足となることです。一般的な日本人が考えているような、独立した二国が信頼に基づいて互いに互いを尊重し合い、助け合い、補い合い、支え合うという関係ではありません。

韓国が感じ思うままに日本が動き、その口に食べ物を運び、その腹を満たすことが、韓国的発想の日韓友好なのです。

「韓国的な日韓友好」がどのようなものかを知れば、それが日本人にとって絶対に望ましくないことは、並の知能があれば容易に理解が出来るでしょう。ところが現実には、日韓友好を口走る日本人が少なくありません。その理由が、並以下の知能の日本人が多いためでないならば、日本人が日本的な発想で韓国人を理解している、あるいは理解しようとしているからではないかと思います。

この「日本的な発想」を、当たり前ではありますが、私たち日本人はあまり意識しません。外国人から、「日本の常識は世界の非常識」などと言われて初めて、「え?そうだったの?」と驚くぐらいです。

日本が日本人のものだった時代は、それで特に問題ありませんでした。もし問題があったとしても、日本的発想で解決が可能でした。しかし今は違います。日本に多数の特亞人が紛れ込むのみならず、日本は日本人のものではないと公言し、日本を破壊し、切り売りしようとする人々が、日本の中枢にまで入り込んでいる時代です。

もし今、日本人が自らを省み、日本を日本人の手に取り戻すための決心と努力を始めなければ、遅くとも今世紀の終わりまでに、日本は消滅してしまうでしょう。日本の消滅を望む勢力は、そのための努力を今も怠りなく続けているのです。

しかし、いざ具体的に日本と日本人を振り返って見ようとしても、あてどもなく振り返っていては焦点が合いません。日本を侵食しようとしている最大勢力は特亞三国だと思いますが、その中でも、韓国(人)は非常に優秀な反面教師となり得ます。また日本と日本人を考えるための触媒としても、韓国(人)は有用だと思います。

中国が一番問題じゃないか?というご意見もあるかと思いますが、一言で中国と言っても、人種も地域も言語も非常に多様です。その点、韓国は極めてコンパクトで均質で、しかも情報が入りやすく、扱いやすいと思います。

そういう意味で、韓国ウォッチとは日本人が日本を振り返るための材料収集に、最も良い方法ではないかと思います。

明ければ21世紀が始まって10年目です。日本人が日本を振り返り、この国が日本であり続けるために私たち日本人はどうすれば良いかについて真剣に考える節目の年になればと願って、2010年の締めくくりとしたいと思います。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

今年もブログ更新おつかれさまでした。

やはり嫌韓は日本人の最終地点ではないですね。

2010/12/31-12:44 | URL | 菜 #-[ Edit]

色々と起こりすぎて、文字通り矢のごとく感じられた一年でしたが、今年も大変にお疲れ様でした。これからも変わらず更新は楽しみにしておりますが、くれぐれもご無理だけはなさらないよう、心身ともにご自愛くださいませ。

2010/12/31-13:21 | URL | あんず屋 #-[ Edit]

>現在促進されている韓国的な発想の日韓友好を止め、日本の国益を主眼に置いた節度ある交流に戻すべきということです。
ぜっっっっっっったあい無理!!!!・・・・あっ遠まわしに韓国人よ、滅べ!!と言ってるのか!! それならわかります。

2010/12/31-17:04 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

もうすぐあけますね。

チャット常連の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
ご無沙汰してます。
にけです。

もう一年が過ぎてしまいました。
思い起こせば、チャット常連の皆様と出会ったのは丁度一年前のこんな季節だったように記憶しております。


良いお年をお過ごし下さい。



韓国には今後も(勿論反面教師として)注目しつつ、勉強に勤しみます。
これからも、月見櫓の更新を楽しみにしております

2010/12/31-17:18 | URL | v NIKE v #-[ Edit]

応援しています

最近、貴ブログを知り、あちこちつまみ読みしている段階です。

>「日本は韓国との貿易でどれだけ儲けてると思っているのだ」

日本はどれだけ韓国から国費をぼったくられて来たのか、と
言い返したいですね。国交断絶は不可能ですが、「限りなく
断絶に近く」構えることが日本を護る道かと思われます。

2010/12/31-18:09 | URL | 八百屋お八 #GCA3nAmE[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。