管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ在庫切れ

ネタをまとめかねてログのお蔵出しに逃げたら、アクセス数激増って・・・_| ̄|○
ええ、私も同感です。私の駄文よりログの方がよっぽどおもしろいです(´・ω・`)

まあ、しかし残念なことにログの在庫には限りがございまして、編集作業もなかなか大変です。お蔵出しだけで毎日更新がかなうほど在庫はありません(昔のHDほじくったら、何か出てくるかもしれないけど・・・)。

と言うわけで今日は駄文の日。

昨日一昨日のログに出てくる話ですが、ちゃんと前置きで「事実です」と書いてあるのに、やっぱり「銃を向けられたってマジか」と聞かれました。確かに、にわかに信じがたいことだろうなと思いますが、事実です。

今ではあまり見かけませんが、1990年頃の韓国では、街角で立哨する兵隊をよく見かけました。ログの中にもあるように、高速バスターミナルの入り口や、地下鉄の入り口などで、軍服の兵隊さんが自動小銃を抱えて身じろぎもせずに立っていました。

その時私は、釜山から高速バスで慶州(釜山からバスで1時間ほどの街。新羅時代の都)に移動し、バスを降りて仏国寺へのバス乗り場を探してターミナルの外に出ました。入り口の脇に、兵隊さんがひとりで立ち番をしていました。

そういう兵隊さんは当時何度も見ていて、別に珍しくもなかったので、特に意識もせずにその前を横切ろうとしました。するとそれまで微動だにしなかった兵隊さんが、突然持っていた銃を腰だめに持ちかえ、銃口を私に向けたのです。

全身の毛が一瞬で逆立ち、足がすくみ、頭の中は真っ白になりました。

私が反射的に両手を挙げて立ちすくむと、兵隊は銃をまた抱えなおしました。終始無表情のままです。

単に兵隊が銃を持ち替えようとした動作の途中で偶然私が前を通りがかったと解釈できなくもないですし、単に通りすがりの貧乏旅行者をからかおうと思ってやったのかもしれませんが、いずれにしてもわけがわかりません。

そもそも銃口を人に向けるという行為は、たとえ弾が入っていなかろうと、たとえ安全装置がかかっていようと、銃を持った最初の10分のうちに決してやってはならないことと教わるはずです。どうしてあの兵隊がそんな行動をとったのか、今でもわかりません。

と言うか、自分で「楽しくなかったことは何か?」と聞いておきながら、不機嫌になって文句を言うというのが、これまた私には理解の埒外です。私に「最初からそんな意図でここに入ってきた」とか言ってますが、私は最初に「楽しかったこともあれば、楽しくなかったこともあった」と言っています。それを受けて、あえて「楽しくなかったことは何か?」と聞いたのは、韓国人の方なんですが、それを何故か私のせいにしようとしています。

そんなに「楽しくなかったこと」を聞きたくなかったのなら、「楽しかったこと」を聞けば良かったのにw

責任転嫁癖もたいがいにしてほしいですね。いつものことですが。







banner_03

Click or Treat?

自己責任でお願いします。

本来ならば一番にリンクするべき日韓チャットのURLを貼っていない理由は、このブログの最初の方で既に述べていますが、現在はまた別の意味でリンクを躊躇う事態が続いているため、やはりURLをここで公開するのはしばらく見合わせます。

リンクを躊躇う事態というのは、いわゆる荒らし行為です。しかもかなり悪質なもので、接続した途端にブラウザクラッシャーが発動したり、偽装したIDを使った多重ログインで強制的にログアウトさせられたり、10万回クリックしないと閉じないダイアログボックスが開いたりといった力技の荒らし行為が日常的に行われております。またソーシャルなハッキングも多いため、個人情報を流出させてしまう人も続出。こんなサイトのURLを無責任に貼るのはやはり問題が多過ぎると判断し、リンクを自粛しているわけです。

