管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人のアイデンティティ欠如に関する考察

さて、昨日の続きっていうかまとめです。

朝鮮人に民族的アイデンティティが希薄なために起きるさまざまな問題は、例えば韓国人の安易な国籍放棄、統一回避、兵役忌避、在日棄民、海外移民などでしょう。

そして日韓チャットでもっともよく見るのが、彼らの代替アイデンティティとして潜在的に植えつけられた反日と、後天的な要素で顕在化した親日意識が引き起こす捻じれです。

過去記事でもいくつかご紹介していたと思いますが、彼ら韓国人は日本人が好きです。問題はこの「好き」という意識が潜在化した反日意識によってゆがめられていることです。

彼らは、日本人と友達になろうと思って日韓チャットにやってきます。そして手当たり次第日本人に友達になってくれとメッセージを送ります。

それにうっかり乗って友達になったら、まず最初におそらく「謝罪しろ」と言われるか、または「過去のことは許してやる」という態度で来られるでしょう。仮に日本人の前ではそういう態度を示さないとしても、「過去のことを忘れて日本人の友達になってやるウリって寛大」とホルホルしていることはまちがいありません。

彼らにとって、日本人は常に自分たちより下で、いつも頭を自分に下げていないとならない存在です。そして彼らはその哀れな日本人を許してやる寛大な韓国人であるという幻想に酔いしれたいのです。

ところがうっかり私のような日本人にそういう態度を取ったりなんかすると大変です。日本人のくせに韓国人に媚びも諂いもしないし、逆に生意気にも自分の間違いを指摘してきたりしやがるし、おまけに居丈高に説教までしやがります。仮でも代替でも、反日は彼らのアイデンティティなのに、よりによってその反日アイデンティティを日本人が侵害するわけです。

そこで彼らは反撃を試みます。

いわく「戦犯国民のくせに!」

いわく「猿!」

いわく「日本に文化を伝えてやったのに!」

いわく「南京大虐殺をしたくせに!」

いわく「エロ大国日本!」

しかしどれもこれも、片っ端から否定論破され(あるいは肯定されて「で、それがどうした?」と開き直られ)、彼らの中に残る反日の灯火はいや増します。

そして最後に、彼らは安全装置的に火病発作を起こします。ここでいう火病発作とは、もちろん精神医学上の火病ではなく、ネットスラングとしての火病です。

討論中にこの火病発作が発症すると最悪です。将棋で言えば、詰みそうになったら盤をひっくり返し駒を蹴散らし踏み潰して逃亡するという最強最悪最低の裏技ですが、彼らは頻繁にこれを使います。実に迷惑です。

そんな彼らが今後民族独自のアイデンティティの構築に成功し、それを保持することが出来るようになれば、多少は今より人間らしい生き物になるかもしれません。

しかし固有のアイデンティティも構築出来ないまま「誇らしい韓国人」などと言って反日アイデンティティで間に合わせてる間は、手もクスリもつけられないでしょう。







案の定、支離滅裂w

と思った慧眼なあなたの清き1クリックを

コメント

 うまく表現しにくいですが、朝鮮人は太陽に背を向けて、自らの影に向かって喧嘩を売っているようなものかもしれない。
太陽の光が強くなればなるほど、影は濃くなり存在感は大きくなるでしょうが、太陽がなくなれば、彼ら自身の存在はどうなるのか?

 アイデンティティというものは本来、この太陽自体を表しているはずであり、その影をどう評価しようと、自分自身を表したことにはならない。

 日本を引き合いに出さなければ、自分を表現できないくらいなら、しない方がいいし、こちらも嫌な気分にならずに済むのですが。

 

2012/10/29-06:47 | URL | ミオド #guRgTqeo[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

トラックバック

トラックバックURL
http://fetia.blog34.fc2.com/tb.php/91-1de611b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南京大虐殺について考える そのよぉーん

第3章「死体はどこからやってきた?」みなさんこんばんわ。何人読んでるかわかりませんけど、みなさんこんばんわ!。いつまで続くのか検討もつかない企画連載「南京大虐殺」 4回目をお送りします。今回から読む方もいると思いますので今までの要点を説明しますと しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」【2005/12/10 10:47】

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。