これらの事情を充分に理解し、日韓チャットに接続して何か被害を受けたとしても自己責任で処理出来る自信があり、どうしても日韓チャットをしてみたいと思う方は「日韓翻訳チャット」というキーワードで検索すれば、多分上位でヒットすると思います。繰り返し申し上げますが、ホントに今酷いですから、中途半端な興味だったらやめといた方が良いと思います。どうしても、例えPCが壊れようと、コンピュータウィルスに感染しようと、ソーシャルハックされて個人情報を晒されようと、10万回のクリックを強いられようとも覗いて見たい方だけ、充分対策を施した上で接続することをお勧めします。どんな対策をすれば良いのかなんて私に聞かないでくださいね。私も他人様にお教えするほどのたいしたスキルがあるわけじゃないので。

ちなみにこの件に関しては運営者も完全に対策を放棄していますし、日韓両国にまたがったサイトのため、両国のサイバーポリスも手を出しづらいという状況にあります。あなたの父親が警視総監とかいうのでなければ、公権力の介入もおそらくありえませんので完全に自己責任で処理せざるを得ないことは覚悟の上でお越しください。

とにかく日韓チャットに接続したことでPCが不調になったり、ウィルスが仕掛けられたり、個人情報が流出したり、韓国人からウィルス入りのメールが送られてきたり、出会い系サイトから支払い督促状が送られてきたり、運営してるブログに勘違いした赤い人に来たり、嫌がらせにどこかにリンク貼られたりしても、私は一切関知せず、また一切の責任を取りませんので、あらかじめご了承の程をお願いいたします。




banner_03

とりあえず読んだら押してってくださいまし。よろしくお願いします。

躊躇

私が日々入り浸ってる日韓チャットへのリンクを貼るかどうか、実は迷っています。

正直、日韓チャットでは、不愉快な思いをすることの方が圧倒的に多いからです。
「日韓草の根友好」なんて考えて迷い込んでくる人がいますが、思惑とは真逆の展開に肝をつぶす人がほとんどです。

日韓チャットでは、自動翻訳で会話をしますが、韓国人は、正書法・正綴法・標準語を守らない人が多いので、翻訳精度はそれほど高くありません。
また参加してる日本人と韓国人の年齢的なギャップが大きく、話題が噛み合いません。日本人側の大半が20代後半から30代以上であるのに対し、韓国人側の参加者はほとんどが10代から20代前半までのことが多いのです。

韓国人会員のほとんどは、先天的且つ潜在的な反日感情を持ち、後天的且つ顕在化した親日感情で日韓チャットにやってきています。
最初は日本人にすりよるような発言をする韓国人が多いのですが、彼らの期待通りの反応が日本人から返ってこない時は、反日感情が発露します。

彼らの反日発言はパターンが決まっています。昔(と言っても2~3年前ですが)なら「日韓併合」や「秀吉の朝鮮征伐」がネタになることが多かったのですが、最近はもっぱら「竹島問題」や「従軍慰安婦問題」が多いようです。今も昔も変わらぬネタとしては「教科書問題」とか「日本の歴史歪曲」などがあります。

彼らの発言パターンが決まってるので、常連の日本人会員はかなりウンザリしています。「またか」と言ってろくに返事もしないことも珍しくありません。たまに暇つぶしに徹底的に反論することもあるのですが、韓国人は論破されると突然話題を転換することが多く、慣れない人はそれに翻弄されます。

当然ですが、私を含む日本人側も決して聖人君子ばかりではありません。罵られれば腹も立ちますし、言い返しもします。既に一度論破したネタを、違う韓国人相手に何度も繰り返してるうちに、「うるせえバカヤロウ」となったり、うっかり同レベルの罵倒合戦に陥ったりして、後でがっくり自己嫌悪にうちひしがれることもしばしばあります。

こんな思いを他人様にさせるのは気が進みません。これがリンクを躊躇う最大の理由です。

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。